なみだぬぐいて

山女(あけび)原を散歩中です。
01LR6-_E288087-5.jpg
畦の雑草だって美しい。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

02LR6-_F280087-5.jpg
あざみって好きですよ。 M.ZUIKO 25mm F1.2


塚本邦雄
 豊饒の麥秋、水呑百姓が咳ぐすり嚥むなみだぬぐひて   (日本人靈歌)

03LR6-_F280163-5.jpg
壁の道具を見るとこの家の人も働き者だ。私には真似できない。 M.ZUIKO 25mm F1.2

赤をたぐえて

あけび原(あけんばら)を散歩です。
きょうのテーマは赤(レッド)です。
02LR6-_F280191-5.jpg
赤いトタンはわたしの大好物。 M.ZUIKO 25mm F1.2

01LR6-_F280136-5.jpg
青いゴジラがいる訳ではありません。赤い郵便屋さん。 M.ZUIKO 25mm F1.2

LR6-_E288117-5.jpg
失敗作ですがフレアが赤いので(汗)。辺りにわらしべは落ちてないか。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

 この七赤は、漢字のイメージを借用して、暦にも陰陽道にも無関係と思うのですが、渇き死、ホタル、環、恋が頭の中でつながりません。知識不足でイメージがまとまらないままに、写真もちょっとまとまりを欠いていますが。

塚本邦雄
 渇き死にし螢刺しつらねて環(わ)とすその七赤(しちせき)を戀にたぐへて   (花劇)

 記念写真も一枚入れて説明文代わり。
04LR6-_F280122-5.jpg
りっぱなバス停。赤い消火器。 M.ZUIKO 25mm F1.2

山色清浄

 テーマは「みどり」ということで。
 場所は滋賀県土山町あけび原という山里で、漢字で山女原と書くそうですが、とても「あけび」とは読めません。
01LR6-_F280046-5.jpg
まず山の神社へお参りして青もみじを見つけました。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F280180-5.jpg
あちこちに点々とちいさな茶畑が。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 新緑も一日一日と色を濃くしていくように感じます。
塚本邦雄
 あつものに映りてわれの口赤し「山色淸淨心」戀ふれども   (花劇)

03LR6-_E288048-5.jpg
川にみどりが映っていて、ピントは合わせたつもりですが。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

一塊の

 見たことがあるけれども名前は知らない花。なおなおハーブ・ガーデンで。
LR6-_5210019-5.jpg
赤ちゃんの耳たぶ? M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_5210040-5.jpg
ロケットが地中へいく。 M.ZUIKO 75mm F1.8

03LR6-_5210159-1.jpg
乳母車がおくれ気味。 M.ZUIKO 75mm F1.8

塚本邦雄
 シモーヌ・ド・ボーヴォワールも一塊の炭となりしか金蓮花萌ゆ   (詩歌變)

はかなき戀おとづれて

 なおネモフィラ、なおハーブ・ガーデン。
01LR6-_5210109-1.jpg
青いじゅうたん。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_5210204-1s.jpg
回れ回れ回れ。 M.ZUIKO 25mm F1.2

塚本邦雄
 父にはかなき戀おとづれてきのふより灰紫の蜥蜴の革帶(ベルト)   (水銀傳説)

03LR6-_5210081-1.jpg
空き部屋あります。 M.ZUIKO 25mm F1.2

04LR6-_5210218-3.jpg
国境にカベはない。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

 きょうは小倉百人一首の日だそうですが、その選者の藤原定家と後鳥羽院との関係に、在原業平と惟喬(これたか)親王の姿が重なって見えさらに塚本邦雄と昭和天皇とが重なります。
 愛と憎のどちらに傾く天秤かは三者三様ですが、定家、業平、塚本邦雄の心に共通するものがあると感じるのです。

おかえりなさい

 ネモフィラのあるメナード青山、続きです。
02LR6-_5210062-1.jpg
野外カフェの庭で。 SUMMILUX 15mm F1.7

01LR6-_5210102-2.jpg
物置小屋の前で。 SUMMILUX 15mm F1.7

03LR6-_5210189-1.jpg
黄色いケシの列らしい。 M.ZUIKO 25mm F1.2

塚本邦雄
 鸚鵡が人の言葉を忘れてしまふからまつすぐ家(うち)へお歸りなさい   (黄金律)

 TVニュースを見て、飼い主の言葉しか発せられない鳥を想像しました。

記憶のそれのみ

 ネモフィラを撮りに行って、違う花撮って名前が分からない繰り返しですが、何でもいいから写真を撮れれば満足です。
01LR6-_5210025-3.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_5210032-2.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_5210021-3.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

塚本邦雄
 百合の木を植ゑし記憶のそれのみに過去(すぎゆき)の一部分明るし   (感幻樂)

明日のわれに逢ふべし

 メナード青山へ行った主目的はこれを撮るためでした。
ネモフィラのお花畑です。
 今回は持参するレンズを重量で選んだので不満な結果でしたが、写真に撮れなかった実物の景色には大満足でした。
01LR6-_5210200-3.jpg
う~ん、花畑に入ってみたい。 M.ZUIKO 75mm F1.8

03LR6-_5210157-3.jpg
記録写真です。  M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_5210209-3.jpg
家族連れとアベックばかりでした。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 花の種類が違いますが、花という属性は同じなのでまあいいかと、いい加減なものです。
塚本邦雄
 明日(あす)は明日のわれに逢ふべし兩頬をしとど濡らして剪るかきつばた   (感幻樂)

青春は一瞬

 メナード青山のハーブ・ガーデンは、広い敷地にカモミールやラベンダーなどさまざまな草花が植えられていて見飽きることがありませんでした。いつもはこの時期に開花するカモミールが今年は遅れているそうです。
 きょうも名前不詳の花ですが。
01LR6-_5210420-3.jpg
ネギの花に似ているのですが。 SUMMILUX 15mm F1.7

02LR6-_5210390-3.jpg
周りの景色から浮かび上がるように。 M.ZUIKO 75mm F1.8

塚本邦雄
 靑春は一瞬にして髭けむるくちびるの端(は)の茴香(うゐきやう)の oui!   (感幻樂)

04LR6-_5210399-2.jpg
繊細な細工に見とれ。 M.ZUIKO 75mm F1.8

誰にも聞こえぬ声

 きのうのハーブガーデンにはさまざまな花があったのですが、名札を見てこなかったので、鉄線に似たこの花の名前も不詳です。
01LR6-_5210289-2.jpg
花が見下ろしている。 SUMMILUX 15mm F1.7

02LR6-_5210299-2.jpg
見上げれば上下左右は無くなって。 M.ZUIKO 75mm F1.8

03LR6-_5210314-2.jpg
どちらが上でどちらが下か。 M.ZUIKO 75mm F1.8

塚本邦雄
 朴の花中有(ちゆうう)ににほひ夭折の死のきはのこゑたれにも聞えぬ   (汨羅變)

うちにひびかう初夏

 3週間ぶりの撮影にメナード青山リゾート・ハーブガーデンへ行ってきました。
 写真を撮っていると今月初めに傷めた脚の痛みも忘れて夢中でしたが、カメラの設定がほとんど初期化されていたのには困りました。レンズも重いHELIOSやFisheyeは止めて、軽量スタイルで試運転です。

04LR6-_5210044-2.jpg
ハーブガーデンでお茶を。 SUMMILUX 15mm F1.7

01LR6-_5210231-2.jpg
咲くケシははるか。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

LR6-_5210258-2.jpg
4本の木の下で。 M.ZUIKO 75mm F1.8


塚本邦雄
 遁走曲(フーガ)われのうちにひびかふ 初夏(はつなつ)の涸れしプールの底あゆみ來て   (日本人靈歌)

ははは

 明日こそは撮影に出かける予定ですが、きょうはもうストックもないので・・・。津島5月1日。
01LR6-_F015917-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

02LR6-_N013567-2.jpg
Helios 85mm f1.5

03LR6-_N013455-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

塚本邦雄
 おほはははおほちちの邊の揺籃歌(ベルスーズ)フニクリ・フニクラのこゑ霞み   (靑き菊の主題)

♪ オニのパンツは いいパンツー つよいぞー つよいぞー

しびれるばかりの初夏

 暑さもいいかげんにしてほしい一日でしたが、夜になるとさわやかなのは真夏とのちがいでしょうか。
 写真の方はいまだに晩春のままです。
01LR6-_N242825-2.jpg
せめて色だけでも五月。 Helios 85mm f1.5

02LR6-_F245337-1.jpg
ミツマタにあきあきですか。 SUMMILUX 15mm F1.7

03LR6-_F245234-1.jpg
みつまたデルタ。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

 写真が季節に追いつかないので歌の方でつじつまを合わせる厚顔。

塚本邦雄
 靑年が手に穿きて視るスパイクの釘光り痺(しび)るるばかり初夏(はつなつ)   (日本人靈歌)

きのふの空や

 口をつぐんで4月末の美杉村をもういちど。
01LR6-_F245362-2.jpg
谷はミツマタが咲き乱れて。 SUMMILUX 15mm F1.7

02LR6-_F245349-1.jpg
杉林の樹間で。 SUMMILUX 15mm F1.7

03LR6-_F245188-1.jpg
七重八重花は咲けども山吹の。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 ミツマタも山吹も春の花だそうですから季節はずれもはなはなだしいと、せめて引用する方は夏の花にして。

塚本邦雄
 花桐のきのふの空や喪の族に   (社内報「またいち」一号 昭和24年8月)
 アマリリス一夜水夫の寝て去りゆき   ( 〃 )

生きいきと

 もう言い訳はしませんが・・・。
01LR6-_N013050-2.jpg
わたしは不審者ではありません。もちろんのぞき魔でも。 Helios 85mm f1.5

LR6-_F015527-3.jpg
藤まつりに来てこちらを撮っているアマノジャク。 Helios 85mm f1.5

LR6-_N013583-2.jpg
ピント合わせが間違っているなんて硬い事言わずに。 Helios 85mm f1.5

塚本邦雄
 生きいきとにくみあひつつ夏近くなりぬ伽羅蕗(きやらぶき)食ふ家族たち   (日本人靈歌)