塚本邦雄
鶏頭百本群れゐるあたりおそろしき明治のにほひよどめるなり  (獻身)
卵管の径2ミクロンその中を潜つてミケランジェロも生れき  (約翰傅偽書)
冰上の錐揉(きりもみ)少女(をとめ)霧(きら)ひつつ縫合のあと見ゆるたましひ  (星餐図)
愛人の六腑薔薇色われ捨てて冰島に冰(ひ)を食みつつあれば  (天變の書)

明治村 芝川又右衛門邸
2-LR5__EE07951-5.jpg

1-LR5__EE07932-5.jpg

3-LR5__RD20129-7.jpg

コメント 0

新着記事一覧