噓だらけ

ウソつきシンデレラはコスモスの写真も撮りましたが、素直な性格ではなかったので、きれいに花を撮ることができませんでした。

01LR-PF309464-Edit-3.jpg
olympus pen-f m.zuiko 25mm
02LR-PA300121-Edit-3.jpg
olympus e-m5mk2 tokina 300mm
LR-PA300141-Edit-3.jpg
olympus e-m5mk2 tokina 300mm

 噓だらけなる世に生きかねて鶏頭の茎裂けば髓の髓まで紅し  (塚本邦雄)

ちょっとピンボケだったりブレているように見える点は敬老精神でお願いします。(汗)

うつつに

家事労働に疲れたシンデレラを憐れんだ友人が、カボチャの馬車に乗せて、ご近所のコスモス撮りにつれて行ってくれました。
でも、毎日家族に苛められているシンデレラは、心がひねくれてしまっていたので、コスモスではなく、ススキやタマネギを撮ってきました。(ウソ!)

01LR-PA300061-Edit-3.jpg
olympus e-m5mk2 m.zuiko 25mm
02LR-PF309290-Edit-3.jpg
olympus pen-f m.zuiko 25mm
03LR-PA300208-Edit-3.jpg
olympus e-m5mk2 tokina 300mm

 うつつに逢はね花薄のそらに断腸のそのはらわた真青  (塚本邦雄)

逃亡し、たい

一年前の写真で、今年はまだ撮っていない紅葉を夢見て。



どこかへ出かけたいです。
追われているような日々から逃げ出したくなりました。

 「敵前逃亡ス」とつたへたり蕨餅食ひつつこの英雄を愛(かな)しむ  (塚本邦雄)

したたかに生き

恥ずかしながら、ふる~い写真の現像をやり直してアップです。(汗)

01LR-PB243373-Edit-3.jpg
olympus e300
02LR-PB243484-Edit-3.jpg
olympus e300

カメラはデジタルで再出発したときに最初に使ったもので、画像素子がCCDだったのがお気に入りでしたが、今はCCDのカメラは消えてしまいました。
撮影場所は徳山ダムでした。

八千草薫が亡くなられたそうです。pithecantroupusには欠けている上品さは憧れでした。
「風のガーデン」の緒形拳、「やすらぎの郷」の野際陽子、今回の八千草薫とみな倉本作品ですね。

 したたかに生きよと訓へおいてこの枯向日葵三十本に火放つ  (塚本邦雄)

たとへあつても

誰袖屏風がいかなるものか知らずに引用しました。(汗))

 誰袖屏風(たがそでびやうぶ)、たとへあつても隔つべき第四次元はすでに血まみれ  (塚本邦雄)

01LR-DP2Q1511-Edit-3.jpg
sigma dp2q
02LR-PF282586-Edit-3-3.jpg
olympus pen-f zuiko 60mm macro

在庫払拭につき4月の信楽朝宮の写真を今更です。
一枚目は「力石」につられてパシャ、二枚目は新緑の葉っぱが時季外れなのでモノクロです。

記憶の二者選択

夜の帰宅が遅くなりそうなので大慌てで一枚だけ撮ってアップです。
μ以前に父が使っていたXAです。

LR-PA260055-Edit-2-3.jpg
olympus e-m5mk2 m.zuiko 25mm

「二十四時間の情事」のヒロインの名を覚えていなかったので検索したらエマニュエル・リヴァとでてきましたが、wikiで見たらおばあちゃんの写真が出てきてビックリしました。読むと85歳でセザール賞主演女優賞を受賞したときの写真のようでした。
ぼんやりと記憶の底にあったのは「二十四時間の情事」の32歳の彼女だったのに。
自分のことは棚に上げて、美しいままの記憶の方を残したい。

きのうマルグリット・デュラスを”マグリット・デュラス”と書いてしまいました。
モデラート・カンタービレを学生時代に読んで以来ずうっとマグリット・デュラスだと思い込んでいたのです。。恥ずかしい!
恥ずかしいままあの世に行かなくてよかったあ。

畢(をは)るべし

ことしはヒガンバナの盛りを撮ることもなく終わりました。
もっと撮りたかった気持ちを飲み込んで、過んだ時間を思い出すためのムービーを今年と去年の写真で。




 世界畢(をは)るべし曼珠沙華百茎の痙攣(ひきつ)るるぬばたまのくれなゐ

サウンドは「二十四時間の情事」のジョルジュ・ドルリューが映画「大頭脳」につけた音楽から。
「二十四時間の情事」主演の岡田英次、脚本のマグリット・デュラスもなつかしいなあ。

刻々を老ゆ

別の企画をしていたのですが時間切れになりそうなので未完成品をアップです。

LR-PF229052-Edit-3.jpg
olympus e-m5mk2 zuiko 60mm macro
LR-PF229080-Edit-3.jpg
olympus e-m5mk2 zuiko 60mm macro
LR-PF229084-Edit-3.jpg
olympus e-m5mk2 zuiko 60mm macro

なぜキヤノンのこれが手元にあるのか不明です。けっしてボケて忘れたわけではありません。(笑)
でも有機的な”なでかた”に堕落する以前のデザインは好きです。

 籃の石榴紅きしづくし刻々を老ゆるわれ、すさみゆくユーラシア  (塚本邦雄)

自棄(やけ)

湯郷温泉で撮ったには違いないけれど、どこにでもありそうな景色です。写真がないので、もう破れかぶれです。(笑)

01LR-PF068160-Edit-3.jpg
olympus pen-f summilux 15mm
02LR-PF078288-Edit-3.jpg
olympus pen-f nokton 25mm

やぶれかぶれ、やけくそ、すてばち、自暴自棄、どれも前向きではないですね。
ほんとうは新しい地平を拓きたいのです。今更に。

きのうの棟田博は映画「拝啓天皇陛下様」(1963年)の作者でもあります。
主演の渥美清は、「男はつらいよ」の出演最後となった第48作を、津山でロケをしているそうです。

もうちょっとはまとも(らしい)写真を足して誤魔化すことにします。(汗)

01LR-PF068173-Edit-3.jpg
olympus pen-f summilux 15mm
02LR-PF068179-Edit-3.jpg
olympus pen-f summilux 15mm

草刈りつくさざる庭で

ほったらかしで雑草だらけの庭へ父親譲りのオリンパス・ミュー(μ-II ZOOM VF)を持ち出しました。多分、父が使った最後のカメラです。

引用も塚本邦雄の「草」で、
 「庭の千草」低く唱ひて唇紅き警官過ぎつ或は剽盗
 草刈るや刈りつくさざる戀の夜の言葉はやくれなゐの縞なす
 枯苑に風滿つる刻昨日(きぞ)死にしボクサーの赤き耳移植せよ

01LR-PF229143-Edit-3.jpg
olympus pen-f zuiko 60mm macro
02LR-PF229169-Edit-3.jpg
olympus pen-f zuiko 60mm macro
03LR-PF229093-Edit-3.jpg
olympus pen-f zuiko 60mm macro

戦後の一時期はボクシングが今よりも人気があったような気がします。白井は記憶に残っていないのですが、矢尾板という名前はヒーローの名前として覚えています。

水島上等兵の部隊はビルマで「埴生の宿」を歌ったように、「庭の千草」も歌ったのではないかなあ。唇紅い警官は水島の戦友ではないかしらん。そんな空想をしたのも、昨日津山出身の西東三鬼にふれたせいでしょう。

遠足から帰ったあとで知ったのですが、棟田博という作家も津山出身だったようです。「兵隊小説」の先駆者、第一人者と伊藤桂一が言っています。(光人社NF文庫「サイパンから来た列車」あとがき)
わたしには、映画「姿なき一〇八部隊」や倉本聰脚本のドラマ「帰鄕」の原作者として記憶される作家です。
さっそく、文庫版の「サイパンから来た列車」を読み直しました。。

あこがれの三鬼

写真ボックスに在庫払拭です。箱の隅からやっと湯郷の残り物を一枚見つけました。夜明けです。昧爽(まいそう)です。

 さらば百合若 驟雨ののちをやすらへる昧爽(よあけ)の咽喉(のみど)ゆふぐれの腋  (塚本邦雄。百合若は愛犬の名前だそうです)

LR-PF078391-Edit-2-3.jpg
olympus pen-f nocticron 42.5mm

親睦旅行の行き先が津山と事前に知っていたら行きたいところもあったのに残念だなあ。
たとえば西東三鬼は津山の生まれで、津山市が募集する「西東三鬼賞」は今年で27回を迎えるそうです。

彼の昭和23年第二歌集の
 おそるべき君等の乳房夏来る
は、塚本邦雄の昭和26年第一歌集「水葬物語」の
 渇水期ちかづく湖(うみ)のほとりにて乳房重たくなる少女たち
と通底しています。

三鬼の女性遍歴は、精力が衰えて性欲は衰えないpithecantroupusの憧れです。

箱の隅から残渣を掬ったので、匙に残った雫も一枚。
LR-PF068095-Edit-3.jpg
olympus pen-f m.zuiko 17mm

ジャック・オー・ランタン

なお湯郷、なお出涸し、なお浴衣で散歩中です。

01LR-PF068167-Edit-3.jpg
olympus pen-f summilux 15mm
02LR-PF078810-Edit-3.jpg
olympus pen-f m.zuiko 17mm
LR-PF078344-Edit-2-3.jpg
olympus pen-f nokton 25mm

ハロウィーンのジャック・オー・ランタンにちなんで、
 ラムプ吊りて鮭を食むなり絲杉の濡るる危ふきしづけさを背に  (塚本邦雄)

昧爽の町

湯郷温泉散歩中の写真ふたたび。
”二番煎じ”ともいいます。いや”出がらし”です。(笑)

 牛乳(ミルク)待てる昧爽の町、かかる町世界にかずしれず明日知らず  (塚本邦雄)

01LR-PF068213-Edit-3.jpg
olympus pen-f nokton 25mm
02LR-PF078231-Edit-3.jpg
olympus pen-f nokton 25mm
03LR-PF078254-Edit-3.jpg
olympus pen-f nokton 25mm
LR-PF068152-Edit-3.jpg
olympus pen-f summilux 15mm

はじめて昧爽という単語を見たとき意味が分かりませんでした。
昧は暗、爽は明の意味で「昧爽」で夜明けの意味だということは、塚本邦雄の短歌で教えてもらいました。
分からない分からないといいつつ背伸びして読書するのは年をとってもいいことがあるなあ。

時計好き

時計が好きです。
見る人がいなくてもせっせと動く健気さ、不意に見られても動揺しない強さ、毎日毎日同じことをして倦まない勤勉さ。pithecantroupusは自らに欠けるこれらの資質をリスペクトしています。
だから時計が好きです。

01LR-PF078695-Edit-3.jpg
olympus pen-f nocticron 42.5mm
02LR-PF078825-Edit-3.jpg
olympus pen-f m.zuiko 17mm

床屋さんのトリコロールと入口の金文字に惹かれて撮りましたが、奥の方にあった鉄道グッズを見落としていました。
どうか脳の劣化ではなく、老眼のせいでありますように。(汗)

03LR-PF078867-Edit-3.jpg
olympus pen-f summilux 15mm

窓の向こうが気になったのですが、臆病なpithecantroupusは中へ入る勇気が出ませんでした。
がんばれpithecantroupus!

04LR-PF078709-Edit-3-3.jpg
olympus pen-f nocticron 42.5mm

 愛ははじめアリストテレス 若者の手頸の時計死を刻みつつ  (塚本邦雄)

石つみかさねミーハー

津山といえばお城でした。
日ごろの運動不足がたたって石段を登ることに疲れ、カメラをかまえるのをさぼりました。(汗)

01LR-PF078603-Edit-3.jpg
olympus pen-f m.zuiko 17mm
02LR-PF078598-Edit-3.jpg
olympus pen-f m.zuiko 17mm

年甲斐もなくハートをパシャしました。
pithecantroupusはミーハーです。

03LR-PF078610-Edit-2-3.jpg
olympus pen-f nocticron 42.5mm
04LR-PF078594-Edit-3.jpg
olympus pen-f m.zuiko 17mm

 無花果をたべる二人のささやきの扉の外みかげ石つみかさね  (塚本邦雄)