Age of Pen

ARTICLE PAGE

五月の故国

塚本邦雄
急速に日本かたぶく予感あり石榴をひだり手に持ちなほす  (汨羅変)
石鹸積みて香る馬車馬坂のぼりゆけり ふとなみだぐましき日本  (日本人霊歌)
海底に夜ごとしづかに溶けゐつつあらむ。航空母艦も火夫も  (水葬物語)
死者なれば君等は若くいつの日も重装の汗したたる兵士  (装飾楽句)
戦争が廊下の奥に立つてゐたころのわすれがたみなに殺す  (魔王)

丸山千枚田で
1-LR5__RD24916-35.jpg
OLYMPUS E-P5 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ISO 200
2-LR5__RD24945-36.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200
3-LR5__EE83448-35.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200
1-LR5__RD24970-36.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200
5-LR5__RD25147-35.jpg
OLYMPUS E-M5 Voigtlander Nokton 25mm f0.95 ISO 200

2 Comments

pithecantroupus  

Re: こんばんは

犬山にゃん太郎さん、コメントありがとうございます。
わたしの方は新潟の棚田にあこがれています。
このたび、名古屋方面からの高速道路が延長されて、熊野市までずいぶんアクセスがよくなりましたので、でかけました。三重県内に住んでいい手も、熊野へは遠いです。
(紀伊長島から熊野市までは無料区間です)

2014/05/19 (Mon) 07:59 | EDIT | REPLY |   

犬山にゃん太郎  

こんばんは

こんばんは いつも拝見しております。

棚田風景、天空の城ならぬ天空の棚田のように感じました。
こんな所があったんですね、田植えもまた機械の入らない手作業で大変そうですが。

我が新潟には有名な所がありますが、こっちの方が僕的には好きです。

2014/05/16 (Fri) 20:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い