老ゆるわれ荒(すさ)んで

年をとると時間の経つのが早いです。
そのせいか今年は季節感の変化がむしょうに早く感じられ、
彼岸花は2回撮っただけで終わったし、コスモスやキンモクセイは撮ることもできませんでした。

このままでは、紅葉も撮らずに終わりそうなので散歩ついでにご近所で一枚撮りました。
LR6-PA318957-3.jpg
ZUIKO 25mm

ついでに10月もきょうで終わりなので季節ものも付け加えて。

LR6-DP2Q0950-3.jpg
DP2Q

塚本邦雄
 未來と言へどただ老ゆるのみ十月の水に鐵片のごとき蝶
 籃の柘榴紅きしづくし刻刻を老ゆるわれ、すさみゆくユーラシア

風のゆくえ

きのうの写真に撮ったわが家のボロボロの花も一晩で吹き飛ばされていましたが、
性懲りもなく、花びらがわずかに残った花で写真を撮りました。
ハロウィーンだそうなので。

LR6-DP2Q0936-3.jpg
DP2Q

塚本邦雄
 ムスタキもはや秋風の市中(いちなか)に去(い)ねさにづらふ紅茸少女(べにたけをとめ)
 邯鄲の屍ぞころがれるあしもとに秋風のゆくへつきとめたり

毎年、越中八尾「おわら 風の盆」のカレンダーをいただいています。
もう10年以上になります。最近は厚顔にも、カレンダーが届くのが待ち遠しい気持ちです。
ことしもありがとうございました。

LR6-EP509177-3.jpg

秋の雨過ぐる

何もせず家に引きこもり中です。
庭へ出て朽ちかけた花を撮りました。

LR6-EP579075-2.jpg
ZUIKO 17mm 1.8

塚本邦雄
 わが過去にすさまじきものはこびきて豪雨の中にうなだるる馬
 壮年の殊ににほふは愛と死のはざまに秋の雨過ぐるなれ

ひまつぶしという玩具遊び。
デジブックというサイトで昔の写真でスライドショーをつくりましたが、タブレットやAdobe Flashが無効のPCでは表示されないと思います。なにかと問題のあるFlashPlayerをわざわざonにしてまで見るのはお勧めできませんので、ねんのため申し添えます。


きょうは従順

週末はふたたび台風だそうです。
先日からお出かけしたいとカメラをみがいている(?)のですが空振りばかりです。
どうしても見たい展覧会があるのですが意のままになりません。

前向きの意欲が減退しているのを写真も反映しています。
01LR6-DP0Q0486-2.jpg
DP0Q

雨ふりの日は家の中でつまらないです。
プリンターで写真集を自作して遊びました。
より客観的な自己評価をするためにはプリントアウトするのがいいと何度も聞いてきたので。

02LR6-EP579102-2.jpg

 殺意ひめて生きつつ今日は從順に胸部寫眞を撮らるる梟首(けうしゆ)  (塚本邦雄)

人は

日日と日没が早くなってもうじきに暗くなると分かっているのにもう時間を戻すこともできません。
ノラを見習ってしんぼうをつづけていればいい日が来ると信じます。

似たような写真ですが、なかなかハンサム(美人かな?)に撮れたので。
LR6-DP0Q0509-2.jpg
DP0Q

LR6-EP548995-2.jpg
TOKINA 300mm

10月もわずかになったので、いまのうちに10月の塚本邦雄を引用。
塚本邦雄
 人は妬みに生くるものから 十月のひるのねむりに顕(た)つ靑石榴
 人は憂しとおもへど夜の水のうづまさしく秋のそこひに落つる

光濃き

貝がらが主役ですが、ノラにも敬意を表して。

01LR6-DP0Q0492-50.jpg
DP0Q

02LR6-DP0Q0512-50.jpg
DP0Q

いまさらですが、自分のブログの写真を、別枠に表示させて拡大してみたら解像度がおおきく不足してました。
アップロード画像を、JPEGの圧縮率を上げるかわりに画像の縦横サイズを1.5倍ほど大きくしてみました。
うまく表示されるといいのですが。

 波は神の手魚(さかな)の流露(りうろ)いつの日も水晶の光濃き香の何か  (塚本邦雄)

モデル代未払い

きのう、おなかをすかせたノラに邪魔されながら撮った一枚。
 ほーら、自己満足のきょうの写真よりもオレを撮ったきのうの方がよかったじゃないか、モデル代払えよ。
とノラが言いそうです。

LR6-DP0Q0500-2.jpg
DP0Q

LR6-EP549037-2.jpg
TOKINA 300mm Refalex

ノラが邪魔する

仕事の帰りに寄り道して近所の海岸へ行ってみました。
貝がらがたくさん打ち上げられいる様子を撮ろうという魂胆です。

波打ち際でカメラを構えていたらまとわりついて撮影の邪魔ばかりするヤツがいました。
かまってやらなかったらカメラの前に座り込んでウヮーオ。

01LR6-DP0Q0514-2.jpg
DP0Q

02LR6-DP0Q0510-2.jpg
DP0Q

 飼猫をユダと名づけてその昧(くら)き平和の性(さが)をすこし愛すも  (塚本邦雄)

飼い猫はおだやかな性格みたいですが、きょう出会ったノラはちょっと好戦的でした。
動物撮りが苦手な私の腕が見透かされたようで、いっときもてあそばれてしまいました。

恍として平和過ぎ

きのうは小さいイヌでしたので、大きいのがないか探して「犬筥(いぬばこ)」を持ち出してきました。
すこし大きいからペアのカメラもフジカGS645プロフェッショナルにしました。

ただ、犬筥はひな人形の道具のひとつで本来ふたつでワンセットらしいので、年賀状の画像には向かないかもしれません。

01LR6-EP538851-2.jpg

カメラはセミ判のスプリングカメラですが、
あまり使わなかったのにファインダーのアイピースを旅先で落として失くしてしまいました。

むかしむかしパールという小西六のカメラにあこがれた時期があって、
そのころイコンタやスーパーシックスやベッサIIに一度は触りたいと思ってました。
残念ながら夢はかないませんでしたが、その「代償」としてマキナやフジカを買ったのだと思います。

02LR6-EP538970-2.jpg

犬つながりで、塚本邦雄から、
 恍として犬歯抜かれつ 霊媒に招(よ)ばれし昨夜(よべ)のつゆけき父よ
 平和過ぎつつあり断たれたる静脈のごとき鎖引くわれの犬

LR6-EP538933-2.jpg

野分いたりて

いよいよ台風が近づいてくるようです。

塚本邦雄
 思ひいづるおほかたは死者篠原に野分(のわき)いたりてしまらく遊ぶ
 野分合歓(がふくわ)の林を過ぎつ 卓上の伝言筆太に「いつかまた」
 野分は北北東へましぐら屋(や)の上の男鮭色の腿に掻き傷

外へ行けないので年賀状用の試作を撮りましたが、
肝心のイヌのアイテムが小さいのでカメラもミニチュアを持ち出してみたものの、どうも年賀状には使えそうもありません。

01LR6-EP528736-2.jpg

02LR6-EP528802-2.jpg

貝がらはご近所の海岸を散歩して拾ってきました。サクラ貝を拾うと、昔昔の記憶がよみがえります。それなりにもてた昔がありました。

片片のハート

台風というのでいつもの塚本邦雄で「台風」の歌を引用して、
 サントニン黄視症にてこもれるを若者が鼻唄の<颱風(エル・ウラカン)>

ところがエル・ウラカンを知らないので検索したら、タンゴの"El huracan"が見つかったのはよかったのですが、
youtubeで見たらピチピチのビキニの子の映像が出てきてびっくりするやら恥ずかしいやら。(私は心臓の持病があります。)

お口直しに塚本の別の短歌を引用します。
 颱風は冱え冱えと野を過ぎにけりわがつづる片片のこころ

写真の方は気の抜けたワークですみません。
きょうは仕事で忙しかったのです。(言い訳言い訳)

01LR6-DP2Q0785-1.jpg
DP2Q

02LR6-DP2Q0744-1.jpg
DP2Q

わがコスモスと雑草と

行きはよいよい帰りはこわいって誰が言うのだろう。
わたしの仕事の行き帰りは、行きはこわいが帰りはよいよいです。

ついでに一枚パチリ。

01LR6-EP578720-2.jpg

02LR6-EP538712-2.jpg

塚本邦雄
 秋眞晝わが宇宙(コスモス)に水流れ名も知らぬ草、花散らすなり
 コスモス滿開なり腕白の二の腕に沃度丁幾(ヨードチンキ)のうするるセピア

キャパもルソーも好き

仕事が休みの日の方が忙しいのは何故だろう。
焦ってばかりのいちにちでした。

まず言い訳で予防線を張ったので写真の出来は不問ということで。

01LR6-DP2Q0787-2.jpg
DP2Q

02LR6-PA091941-3.jpg
NOCTICRON

03LR6-DP2Q0840-1.jpg
DP2Q

塚本邦雄の歌も柿つながりで、
 死者なかんづくキャパに供ふる一塊の熟柹透きとほりて腐るまで
 柹の木のほかに樹知らず仲人はジャン・ジャック・ルソーを褒めちぎる

ころぶ所まで

なお、石上神宮。
帰りがけにふりかえったら灯篭に灯りが入ってました。

LR6-DP2Q0922-2.jpg
DP2Q

きょう読み始めた本は、芭蕉の「いざ行む雪見にころぶ所まで」ではじまっているのですが、見飽きない写真集です。しばらく読んだら感想を書きたいと思いました。
本を見た第一印象は、「ガーん」でした。打ちのめされました。

愛しつつ石にまどろみ石つみかさね

石上神宮から夜都岐神社まで行って、同じ道を戻り、ふたたび石上神宮に帰って来ました。

01LR6-DP0Q0427-1.jpg
DP0Q

02LR6-PA091891-1.jpg
NOCTICRON

03LR6-DP2Q0799-1.jpg
DP2Q

「石」つながりで。

塚本邦雄
 日本愛しつつ孤立せるわが朋(とも)よ雷(らい)すぎて眼のごとく濡るる石
 しづくして良夜の石にまどろめるこの蜻蛉(あきつ)過去あらばおとうと
 無花果をたべる二人のささやきの扉の外みかげ石つみかさね