Age of Pen

ARTICLE PAGE

桜、水に映りて

岐阜県美濃市曽代付近で
1-LR5__RD23355-46.jpg
OLYMPUS E-M5 Voigtlander Nokton 25mm f0.95 ISO 100
2-LR5__RD23368-46.jpg
OLYMPUS E-M5 Voigtlander Nokton 25mm f0.95 ISO 100
3-LR5__RD23380-46.jpg
OLYMPUS E-M5 OM用ズイコー 50mm F1.4 ISO 100

塚本邦雄
人の恋聞きつつ寒き朝ざくら一碗の白湯澄みつつにごる
さくら見えざるその夕つ方楚辞さらふこころ湧ききぬ 天に水音
桜うすみどりに咲きあふれ 戦前の書に曰く「われは甲冑を愛す」
余寒ゆふぐれあはきひかりに佇(た)つわれや魂魄は金箔のたぐひか   愕くなかれ
歌はざればうしなふ言葉その「花を何せう太刀こそねやの挿頭(かざし)よ」   猩猩
花の名の老女訪ね来(く)かけらほど青空のこす大き曇り日
花鋪(くわほ)の山桜かたぶき遊星にのこすわが歌よみびとしらず   冬の華燭
水に映りてわれのうしろに神は立ち藍青(らんじゃう)の羽根けむれる帽子


0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い