のこりけむ

きょうの塚本邦雄は写真にあわせて「のこり」でいくことにして、

 のこり香の若さと言へどもみあげの靑と篁かげの紫蘇の穂(ほ)
 桔梗濃く天涯に咲き生きのこりたればまた殺さるるわれらか
 花はかすみにかすめりけれど半生の何すててわが歌のこりけむ

01LR6-P5207318-Edit-2.jpg
PEN-F 50mm

02LR6-P5200556-Edit-2.jpg
E-M5mk2 300mm

03LR6-P5200723-Edit-2-2.jpg
E-M5mk2 300mm

かつて同じ職場に勤めた方から「県展」の案内が届いたので行ってきました。
わたしの住んでいる三重県が主催する美術展です。
案内状をくれた方は写真部門で入賞です。デジタル一眼レフで難しいタイミングをうまく捉えた写真でした。

同じ会場でなつかしい名前や撮ったことがある場所の写真なども見つけました。
県展写真部門の審査員は土田ヒロミ、秋山亮二ほか一名でした。わたしの好きな写真家です。

軽きわが現身

庭で雑草とりです。
取るついでに撮りました。

 かたばみの儚(はかな)き酸味戀果ててすがしや輕きわがうつし身の  (塚本邦雄)

01LR6-P5270819-4.jpg
E-M5mk2 50mm

02LR6-P5270790-4.jpg
E-M5mk2 50mm

03LR6-P5270783-4.jpg
E-M5mk2 50mm

カタバミ(酢漿草)を”クローバー”だとながい間おもっていました。小さいころから高校生のころまでそう思ってました。(汗)
四つ葉のクローバーというのはハートが四枚そろったものだと思って、いっしょうけんめい探した記憶があります。

ところがこの歳になるまで、シロツメグサでもカタバミでも、四つ葉を見つけた経験がありません。
探して見つからず、幸運はわたしには縁がないのだと思う経験を繰り返し、もういまはあきらめています。(涙)

泡だつごと

トリオプランという昔のレンズが復刻されて”シャボン玉ぼけ(バブルぼけ)”で評判と聞きましたが、
二十数万というとんでもない値段なので、中古のオリンパスOM1から外したズイコー50mm1.4でご近所のアジサイを撮りました。

塚本邦雄もバブルつながりで、
 泡だつごとき浪費ののちに中年はいたりてにがき香の紺絣
 泡吹く輓馬見てかへり來し夕やみに子のかぞへ唄〽ふかき父の恩

01LR6-P5270837-Edit-4.jpg
E-M5mk2 50mm

02LR6-P5270769-4.jpg
E-M5mk2 50mm

LR6-P5270854-Edit-4.jpg
E-M5mk2 50mm

 塚本邦雄の「泡」はアフロディテが生まれた泡と同じエロティックな隠喩のように感じます。

 先日からテンプレートをころころ変えています。自分で作れないので、いろいろと試しています。メールやブラウジングに借物のタブレットを使うことが多くなって、コンテンツの質より先に見映えが気になっている愚か者です。

蝶につきまとはれ

きょうは反省して真面目にいこうと思います。

 園丁は薔薇の沐浴(ゆあみ)のすむまでを蝶につきまとはれつつ待てり  (塚本邦雄)

01LR6-P5126982-Edit-3.jpg
PEN-F 85mm

02LR6-P5127124-Edit-2.jpg
PEN-F 42.5mm

03LR6-DP0Q2060-Edit-3.jpg
DP0Q

エロイカ、アンジェロ、ミケランジェロ

同じような写真ばかり続き、気分転換に、これまでブログにのせるのに躊躇してきた一枚を。
わたしのブログの公序良俗を乱すのではないかとおそれて躊躇してきた、いえ本音は、
わたしの品性の下劣さがもろに出ているから躊躇してきたのです。

ついでに塚本邦雄も”エロ”で統一したいのですが、
勲四等旭日小綬章の現代短歌作家はさすがにエロなど下卑た歌はないので。

 エロイカのにがきひびきに純血の馬はまづたてがみより死せり
 イタリアに生るるならばアンジェロと吿(の)らむすなはち靑き菊の香
 ミケランジェロ、ミケルディアポロ種屋より時計屋へ赤き水が地を這ふ
 チェロの絃(げん)もて括る五月のからたちの葎(むぐら)、不安なる結實のまへ
LR6-P5066829-Edit-2.jpg
PEN-F 85mm

歳をとって羞恥心も規範意識も低下したようです。これはこれで世界が広がるような気がします。

雨季迫る

まだケシです。

 雨季迫る不毛の地にて実となりし罌粟、蒼白の殺意をもてり  (塚本邦雄)

塚本邦雄は「罌粟」という漢字について、「罌粟(あうぞく)は、粟を貯蔵する罌(かめ)の意で、芥子(ケシ)の果実の形から来た漢名であるから、正確には、果実専用とすべきか。」(芳香領へ)と言ってます。

LR6-P5200610-Edit-2.jpg
PEN-F 300mm

02LR6-P5200702-Edit-2.jpg
PEN-F 300mm

なほ立つ

「毎日が日曜日」にごく近い日々を送っていても、金曜日は緊張や義務から解放される特別な日です。
しかし徐々に、むしろ緊張と義務が貴重になって、金曜日は不安と困惑の日になりつつあります。

 罌粟枯れてなほ網膜に血痕のごとカルル・ジュリ・ユイスマン立つ  (塚本邦雄)

ユイスマンは小説「さかしま」で有名な作家ユイスマンスのことのようです。
「さかしま」は書名と訳者澁澤龍彦の魅力に惹かれて、むかしむかし本を買ったのですが、読みもせず放置して行方不明です。
01LR6-P5200735-Edit-2.jpg
E-M5mk2 300mm

02LR6-P5200747-2.jpg
E-M5mk2 300mm

03LR6-DP2Q3151-Edit-2.jpg
DP2Q

たとえばそこに

きのう書いた塚本邦雄「芳香領へ」では罌粟の臭いを、
 腫瘍や壊疽(えそ)の病臭に酷似するとさえ言われているが、・・・嗅ぎなれるとふと今一度鼻を近づけたくなるような妖しささえ含んでいる
と書いていて、前半の悪臭についての記述は伝聞ですが、後半の嗅ぎなれる話は経験したような書き方です。

 罌粟にほふたとへばそこに醜貌のイソップがゆらゆらと笑へる  (塚本邦雄)

にしても、私にはあえて嗅いでみたい臭いではありません。臭いが写らない写真に感謝しつつ。
01LR6-DP2Q3143-Edit-2-2.jpg
DP2Q

02LR6-P5207338-Edit-2.jpg
PEN-F 50mm

03LR6-DP2Q3165-Edit-2.jpg
DP2Q

においの幻想、色の幻覚

 きのうのシャーロック・ホームズは、阿片常習者とケシというつながりで成り立っているのでしょうか。

 塚本邦雄は、「芳香領へ」という本の中で、『罌粟の花は死の臭ひ』と書いています。さらに、
同じ麻薬原料植物の大麻の葉茎が風で擦れ合って異臭を発するとも書いていて、「罌粟に疾風」というのも、ケシに同様の現象があるかもしれないと想像しているのかもしれません。

 死の臭いは毎日嗅ぎたくはないので、今日はまたシャクヤクで、
01LR6-P5207170-Edit-2.jpg
PEN-F 50mm

02LR6-P5200562-Edit-2.jpg
E-M5mk2 300mm

03LR6-P5200591-Edit-2.jpg
E-M5mk2 300mm

モノクロームですが、色を見る幻覚にとらわれたので、
 綠金(りよくこん)の五月 わが家の底に坐し父の化石、母の化石  (塚本邦雄)

ひと日するどく

シャクヤク畑は花の時期を逸していましたが、となりにヒナゲシがいっぱい咲いていてきれいでした。

 罌粟畑の背後に巨き瓦斯タンクひと日するどくかわきて立てり  (塚本邦雄)
 罌粟に疾風(しつぷう)しかも死ぬまで獨身(ひとりみ)のシャーロック・ホームズを朋とし  (  〃  )

01LR6-P5200656-Edit-2.jpg
E-M5mk2 300mm

02LR6-P5207272-Edit-2.jpg
PEN-F 50mm

03LR6-P5207310-Edit-2.jpg
PEN-F 50mm

 ホームズはテレビドラマやYOUTUBEの朗読で面白いと感じるのですが、本は面倒なので読んだことはありません。(ホームズを読む時間があったら、他にもっと読みたい本があるから)
 塚本邦雄もホームズの愛読者ではなかっただろうと感じます。(好きだったらドイル讃の歌集ぐらい出すでしょうが存在しないから)
 しかし彼はホームズに親近感を持っていたのではないかと思うのです。現在からみれば時には非常識とみなされるような生き方が好きだっただろうと。

五月うとまし

月曜病にも五月病にも無関係な日常です。精神的に健康というのではなく、五月も月曜も、カレンダーにあまり関係のない生活をしているという意味です。(働いているのですけれども不真面目です。)

塚本邦雄
 芍藥に白雨すなはちわが夏を犯しけるもろもろの男らよ
 五月うとましきかな庭のくらがりにゆらりと體言止めの牡丹

01LR6-P5200564-Edit-2.jpg
E-M5mk2 300mm

02LR6-P5200588-2.jpg
E-M5mk2 300mm

03LR6-P5207171-Edit-2.jpg
PEN-F 50mm

04LR6-DP2Q3171-2.jpg
DP2Q

うつつはつなつ

 誘われてシャクヤクを撮りにご近所へ出かけ、花はもう黄変して散り果てていたものの、ちょこっとだけ撮影してきました。
 
 とはいえ、あまのじゃくですから、花畑にお尻を向けて撮った、隣接する茶畑の写真から。
 ”かぶせ茶”の遮光ネットがむっちりして色っぽかったので、ついむらむらしてパチリと。
01LR6-P5207257-Edit-2.jpg
PEN-F 50mm

02LR6-P5207251-Edit-2.jpg
PEN-F 50mm

03LR6-P5207153-Edit-2.jpg
PEN-F 50mm

三重県のお茶は、静岡や宇治ほど有名ではありませんが、地元のJAによれば生産量、栽培面積ともに全国第3位なんだそうです。
ここでの栽培の歴史も、10世紀の平安時代までさかのぼり、室町時代には寺がつくる薬草として、江戸時代には農作物として、明治時代には輸出品として続いてきたのだと聞きました。

塚本邦雄はシャクヤクの方で、
 芍藥と半音階と麺麭の耳愛し銀婚の日の惡伴侶(ワース・ハーフ)
 芍藥置きしかば眞夜(まよ)の土純白にけがれたり たとふれば新婚
 ここより先はうつつはつなつ薄明に一人の夢の藍の芍藥

とみにつのる

アベックといういい方は古いのだそうです。
わたしはまだ使ってますけれど、もう歳を気にする身でもないからいいのです。

塚本邦雄
 「二人の妻への手紙」読み終らず四方(よも)の新緑とみにつのるごとし
 國籍のなき戀人がかくしもつ旅券のうらにあるただしがき

今夜はアベックで。
01LR6-P5127029-2.jpg
PEN-F 85mm

02LR6-P5127121-Edit-4-2.jpg
PEN-F 42.5mm

03LR6-P5127064-Edit-2.jpg
PEN-F 300mm

ひと真似をしたくない

 いつも友人と昼食に出かける日課ですが、きょうは初めて行く開店したばかりのお店で、店内に地元高校出身の19年度文化勲章受章者中村晋也氏の彫刻がいくつか置かれていました。

 備え付けの本やディスプレーに流れていたのは、これも地元の「長太の大くす」の写真で、友人はいたく気に入って見入っていました。きっと、彼が撮りたい写真をそこに見つけたのでしょう。

 待合に流す環境映像や広報誌や絵ハガキによろこばれそうな写真です。
そんな写真について語る友人についていけずに、もくもくとランチメニューのハヤシライスをほおばりました。昨夜自宅で作った夕食もハヤシライスだったのですが、お店の方が美味しかったのは確かです。

絵ハガキには決してならないわたしだけの大クスをもう一度。わたしは負けず嫌いです。
01LR6-DP0Q1922-Edit-2.jpg
DP0Q

02LR6-DP0Q1903-Edit-2.jpg
DP0Q

03LR6-DP0Q1913-Edit-2-2.jpg
DP0Q

にむらがれる蝶を

まだチョウチョです。
蝶々が嫌い、怖いという人もいます。トンボは平気なのにチョウはダメだそうです。
(仮面ライダーは正義の味方だけどモスラは怪獣だからでしょう。)

塚本邦雄
 父を選ばば七人の敵一人づつ消しアフリカの空に蝶採る
 少年蝶を逸せり さはれ一瞬を漆黑のヒットラーの口髭
 はるる水みどりにさわぐ魂のみなもとにむらがれる蝶を刺せ

塚本邦雄に蝶々を「一頭」と数えている歌があるのを見つけて、忘れかけていた数助詞の記憶を呼び戻されました。
安西冬衛は「一匹」って数えているのになあとも。(てふてふが一匹韃靼海峡を渡つていつた。)
01LR6-P5127119-Edit-3-2.jpg
PEN-F 42.5mm

02LR6-P5127108-Edit-2.jpg
PEN-F 42.5mm

03LR6-P5127094-Edit-2.jpg
PEN-F 300mm