眩(くるめ)く点

 ロシアンレンズが壊れていました。Helios 85mm f1.5のマウントアダプター部分のメス側が壊れてレンズがボディから落ちそうになっているのに気づきました。きのうのピンボケ大量発生の原因はこれのようです。さすがロシア製です。(怒)
 気を取り直して、別のレンズで撮った2枚で心の動揺を鎮めようとしていますが、これはこれで不満足な結果に自分自身に怒りがわきます。(笑)
01LR6-_F245032-5.jpg
きのうの目的はミツマタでした。名松線比津駅。 M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_F245041-1.jpg
映画「神去なあなあ日常」舞台の美杉村は林業が盛んです。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 写真とは無関係ですが、ピンボケで目が回るような写真ばかりなので、
塚本邦雄
 つばくらのむかし眩(くるめ)く 點鬼簿のはじめ矢車剣之介など   (されど遊星)

闇ながら

 一週間ぶりに写真を撮りましたが、ピンボケの山をきずいて帰って来ました。
 気落ちしていても仕方がないので、一枚だけUPして、あとはきのうのつづきの重箱の隅でお茶を濁すことにします。

 きょうの撮影は「神去りなあなあ日常」のロケ地だった三重県美杉村でしたが、写真は映画とは無関係です。
01LR6-_N242575-5.jpg
サクラが眠るチューリップの寝台。 Helios 85mm f1.5

塚本邦雄
 闇ながら杉の新芽の匂ひたつ生れし家の門をくぐりぬ   (初學歴然)

 あとは重箱の隅から。
02LR6-_F165002-5.jpg
三重県菰野付近 M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_N162413-5.jpg
三重県菰野付近 Helios 85mm f1.5

04LR6-_N161966-4.jpg
滋賀県政所 Helios 85mm f1.5

05LR6-_N162040-1.jpg
滋賀県政所 Helios 85mm f1.5

それぞれに色さえ

 なお重箱の隅からです。
01LR6-_N081381-3.jpg
トンネルだよ。 Helios 85mm f1.5

02LR6-_N081241-4.jpg
水たまりはハート形。 Helios 85mm f1.5

 きのうの「夢はゆめ・・・」の歌の『須磨』つながりで、
塚本邦雄
 合はすべき繪のそれぞれに色冱(さ)ゆれあたりを拂ふ須磨の繪日記   (源氏五十四帖題詠)

03LR6-_N081230-3.jpg
いい身体ですねえ。 Helios 85mm f1.5

 やっぱり重箱の隅にはろくなものものがないので、数で勝負することにして、追加しましたが、つつきすぎて重箱の底に穴が開きそうです。(汗)

01LR6-_F053761-1.jpg
お手入れもします。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F053815-4.jpg
ハナダイコンは食べられるのでしょうか。 Helios 85mm f1.5

夢はゆめ

 きのうの「花つひに散るや散らずや・・・」は塚本邦雄が源氏物語の各巻に和して歌ったうち「花散里」の題詠でしたが、わたしのご近所はたしかにもうほとんどサクラは散ってしまいました。
 今春は京都と滋賀とご近所だけでしたので、残り物がないかと重箱の隅をつついています。
01LR6-_F094061-1.jpg
公園の中心には泉ですよね。 NOKTON 17.5mm F0.95

02LR6-_F094058-3.jpg
ここは琵琶湖疎水の上、蹴上。 NOKTON 17.5mm F0.95

03LR6-_F094010-3.jpg
柳は動物園にあります。 NOKTON 17.5mm F0.95

 京都の回顧写真なので、花の都の歌を引用して。
塚本邦雄
 夢はゆめ花のみやこを遁(のが)れむと落ちゆくや今日須磨のあらし   (源氏五十四帖題詠)

04LR6-_N091411-4.jpg
ピント位置に失敗しましたが、自分には甘くいく主義。 Helios 85mm f1.5

花ついに散るや散らずや

 きのうと同じサクラですが、きょうはピンボケのサクラばかりです。(汗;)
LR6-_F164532-1.jpg
ツバキあります。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F164619-1.jpg
いたずら。 SUMMILUX 15mm F1.7

03LR6-_F164603-4.jpg
勝手に撞いてはいけません。 SUMMILUX 15mm F1.7

塚本邦雄
 花つひに散るや散らずや舊(ふる)き戀よみがへるべきぬばたまの闇   (源氏五十四帖題詠)

きらめけり春

 東近江市政所の教宗寺のしだれ桜を16日(日)に撮りました。
LR6-_F164541-4.jpg
このお寺で一本だけのサクラです。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F164485-4.jpg
参道の先に見えます。 M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_N161991-4.jpg
本堂の前に立ってます。 Helios 85mm f1.5

04LR6-_F164641-4.jpg
レース編みを見ているような。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 この教宗寺は昨秋にも来て紅葉の美しさが際立っていました。
 また訪れた境内にあったサクラはわずか一本でも見ごたえがあり、レース編みのような柔らかさに見とれましたが、昨日の反省の通りにせっかくの美しさをうまく掬えませんでしたので、4枚アップして数で補うことにしました。(汗)

塚本邦雄
 馬の皓齒きらめけり春あかときのわれの頂(うなじ)をざつくと嚙め   (風雅黙示録)

かずしるす

 サクラを追っていたら春祭りに出会いました。観光案内やマスコミ報道にでるような有名なものではないと思いますが(失礼)、村落をあげて祝っている様子が伝わってくる素敵な祭でした。
01LR6-_F164849-4.jpg
ことしは豊年でしょう。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F164891-4.jpg
かつぐのは新しい方で、古い方は神殿前に。 SUMMILUX 15mm F1.7

03LR6-_N162107-4.jpg
さくらの村。 Helios 85mm f1.5

 サクラばかり続く4月ですが、少しは進歩したのかとブログの過去の写真を見ながら、それぞれの年の『代表作』を選んで比べてみたら、ちっとも進歩していないことが確かめられました。(笑)
 そのうえ、名のあるサクラを撮ったものは、どこかで見たような写真になっていました。(汗)
 わたしは美しいものを美しく撮るのが下手なのだと、これも再確認しました。

 引用はイースターエッグを思い出して、
塚本邦雄
 アルバトロスの卵の殻に皇帝は落胤の名かずかずしるす   (水葬物語)

花おほかた

 サクラばかりですが。
LR6-_F164735-1.jpg
田植えも近いのかな。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

LR6-_F053699-1.jpg
ボケの中にピントを合わせ。 Helios 85mm f1.5

塚本邦雄
 花おほかた白くうつろふ夜々をなほぬめぬめと吾が手足の脂   (歌誌『木槿』1947 12月号)

 歌誌「木槿」のこの号は作者が結婚を間近にひかえた心情を想像させる歌が並んでいて、12月ということからしても歌の中の「花」はサクラではないのかもしれません。

受難劇果て

 きのうは三重と県境を接する滋賀の山里でした。
 永源寺ダム湖で、飽きることなくまだサクラを撮りました。
LR6-_F164937-1.jpg
ちょっと手ブレ。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

02LR6-_F164925-1.jpg
まぶしくて。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

03LR6-_N162304-1.jpg
目がまわる。 Helios 85mm f1.5

 きょうは昼ごろから冷たい雨で、きのうの晴天と打って変わった天気です。午後になって風も強まってきましたから、これでサクラも散ってしまうのかもしれませんが、写真の方はしばらくサクラばかりになりそうです。


塚本邦雄
 金屏風四人がかりではこび出す女童(めわらは) 受難劇果てたれば   (黄金律)

 4人の女童が、お姫様と三人官女だとすると季節がひと月ずれてますが、受難劇が果てれば次に来るのは復活かと思って、引用しました。
 金屏風は結婚式の道具なのでしょうから、お雛様を新婚夫婦として、結婚を受難と言ったのかもしれませんが。

まずわれら生きかえり

 脳トレがわりにお昼ご飯のあとでカメラをもって散歩しました。
01LR6-_R668219-1.jpg
入部希望者は部室へどうぞ。 Helios 85mm f1.5

02LR6-_R668282-1.jpg
広葉樹も春のよそおい。 Helios 85mm f1.5

03LR6-_R668365-1.jpg
教室の椅子が見えてます。 Helios 85mm f1.5

きょうは復活祭と聞いて、
塚本邦雄
 復活祭まづわれら生きかへりたき薄明にこの香る菊苗   (日本人靈歌)

ゆるびつつ

 平安神宮の紅しだれライトアップから数枚選びました。本音をいえば一枚だけにしたいのですがついつい上げてしまいました。
01LR6-_F094373-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

02LR6-_F094366-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

04LR6-_F094399-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

 きのうの杉原一司つながりの一首と、あすが復活祭なので。
塚本邦雄
 杉原一司、稗田雛子もおもかげにたちつつ奈良市坊屋敷町   (毎日新聞1990年7月21日「追悼 前川佐美雄」)
 冷凍鱒緋色にゆるびつつ正午 復活の後(のち)にもまた死ある   (日本人靈歌)

 夜のモノクロームだけでは紅しだれとは分からないので、昼間の写真をおまけです。
LR6-_N091798-1.jpg
Helios 85mm f1.5

 最近とくに、交換レンズを多めに持参するようになったし、ワン・シーンでの撮影枚数が増えている傾向があって、未練がましくなったのはわたしの脳がゆるびつつある証左だと感じます。
 反省、反省!

めざむるなかれ

 一年経ちました。
 きょうは平安神宮の写真です。
 「平安」という字に願いを込めて。
01LR6-_N091851-1.jpg
Helios 85mm f1.5

02LR6-_F094337-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

03LR6-_F094434-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

 もしかして塚本邦雄も花粉症だったのかなと、期待をこめつつ想像しました。

塚本邦雄
 火藥紛紛 杉の花季(はなどき)過ぎつつを杉原一司目覺むるなかれ   (詩魂玲瓏)

 「スギの花」「スギつつ」「スギ原一司」と同じ音を繰り返しつつ、戦後の短歌をいっしょに歩み出しながら夭折した「戦友」杉原一司を心からくやんでいるいると感じます。
 「目覚むるなかれ」は、塚本邦雄のいつもの反語表現で、目覚めてほしいといいたいのだと思います。
 悔やみの歌はきょうという日にふさわしいと思いました。

あやふきまなかひ

 きょうは一枚目だけでいこうとおもったのですが、自分に鞭打って(笑々)、無理をしました。(2枚目のできが悪いのはそのせいです(汗)。)
こんな日もあります。(できが悪いのはいつものことでした(笑)。)

 蹴上インクラインは桜を見上げる人人人で、内気なわたしはメイン通りから逸れて、横から眺めていました。

01LR6-_F094066-1.jpg
蹴上インクラインで。 NOKTON 17.5mm F0.95

LR6-_F094156-1.jpg
南禅寺といえばレンガははずせません。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

 歌の方はきのうの「まなかひ」つながりです。
塚本邦雄
 消息の絕閒あやふきまなかひに顯(た)ちつつ鬱金微塵の櫻   (芒彩集)

まなかひにある花の

 日曜日に京都へ行きましたが収穫が少なくて手が進みません。
 とはいっても、それは自分の腕のせいでカメラやレンズのせいではありませんから、気を取り直して。
01LR6-_F094206-1.jpg
平安神宮で。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F094042-1.jpg
琵琶湖疎水で。 NOKTON 17.5mm F0.95

03LR6-_F094140-1.jpg
南禅寺で。 NOKTON 17.5mm F0.95

 塚本邦雄は戦争批判の短歌がたくさんあって、きょうの歌も有名なものらしいですが、昨今の日本附近のあやしい空気を気にして、世紀末ではないけれど、選んでみました。
塚本邦雄
 世紀末まなかひにある花の夜をいくさいくさいくさいくさい   (魔王)

知らず

 まだ見あきるには程遠い今年のサクラですが、浮気心もあって、きょうは散歩の途中で撮ったミモザで。
01LR6-_R668115-1.jpg
花曇りの空模様です。  Helios 85mm f1.5

02LR6-_R668131-1.jpg
サクラにもご挨拶。 Helios 85mm f1.5

03LR6-_R668174-1.jpg
けっこうな大木なんです。 Helios 85mm f1.5

 もうじき復活祭と聞いて。
塚本邦雄
 イェルサレムに蘇りたる人の名を知らず。われらに晩餐の獨活(うど)   (装飾樂句)

 ことしのサクラはもっぱらHelios 40-2 85mm f/1.5で撮っていますが、やわらかい描写が気に入っています。最近買った新品なのに、届いた製品は2年前に製造が終わった旧タイプで、通販のページにマイクロフォーサーズマウントと書いてあったにもかかわらず、M42マウントにマウントコンバーターでm4/3に変換したしろものでした。
 それでもロシアから半月かけて届いた品がちゃんとカメラにセットできただけでも良しとすべきかな、と思っています。マウントコンバーターがプラスチック製で、マウント部がガタガタしても、ねじマウントのM42らしく無限遠にピントが来なくても、とりあえず写真が撮れるのでOKです。
 レンズ構成はガウス型らしいのですが、コマ収差は気になりません。ほんとうはゾナー・タイプのレンズがほしいのですが、3枚のレンズを貼り合わせるのは技術的に難しいし、偏心しやすいので今風ではないのでしょうね。