塚本邦雄
七月の夜空にかけらほどのこる紺碧 わが死をよろこぶは誰  (豹変)
うらぎられたりと思へど七月の男の旅信より露はしる  (歌人)
七月の腎(むらと)冷えつつながらふる葛切戀の飲食(おんじき)として  (天變の書)
粥も沐浴(ゆあみ)も熱きを愛し七月のきみはわがわれはきみの刺客  (緑色研究)
七月の泡だつ蓮田 ラスコーリニコフ戦争(いくさ)にゆかば何せし  (日本人靈歌)

1-LR5__RD26768-35.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200
2-LR5__RD26773-35.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200
3-LR5__RD26788-35.jpg
OLYMPUS E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 ISO 200
4-LR5__EE45731-35.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 100

コメント 0

新着記事一覧