もみぢ照りつつ、わが生はいつまで ~五箇山で

11月が終わります。

うれしいことにむかしの仕事仲間がこの時期に小旅行にさそってくれました。
きっとわたしの内気な性格を心配してくれたのだろうと思います。

五箇山相倉で。
写真撮影が目的の旅ではないので・・・と、自分の腕のわるさを棚上げして言い訳するのは、あきらかに認知症の証拠です。
01LR6-PB283125-4.jpg
ZUIKO 50mm F2.0 Macro

02LR6-PB283219-2.jpg
ZUIKO 50mm F2.0 Macro

LR6-PB283084-2.jpg
M.ZUIKO 17mm

塚本邦雄
 血と肉と隙間にはかに冴えわたるわがうつそみか紅葉(もみぢ)照りつつ
 山脈に紅葉一掴み残りゐる世紀末 わが生はいつまで

夜をしきりに

明治村は閉演時間を午後7時まで延長するイベント中でした。

塚本邦雄
 そら豆の束きずつきて夜の土間ににほふ 日本に死ぬる他なし
 明日へあるひは過去へ時計のねぢ巻くとわが指に夜の蕺薬(どくだみ)臭ふ
 孤独きはまりて寒夜をしきり鳴くカナリアとわが汗噴くからだ

07LR6-DP0Q1064-7.jpg
DP0Q

08LR6-PB252936-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm

窓から

 鶏頭百本群れゐるあたりおそろしき明治のにほひよどめるなり  (塚本邦雄)

なお明治村。
北里研究所本部、西郷従道邸などです。

窓の写真ばっかりですが。
03LR6-DP0Q0972-7.jpg
DP0Q

04LR6-DP0Q0961-7.jpg
DP0Q

05LR6-DP2Q1640-7.jpg
DP2Q

06LR6-PB252923-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm

きのう書いた「夢のゆくえ」の解説ですが、その一節に、

 (鏡花の)作品のオープニングやエンディングが至極きれいである。
 「お爺(じい)さん、お爺さん。」
 「はあ。私(わし)けえ。」
 という「春昼」の書き出しだって、結構清冽なのである。続く文章が「と、一言(ひとこと)で直(す)ぐ応じたのも、四辺(あたり)が静かで他(た)には誰も居なかつた所為(せい)であらう」となっているからである。

とあるのですが、どこがどう清冽なのか鈍感な頭には理解できず困ります。
読んで感じるのは、饒舌さのないことです。事実だけを比喩などの装飾を施さずに書いてあります。
最近の小説やドラマが饒舌で受け手に優しいのとは違って、受け手を試すような、武士のような文章です。
このリズム感を「清冽」の意味ととってもいいのでしょうか。
清水氏は故人となられたので、本の著者のほうに今度確かめようと思っています。

明治にあこがれ

明治村。

学習院院長官舎で。乃木希典がいた官舎だそうです。
01LR6-DP0Q0956-7.jpg
DP0Q

02LR6-DP0Q0951-7.jpg
DP0Q

「泉鏡花評論集 夢のゆくえ」(戸田真樹)の解説は故清水信氏が書いているのですが、わたしには「解説」というよりも清水氏自身の鏡花論のように感じられます。
しかし戸田さん自身は、この解説が本の内容をたった3ページで言い切っているといいます。
それは、お二人の鏡花観が一致しているからなんだろうと思います。つまり戸田さんのこの本は清水氏が書きたかった鏡花論なんだと思います。

翔べぬ天使 ~明治村

クリスマスの飾りつけがありました。明治村で。
01LR6-DP0Q0924-7.jpg
DP0Q

03LR6-DP0Q0941-7.jpg
DP0Q

02LR6-DP2Q1711-7.jpg
DP2Q

もと京都市下京区河原町通五條にあった京都聖約翰(ヨハネ)教会だそうです。
昭和40年に明治村という「博物館」にくる前は信者に大切されてのでしょうが、いまはミサも礼拝も行われず魂のぬけた抜け殻のようです。
でもクリスマスの飾りつけがあって手入れもされていて、本陣の前に立てば何となく厳かな気分です。

塚本邦雄
 くりかへし翔べぬ天使に讀みきかす ―― 白葡萄醋酸製法祕傳
 聖夜たれも見ざる月さすぼろぼろの赭き鐵骨の中をとほりて

ゆかばいろなき

いつまでイチョウといわれそうですが。

01LR6-PB192641-3.jpg
NOCTICRON 42.5mm

LR6-DP2Q1572-7.jpg
DP2Q

LR6-DP2Q1509-5.jpg
DP2Q

 老いゆかばいろなき冬日きみも背にうけつつ孤り焚かむ枯菊  (塚本邦雄)

黄葉に透く 〜祖父江

けさは一層冷え込んで職場までの道がいつもより長く感じられました。

一昨日は不思議な朝で、職場までの道すがら次々とネコに出会いました。
バス停までに2匹、電車を降りてから3匹、職場についてから部屋まで歩く間に2匹。

みんな同じようにジィーっとこちらを見ていました。
まるでずっとネコに見張られているようでしたが、今朝は寒さのせいか一匹も出会わず、そうなるとかえって寂しいものです。

祖父江、なお。
銀杏のライトアップを一枚だけ。
01LR6-PB192837-3.jpg
ライトアップ! NOCTICRON 42.5mm

02LR6-DP2Q1549-5.jpg
ごめんなさい、パパさんをカットしました DP2Q

03LR6-DP2Q1583-5.jpg
物置小屋が好き! DP2Q

 黄葉(くわうえふ)に透くうすき肉人妻の一人はむかしむかしの蜻蛉(あきつ)  (塚本邦雄)

ふとなみだぐましき 〜祖父江

祖父江はイチョウだけでなく落ち着いたたたずまいのいい処でした。
あちこちに祠があり、墓地には旧軍の階級を記した墓石があり、道路わきに「日清・日露 戦捷」の碑もありました。(画像にリンクします)

01LR6-DP2Q1478-5.jpg
DP2Q

04LR6-PB192768-5.jpg
NOCTICRON 42.5mm

きのう書いた「芳香」つながりで思い出すのは、
むかし恩師からよく聞いた、子どものころに、自動車が来ると後を一生懸命追っかけて排気ガスの「芳香」を深呼吸してかいだ話でした。
たしかに、わたしが子どもの頃でもまだあの排気ガスには甘い匂いが残っていたように思います。

塚本邦雄から「香」の歌を引用して、
 石鹸積みて香る馬車馬坂のぼりゆけり ふとなみだぐましき日本
 石鹸に刹那薔薇の香うつされてこの風邪二十日(はつか)癒えざるべし
 燻製卵はるけき火事の香にみちて母がわれ生みたること恕(ゆる)す
 金星に何忘れ来し 歯科医院出て雨の香に口ひらく時

祖父江へはイチョウ撮りに行ったので、そちらの写真も。
02LR6-DP2Q1541-5.jpg
DP2Q

03LR6-DP2Q1553-5.jpg
DP2Q

星いずかたに 〜祖父江

塚本邦雄「芳香領へ」(ポーラ文化研究所)の古書を購入しようとしたら郵送が大幅に遅れてしまいましたが、
遅れの原因は本屋さん側ではなかったのに、
購入元「ダイワブックサービス」は代金を無料にしてくれました。 (〔´∇`〕)

本のほうは博覧強記の塚本邦雄がにおいに関する植物、料理、文学などを延々と書いているのですが、
「体臭」にこだわっている様子などに彼らしさを感じました。

写真はなお祖父江。
01LR6-DP2Q1557-2.jpg
DP2Q

02LR6-DP0Q0852-2.jpg
DP0Q

LR6-DP2Q1445-3.jpg
DP2Q

昨夜「火球」が見えたそうで、わたしも見たかった。

 とどまらぬ水の上(へ)の星いづかたに文章の火の花散り紛ふ  (塚本邦雄)

香気か臭気か ~祖父江

塚本邦雄の古書を買った顛末をあした報告することにして、同書にあった塚本の文を引用します。

 遠い未来において、映画に開発し得る分野があるなら、それは嗅覚に関する部分であろう。TVの層一層の精密化によって、各場面に香気と臭気を与え、あるものは尾を引き、ある時は刹那に消え去るよう、操作できるに相違ない。・・・・(「芳香領へ」)

これを書いたとき彼は薔薇や料理の匂いや体臭を思い浮かべているようですが、まさかギンナンのあの匂いは頭になかっただろうなあと想像しました。(でも動物由来の香水の一部は濃度が高いと悪臭ですけど)

祖父江で。
03LR6-PB192790-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm

02LR6-PB192690-5.jpg
NOCTICRON 42.5mm

LR6-PB192764-5.jpg
NOCTICRON 42.5mm

うつくしきかな ~祖父江

泉鏡花のお勉強中です。
「泉鏡花評論集 夢のゆくえ」(戸田真樹著)を読んでいるのですが、知識不足で初めからつまずいてばかりです。
漱石が言及した「銀短冊」を青空文庫で探しましたがみつからず、
ネットでさがして篤志家がアップしていてくれたのを読み始めました。(サイトが再構築中らしいのでリンクは止めときます)

ネットは便利ですが、見つけたテキストが本物かどうか、誤字脱字はないかは確認できません。
青空文庫ほどシステム化されていると安心ですが、個人的に篤志家が入力したものはそれなりの注意を払います。
わたしのブログに引用している塚本邦雄の短歌も活字で確認できたものだけにしています。

愛知県祖父江で。
祖父江は日本有数のギンナン産地だそうです。
LR6-DP2Q1513-3.jpg
溝 に渡した 通路がわりの板に踏まれて貼りついた落ち葉たち NOCTICRON 42.5mm

02LR6-PB192777-1.jpg
赤ん坊のように小さな落ち葉がサトイモの葉にのっていた NOCTICRON 42.5mm

塚本邦雄
 歌はこころにもあらざるをうつくしきかなあつものの中の銀杏(ぎんなん)
 銀杏(ぎんなん)煮つつあるゆふつかたむらむらと西行傳の美辭數十行(すじふぎやう)

LR6-DP2Q1498-5.jpg
だいじょうぶ、写真ににおいは写らない DP2Q

及かず紅葉 ~杠葉尾(ゆずりお)

きのういただいた泉鏡花の評論をまとめた本をせっせと読んでいる、というよりたどたどしく読んでいます。
鏡花そのものをほとんど読んでなくて、「天守物語」ぐらいです。まずはその原点からたどるのでちっとも前進しません。
とはいえ、いただいた本の評論文の文体がキラキラとして文字をたどるだけでも楽しい。

塚本邦雄
 鏡店すぎゆくわれを滅裂にうつし鏡の墓光(て)りかへる
 秋風の心をうつす鏡石この清ら石まだ戀知らず
 天才には遂にし及かず紅葉をきらきらと泥の上(へ)に撒きちらす

東近江市ゆずり尾。
02LR6-PB102348-1.jpg
HELIOS 85mm

01LR6-PB102315-1.jpg
HELIOS 85mm

03LR6-PB102336-1.jpg
HELIOS 85mm

模糊たり ~大和郡山 (大和民俗公園)

11月も半分済んでしまい今年も残り少なくなって、自分の寿命が短くなったようでちょっと寂しい感じです。
ニュースや他の方のブログで見るイルミネーションの映像が美しくて自分も撮ってみたいなあと思うのですが、おいそれとは出かけられません。

それにきょうは朝から雨ふりで空はどんより、わたしの頭はぼんやり。
こんなときは回想法で。

 霜月の光とぼしく旅行くと模糊たりいま一つのわがいのち  (塚本邦雄)

大和民俗公園。
01LR6-DP2Q1109-3.jpg
DP2Q

02LR6-DP2Q1084-3.jpg
DP2Q

03LR6-DP2Q1094-3.jpg
DP2Q

うれしい事に、
畏敬する先輩が本を出したと聞いて、立場もわきまえずに図々しくおねだりしたら、
気を利かせて送ってくれました。

でも、中身が高尚で噛みついた歯が折れそうです。(涙)
もしかして、時間をかけて噛みくだけばわたしの脳はかなり改善が期待できるかもしれませんが、
その前に爆発するかも。

帯の清水信先生の言葉もわたしには大切な文です。

hon008.jpg

夜寒朝寒 ~奥永源寺

今朝はことさら寒く感じました。

 霜月は夜寒朝寒(よさむあささむ)かはたれに舞ふ巫女(かんなぎ)の緋の袴さへ  (塚本邦雄)
   毎日新聞社「新歌枕東西百景」のなかの神奈川県高座郡寒川(さむかわ)町を読んだ歌だそうです。
   巫女さんが出てくるのは寒川町に相模一の宮があるからでしょうか。

東近江市奥永源寺あたりで。
01LR6-PB102364-2.jpg
HELIOS 85mm

03LR6-PB102390-2.jpg
HELIOS 85mm

02LR6-PB102381-2.jpg
HELIOS 85mm

悪戯の報告

いぬ年の準備を考えるのですが、年賀状の絵がなかなかできません。
毎年干支の人形とカメラの組合せなのですが構想が浮かばないのはきっと頭が衰えているせいでしょう。

やけっぱちでやった悪戯の報告を。
01LR6-EP559314-2.jpg


02LR6-EP559339-2.jpg


03LR6-EP559371-2.jpg


05LR6-EP559267-2.jpg


06LR6-EP559354-2.jpg

わが飼へる犬が卑しき耳垂れて眠りをり誰からも愛さるるな  (塚本邦雄)