刻刻を老ゆるわれ、すさみゆく

不得意な花の写真をひと休みしてお散歩写真にしましたが、前にも同じような写真を撮っていたような気がします。
記憶力が低下して都合の悪いことはすぐ忘れてしまいます。

そういえば昨夜も切符の買い方を忘れて汽車に乗り遅れる夢を見てしまいました。

塚本邦雄
 われの悲運にひそかにつながりて春のサーカスの大禮服の老人
 籃の石榴紅きしづくし刻刻を老ゆるわれ、すさみゆくユーラシア
 山茶花は老いし天使の糧白きほのほほのかに死のかをりして

彦根市高宮町。
01LR6-DP0Q1755-2.jpg
天に架けることができれば DP0Q

LR6-DP2Q2721-1.jpg
燃えよドラゴン DP2Q

03LR6-DP2Q2813-2.jpg
ひと隅の花 DP2Q

などてやすらうわれ

年度末は師走よりも忙しい宮仕えですが、駆け足でやってきた桜も気になって仕方ありません。
彦根市高宮町で。

 やよひきさらぎなどてやすらふわが爪の半月とほき陽ざしに翳る  (塚本邦雄)

01LR6-DP2Q2776-2.jpg
DP2Q

02LR6-DP2Q2758-2.jpg
DP2Q

03LR6-DP2Q2793-2.jpg
DP2Q

04LR6-P3295521-2.jpg
PEN-F

LR6-P3295547-1.jpg
PEN-F

月とサクラ

たった一枚。気持ちに余裕がないとダメですね。
LR6-P3250270-2.jpg


謙虚な日

なんだか仕事がたまってきましたので、余裕がなくて写真にもそれが反映してしまっています。
きょうは謙虚に反省します。
01LR6-P3250193-2.jpg

02LR6-P3250197-2.jpg

03LR6-P3255204-Edit-2-2.jpg

われのかなしさや夢の中

龍祥寺のサクラなお。
ライトアップも始まってましたが、水銀灯の光線でホワイトバランス的には撮影しにくかったです。
(そうです、写真が下手なのはライトのせいで私の腕のせいではありません。(汗))

 櫻散るうつつにわれのかなしさや夢の中にも月明うして  (塚本邦雄)

01LR6-P3255242-2.jpg
PEN-F KOWA PROMINAR 8.5mm

02LR6-P3255285-2.jpg
PEN-F M.ZUIKO 25mm

背を向けるすね者  ~不盡山龍祥寺のしだれ桜

三重県の南のほうの度会郡大紀町阿曽にあるという桜の大樹を見てきました。
龍祥寺(りゅうしょうじ)というお寺の境内で見事な姿を見せていました。
樹齢140年だそうです。
01LR6-P3255316-2.jpg
PEN-F M.ZUIKO 25mm

すね者なのでもっぱらサクラに背を向けて。いいえ、けっして窓から中を覗き込んでいるのではありません。
02LR6-P3255031-1.jpg
PEN-F M.ZUIKO 17mm

なお背を向けて。えっ、防犯カメラ。
03LR6-P3255075-1.jpg
PEN-F KOWA PROMINAR 8.5mm

塚本邦雄
 垂桜(しだれざくら)くれなゐ淡し来しかたの抹消部分百二十行
 垂桜(しだれざくら)の一枝かすかに石に触る絶交ののちみまかりし友

なきわれはまた

きのう、勤務先でみた、ちらほら咲いているちらほら桜、ぼちぼち咲き始めたぼちぼち桜です。
はやく満開の花を見たいなあと思いながらパチリ。
01LR6-P3249752-1.jpg
E-M5mk2 TOKINA Reflex 300mm F6.3

02LR6-P3249859-1.jpg
E-M5mk2 M.ZUIKO 75mm F1.8

 さくらばな見るかげもなきわれはまたよそむきて歌ふ神の頌歌(ほめうた)  (塚本邦雄)

見放されおる われ

わたしの職場はかつて桜の名所だったそうですが今は名残を留めるだけです。
それでも残った樹々が満開になれば見ごたえがあります。
そして、きょうのところは、つぼみはふくらんだものの”ちらほら”という程度です。

サクラがくる前にウメを一挙に、という魂胆で梅尽くし。
ついでに塚本邦雄も、
 魚梅(うをうめ)の改裝成れり深海のいろくづロココ調にならべて
 血漿色の梅干を家ごとに祕め革命に見放されをり われら
 鬱たる寝覺のやみの底にして剪られけむくれなゐの梅一枝

01LR6-DP2Q2573-Edit-1.jpg
DP2Q

02LR6-P3179508-2.jpg
E-M5mk2 Helios 85mm

03LR6-P3179552-9.jpg
E-M5mk2 Helios 85mm

04LR6-DP2Q2539-1.jpg
DP2Q

脚をそろえてよろめく日

わたしの近辺にはまだサクラは咲いていないのですが、となりの名古屋では今週初めに咲いたというニュースがあったので、
ひと目見むと出かけてみたら、色の濃いヒカンサクラはもう盛りを過ぎ、ソメイヨシノは来週末の予定だそうです。

徳川園という観光名所たったひとつ行って帰って来ました。
サクラ咲いてましたし、ウメも咲いてましたが、もうひとつ意欲が湧くことなく、行く場所を間違えたようです。
01LR6-P3234866-1.jpg
PEN-F NOCTICRON 42.5mm

02LR6-P3234815-1.jpg
PEN-F NOCTICRON 42.5mm

03LR6-DP2Q2625-1.jpg
DP2Q

04LR6-P3234880-1.jpg
PEN-F NOCTICRON 42.5mm

塚本邦雄もウメとサクラで、
 煤色の脚を揃へてよろめけり鶴が 遠くに櫻咲きみち
 うぐひすの衰ふる夜を紅梅の葉隠れの花いよよ濃かりし

行きのバスで子連れの人に席を譲らなかった、帰りのバスでおばあさんが椅子から床へ転げたのに助け起こそうと立ち上がらなかった、公園内で私と同年齢の夫婦連れが地面に座り込んで明らかに異常な様子だったのに気づいても声を出せなかった。

今日の私は何か変でした。確かに頭がおかしくなっていました。
判断力も行動力も、そして人間性も朽ちていっているようでした。
そのことがショックでした。

封鎖地帶

浮気症のわたしはつい美しくないものが無性に撮りたくなります。

それに、花ではありませんが植物ではあります。
01LR6-DP2Q2510-Edit-2.jpg
DP2Q

ここの村も訪れるたびに無住の家が増えています。
人のいない家につる性植物が棲みついて、ガラス窓の中から私を見ているのです。

LR6-DP2Q2515-2.jpg
DP2Q

”枯れ”を塚本邦雄から、
 春さむき封鎖地帶の娼家まで蔓のばしつつ枯れゆく常春藤(きづた)
 枯葎(かれむぐら)霜にきらへりゆるやかにわが身をめぐる齡(よはひ)の影は
 無名戰士墓地を光りてジープ去る蒼惶と春の枯葉捲きつつ

つくしは土筆、鰆はさわら

サクラにお尻を叩かれて、大急ぎで春の写真を、と思って土筆です。

塚本邦雄に土筆は似合わないと思って、”つくし”の歌を集めました。(ウソ)
 蒼惶(さうくわう)とみ空の縁(へり)をかりがねは去るわが春のみだれ見つくし
 岬の果てに短軀の漁夫の鬚面(ひげづら)手づかみのうつくしき鰆よ
 春の雁わたりつくして灰色のそらみつやまと、その空の創(きず)
 母のくににかへり栖む日はあらざらむ藍うるむ海の夕(ゆふ)澪標(みをつくし
 水の上に死の鶯の眸(まみ)とぢて恥うつくしき日日は過ぎたり

01LR6-P3179670-Edit-2-9.jpg
E-M5mk2 Helios 85mm 1.5

02LR6-P3179672-Edit-9.jpg
E-M5mk2 Helios 85mm 1.5

いい写真をたくさん見ることと自分の写真をじっくり見ることが上達の道だと教わったのですが、その教えはなかなか守られません。
反省してプリンターのスウィッチを入れたらインク切れでした。神様に見放されたのでしょうか。

ふりてこのむなしき

苦手といいながらまだミツマタです。

 正述心緒正述心緒彼岸會に雪ふりてこのむなしき量(かさ)  (塚本邦雄)

01LR6-P3179583-2.jpg
E-M5mk2 Helios 85mm 1.5

02LR6-P3179661-2.jpg
E-M5mk2 Helios 85mm 1.5

以前に同じ歌を引用したときに正述心緒を調べたはずですが、記憶が消えていてまた検索しなおしました。使い慣れていない言葉は何度覚えても定着しないのですね。
いえ、単に頭が悪くなったか、もともと悪いということのほうが可能性が高そうです。

花もなき身とこそ

かけ足でサクラが近づいてきてるようですが、季節感にこだわりすぎて苦手分野の花ばかりを撮っている自分に疑問符がついて、サクラのことを意識しないようにしようと意識しています。

しかし、脳の老化のせいで発想が固定化してきているのですが、それを排除すると意欲まで排除しそうで、残り時間を数えて臆病になっています。

という訳で今日もどこかで見たような写真ですが、トタン愛好者の血が騒いだので(汗)。
01LR6-DP2Q2498-2.jpg
DP2Q

02LR6-DP0Q1630-2.jpg
DP0Q

 花もなき身とこそ思へよひよひをわが見ぬ空はかつしぐれつつ  (塚本邦雄)

戻り寒なお

三椏なお。
去年の美杉村には比べるべくもありませんが、光が豊かに注いでいる花に満足して帰りました。

01LR6-P3179610-1.jpg
E-M5mk2 Helios 85mm 1.5

02LR6-P3179575-Edit-2.jpg
E-M5mk2 Helios 85mm 1.5

03LR6-P3179588-1.jpg
E-M5mk2 Helios 85mm 1.5

LR6-P3179595-2.jpg
E-M5mk2 Helios 85mm 1.5

「み」つながりで

ミモザの写真を見ても花粉症がこれ以上悪化しないようなので、
「み」つながりで三椏(ミツマタ)も大丈夫だろうと考えて写真を撮ってきました。

同じ「み」なら大丈夫などという考えは、科学的ではないけれど文学的、論理的ではないけれど芸術的だと納得しているのです。

写真は棚田百選に選ばれている亀山市坂本で。
本当は昨年見た美杉村のミツマタ群落を、花の盛りに撮ってみたかったのですが。

 今生や花三椏に戻り寒  (塚本邦雄)

01LR6-DP0Q1629-2.jpg
DP0Q

02LR6-DP0Q1623-2.jpg
DP0Q

03LR6-DP2Q2480-1.jpg
DP2Q

04LR6-P3179621-2.jpg
E-M5mk2 Helios 85mm 1.5