ちょっと嘘が

ここのところ雑草の写真が多かったなあと思って、「雑草」を中心に集めて動画仕立てにしてみました。



なぜ「雑」なんでしょうね。
雑種とか雑誌とか雑文、雑念、粗雑、雑魚、雑兵というのもありました。
なんだか一段低いって言われているような気がします。

そんなに「純」は尊いのかなあ。

むかし、「純物質」と「混合物」というのを習ったけれど、どこで線を引くのだろうと不思議でした。
ほんとうに何も混じっていない純物質というものがあると信じられなかったのです。

 嘘だらけなる世に生きかねて鶏頭の茎裂けば髄の髄まで紅し  (塚本邦雄)

少し混じりけがあっても「純」と信じれば「純」なのか。
ちょっと嘘が混じっていても「真」と信じれば「真」というのと同じかな。
コントロールされた情報みたいなものかな。

集中力の欠落

同じような写真が続いてますので、本日は気分転換です。

先日仕事中によそ見をして撮りました。

LR6-P7210143-Edit-1.jpg
E-M5mk2 Olympus_bodycap_lense

たてたてよこよこ

ゆうべは強風をおそれて安眠できませんでしたが、いろいろ被害はあったものの大災害にならずにホッとしました。

一身田の写真を選んでいたら、
たてたてよこよこ丸かいてちょんというフレーズが思い浮かびました。

さてこれは何の絵描き歌だったのかが思い出せません。
01LR6-P7220022-Edit-2.jpg
E-M5mk2 60mm

02LR6-DP2Q0065-1.jpg
DP2Q

03LR6-DP0Q2160-Edit-2.jpg
DP0Q

塚本邦雄も”たてたてよこよこ”で。”ちょん”は読点(、)です。
 はつなつと若者の肉翳ふかし薔薇科果樹縦横の網の根
 ふるさとは杉鐵砲の弾丸(たま)かをりわれも死者いきしちにひみりゐ
 愚かしき夏 われよりも馬車馬が先に麦藁帽子かむりて

呵々大笑して恕

お寺の付近で花を見ました。
今日は無事を祈ってます。
これから台風が来るそうです。
01LR6-DP2Q0073-2.jpg
DP2Q

02LR6-DP2Q0074-2.jpg
DP2Q

 呵々大笑して恕(ゆる)したるおもかげのうすずみいろに夕風の蓮  (塚本邦雄)

フラミンゴ、フラメンコ、フラ・アンジェリコ

さてマンネリとワンパターンと自覚しつつも、素材に頼って一身田の町をふらふら。

塚本邦雄も「ふら」で、
 紅鶴(フラミンゴ)ながむるわれや晩年にちかづくならずすでに晩年
 フラメンコ調に君が代歌ひ了へ彼奴(きやつ)端倪(たんげい)をゆるさぬ道化
 父の痛風知つて訪ひ來し初蝶か フラ・アンジェリコ、フラ・アンジェリコ

01LR6-DP0Q2152-Edit-2.jpg
DP0Q

02LR6-P7220004-Edit-2.jpg
E-M5mk2 60mm

仏の顔も三度というので、三枚目はちょっと小さくして、恐縮している態で。
03LR6-DP2Q0043-Edit-2.jpg
DP2Q

流水算は、き・ら・い

写真だけでも涼しくしたいと思ってウォーターで、というのは建前で、
一身田の町の写真が「図鑑」か「コレクション」に堕しているので、一瞬だけ目先をかえてからまた続けようという魂胆です。
01LR6-DP2Q0057-Edit-2.jpg
DP2Q

02LR6-DP2Q0055-Edit-2.jpg
DP2Q

ワンパターンの「図鑑」写真も一枚だけこっそりと。
03LR6-DP0Q2153-Edit-2.jpg
DP0Q

塚本邦雄
 まづ脛より靑年となる少年の眞夏、流水算ひややかに
 人の信うしなひ果てて炎天の薄き屋根瓦に水撒ける
 出口なき酷暑の墓域、水浴びし墓石定型詩のごとく覺(さ)む

キリンと

きょうはキリンです。

 ギタールと麒麟と少女消え去りし曲馬團(シルク)のあとにさす朝の月  (塚本邦雄)

LR6-DP2Q0050-Edit-2.jpg
ガソリンスタンドに飼われていたんでしょうね  DP2Q

02LR6-DP0Q2148-Edit-1.jpg
キリンはこんな町にいます  DP0Q

昨日の写真も一昨日の写真もフレーミングのミスが目立ちます。

単に暑さに判断力が低下しただけなのか、
慢性的に老化した脳が感覚を鈍らせているのか。

どうか後者ではありませんようにと手を合わせて神だのみ、
いえ、ここは真宗高田派本山の町なので、仏だのみです。

ぶらぶら、うろうろ、フラフラ

門前町ぶらぶら、うろうろ、フラフラ中です。
01LR6-DP2Q0069-Edit-1.jpg
DP2Q

02LR6-P7220031-Edit-1.jpg
E-M5mk2 60mm

LR6-P7220018-Edit-1.jpg
E-M5mk2 60mm

看板は気になります。
この町らしい仏壇、仏具の店の看板と、
どこにでもある床屋さんのトリコロールを。

塚本邦雄
 「佛陀」てふ濁音にがし白粥に肝(かん)・腎(じん)透きとほりつつあれば  
 三色旗 その色・色の閒隙に待ち伏せてゐる刻刻の蝶

地図ゆがみ

きのう行った一身田は真宗高田派本山の「専修寺(せんじゅじ)」の門前町で、
寺内町(じないちょう)という一画は15~16世紀の自治都市だそうです。

写真は「せこ」と呼ばれている路地で、今回撮りたかった場所です。
01LR6-DP0Q2164-Edit-2-1.jpg
DP0Q

02LR6-DP2Q0039-Edit-1.jpg
DP2Q

コントラストが強い晴天でしたので、空模様のことなる日に再訪したいと思いました。
昨秋、ここ専修寺の御影堂、如来堂が国宝に指定されたそうです。今回はお寺は敬して近づかず、町なかをウロウロ、いえフラフラしました。

 アフリカにて見れば母國の地圖ゆがみどのみづうみの底に寺院(てら)ある  (塚本邦雄)

見えず

暑いけど、三重県出身の写真家浅田政志氏の写真展をしていると聞いて津市一身田へ出かけましたが、かれの写真を使ったポスターは見たけど、肝心のオリジナルは一枚も見ずに帰宅しました。
もっと事前調査してから行けばよかったと大反省です。

 梅雨の禮拜堂に禱れる首あまた見えつつ汚れたる手は見えず  (塚本邦雄)

その一身田で暑さにボーッとしながらパチリ。
ここは真宗高田派本山の町です。
LR6-DP2Q0084-Edit-1.jpg
DP2Q

LR6-P7220055-1.jpg
E-M5mk2 60mm

ishinden.jpg

これ以上熱が入らない

アッちっちっちです。体内に熱がたまって、これ以上仕事に熱が入りません。
でも、よそ見はしてました。

LR6-P7210137-Edit-1.jpg
E-M5mk2 Olympus_bodycap_lense

塚本邦雄も”暑”いのを選んで、
 文月(ふづき)シャワーの銀のしぶきに風邪引いて暑中お見舞申上げず候
 暑き日の時計商にて鳩時計死しをり 死ぬまでいくばくの刻

ざつそう

なぜ撮ったのだろう。ただの雑草なのに、なぜ。

LR6-DP2Q0020-Edit-1.jpg
DP2Q

文月けふ

沈黙は金でしたよね。

 沈黙のかぐはしきかな文月(ふづき)けふ処女がささぐる葛切の椀  (塚本邦雄)

01LR6-ED200364-Edit-1.jpg
E-M5 135mm

02LR6-ED200480-Edit-1.jpg
E-M5 300mm

ものにもわかれ

自分で自分のブログを画像検索したら先日引用した滝沢脩氏の写真が出てきました。
わたしは好きな写真なのですが、ちょっと恥ずかしいので、きょうは紳士的にいきます。

 人に別れ人ならぬものにもわかれ雨ふりそむる女郎花寺(おみなへしでら)  (塚本邦雄)

01LR6-ED200399-Edit-1.jpg
E-M5 300mm

02LR6-ED200471-1.jpg
E-M5 300mm

リチャード・パワーズ「舞踏会へ向かう三人の農夫」という本を読み始めました。
アメリカの作家が何故ドイツの写真家の写真を・・・と本のカバーを見ていぶかしく思ったのがきっかけです。
1-araki008.jpg
写真はアウグスト・ザンダーというドイツの有名な写真家の、多分第二次大戦前の作品です。
わたしはプロイセン云々という題で憶えていたのですが間違っていたようです。

毎度のことながら、読み始めても最後まで読めるとは限りません。いえ、きっと読まないでしょう。私は根気が続かない性格です。

ザンダーの写真で木村伊兵衛の秋田の写真を思い出しました。
1-Lightroom7.jpg
昭和20~30年ごろ撮られたもののようです。

ついでに1970年ごろ出て、当時話題になったオハラ・ケン「ONE」という写真集のことも。
ohara001.jpg

写真を契機にした小説に憧憬のような感情がわくのです。
もしも小説の題に「写真」とか「写真機」と書いてあったら躊躇なく手を出すでしょう。
でもザンダーも木村伊兵衛も写真だけで物語が成立しているように感じます。いいなあぁ。

わが胸のふかき

二日つづきでヘアの話をしたので、きょうは身を慎んで写真だけで。
本当は”それ”が好きだから、胸の中にあるものを全部吐き出すと、ここがR18+になりそうだからです。(笑)

01LR6-ED200382-Edit-1.jpg
E-M5 135mm

02LR6-ED200330-Edit-2.jpg
E-M5 135mm

さかしまの写真だけでは
頭の中がひっくりかえってしまいますので。
LR6-ED200390-Edit-1.jpg
E-M5 135mm

塚本邦雄
 かの國に雨けむる朝、わが胸のふかき死海に浮くあかき百合 
 百合剪(き)つて一身眞靑(まさを)夏ゆくといへども雄雄(をを)しければこそ雄(をす)
 さらば百合若 驟雨ののちをやすらへる昧爽(よあけ)の咽喉(のみど)ゆふぐれの腋
(※ 「百合若」は塚本邦雄の亡くなった愛犬の名前だそうです)