惜しむ9月

気がつけばもう九月も終りです。
歳をとるほど時間の脚が速くなるように感じます。
覚醒している時間でもときどき眠たくなるので、気づかぬ間にうつらうつらと睡眠をとっているのではないかと疑ってしまいます。
そういえば、夢かうつつかが怪しい記憶があるなあ。

01LR6-DP2Q0697-2.jpg
DP2Q

02LR6-P9241810-4.jpg
ZUIKO DIGITAL 50mm Macro

03LR6-DP0Q0385-4.jpg
DP0Q

LR6-P9241821-3.jpg
ZUIKO DIGITAL 50mm Macro

長月(ながつき)の名を惜しむかな切棄てて戀淋漓たるあかがね蜻蛉(あきつ)  (塚本邦雄)

のちに認知する

長雨の寒い夏でした。お米や野菜には厳しい夏だったそうです。台風も来ました。台風一過のヒガンバナ。

きょうの写真に比べれば昨日の写真はまだマシだったと言い訳しつつ心臓の毛をのばして。

01LR6-P9181404-4.jpg
SUMMILUX 15mm

02LR6-P9180789-2.jpg
Helios 85mm

03LR6-P9180798-1.jpg
Helios 85mm

梨木香歩「冬虫夏草」は私の故郷の山を舞台にした小説です。いえいえ、故郷そのものではなく、ごく近いという程度です。
その中に次のような場面がありました。

・・・うん。わかるけどな、口に出しては云われへん。ほれはしたらあかんことや。
 山で生きるものの礼儀、ということであろうか。
 -ほやな、面と向かっては、云われへんわな。
 お婆さんもお爺さんも同様にうなずく。彼らには当然の「いたわり」のようなものであるようだ。しかし、これは私には非常に教訓になることであった。相手が何ものであるか、確認をとり、エビデンスとし、しかるのちに認知する。私の受けてきた教育とは、そのような実証性を重んずるものであった。だが、それが、いかに弊害の多いものであるかも、私は薄々感づいていた。・・・

そうだなあと共感したくだりです。反省も込めて「そうだそのとおりだ」と言いました。

息ぬき

ヒガンバナがつづくので、肩の力をぬいて息抜きします。 (真実は、B級写真の言い訳です(汗))

きのう拍手ボタンが消えたと一人騒いでましたが、りえてつさんに「出てるよ」と教えていただきました。ありましたありました。ありがとうございます。

01LR6-P9181670-2.jpg
M.ZUIKO 25mm

03LR6-P9180846-2.jpg
Helios 85mm

LR6-P9181045-1.jpg
Helios 85mm

三脚が写ってますが他人さまがセットしてあるのを撮らせていただきました。ありがとうございました。

自覚症状あり

見てくださっている方には食傷でしょうが、工夫はしているのですと言い訳をしつつ、今日もヒガンバナです。すみません。

ブログのデザインを変えてコンテンツのマンネリ化をごまかすことにしました。

テンプレートを代えたら「拍手」ボタンが消えてしまいました。(汗)
いえ、私がいただく拍手はせいぜい一日に20数個でしかないのですが、それでも結構はげまされていたのに。

01LR6-DP2Q0652-2.jpg
DP2Q

02LR6-DP2Q0615-3.jpg
DP2Q

03LR6-P9241733-2.jpg
ZUIKO DIGITAL 50mm Macro

04LR6-DP2Q0670-1.jpg
DP2Q

二日を経て

きのうに続けて津市安濃町のヒガンバナで。
わずか一週間で近所でももう満開です。

曼珠沙華二日を経つつあさき夜におもふ「火爪(ひづめ)」と呼ぶ邑(むら)ありし  (塚本邦雄)

01LR6-DP2Q0629-2.jpg
DP2Q

02LR6-P9241737-2.jpg
ZUIKO DIGITAL 50mm Macro

03LR6-P9241798-2.jpg
ZUIKO DIGITAL 50mm Macro

LR6-DP2Q0659-3.jpg
DP2Q

シグマDP2QとDP0Qに中望遠のズイコー50mmマクロの三本に絞ったので、被写体にひきずられずに撮れたような気がします。
午後からの撮影だったので割り切ることができました。

ところで火爪という土地はどこにあるのでしょうか。検索しても分かりません。

曼珠沙華の日

津市安濃町戸島というところにソバ畑があるからと、ヒガンバナ好きの友人に誘われて撮影に行きました。地元の新聞に写真が載ったのだそうです。

先日は今年初めてとったヒガンバナの写真をあげて、「初物初物」とはしゃいでしまいましたが、今回は「旬」だからという言い訳もできずに困ります。

化粧品の空ビンを洗って霧吹き代わりに持参しましたが、撮影中いちども太陽が顔を出さずちょっと空振りでした。

01LR6-P9241778-1.jpg


02LR6-DP0Q0395-1.jpg


03LR6-P9241844-2.jpg


LR6-P9241788-1.jpg

塚本邦雄
 われをおいてわれを弑(しい)するものあるはいづこぞ 曼珠沙華の火の手
 而(しかう)して再(ま)た日本のほろぶるを視む 曼珠沙華畷の火の手
 蕎麦(そば)の花かなしけれども生きわびし命とどめむ更科の里

クロック

トヨタ産業技術記念館で。
04LR6-DP0Q0324-3.jpg
DP0Q

02LR6-DP2Q0526-1.jpg
DP2Q

03LR6-DP0Q0300-3.jpg
DP0Q

01LR6-DP2Q0566-1.jpg
DP2Q

あまのじゃく

トヨタ産業技術記念館で。
01LR6-DP0Q0309-3.jpg
DP0Q

02LR6-DP2Q0519-1.jpg
DP2Q

03LR6-DP2Q0497-3.jpg
DP2Q

トヨタ自動車の前身の織機工場をつかって、繊維産業と自動車産業の発展の歴史が展示されていますが、
どちらにもさほど関心がない私は、ノスタルジックな機器やジオラマばかり撮ってました。

トヨタが自動車産業に参入する画期となった「スミスモーター」の展示も、主役のモーターよりもピカピカの自転車に興味を惹かれました。
むかしの道具らしい丁寧で堅牢なつくりになつかしさを感じました。

機械ものは、生成期は無駄の多いこだわりのある造りで、それが魅力です。
時代が下って機械として洗練されるにつれてなんだか軽薄になってように思うのは老人のひが目でしょうか。

LR6-DP2Q0510-3.jpg
DP2Q

 醫師は安樂死を語れども逆光の自轉車屋の宙吊りの自轉車 (塚本邦雄)

逆光の逆、宙づりも天地が逆なので、安楽死は安楽ではないということでしょうか。憧れているのですが。

白い鉄塔

御在所岳にかかるロープウェイの「6号支柱」はその高さがここの売り物のひとつになっています。
むかしは「東洋一」といっていたロープウェイですが、東洋という単語そのものに「昭和」を感じます。

01LR6-P9181513-1.jpg
SUMMILUX 15mm

02LR6-P9181645-1.jpg
M.ZUIKO 25mm

03LR6-P9181680-1.jpg
SUMMILUX 15mm

虚空つかむ夕映に

御在所岳の夕暮れ、ふたたび。

01LR6-P9181606-1.jpg
SUMMILUX 15mm

02LR6-P9180914-1.jpg
Helios 85mm

03LR6-P9181625-1.jpg
M.ZUIKO 25mm

LR6-P9180890-1.jpg
Helios 85mm

山頂は日が落ちると風が冷たく持っていった上着に助けられました。

塚本邦雄
 夕映に泣き濡れて巨勢眼鏡店
 夕鶴の虚空つかめる寒さかな

無能無才なれ

花の撮影は苦手です。苦手なものが多すぎますが(汗)。
でも旬のものですからひとつ。

いえ、旬と言っても長生きをしたいわけではありませんよ。
初物で目くらまししようという魂胆です。
01LR6-P9180772-1.jpg
Helios 85mm

02LR6-P9180724-1.jpg
Helios 85mm

無能無才なればこそこそ末弟もわれとつつけるこの初鰹 (塚本邦雄)

西からしぶしぶ

西空は気になります。
天気が西から変わるからでしょうか。
浄土を少しだけ信じているのかもしれません。

塚本邦雄
 ゆふべは秋の西方昏し飛ぶ鳥の明日も屋上を奔れ鳶職
 グレープフルーツに西陽の香なにごとも勃(おこ)らぬふしあはせを愛して
 サリンジャー忌などあるものか秋胡頽子(あきぐみ)の夕べ西からしぶしぶ霽(は)れて

御在所岳にて。
02LR6-P9181661-1.jpg
M.ZUIKO 25mm

01LR6-P9181529-1.jpg
SUMMILUX 15mm

03LR6-P9181589-1.jpg
SUMMILUX 15mm

わたしの住むところは西に鈴鹿山脈が連なっていて、西に山がある風景がわたしの故郷のイメージです。
きのうはその西の山に夕方登りました。

雲の合間に山頂で夕焼けを拝むことができました。
祠や石仏にフラッシュをあびせて撮りましたが、お賽銭をあげたのでどうかお許しください。
でも山から下りたら、カメラの電源スウィッチが変になっているのは何故だろう。

近代化産業遺産

カレーライスが美味しかった記憶を頼りに、「アクテノン」の次にトヨタ産業技術記念館へ行きました。

やっぱり美味しかったのですが、
わたしの記憶ではカツカレーを食べたことになっていたのに、メニューにそれはなく、記憶違い。
覚える方もあやしいけど、思い出す方の「記憶」が劣化中です。ショック!

01LR6-DP0Q0351-2.jpg
DP0Q

02LR6-DP0Q0329-2.jpg
DP0Q

03LR6-DP0Q0338-2.jpg
DP0Q

もしも自分が経験したつもりの事が事実とは違っていたら、自分は自分でなくなっていくのではないかと感じ、そのことがショックだったのです。

でも65歳以上は入場無料でしたから老人になるのも悪くないかも。



野分経て

アクテノン。

台風が近づいているそうです。
 まざまざとおのれのきのふ野分経て曼珠沙華総倒れのくれなゐ (塚本邦雄)

01LR6-DP2Q0454-1.jpg
DP2Q

02LR6-DP0Q0255-2.jpg
DP0Q

03LR6-DP2Q0431-1.jpg
DP2Q

45mm相当のDP2Qと21mm相当のDP0Qの2台で撮ってます。
85mmぐらいの中望遠や35mmぐらいの広角で撮りたくなるシーンに出くわすとちょっと悔しい。

小さいころ、欲しいものが買ってもらえないとき、母は「また、こ~んど(今度)」と言うのでした。
わたしも小さく「また、こ~んど」とつぶやきました。

85mmや35mmで撮る写真は「また、こ~んど」です。

アクテノン

名古屋市演劇練習館という愛称「アクテノン」へ行ってきました。ただただ写真を撮るだけの目的です。
前身は昭和12年建築の配水塔だそうです。

地下鉄の出口をでるといつも方向が分からなくなります。どちらが北でどちらが西か。
けっして老化のせいではありません。ずうっと昔からそうでした。

LR6-DP2Q0422-1.jpg
DP2Q

01LR6-DP0Q0282-1.jpg
DP0Q

02LR6-DP0Q0287-1.jpg
DP0Q

せっかく改札口を出てすぐに街路図を見つけて目的地への経路を懸命に覚えても、
地下鉄から地上へ出たとたんにどちらへいけばいいのか分からなくなるのです。

分からないのに、わたしの勘はこっちへ行けといっていると勝手に、適当に、でも毅然と歩き始めて、
それで失敗したりするとちょっと損した気分がしますが、
もしかすると好きな被写体に出会うかもしれないので、
棒に当たるイヌになった気持ちで歩きます。