大祓の祝詞

ことしも最後までご訪問いただきありがとうございました。

いっときブログを続けることが難しいとおもったこともありましたが、温かい励ましをいただき続けることができました。
コメントをいただいても返事もせずに済ませたこともありました。ごめんなさい。

きょうはそれなりに掃除をして片付けもしましたが、おかげであれこれ身近なところから消えてしまいました。
いえ捨てたはずはないので、どこかに仕舞いこんだのだと思うのですが、ちょっと探しても見つからないのです。

 大祓(おほはらひ)の祝詞(のりと)嗄(か)れつつ拂曉の素戔嗚(すさのを)神社血のかをりする  (塚本邦雄)

LR6-DP2Q1976-1.jpg
油日神社  フレアは私の腕のせいでもカメラのレンズのせいでもなく一年のけがれを洗う神様のシャワーです  DP2Q

神は微風のごとく

「かくれ里」(白洲正子)は『油日の古面』の章から始まっています。
滋賀県甲賀市油日神社にあるという「福太夫の面」の話です。

一昨日にその油日神社に行ったのに肝心のその面を見てきませんでした。お馬鹿な話です。
(「ずずいこ様」の立派な陽物も見たかった。(汗))

白洲の「かくれ里」では宮座にも少し言及されていて、その階級性についても認識しているようですが、階級の上位にいるであろう彼女にはその中に身を置く閉塞感や被差別感情は分からないのだろうと想像しました。
もう今ではそんな閉塞感や被差別感情は無いのでしょうが、このおだやかな風景がそうした中で守られてきたことは忘れたくありません。

白洲がここを訪れたのはもう50年も前ですが、『決して宏壮とはいえないが、境内の隅々まで手入れが行きとどき、』という風景は今も変わりがないようです。

01LR6-DP0Q1252-1.jpg
DP0Q

02LR6-DP2Q1928-1.jpg
DP2Q

03LR6-DP2Q1909-1.jpg
DP2Q

LR6-DP2Q1938-1.jpg
DP2Q

 鈍色に煮ゆるあはびの夕がれひ神は微風のごとよぎるなり  (塚本邦雄)

神さりながら

きのうの続きは後回しにして、大急ぎで残っている大阪物の清算です。

 さしぐむは言(こと)の葉(は)の神さりながら萌黄(もえぎ)かすかに寒昴(かんすばる)炎(も)ゆ  (塚本邦雄)


01LR6-DP0Q1227-1.jpg
DP0Q

02-calendar1.jpg
コラージュ

03LR6-PC193813-1.jpg
PEN-F 85mm

04LR6-DP2Q1856-9.jpg
DP2Q

塚本邦雄は、

 昴(すばる)も亦父なるものの非業(ひごふ)の一生(ひとよ)の、炎え盡した相(すがた)であつた。彼に、彼等に捧げる詩歌は、木管の湿った和音を伴ふ挽歌ばかり。

と「解題」を書いているのですが、解説してもらっても一層チンプンカンプンです。冬の夜の歌だということは分かったのできょうの写真にそえることにしました。

一年分のあたいは

滋賀県甲賀町へ行きました。

大阪の写真が続きましたので一息いれて、一年のたまりにたまったけがれを落としてきました。
(一年分にはお賽銭が少なかったかも。)

ここのHPには、
 『モンスターボールが出るようですが、氏子が夜間に試したところ神域の為かGPSが不具合を起こすので取得できませんでした。ご来社は日中にお願い申し上げます。』
とありましたが、ポケモンの遊び方を知らないのでよく理解できません。

神社の詳細は後日にして、毎度のことですが、「何撮ってるの?」の写真から始めます。
01LR6-DP2Q1951-1.jpg
檜皮葺の上 DP2Q

02LR6-DP2Q2011-1.jpg
吹き溜まり DP2Q

03LR6-DP2Q1956-1.jpg
切株 DP2Q

12月の時間は濃密

寒いです。
わたしの地方では冬の季節風を「鈴鹿おろし」というのですが、きのうきょうはことさら強い風が吹いてます。
まだ片付けも大掃除もしておらず、わが家に正月は来てくれるのでしょうか。

塚本邦雄
 濃密に時間ただよふ極月(ごくげつ)のわれおきざりにして英雄は
 満身の針錆びつつを降誕會(かうたんゑ)翌翌日の樅吹きさらし

01LR6-DP0Q1218-1.jpg
DP0Q

020003.jpg
コラージュ

たぐえない歳晩

閉館時間の近づいた公会堂では部屋部屋に灯りが点っていました。
さすがに蛍の光は流れませんがちょっと焦って撮ったのでせっかくのチャンスを生かせませんでした。
外では「光の交流プログラム」が始まっていたので記念写真をパチリと。

塚本邦雄
 映ゆる見目わかものなれば冬薔薇に類(たぐ)へざれども歳晩の森(もり)
 映え映えしけれ寒昴(かんすばる)中有(ちゆうう)より照らす青盲のいもうとをすら

01LR6-DP0Q1229-1.jpg
DP0Q

02LR6-PC193756-1.jpg
PEN-F Helios 85mm

03LR6-PC193736-1.jpg
PEN-F Helios 85mm

見目も、歳晩も、中有も、青盲も、どれも分からなくてネットで検索してしまいました。またひとつ歳をとって阿呆になるというのに、それを補う知恵はちっとも付きません。これではわたしの脳の収支決算は今年も赤字です。

方程式を解けないままの

大阪中之島で台南市が用意したランタンがイベントの一角を飾っていました。(光の交流プログラム =台南・光の廟埕)
01LR6-DP0Q1208-1.jpg
DP0Q

LR6-PC193777-1.jpg
PEN-F Helios 85mm

刻々と暮れる夕空とランタンと川明かりの三次方程式を単純な連立方程式と思い込んでとうとう解を得られませんでした。

塚本邦雄
 聯立方程式のまぼろし寒林の遙かにて麦藁色の燈ともる
 砲塔にまたともる燈(ひ)よ かずしれず小鳥わななきあふ冬の夜を

この夜ひそけき

日曜日とて家に引きこもっていると、世間の喧騒も伝わらずきょうがイブだと思えません。

塚本邦雄のクリスマスの歌で寂寥感をなぐさめることにして、
 降誕祭、この夜ひそけき雑沓のみな低き黄の鼻ばかり 寧(やす)し
 降誕祭鷭(ばん)の肉より灼熱の金串抜かむとて息弾む

LR6-DP0Q1201-1.jpg
DP0Q

01LR6-DP2Q1847-1.jpg
DP2Q

02LR6-DP2Q1772-1.jpg
DP2Q

03LR6-DP0Q1169-1.jpg
DP0Q

方寸のわが胸

窓とか階段に心ひかれるのは、現実逃避の願望が表れて、窓の外へ行きたいとか階段を上って行きたいと思っているのかもしれません。

自転車が好きなのは単純です。わたしが自動車の運転ができないからです。
01LR6-DP2Q1737-1.jpg
DP2Q

02LR6-DP2Q1757-1.jpg
DP2Q

03LR6-DP2Q1798-1.jpg
DP2Q

塚本邦雄
 愛は見えねども雪歇(や)みし方寸の天窓に満ちこの昼の紺
 天窓に星は匿るる九刑の墨(ぼく)すみやかにわが胸を刺せ

星占い

中之島公会堂です。わたしにはイルミネーションよりもこちらの方が合っているような。

 議事堂の夜はみじかくはなやかな星うらなひで決める税率  (塚本邦雄)

課題を先送りして来年が今年より良くなるとは思えないけれど、
せめて占いの結果だけはいい卦がでますように願いつつ、
年賀状をぼつぼつ書き始めました。
01LR6-DP0Q1160-1.jpg
DP0Q

02LR6-DP0Q1158-1.jpg
DP0Q

03LR6-PC193828-1.jpg
PEN-F Helios 85mm

いなかのネズミ 〜大阪 光の饗宴

大阪へ行った帰りに、ふとイソップの「いなかのネズミ、町のネズミ」という童話を思い出し、わたしは「いなかのネズミ」なんだとつくづく感じました。
人の多いところで喧騒につつまれて写真を撮るなどというのは、身のほどを知らないことでした。

塚本邦雄からイソップの歌を引用して、
 グリム嫌ひイソップ嫌ひ父に臀百叩かるる夢を愛して
 イソップの旅人若く未割禮夜の草箭(くさや)くちびるをかすめし
 罌粟にほふたとへばそこに醜貌のイソップがゆらゆらと笑へる

大阪中之島公会堂。
01LR6-DP2Q1831-1.jpg
DP2Q

中之島公会堂の中は人もまばらで落ち着いて撮影できました。
02LR6-DP0Q1188-1.jpg
DP0Q

老眼と乱視でピントが合いませんがこれならピント合わせも不要です。
03LR6-PC193801-1.jpg
PEN-F Helios 85mm

イルミネーションを撮ったら風邪もとんでいくなどと素人療法したのは大失敗でした。

久しぶりの撮影は

きのうは撮影に出かけたもののいつもの3分の1程度の枚数を撮っただけで早々に帰路につきましたが、疲れてブログ更新をサボりました。
せっかく出かけたのにあまり満足な写真が撮れていなかったので、肉体的でなく精神的に疲れたのです。
とはいえ、久しぶりに握ったカメラがうれしかったのも事実で、あまり言い訳せずに機嫌よくいきましょう。
大阪です。

01LR6-PC193692-1.jpg
Helios 85mm

03LR6-DP2Q1800-1.jpg
DP2Q

02LR6-DP2Q1820-1.jpg
DP2Q

ほね折りしても

年賀状づくりが停滞中です。
きょうも試行錯誤でおわりました。

 酒亂の夫みまかれりしやあたらしき苗字の賀狀肩折れて著く  (塚本邦雄)

LR6-EP579700-1.jpg

さいきん写真を撮ってないので、明日こそはと思っています。
これといったストックもないので明日はブログの更新をしない予定です。
規則正しい生活がくずれていくのは歳のせいでしょうか。

ないものねだり

自己満足だけのカレンダーつくりも9月から12月ができて完成です。

 塚本邦雄「海の孔雀」より、
  睦月朔日 柘榴欲しや
  二月二日 麥笛の欲うしさよ
  三月三日 桔梗欲うしや
  四月四日 鶫(つぐみ)の欲うしさよ
  五月五日 菊酒欲うしや
  六月六日 霰の欲うしさよ
  七月七日 白魚の欲しさや
  八月八日 松露(しようろ)の欲うしさよ
  九月九日 雲雀の巣の欲しや
  十月十日 楓(かへで)の花の欲うしさよ
  霜月十一日 時鳥(ほととぎす)の欲しや
  師走十二日 酸漿(ほほづき)の欲うしさよ

わたしは来年こそは扇子が、いえセンスが欲しや。
20180917-06LR6-DP2Q0652-2.jpg

201810b10-34LR6-PB102408-3.jpg

20181118-LR6-DP0Q0956-7.jpg

2018121-LR6-PB283123-6.jpg

十二月今日

カレンダー5月~8月をしこしこつくっていると何やらいっそう年寄りめいていくように感じて、
いまをときめくイルミネーションなぞ撮ってみたいなあと寒そうな外をながめています。
グータラせずにチャレンジすれば風邪も逃げていきそうな気がしているのですが。

 薔薇剪りてつひにひとりの十二月今日天涯を旅行くこころ  (塚本邦雄)

20180505-17LR6-_F016043-5.jpg

20180606-24LR6-_5210289-2.jpg

2018081707-03LR6-_E058313-5.jpg

2018081-01LR6-DP0Q0100-2.jpg