あすから十二月 〜 諸戸氏庭園

湖南はまだつづくのですが、
12月2日で公開が終わってしまうと聞いて、桑名市の『諸戸氏庭園』へ行きましたので、その報告を。

園内の案内をされている方の話では、今日になってなって急にカエデが色づいたそうです。
まだあちらこちらと改修工事もされていて立ち入りできない場所もあるのですが、公開されている部分だけでも見応えがありました。
01LR-DP0Q2489-Edit-2OV.jpg
DP0Q

02LR-DP0Q2524-Edit-2OV.jpg
DP0Q

03LR-DP2Q0751-Edit-2OV.jpg
DP2Q

04LR-PF309194-Edit-2OV.jpg
PEN-F 42.5mm

ここの庭園を整備したのは明治の大富豪諸戸清六の初代だそうです。

 借財の何をおそれむ金主棲む十二月の片町線鴫野  (塚本邦雄)

午後4時の光

神社は、ことにひと気のないお社は、そこにいるだけで、不浄な自分が清められていくように感じることがあります。
この日もそうでした。
01LR-PB240301-Edit-2OV.jpg
E-M5mk2 17mm

02LR-PB240241-Edit-2-2OV.jpg
E-M5mk2 25mm

LR-PB240314-Edit-3-2.jpg
E-M5mk2 17mm

ここへ着いたのは午後4時で日暮れに向かって光線がどんどん傾いて、きのうの一枚目の写真を大急ぎで撮ってから、きょうの写真を撮りました。
周りをガラス戸で囲った建物の何もない空間に午後4時の光が捕らわれているかのように、何度もシャッターを切りました。

歌たまひ

湖南のある神社で。

 神は片歌たまひわが添ふ十二音霜月の星千千にくだけて  (塚本邦雄)

01LR-PF249119-Edit-2OV.jpg
PEN-F 75mm

02LR-PB240157-Edit-2OV.jpg
E-M5mk2 75mm

言葉を忘れて

きのうと同様に湖南市善水寺周辺から、不動寺というお寺だそうです。
ここにも摩崖仏があるのだそうですが、お堂の中から拝むようになっていたので、仏罰を怖れて撮影は遠慮しました。

01LR-PB240019-Edit-2OV.jpg
E-M5mk2 17mm

02LR-PB240048-Edit-2OV.jpg
E-M5mk2 17mm

03LR-PB240079-Edit-2OV.jpg
E-M5mk2 17mm

すこし前に『これからは自分のこともお祈りしよう』といったのに、また言ったことを忘れて、これまで通りに家族の健康ばかり祈って帰ってきてしまいました。これでは私の頭はますます劣化していくだけです。(涙)

塚本邦雄も”忘れ”で、
 うちつけに生とどこほるおもひあり忘じゐしこの萩吹く風
 鸚鵡が人の言葉を忘れてしまふからまつすぐ家(うち)へお歸りなさい
 アヴェ・マリアの忘れゐし節(ふし)おもひ出づ死魚浮かびたる午(ひる)の干潟に

岩根しまける

湖南市岩根の善水寺は紅葉でも知られているそうですが、今回は参拝することなく、摩崖仏など周辺をグルグル回っただけです。
その周辺に国造(こくぞう)神社がありました。大己貴命(おおむなちのみこと)を祭っているそうです。

01LR-PB240124-Edit-2OV.jpg
E-M5mk2 75mm

02LR-PF248785-Edit-2OV.jpg
PEN-F 42.5mm

03LR-PF248721-Edit-2OV.jpg
PEN-F 42.5mm

04LR-PF248808-Edit-2OV.jpg
PEN-F 42.5mm

岩根という地名は大きな岩にちなんだものだろうと想像しますが、「いわね」という音に、昔読んだ梅原猛「水底の歌」で知った人麻呂が己の死に自傷して歌った『鴨山の 磐根(岩根)し枕ける 吾をかも 知らにと妹の 待ちつつあらむ』が思い起こされて、黄泉の国を連想してしまいました。

そういえば、あの摩崖仏へ向かう700mの山道も黄泉比良坂(よもつひらさか)のように感じるのでした。

きょうの写真を撮った国造神社にしてから、祭神の大己貴命(おおむなちのみこと)が幽冥界を治める大国主神のことだと知ると、ここも「根の国」ではないかとさえ思えてくるのです。

赤光まといて

きのうの目的の摩崖仏は滋賀県湖南市岩根の善水寺ちかくにあって、車谷不動といわれているそうです。
記念写真と、ひーこら歩いた山道700mmの記録です。

01LR-PF248914-Edit-2OV.jpg
PEN-F 42.5mm

02LR-PF248863-Edit-2OV.jpg
PEN-F 75mm

03LR-PF248962-2OV.jpg
PEN-F 75mm

04LR-PF248848-Edit-2OV.jpg
PEN-F 75mm

 仏飯に菫のにほひ愛人に刺され赤光(しやくくわう)まとひて死せり  (塚本邦雄)

残渣

きのう撮った写真をアップする前に東光寺で撮った残りが気になるので、午前中に残務処理して、一日で二回ブログを更新する魂胆です。

01LR-PB172980-Edit-2OV.jpg
E-M5mk2 50mm

02LR-PB172793-Edit-2OV.jpg
E-M5mk2 50mm

03LR-DP2Q0700-Edit-2OV.jpg
DP2Q

04LR-PB172920-Edit-2OV.jpg
E-M5mk2 50mm

05LR-DP0Q2394-Edit-2OV.jpg
DP0Q

いきしちにひみりゐ

もう一日、政所で。

 故郷は杉鐵砲の彈丸(たま)かをりわれも死者いきしちにひみりゐ  (塚本邦雄)

01LR-PB172643-Edit-2OV.jpg
E-M5mk2 50mm

02LR-PB172638-Edit-2OV.jpg
E-M5mk2 50mm

LR-DP2Q0623-Edit-2.jpg
DP2Q

03LR-PB172671-Edit-2OV.jpg
E-M5mk2 50mm

きょうは誘われて不動明王の摩崖仏なるものを拝観してきましたが、仏像巡り、お寺巡りといった上品な趣味はないので、またまたよそ見写真ばかりですが、写真の準備が間に合わず、一週間前の政所を続けています。きょうは山道を700m(!)も歩いたので疲れてしまったのです。

こころにもあらざるをうつくしきかな

東光寺ばかりに飽きたので、東近江市政所の山里へ戻って、イチョウ尽くしを。
でもここも毎年同じような写真ばかりでマンネリのそしりをまぬがれません。(汗)

塚本邦雄はイチョウならずぎんなんで、
 歌はこころにもあらざるをうつくしきかなあつものの中の銀杏(ぎんなん)
 銀杏(ぎんなん)煮つつあるゆふつかたむらむらと西行傳の美辭數十行(すじふぎやう)

LR-DP2Q0637-Edit-2.jpg
DP2Q

02LR-PB172629-Edit-2OV.jpg
E-M5mk2 50mm

LR-DP0Q2383-Edit-2-2.jpg
DP0Q

これまでは神社仏閣に詣でても家族の健康を祈ってきましたが、これからは自分の健康も祈ることにします。
マンネリ化した写真ばかり撮って創造性がない自分をみずから憐れみたくなりました。

漂うごとししもつき

東近江市東光寺なおなお。

塚本邦雄も紅葉で、
 七谷(ななたに)の紅葉(こうえふ)ほろび戀の影のこれりひとにやさしきも咎
 不可思議の銀の夕星(ゆふづつ)紅葉(こうえふ)の影にただよふごとししもつき

01LR-PB172687-Edit-2OV.jpg
E-M5mk2 50mm

02LR-DP0Q2403-Edit-2OV.jpg
DP0Q

03LR-DP2Q0655-Edit-2OV.jpg
DP2Q

もの悲しい日

なお東光寺です。

01LR-PB172844-Edit-2OV.jpg
E-M5mk2 300mm

02LR-PB172727-Edit-2OV.jpg
E-M5mk2 50mm

きょうは朝からゴミ出しの曜日を間違え、夜は空っぽの炊飯器でお米を炊こうとしました。今年になってから私はおかしくなってしまったようです。悲しくなります。

オツムの活性化に効果があるかもと、年賀状のデザインにいろいろと仕掛けがないかしげしげと見ましたが、ことしは「亥」という字を見つけただけでした。
01gajou045OV.jpg
02gajou045-002OV.jpg
03gajou045-003OV.jpg
富士山を駆け上るイノシシの模様に「亥」、松と竹で「亥」、お年玉の絵に「亥」、くじのナンバーが印刷してある背景が「亥」のつながった模様でした。

山門に晶晶と

きのうとおなじ東近江市平尾町、白鹿背山巨徳院東光寺です。

山門に仁王像はないのですが、
 新年の風はたとやみ山門に晶晶とひとみきらめく仁王  (塚本邦雄)

山門の左右の飾りは獅子と象のように見えました。
牙があって立派な鼻があったので、てっきり来年の干支のイノシシだと思ったのですが、よく見ると鼻が長かったです。残念。
01LR-PB172756-Edit-2-2OV.jpg
右側の人物は写友のSさんですが、邪魔だってば、邪魔  E-M5mk2 50mm

02LR-PB172861-Edit-2OV.jpg
肝心の獅子がピンボケだから、写真を小さくしておこう  E-M5mk2 300mm

03LR-PB172888-Edit-2OV.jpg
毎度毎度の窓ガラス好き  E-M5mk2 50mm

へそ曲りだから

白鹿背山巨徳院東光寺もひと月前に行って石仏だけ撮ってきた場所ですが、紅葉には早すぎた前回に比べて見違えるような景色でした。
といってもアマノジャクですから、一面の紅葉を後回しにしてキョロキョロしてました。
01LR-DP2Q0691-Edit-2OV.jpg
DP2Q

02LR-PB173096-Edit-2OV.jpg
E-M5mk2 50mm

へそ曲りにちなんで、塚本邦雄は”臍”の歌、
 臍を掬(すく)ひて初秋の風 斷金のまじはりぞうひうひしかるべき

百歩引き返す

きのうにつづき東近江市永源寺町政所、ここは去年おととしも撮った”教宗寺”です。
一昨年が75mm、昨年が85mmで撮ったのに、今回は50mmと進化が止まってしまってしまいました。(笑)

そのうえ、日ごろの習性が出て、ついついゴミ袋を開けてパシャッ。(汗)
誰にも見つからなかったはずだけど。
土門拳だったら落ち葉が詰まった5つのゴミ袋を全部ぶちまけるかもしれませんが、凡人はこっそり口を開けるのがせいいっぱいです。
02LR-PB172451-Edit-2-2OV.jpg
E-M5mk2 50mm

01LR-DP2Q0569-Edit-2-2OV.jpg
DP2Q

03LR-DP2Q0578-Edit-2OV.jpg
DP2Q

塚本邦雄
 冬もみぢくろきくれなゐうたびとと歌のはざまのやみ底知れず
 秋終るべしをはらねばならぬなりわが手の切符茗荷谷まで
 冬紅葉まゆずみいろに昃(ひかげ)れり晩年より百歩ひきかへさむ

ふりかえり紅葉

10月末以来の撮影と、そのときと同じ場所(東近江市奥永源寺の政所)へ行きました。
前回は青々としていたカエデが色づいていて、飽きずにシャッターを切ってきました。

 光なく土くれに還る命なれとふりかへり紅葉ちるさまも觀し  (塚本邦雄)

01LR-PB172496-Edit-2OV.jpg
E-M5mk2 50mm

02LR-DP2Q0563-Edit-2OV.jpg
DP2Q

03LR-PB172472-2OV.jpg
E-M5mk2 50mm

あれこれと、しなければいけない事がひとつやふたつではないのですが写真を撮っている間は世事を忘れることができて、幸福感いっぱいです。
”写真”を現実逃避の道具にしているから、きっと罰があたるでしょう。