身の涯のゴミ箱

とうとう"Trash box"から取り出して。
これは正に"Recycle bin"。(笑)

01LR-P2170180-Edit-2.jpg
E-M5mk2 85mm

02LR-P2170165-Edit-2.jpg
E-M5mk2 85mm

03LR-P2160038-Edit-2.jpg
E-M5mk2 85mm

 世の終焉(をはり)、否、身の涯(はたて)、慄然と巴里北驛(ギヤール・ド・ノール)の塵芥箱(ごみばこ)のリラ  (塚本邦雄)

いくさ無かりき

きょうもご近所の散歩写真です。
何撮ってるの? の類です。

季節外れの野菜畑に残っていた枯れ枯れのミニトマト?と伸びすぎたパセリ?かな。(汗)

LR-PF271175-Edit-3-2.jpg
PEN-F 135mm

LR-PF271165-Edit-2-2.jpg
PEN-F 135mm

 サーカスのかかりしあとに冬草が濃く萌えぬ今年いくさ無かりき  (塚本邦雄)

稀には〇を念ふ

わたしの職場のちかくにある『地蔵大松』を見てきました。

三重県のHPから引用すると、
 587年、蘇我氏、物部氏の仏教をめぐる対立で崇仏派の曽我氏が勝利。仏教以外の信仰が禁じられた。当時、この地で地蔵菩薩を信仰していた人々は、地蔵菩薩を埋めて隠し、目印としてこの松を植えたという。1732年の夏は日照り続きであった。そこで、この松の近くの湿地に湧水堀を掘ってみると地蔵菩薩が出土された。

一読して「仮名手本忠臣蔵」を思い出しましたが、確かに弾圧と抵抗の時代があったのだろうと想像します。

LR-DP0Q1334-Edit-2.jpg
DP0

塚本邦雄の歌は「松の花」で季節が合わないのですが。(汗)
 稀には死を念ふ その刻たましひの袋小路に零(ふ)る松の花

LR-DP0Q1331-Edit-2-2.jpg
DP0Q

愕然たるものわすれ

重箱の隅からです。
「残りもの」は「蔵出し」とは言いませんよね。(笑)

LR-P2170144-1.jpg
E-M5mk2 135mm

身につまされる一首を、
 愕然たるわがものわすれ電線に雨滴とどまりつつ二月なり  (塚本邦雄)


そこに梅一枝

また梅です。

 鬱たる寢覺めのやみの底にして剪られけむくれなゐの梅一枝  (塚本邦雄)

01LR-P2170111-Edit-1.jpg
E-M5mk2 135mm

03LR-P2170185-Edit-1.jpg
E-M5mk2 135mm

とらはれてたちまち忘れ

ひな人形遊びのついでに撮った海の写真で。

塚本邦雄も「海」で、
 海には礁(いくり) 原に鳥網とらはれてたちまち忘れける男の名
 父は昔たれの少年、浴室に伏して海驢(あしか)のごと耳洗ふ
 海膽(うに)すすりつつ曉を漁夫步みわれは覺むいま下半身より

01LR-P2210066-Edit-1.jpg
E-M5mk2 60mm

02LR-P2210060-Edit-1.jpg
E-M5mk2 60mm

03LR-P2210228-Edit-3-1.jpg
E-M5mk2 17.5mm

ことしの林忠彦賞は野村恵子「Otari-Pristine Peaks 山霊の庭」だそうです。
同賞のwebの紹介文を引用すると、
  北アルプスの小さな集落、信州長野県の小谷村(おたりむら)を4年の歳月をかけて撮影した作品である。真冬には2メートルの豪雪にもなる厳しい自然の中で、山の恵みを糧に暮らす人々や自然の風景を、作者は本能のままにシャッターを押し続けた。研ぎ澄まされたまなざしと優れた色彩感覚で表現された作品は、山に生きる人間と生き物の関係をとらえ、彼女自身の小谷村を表現したとして、選考委員会で高く評価された。(以下略)
とあって、本能のままシャッターを押し続ける才能を羨望することしきりです。

生よりすみやかに遠ざかり

なお海、なおひな飾り。

塚本邦雄もひな飾りと海で、
 雛祭祀(まつ)るべきものわれにあたへいもうとが美しき燈(ひ)を消す
 海の微風甘し生よりすみやかに遠ざかり來し藍のくちびる

01LR-P2210200-Edit-2-2.jpg
E-M5mk2 50mm

02LR-P2210072-Edit-1.jpg
E-M5mk2 60mm

海で一人で

ひとりひな祭りです。
あちらこちらでひな飾りイベントが行われていますが、撮りに出かけられないので、ご近所の海へお内裏様をもって出かけました。

LR-DP0Q1300-Edit-3-1.jpg
DP0Q

01LR-P2210079-Edit-2.jpg
E-M5mk2 17.5mm

02LR-P2210119-Edit-2-2.jpg
E-M5mk2 50mm

きのう雨が上がって、目がかゆくなり、くしゃみが出ます。花粉症の季節です。
とりあえず昨年の処方薬の残りを服用しました。

 病めば怒りやすき若者黄昏に花粉のごとき咳藥嚥み  (塚本邦雄)

つかみどころなし

梅になれた目をくらませるために菜の花も撮りました。ただ一株だけですが。

 一生喚きつづけて死ぬか菜の花につらなる天のつかみどころなき  (塚本邦雄)

01LR-P2200001-Edit-2-2.jpg
E-M5mk2 300mm

目くらましが一枚しかないので、また梅です。
ちょっと飽きた気分を反映して画面が整理しきれてません。

02LR-P2170096-Edit-2.jpg
E-M5mk2 135mm

何が悪い

仏の顔も三度といいますが、ウメも四度目です。たしか、三度あることは四度あるとか言いますから。(ウソ!)

塚本邦雄の歌のほうはなおウメつながり、
 靑酸加里の味の靑梅?世紀末今日安樂死の何が悪い!
 荒筵靑梅數千(すせん)ころがしてまだほろびざるものが日本に
 鶯の飛ぶさま見しや土木技師横光梅次郎長男利一

01LR-P2160066-Edit-2.jpg
E-M5mk2 135mm

02LR-P2170134-Edit-2.jpg
E-M5mk2 135mm

03LR-P2170135-Edit-2.jpg
E-M5mk2 135mm

著作権改正が話題になっていますが、わたしが塚本邦雄の短歌を引用するのはどうなんでしょう。
研究や評論ならOKでしょうが、ブログはどうなんでしょう。
短歌を載せることとと、音楽や動画を載せることに差はあるのでしょうか。
私の撮った写真があるサイトに転用されましたが、"by pithecantroupus"とキャプションを入れていただいていて、むしろ喜んでいます。
"Age of Pen"は世間の隅っこでこっそりやってますから著作権さん大目に見てください。 m(_ _)m

二月つらぬけ

なお散歩、なお紅梅白梅です。

塚本邦雄の「梅」と「二月」で、
 紅梅の紅のゆくへのましぐらにこの二月つらぬける水の香
 定命(ぢやうみやう)を踰えしにあらねきさらぎの紅梅に遠く父栖めるなり
 場外馬券賣場うしろの白梅が枯れそめてけりなにがきさらぎ

1LR-P2170147-Edit-2OWs.jpg
E-M5mk2 135mm

2LR-P2170221-Edit-2-2OWs.jpg
E-M5mk2 135mm

こちらを訪問いただいた方のブログ(「つれづれデジフォト」に教えられて、新しいソフト Olympus Workspace をさっそくインストールしてみました。
jpegの書き出しは Olympus Viewer 3 より速い印象ですが、「表示」でサムネールの並び順が固定されていて私流の使い方では不便です。Olympus Viewer 3 は自分勝手にサムネールの並び順を変えられたのに。

なすことなく逍遥

きのうのお散歩の成果に味をしめて、ちょっと長めのレンズに換えてもう一度同じ公園へ行ってきました。

で、塚本邦雄のお散歩の歌を見つけ損ねて、
 眞夏なすことなく逍遥す不毛なる田園の多毛なる農夫たち

季節外れですが、逍遥=お散歩ということで。

OLYWSLR-P2170203-Edit-202.jpg
E-M5mk2 135mm

OLYWSLR-P2170154-Edit-201.jpg
E-M5mk2 135mm

無理にお散歩の歌を引用したので、口直しにウメも、
 悲しみのもなかにありて伊勢少女(いせおとめ)こよひ紅梅の實を煮るといふ  (塚本邦雄)


飛ぶ香はるけき白梅

ここを訪れていただく方々のブログにのっているウメの花とは比べようもありませんが、
朝の散歩のついでに公園で見つけたのでパチリしました。

塚本邦雄も梅で、
 白梅(しらうめ)の香もさながらにみづみづし嵯峨(さが)のみかどの古萬葉集(こまんえふしふ)
 探梅のきのふの香りよこがほに別れけり奈良帯解(おびとけ)の驛
 飛梅の飛ぶ香はるけき寒昴(かんすばる)耳の迷宮に光刺すなり

01LR-P2160006-Edit-1.jpg
E-M5mk2 85mm

02LR-P2160011-Edit-1.jpg
E-M5mk2 85mm

これは白梅ではありませんが、
LR-P2160083-Edit-2-2.jpg
E-M5mk2 50mm

NHK「ブラタモリ」を何気なく見ていたら「華の都パリ」と書いてあり、
なぜ「花の都」でないのと、?がおつむの中でいっぱいになりました。
私には、「花」でなければ「巴里」とつながらないのです。
頭が旧式なのかも。(涙)

めぐる齡の影

きのうの「勇気の雑草」第二弾です。
ほんとうはジャーマンアイリスを枯れたまま放ったらかしにしているだけ。(汗)
こんな状態で今年もちゃんと咲いてくれるかなあ。少し心配です。

塚本邦雄は枯れヨモギを集めて、
 枯葎(かれむぐら)霜にきらへりゆるやかにわが身をめぐる齡(よはひ)の影は
 總領息子總領息子を得て枯葎吹きまくらるるまひるの光
 沈淪の夕映しばし來し方に金粉散らす枯葎あり

01LR-P2140021-Edit-1.jpg
E-M5mk2 50mm

02LR6-P2140023-Edit-3.jpg
E-M5mk2 50mm

ネットサーフィンしていたら「オリンパスPEN-Fが生産中止」という情報にぶつかりました。
オリンパスのサイトに発表はされてませんが、公式オンラインショップのアウトレットコーナーにPEN-Fが入っていたので、多分確かな情報なんでしょう。
PEN-Fの後継機はうわさもないので、お気に入りだったのに残念です。
最近のミラーレスカメラはペンタプリズムもないのに、一眼レフの形状なのがわたしは不満なのです。
むかしむかし、ニコンFが出てきたときに木村伊兵衛が「隠坊の三角巾」といった美意識はもうどこにも残ってないのでしょうか。

勇気の雑草

先日は、庭の中で見映えのいいツバキだけをこっそり撮りましたが、
さて次に何を撮ろうかと見回すともう「雑草」だけでした。

きょうは『勇気の雑草』でいくことに。(汗)

01LR-P2140049-Edit-1.jpg
E-M5mk2 25mm

02LR-P2140108-Edit-1.jpg
E-M5mk2 25mm

03LR-P2140067-Edit-2-1.jpg
E-M5mk2 25mm

 聽かねどもバッハ「旅行く最愛の兄に寄す」てふ 雨の草市  (塚本邦雄)

昨日は、『老司祭過ぎにし戀を少年の彈くオルガンの音にやさしみぬ』の「やさしみぬ」に困りました。
いつものとおりネット検索すると古文では、
 ・身も細るほどつらい。消え入りたい。たえがたい。(万葉集)
 ・気恥ずかしい。きまりが悪い。(竹取物語)
 ・しとやかで上品だ。優美。(源氏物語)
 ・けなげ。殊勝だ。(平家物語)
という意味だそうです。

またある短歌のブログには、「優しむ。しみじみとした趣きになる。暖かく思いやる。」と書いてありました。
塚本邦雄があえて平仮名で「やさしみぬ」と書いたのは、仮名の柔らかさを求めたのか、言葉に二重の意味を付加しようとしたのか分かりませんが、『オルガンの音に』の助詞『に』があるので「優」ではないと感じます。

最初の古文の検索結果では、「恥し・優し」と漢字をあてていたので、「やさし恥し」としました。歳をとって言い訳が多くなりました。(笑)