四月尽とか

ツツジなお。

01LR6-P4296590-Edit-2.jpg
PEN-F 135mm

02LR6-P4296582-Edit-2-2.jpg
PEN-F 135mm

03LR6-P4296560-Edit-1.jpg
PEN-F 135mm

塚本邦雄
 窈窕たる処女(をとめ)きたりて四月尽未来味覚論まくしたてたり
 卯月(うづき)うつつほろぶる愛にひえびえと緋の雨零(ふ)らす初花篝(はつはなかがり)  (もう此処では桜は終わりましたが)

さつきみなづきえこそやすらへ

三重県鈴鹿市は、植木生産が明治3年に始まったと言われ、昭和6年には記念碑も建てられ、昭和39年の東京オリンピック以降いっそう生産が増え、サツキ・ツツジの生産額は全国一位だそうです。
そんなツツジの露地です。

 さつきみなづきえこそやすらへ封筒に封じてわが夜夜(よよ)の星明り  (塚本邦雄)

01LR6-P4296521-Edit-1.jpg
PEN-F 135mm

02LR6-P4296540-Edit-1.jpg
PEN-F 135mm

03LR6-P4296597-Edit-1.jpg
PEN-F 135mm

落ちた日

ときには泣き言を言いたくなる日もありますね。
01LR6-DP0Q1963-Edit-1.jpg
DP0Q

02LR6-DP0Q1878-Edit-2-1.jpg
DP0Q

今日中に到着する予定だった商品が、準備できないからとキャンセルされてしまい、連休中の楽しみが消えてしまいました。
日常生活でストレスがたまっているのに、水に落ちたら石がきたような気分。

老い放題に老いて

まだ県境の山里です。
前にも撮ったようなアングルがあってとても恥ずかしいけど、心臓に発毛剤をふりかけて。

 星ヶ谷村百八番地、元右翼老い放題に老いてうつくし  (塚本邦雄)

01LR6-DP2Q2973-1.jpg
DP2Q

02LR6-P4196207-Edit-1.jpg
PEN-F 135mm

03LR6-P4196158-1.jpg
PEN-F 135mm

04LR6-DP2Q2968-1.jpg
DP2Q

残り物

君が畑は木地師の里とよばれているそうですが、木地師という職が伝統的な響きを帯びているように、この地もだんだんと時代の後方へ行こうとしているように見えます。
住んで生活をしている方に、とても失礼な言い方ですが。

しかし時の流れにとりのこされて、いっそう美しくなるというのも真実と感じるのです。
打ち捨てられたものさえ、ここでは美しいと思います。

わたしは自分の醜さを知っていますが、ここの空気を吸っていると、そのことが薄れていくような気がしてくるのです。
01LR6-P4196192-Edit-1.jpg
PEN-F 135mm

02LR6-P4196079-1.jpg
PEN-F 135mm

03LR6-DP2Q2979-Edit-1.jpg
DP2Q

かたきのまちへ

”散歩写真”ではなく、仕事帰りの”道草写真”です。(汗)

塚本邦雄
 菜の花のつめたき朝の崖下りひとり敵(かたき)の街へむかへる
 肉体の神もしらさぬ暗がりにほのぼのとともる一つ菜の花

01LR6-P4206430-1.jpg
PEN-F 75mm

02LR6-P4206486-Edit-3-1.jpg
PEN-F 25mm

花の写真は苦手なので、欲求不満解消に、何でもない写真も。
03LR6-P4206444-Edit-1.jpg
PEN-F 75mm

新緑の古刹で考えたこと

白鹿背山東光寺なお。
 きのうの紹介文中にあった「聖徳太子開基の天台寺院」といえば、近所にある百済寺の創建も同じで、何か因縁でもあるのでしょうか。
 また、「永禄11年の戦禍」は、信長が六角承禎と戦った観音寺城の戦のことでしょうか。主戦場が東光寺と同じ東近江市にあった箕作城だそうですので。なおこの時、最後に信長に降りた六角氏家臣が人質として差し出した子が蒲生氏郷だとはじめて知りました。

葉室麟「冬姫」で書かれた氏郷はちょっと格好良すぎでしたが、三重県松阪の城主になったこともあるので親近感がわきます。

01LR6-DP2Q3021-1.jpg
DP2Q

02LR6-DP2Q3033-Edit-1.jpg
DP2Q

03LR6-DP2Q3069-Edit-2-1.jpg
DP2Q

04LR6-P4196373-Edit-1.jpg
PEN-f 135mm

木々の新芽に沁みゆく

東近江市君ヶ畑をひと休みして、白鹿背山東光寺の写真で。
東光寺は紅葉の名所だそうですが、この季節は新緑が美しいにもかかわらず閑散としていました。

WEB版新纂浄土宗大辞典には次のように紹介されています。
 滋賀県東近江市平尾町。白鹿背山巨徳院。滋賀教区№二八。当寺縁起については二説あり、一説には推古天皇一五年(六〇七)聖徳太子がこの地を訪れた際、自刻の薬師如来像を安置し道場を建立し、以後、源信によって天台宗寺院として再興されたと伝える。また一説には貞観一五年(八七三)奈良薬師寺の僧、行賀が廃寺小倉山高野寺の別院として建立後、荒廃するも康暦二年(一三八〇)薬師寺の僧、智蓮により復興されたと伝える。永禄一一年(一五六八)戦禍を被って灰燼に帰すが、慶長年間(一五九六—一六一五)に、深誉円知によって浄土宗寺院として再興された。正徳三年(一七一三)・文化六年(一八〇九)・慶応四年(一八六八)と三度の大火に罹るも復興され、近隣に多数の末寺を擁し、知恩院門の中本山格に位した。

 粥煮ます母に寄り添ひ見る雨は木々の新芽に沁みゆきにけり  (塚本邦雄)

01LR6-P4196260-1.jpg
PEN-F 135mm

02LR6-P4196326-1.jpg
PEN-F 135mm

03LR6-P4196274-Edit-1.jpg
PEN-F 135mm

04LR6-DP0Q1869-1.jpg
DP0Q

LR6-DP2Q3040-Edit-1.jpg
DP2Q

汗地にみちびかれ

滋賀県ばかり続いたので目先を変えるために、ご近所の散歩写真で。
長太(なご)のクスの木は地元では有名です。幕末に伊勢の人が書いた旅行案内書に、この木を「大木神社」というと紹介されているそうです。

 電工の汗銅線にみちびかれ地(つち)にしづくす このにがき蜜  (塚本邦雄)

楠ならぬ「シズクず」です。(汗)
きょうはことさら暑い日でした。

01LR6-DP0Q1897-Edit-1.jpg
DP0Q

02LR6-DP0Q1940-Edit-1.jpg
DP0Q

03LR6-DP0Q1942-Edit-1.jpg
DP0Q

こちらはクスではありませんが、自宅からブラブラして撮りました。
04LR6-DP0Q1884-Edit-1.jpg
DP0Q

独りじゃない

きのうは”がんばって”いましたが、独りぼっちだったので、きょうは”二人”の写真で。

ついでに塚本邦雄も”二人”で、
 錐・蠍・旱・雁・掏摸・檻・囮・森・橇・二人・鎖・百合・塵
 「二人の妻への手紙」読み終らず四方(よも)の新緑とみにつのるごとし

01LR6-P4196077-1.jpg
もちろん後の地味なのが私  PEN-F 135mm

02LR6-P4196211-Edit-1.jpg
もちろん下の黒いのが私  PEN-F 135mm

03LR6-DP2Q3007-Edit-1.jpg
蛇口三兄弟  DP2Q

04LR6-P4196095-Edit-1.jpg
キレイキレイ  PEN-F 135mm

ピアニシモは私の心臓の音

きのうに続き、県境の東近江市政所君ヶ畑で撮った写真です。

自分で自分を励ますために、”がんばって”いる写真にしました。

 最弱音(ピアニシモ)に耐ふるわかもの含羞のうすべにに弦樂四重奏果つ  (塚本邦雄)

01LR6-P4196218-Edit-1.jpg
きみも独りか  PEN-F 135mm

02LR6-P4196144-Edit-2-1.jpg
雨で崩れた岸からサクラは流されそうになった  PEN-F 135mm

03LR6-P4196176-Edit-1.jpg
傾いた塀はあと何年もつだろう  PEN-F 135mm

唯我独尊の輩

ひさしぶりに撮影に出かけました。といっても県境の何度も行ったところですが。
そのうえ、どこでも撮れるような写真を撮ってきました。
まったくの自己満足、唯我独尊の写真です。
01LR6-DP2Q2976-Edit-1.jpg
きれいな水が流れっぱなし  DP2Q

02LR6-DP2Q3005-Edit-1.jpg
かなだらいはまだ現役  DP2Q

03LR6-P4196107-Edit-1.jpg
共同水場があちらこちらに  PEN-F 135mm

正直者

精神的振幅の大きさを示すような写真です。ほんとうに写真は正直です。

01LR6-P3245003-Edit-1.jpg
PEN-F 17mm

02LR6-P3249742-Edit-1.jpg
E-M5mk2 42.5mm

LR6-P3249803-Edit-1.jpg
E-M5mk2 75mm

虚妄の證明

きょうはしずかに2枚だけ。
大口をたたくことが大切だと自覚しているのですが、そんなネタもないので。

01LR6-DP2Q2765-1.jpg
DP2Q

02LR6-DP2Q2705-Edit-1.jpg
DP2Q

 屋根に干しし黑き毛布はひるがへり<虚妄(いつはり)の證(あかし)をたつることなかれ>  (塚本邦雄)

すみれ、まみれ、灰まみれ

きょうは、高宮町の散歩写真の落穂ひろいです。(汗)
ほんとうは重箱の隅どころか、クズ籠に入っているようなしろものです。
ダメな理由は、ワンパターンだからです。
原因はきっとわたしの肉体的問題、脳みその劣化です。

01LR6-DP2Q2739-Edit-1.jpg
DP2Q

02LR6-DP2Q2724-Edit-4-1.jpg
DP2Q

03LR6-P3295573-Edit-1.jpg
PEN-F 135mm

04LR6-DP0Q1765-Edit-1.jpg
DP0Q

ところが塚本邦雄の短歌で「落穂ひろい」を探しても見つけ損なったので、しかたなく「ミレー」で、

 神の目もすみれいろとや郵便車より戀文の束ころげ落つ
 ほろびたる心霜月淼淼(べうべう)と木犀は花にまみれて立てり
 卵食ふ時も口ひらかず再度ヒロシマひろびろと灰まみれ