塚本邦雄
琴歌譜(きんかふ)の伊勢の神歌よよよよと春夜歯髄(しずい)を抜かるるわれに  (歌人)
死後も優柔むかしは伊勢の町長の芥子谷次郎笙ならひをる  (風雅)
鳥は吾(あ)に知らえぬ空の路行くか眞靑の海の水脈(みを)教へてよ
   「三重縣度會(わたらひ)郡南島(なんたう)町道行竈(みちゆくがま)」  (新歌枕東西百景)
枇杷の汁股間にしたたれるものをわれのみは老いざらむ老いざらむ  (詩歌変)

志摩市志摩町御座で。
1-LR5__EE56526-34.jpg
OLYMPUS E-P5 Voigtlander Nokton 25mm f0.95 ISO 200
参道はチリひとつなし。大事にされている様子がうかがえます。
2-LR5__EE56462-35.jpg
OLYMPUS E-P5 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ISO 200
海女さんなど女性にとくに信仰されているとか。また、海中につかっている姿から下半身にご利益あらたかとか。
男とはいえ、わたしにもご利益を。老いざらむ老いざらむ。
1-LR5__EE56657-34.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200

コメント 0

新着記事一覧