すみやかに来る

「丸叉製陶」は経産省の近代化産業遺産(窯業)に登録されているそうなので記念写真です。

01LR-DP0Q2099-Edit-3.jpg
sigma dp0q
02LR-DP0Q2076-Edit-2-3.jpg
sigma dp0q
03LR-PF246441-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
04LR-PF246404-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm

もうあすは九月。するべき事を積み残して債務ばかりたまっていく日常から「出奔」する白昼夢を見つづけてます。
毎日のように、今日こそは、明日こそはと思うのですが。

 沓へりて九月の石疊熱(あつ)し 罰は死よりもすみやかに來る  (塚本邦雄)

出奔したし

信楽にもどって。

01LR-PF246526-Edit-3.jpg
窯をのぞけば。  olympus pen-f ibelux 40mm
02LR-PF246532-Edit-3.jpg
廃墟となった登り窯で。  olympus pen-f ibelux 40mm
03LR-PF246568-Edit-3.jpg
信楽高原鉄道です。  olympus pen-f ibelux 40mm

 信樂六郎太(しがらきろうらうた)出奔おさなづまみごもりてそれ琵琶のおもかげ  (塚本邦雄)

それいゆ

集中力に欠けるpithecantroupusは、ちょっとふるいカメラで息抜きです。
母がすてた雑誌を拾ってきてパシャッ。

ソレイユはひまわりのことだと思っていたら太陽の意味だそうなので、塚本邦雄も太陽で、
 世界畢る夕映薔薇色にわれの太陽神經叢くろこげに
 太陽がちぎれちぎれに野分後の民衆廣場(ポポロひろば)の潦(にはたづみ)百
 われよりながくきたなく生きむ太陽に禮(ゐや)する父と反芻(にれが)む牝牛

01LR-PF196026-3.jpg
pen-f m.zuiko 25mm
02LR-PF196084-Edit-3.jpg
pen-f m.zuiko 25mm

カメラはオリンパス・ペンEMです。ハーフ判としては大きかったし、故障しやすかったそうでこれも動きません。
フィルムの自動巻き上げという先進的なカメラでしたが評判はいまいちだったそうです。デザインなどはいまどきのデジタル向きのようにも見えますが。



ところで、きょうの「世界畢(おわ)る」の歌でちょっと思い出したこと。

 新聞のミチコ・カクタニ「真実の終わり」の書評を読んで、おもわずamazonでポチッとしそうになりながら、「?」と思い止まりました。
 新聞書評に目を止めたもともとは小さな疑問でした。

 なぜかれが大国の大統領なのか、なぜ「イギリスの○○」という異名の新首相なのか、なぜあの首相や官房長官は大統領と同じような言い方をするのか。
 なぜこんな世界になってしまったのだろうという疑問があって、答えをくれそうな著作ではないかと期待したのです。

 書評の前半が不可解な現状をまとめてくれています。

 『大統領就任式に集った聴衆の規模から、地球温暖化の否定まで、トランプ政権が流した嘘は数限りない。なぜ真実と理性とは衰退したのか。なぜ人々は政治的操作を受け入れるのか。本書の問いはここにある。
著著によれば、はじまりは啓蒙主義的価値観の拒絶だった。自由な社会の維持には理性と倫理観、憲法への敬意が不可欠だという考えが攻撃され、かわって人種的・宗教的な不寛容や政府への憎悪、陰謀論が勢いづく。肝心なのは客観的真実ではなく人々の実感を裏づける真実だ。信憑性や迫真性が重視される中、真実に見せかける手腕が重宝されていく。ソーシャルメディアが疑似事実の拡散に拍車をかけた。』

 そして私の疑問への回答のように書評はつづきます。

 『強調されるのは、20世紀後半に興隆しだポストモダニズムの影響だ。客観的実在の存在を否定し、真実は視点や立場に左右されるとするこの立場は、自己中心的な「わたし」主義と共振し、主観性の原理の称揚につながった。これを乗っ取ったのがトランプ政権だ。
いかなる真実も書き換え可能、反論されれば「もう一つの事実」だと言えば良い。ニヒリズムの登場である。真実が分からなはれば、陰謀論を信じるのも簡単だ。』

 残念ながら書評はこのあと、本の主題にかみ合わない論調になってしまうのですが、わたしの「?」は、『ポストモダニズム』でほんとうにいいのかという点でした。

 ポストモダニズム以前にも、ヒットラーだっていたじゃないか、大本営発表もあった、フロイトもいた、ニーチェもいた。SNSはなかったけどラジオがあった。
 なぜあんな時代を経験したのかと考えるのと、なぜこんな時代を経験しているのかを考えるのは等価ではないかと感じるのです。

をはりたるはわが身か

信楽なお、です。
焼き物の町へいったのですから、陶器の写真です。

01LR-PF246369-Edit-3-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
02LR-PF246517-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
03LR-DP0Q2080-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm

季節外れですが、
 花をはりたるはわが身か甲賀郡信樂の水無月がみづみづし  (塚本邦雄)

やっつけ〇〇

ヤボ用で忙しかったので、写真の方は”やっつけ仕事”です。(汗)

01LR-DP0Q2044-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
02LR-PF246438-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
03LR-DP0Q2085-Edit-3.jpg
sigma dp0q

ほかのみなさんのブログを見るといろいろと反省させられて、きょうこそはと思うのですが、なかなか準備不足で思うようになりません。
とりあえずは、もっと勉強が必要ということはよくわかるので、あちこちのブログを訪問して知識と意欲を積んでいくことにします。

のちもなお

信楽の町中を散歩中です。ぶ~らぶ~らです。あいかわらず、何撮ってるの、どこが面白いのといった類です。
これで視点を低くすれば、『ノラ犬写真』『ノラ猫写真』と言われても仕方ないです。そうです私はノラです。(笑)

 ハイセンカタル死ののちもなほわづらふと知らざりき信樂(しがらき)憲兵大尉  (塚本邦雄)

01LR-DP0Q2061-Edit-3.jpg
sigma dp0q
LR-PF246339-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
03LR-PF246328-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
LR-DP0Q2072-Edit-2-3.jpg
sigma dp0q

タイルが広角レンズで極端に歪んでしまったのでノーマルな写真も。
しまった、上下逆さまに撮っていました。

05LR-PF246345-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm

塚本邦雄は憲兵に対して厳しい言葉を投げる歌があって、彼の経験が言わしめていると思うのですが、きょうの引用歌は年齢のせいか角がとれたように感じます。憲兵大尉といえば甘粕大尉が思い浮かびますが、わたしには理解不能の歌に変わりありません。(汗)

信楽、登り窯、冷や水

次の朝ドラ(スカーレット?)の舞台と聞いてがぜん撮影意欲を上げた友人に誘われて信楽へいってきました。
友人のガイドで「宗陶苑」という窯元にお邪魔してパーチパチです。
美人のご主人のお話では、この日もテレビ取材が入るということでした。

01LR-DP0Q2032-Edit-2-3.jpg
sigma dp0q
02LR-PF246222-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
03LR-PF246195-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm

引用も季節外れですが、信楽で、
 靑葉寒(あをばざむ)信樂(しがらき)までを同行のこの男、戀人の愛人  (塚本邦雄)

ここは朝ドラのロケ地として既に有名な場所のようで、家族連れや若いカップルもみえてました。

ああ、「カップル」という単語よりも「アベック」という言葉のほうが先に浮かんできて、「年寄り」を実感します。そして「リア充」は、とてもじゃないが使えません。

アベックという語にはフランスへのあこがれが感じられます。英語よりも粋だという価値観が感じられます。無理して「カップル」なんて書きましたが、やっぱりアベックと書いたほうがよかったなあ。年寄りの冷や水は不健康の元だなあ。

しまらく遊ぶ

きょうは息抜きです。ちょっと遊んでみました。

『遊ぶものは神である。神のみが、遊ぶことができた。遊は絶対の自由と、ゆたかな創造の世界である。それは神の世界に外ならない。この神の世界にかかわるとき、人もともに遊ぶことができた。』(白川静「文字逍遙」)

これもわたしなりの神頼みです。
モデルのかれは信楽焼です。かれも映画の中では神様ではなかったかなあ。
あれっ、妖怪でしたか。うそぉ、妖精でしょう。いえ、神様です!

01LR-PF246658-Edit-3-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
02LR-PF246593-Edit-3.jpg
olympus pen-f m.zuiko 17mm

 思ひいづるおほかたは死者篠原に野分(のわき)いたりてしまらく遊ぶ  (塚本邦雄)

ただ事になっていく日々

きょうは一身田のサルスベリですが、何枚もシャッターを切ったのに結局つまらない写真を撮ってしまいました。
そこで、わたしの幻視でお茶をにごします。

カメラがよくなって光線引きなどという失敗は今時ないのですが、老化した頭はまぼろしを見るのです。

01LR-PF165827-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm

お寺で撮ったのに不真面目だと、罰があたらないように、ノーマルな写真も一枚。
わたしは小心者です。(笑)

02LR-DP2Q1979-Edit-3.jpg
sigma dp2q

むかしカラースライドを現像に出すときはいつも、「ストリップ」でお願いしていました。
紅顔の美少年(?)だったわたしは「ストリップ」という言葉にいつも恥ずかしい思いをしていました。(汗)

ストリップはスライド枠に入れずに長尺のままという意味ですが、いつも既定枚数以上を撮ってフィルム代をケチっていたせいで、フィルムの端っこに光線引きしたコマがありました。
もう半世紀も前の話です。

 白壽、百壽もただごととなり百日紅(さるすべり)しらじらと門前に散り果つ  (塚本邦雄)

神は微風のごと

まいどまいど、何撮ってるの?
神様ですよ。細部に宿っていらっしゃるという、あの。
いるんですか、いえ、いらっしゃるんですか?
分からないから写真に撮っているんです。
下手な写真では写らないのではありませんか?
いつか神様を写せるようになりたいなあ。

01LR-PF165759-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
02LR-PF165743-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
03LR-DP2Q1952-3.jpg
sigma dp2q

 鈍色に煮ゆるあはびの夕がれひ神は微風のごとよぎるなり  (塚本邦雄)

呪呪とかすれ

一身田で撮った写真はまだ続くのですがちょっと飽きたので、いつもの終活がてらの”記念写真”です。

シグマDP1はヤフオクで入手したしろもので、ピント合わせの遅さや撮影間隔の長さ、逆光時の特有のフレアなどでコンデジ的な使い方をしたいときには使いにくいカメラでしたが、それも個性として楽しむことができる魅力もありました。
電池寿命の短さなどから一年間に一、二回ぐらいしか使いませんが、わたしのようなアマノジャクの性格に合ったカメラです。

01LR-PF216099-Edit-3.jpg
pen-f m.zuiko 25mm
02LR-PF216116-Edit-3.jpg
pen-f m.zuiko 25mm

背中ばかりではカメラに失礼なので正面も一枚だけ撮りました。
一緒に写っているのは、オペラグラスではなく義父が中国戦線で使っていたものと聞いています。
LR-PF216162-Edit-3.jpg
pen-f m.zuiko 25mm

敗戦の一年前に帰国した義父は結婚して、戦後「町の電気屋さん」を営みつつ赤旗も愛読していたようですが、戦争を徹底的に嫌ってました。

 遠ひぐらし呪文の呪呪とかすれつつつひにきれぎれの敗戰の勅  (塚本邦雄)

死語ではない

きのうの”お寺”写真つながりで、寺院の中で撮った写真を。

01LR-DP0Q2004-Edit-2-3.jpg
sigma dp0q
02LR-DP0Q2019-Edit-3.jpg
sigma dp0q
03LR-DP2Q1972-Edit-3.jpg
sigma dp2q

塚本邦雄に敗戦の歌は多くて、敗戦から40年や50年という時間の流れを詠んだ歌もあるのですが、
 敗戰百年忌の「不惑書廊」には飾られつ軍靴(ぐんくわ)の素描百點  (塚本邦雄)

父がよく使った“へんじょうか”はもう死語ではないのかなあ。敗戦は死語にはならないよね。

ル・ジタンを

軟弱なpithecantroupusは、ついつい郷愁にひかれてしまい、せっかく昨日ピリッとしようとしたことも無に帰して。

01LR-PF165886-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
02LR-PF165736-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm

軟弱の歌を見つけ損ねて文弱でお茶をにごします。
 味酒(うまさけ)身は文弱の徒(と)に過ぎずル・ジタンを日がな一日ふかす  (塚本邦雄)

時代の変化で「煙草」文化がきえていくことに寂しさを感じるわたしは、「老人」性を完全に証明されたのでしょうか。もっと昔には「麻薬」文化もあったのですから、消えていくのは仕方がないのでしょうね。「ル・ジタン」とか「ゴロワーズ」なんて単語も死語になっていくのかなあ。

ながされてゆく日日のなごり

きのうはノスタルジーについウルウルした写真をあげてしまったと反省して、
きようは少しはピリッとした写真をとは思うのですが、果たしてピリッとしているのかどうか、
老化とともに自己陶酔がだんだんとひどくなっています。(涙)

 ナルシスの名のみ空しく虹に似つながされてゆく日日のなごりに  (塚本邦雄)

01LR-PF165727-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
02LR-DP2Q1941-3.jpg
sigma dp2q
03LR-DP0Q2013-Edit-3.jpg
sigma dp0q

郷愁 ~ 一身田再訪です

昨年7月に行った一身田の町を再訪しました。
今回も郷愁に浸ってしまいました。

01LR-DP2Q1946-Edit-3.jpg
sigma dp2q
02LR-PF165775-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm
03LR-DP2Q1927-Edit-2-3.jpg
sigma dp2q

ここは真宗高田派専修寺(せんじゅじ)を中心にする「寺内町」です。「高田本山」と呼びならわされているので、引用の短歌も強引に”高”で、
 高らかに夏の歌吹く角笛よきみは未來にこそあまがけれ  (塚本邦雄)