どこにでもありそうな

鎌掛村(失礼!)の残り物もこれまでです。
目の覚めるような景色があるわけでもなくどこにでもありそうな風景です。

01LR-PF147327-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
02LR-DP0Q2168-Edit-3.jpg
sigma dp0q
03LR-DP0Q2175-Edit-3.jpg
sigma dp0q

残飯ばかりではブログが腐ってしまうので、いつもの終活の”記念写真”を撮ってみました。フジカ GS645プロフェッショナルです。
蛇腹のプラウベルマキナ67を購入したのはあこがれのスーパーベッサII(1950 フォクトレンダー)の代替の意味もあったのですが、フジカ GS645も同様にパールIV(1958 小西六)の代替だったのかもしれません。

04LR-ED202968-Edit-3.jpg
olympus e-m5 m.zuiko 25mm
05LR-ED202985-Edit-3.jpg
olympus e-m5 m.zuiko 25mm

 たうがらし火の色の刻一人(いちにん)の不倫の刻ぞすみやかに過ぐ  (塚本邦雄)

眼に見えぬもの

鎌掛小学校にこの日は”アニメ・ファン”らしき二人連れが来ているだけで、昼間でしたが静かな空間でした。
ピントを合わせているとファインダーにだけ何かが見えるような気がして、運よく見えないものが写らないかなあと思いつつシャッターを切りました。老眼のせいではありませんよ。

01LR-PF147448-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
02LR-PF147337-Edit-2-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
03LR-DP0Q2192-Edit-3.jpg
sigma dp0q

 眼に見えぬもの轢かれたる滑走路 花抱へたる老婆よぎりし  (塚本邦雄)

奇跡を期待しつつでもそんな事は起こらないだろうなあと思っていたらアイルランドに勝利。「奇跡」なんて思っていた失礼を大いに反省しました。
見えないものが写るのも奇跡だと思うのですが、写っていないものを感じる写真を撮るのだったらいつかは出来るのではないかと老人は夢を見るのです。

哲学的なローライ35

きのうスティーブン・ショアのローライ35に言及したので、息抜きがわりに”記念写真”です。

01LR-ED202820-Edit-3.jpg
olympus e-m5 m.zuiko 25mm
02LR-ED202857-Edit-3.jpg
olympus e-m5 m.zuiko 25mm

ローライ35の底面がいかにもメカニカルで、理詰めのデザインにドイツのにおいを感じます。
筐体が小さいにもかかわらず、部品は普通の大きさというところに”哲学”を見たように思うのです。
発売当時から評判の悪かったアクサリーシューの位置さえ”哲学”的には当然の帰結だと思うのです。

底面の印象とは正反対に軍艦部のすっきり感も大好きです。左手の巻き上げレバーという”変態”性は愛嬌です。

03LR-ED202839-Edit-3.jpg
olympus e-m5 m.zuiko 25mm

塚本邦雄で「カメラ」「キャメラ」の歌を見つけられなかったので、「カラカラ」でお茶を濁すことにしました。(汗)
 カラカラに男の肉の緋の透かし百合 熱湯に水ほとばしる  (塚本邦雄)
 銭湯の歌かな。

ローライ35の”ローライ”は、創業時につくった乾板とロールフィルム兼用だったハイドスコープ(1923年)が評判だったので、1925年にロールフィルム専用の”ハイドスコープ”という意味で”ローライドスコープ”をつくったときにはじまるそうです。(北野邦雄「ローライ物語」)

たとえばわれが青春の日に

鎌掛小学校です。のこりものですが結構気に入っているので。

01LR-PF147431-Edit-2.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
02LR-DP0Q2182-Edit-2.jpg
sigma dp0q
03LR-PF147395-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm

スティーブン・ショアという写真家が好きです。かれがローライ35で撮った写真はわたしのあこがれです。いつかあんな写真を撮りたいなあ、と思っています。夢の中でもいいから撮れないかなあ。

 秋の曇り日たとへばわれが靑春の日にかぶせたる齒牙(しが)のしろがね  (塚本邦雄)

わが目には見ゆる

きのうの柿つながりできょうは栗。
と、ヒガンバナの下で健気に咲いている小さなツユクサ。ススキにもすこし助けてもらって。

 言葉わが目には見ゆるを一束のつきくさしをれたるのちも紺  (塚本邦雄)

LR-P9250035-Edit-3.jpg
olympus e-m5mk2 135mm
02LR-P9250018-Edit-3.jpg
olympus e-m5mk2 135mm
03LR-P9250115-Edit-3.jpg
olympus e-m5mk2 135mm


ヒガンバナを撮りに行ったはずですがアマノジャクなのですみません。

食い気優先

「瞳認識」は最新カメラに流行のようですが、人物が苦手のpithecantroupusには猫に小判です。
pithecantroupusは食物に貪欲なので、「食い物認識」のAIを載せてほしいです。
ヒガンバナが咲いていてもカキのほうにピントを合わせてしまいます。(笑)

 曼珠沙華のきりきりと咲く野に立てば身の底に湧く飢ゑもくれなゐ  (塚本邦雄)

01LR-P9250074-Edit-3.jpg
olympus e-m5mk2 135mm
02LR-P9250071-Edit-3.jpg
olympus e-m5mk2 135mm
03LR-P9250132-Edit-3.jpg
olympus e-m5mk2 135mm

あすは酔狂

鎌掛(かいがけ)は、近江商人の村五個荘と東海道鈴鹿峠近江側の宿場土山を結ぶ「御代参街道」の宿場で、伊勢神宮と多賀大社をお詣りする人の近江側の道だったそうです。
友人の知識の受け売りです。

01LR-PF147219-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
02LR-DP2Q1991-Edit-3.jpg
sigma dp2q
03LR-DP0Q2170-Edit-3.jpg
sigma dp0q
04LR-PF147225-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm

最近流行の歴史遺産、考古学的遺物が残っているわけではないのですが、営々と人々が暮らしているというだけで十分魅力を感じました。

きょうは火曜日です。塚本邦雄もそれにちなんで、
 水曜醉狂木曜默否權行使金曜禁忌土曜貪欲  (塚本邦雄)

きょうもウソつきpithecantroupus

目がかすんでいるわけではありません。ファッションです。(またウソつき!)

 曼珠沙華わが來し方に咲き退(すさ)りすぐそこのくらやみに敗戦忌  (塚本邦雄)

塚本邦雄はヒガンバナに戦争がからむ歌がいくつかあって、彼の頭の中の花のイメージを想像してしまいます。
痛みを伴うようなイメージを思うのです。

01LR-PF197713-Edit-3.jpg
olympus pen-f tokina 300mm reflex
02LR-PF197653-Edit-3-3.jpg
olympus pen-f tokina 300mm reflex
03LR-PF197643-Edit-2-3.jpg
olympus pen-f tokina 300mm reflex

糸井重里の「ほぼ日刊イトイ新聞」をときどき見るのですが、『今日の言いまつがい』というコーナーに「ドンマイ」を「どーんとまいろう」の略だと思っていたおばあちゃんの話がありました。
あははははと心で笑ったあとで、
わたしも子供から「Don't mind」の略だと教えてもらったのだったと思い出しました。
教えてもらうまでは、「どーんとまいろう」と思っていたような気がしてきました。

われらはじめに

ヒガンバナです。
ピンボケです。
いいえ、老人ボケではありませんpithecantroupusのスタイルです。(大ウソ!)

 曼珠沙華われらはじめに視しものは言葉、こころを離(か)れなむことば  (塚本邦雄)

01LR-PF197694-3.jpg
olympus pen-f tokina 300mm reflex
02LR-PF197688-3.jpg
olympus pen-f tokina 300mm reflex


ことしも「風の盆カレンダー 2020」をいただきました。10年以上も前の縁をまだつないでいただいています。

kazebon.jpg

龜鳴

またへそ曲がりは、ヒガンバナの”よそ見”写真です。

LR-ED202636-Edit-2-3.jpg
olympus pen-f tokina 300mm reflex
01LR-PF197722-Edit-3.jpg
olympus pen-f tokina 300mm reflex
02LR-PF197726-Edit-3.jpg
olympus pen-f tokina 300mm reflex


先日にオリンパス・トリップの写真の背景に湯浅敬写真集「能登線憧景」(亀鳴屋)を使いましたが、ほんとうは『龜鳴屋』です。
漢字が難しいので「亀」でごまかしました。龜鳴屋のホームページには次のように自己紹介されています。

 ちょうど二十世紀が終わる年、人生、にっちもさっちも行かなくなって、すがるように、一人こそこそ本づくりをはじめた零細自営の版元、かめなくやです。
 時流におきやられ、世間から忘れられた作家でも、掬すべき作ありと思えば一冊の本に仕立て、この世にその痕跡をとどめるのが、零細版元の本領。
 無名、世評、関係なし。野垂れ死にあり、消息不明あり、ただただわが趣味嗜好のフルイにのこった作家、作品を並び立てたのが龜鳴屋本。
 わが趣味嗜好を越えて、他所では出しそうにないけれど、これは本にする値があると踏んだラインナップが龜鳴屋一般本。
まあ、別にどっちがどっちでもいいのですが、それにしても売れなさそうな本ばかり。どこまで行き着けるのやら、末路哀れは覚悟の前。のろい亀の歩みで、鳴き声をあげつづけていきたいと思いますので、どうかご贔屓、お引き立てのほど。


今回使った本の表紙と奥付もちょっと工夫されています。検印紙の切符切のデザインもうれしいです。
noto.jpg
noto101.jpg

世の秋思う

ヒガンバナを撮りに行ったので”記念写真”もあげますが、他の皆さんのブログに上がっている花を見て気が萎え、モノクロームでごまかすことにしました。(汗)

「初物はピントが甘くても命を75日延ばす」というので、どれもこれもピントが甘くてもOKです。(ウソ!)
ホントは、老眼が進んだのと手が震えているせいです。(涙)

01LR-PF197664-Edit-2-2.jpg
olympus pen-f tokina 300mm reflex
02LR-PF197705-3.jpg
olympus pen-f tokina 300mm reflex

色気もほしくなったので、一枚目のカラー・バリエーションも。

LR-PF197663-2.jpg
olympus pen-f tokina 300mm reflex

大甘の一枚も。

LR-PF197630-Edit-2.jpg
olympus pen-f tokina 300mm reflex

 曼珠沙華はるかに神をみつめたる中世の秋きみも思ふや  (塚本邦雄)

蕎麦の花

ヒガンバナを撮りにゆく友人に連いていったのですが、写真は『ソバ』です。
三重県の北のほうの員弁(いなべ)は、ヒガンバナが早く咲くと友人は言います。
たしかに今年はじめてのヒガンバナを見ることができましたが、
pithecantroupusは天邪鬼ですから、『ソバ』を撮ってきました。

 蕎麦の花かなしけれども生きわびし命とどめむ更科(さらしな)の里(さと)  (塚本邦雄)

01LR-DP2Q2043-Edit-2.jpg
sigma dp2q
02LR-PF197731-Edit-2.jpg
olympus pen-f tokina 300mm reflex
03LR-PF197797-Edit-2-2.jpg
olympus pen-f helios 85mm

こういう場面ではソニーやマミヤのカメラがうらやましいですが贅沢は言わずに、
目前の景色に「ええもん見たなあ」と満足してパシャです。

もうひとつ、よそ見して撮ったススキも。

LR-PF197812-Edit-2.jpg
olympus pen-f helios 85mm

跳び箱はないよね

体育館はちょっと緊張する場所です。

運動オンチのpithecantroupusにとって、跳び箱が飛び越せないとか、マットで前転しても横へ転がるとか、いつも劣等感をつのらせる場所だったからです。
そのうえにアマノジャクですから、体育館で、先生が命令口調で指示する諸行事が大嫌いでした。

LR-DP0Q2204-Edit-2.jpg
sigma dp0q
02LR-PF147384-Edit-2-2.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
03LR-DP0Q2211-Edit-2.jpg
sigma dp0q

 體育館まひる吊輪の二つの眼盲(し)ひて絢爛たる不在あり  (塚本邦雄)

平和なれど

旧鎌掛小学校ふたたびです。

01LR-PF147373-Edit-2.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
02LR-DP0Q2194-Edit-2-2.jpg
sigma dp0q
03LR-PF147403-Edit-2.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm


三枚目に写っているモニュメントが『平和』を表象しているような気がして、
 胃を病みて子と鞦韆(しうせん)に遊びをり<平和なれども地を嗣がぬもの>  (塚本邦雄)

小旅行に出かけたい

鎌掛の写真をつづける前に、アマノジャクpithecantroupusはちょっと道草です。

01LR-PF167548-Edit-2.jpg
olympus pen-f m.zuiko 25mm
02LR-PF157505-2.jpg
olympus pen-f m.zuiko 25mm
03LR-PF167579-Edit-2.jpg
olympus pen-f m.zuiko 25mm

オリンパス・トリップです。(ブラックはいまどき流行のfake、後塗りです。)
一枚目の背景になっているのは、湯浅敬写真集「能登線憧景」(出版 亀鳴屋)です。pithecantroupusはむかしむかし金沢に4年間暮らし、能登線にも乗ったことがあったので、郷愁に堪えられず購入してしまいました。(アマゾンでは取り扱っていないことも気に入りました。)


「トリップ」にちなんで塚本邦雄も「旅」で、
 晚秋の旅ゆきずりの硝子市(がらすいち)朱の蜻蛉(せいれい)の繪皿えらびし
 旅てふことば今ぞきらめく彫金(てうきん)の蝶をトレドの辻に見て過ぎ
 なまぐさき夏の旅より歸り來て硼砂きらめく水に眼洗ふ