無染(むぜん)の花月

 美杉村のミツマタ群生が今回の撮影行の主目的でした。
01LR6-_F245289-1.jpg
魔法のじゅうたんを広げ。 SUMMILUX 15mm F1.7

LR6-_F245283-1.jpg
盛りのときは過ぎても。 M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_N242744-3.jpg
もう匂わないけれど。 Helios 85mm f1.5

 塚本邦雄「翠華帖」は俳句と短歌の組合せ「句歌双咲」を集めたもので、今日引用したのも「四月 夕雨」というテーマの一組だそうですが、「花」はサクラという訳ではないようですので、ミツマタも許してもらうことにしました。(汗)
塚本邦雄
 華(はな)やかに夕雨煙(けぶ)る男(を)の子らは死しても花月(くわげつ)無染(むぜん)の花月   (翠華帖)
 驟雨甘し喝食(かつしき)に花ぬすませて   ( 〃 )

ねがいとおそれ

 美杉村のミツマタにもどって。
01LR6-_F245222-3.jpg
山林には軽トラがよくにあう? KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

02LR6-_F245297-3.jpg
灯るように。 SUMMILUX 15mm F1.7

塚本邦雄
 受胎せむ希ひとおそれ、新綠の夜夜妻の掌(て)に針のひかりを   (水葬物語)

LR6-_F245328-3.jpg
なお光りつつ。 SUMMILUX 15mm F1.7

したたらすにほひ

 ミツマタを撮りに行って八重桜に会いました。とはいえ、一枚目はゴチャゴチャしてそれとは分からないのですが。(汗)
LR6-_F245406-3.jpg
私にはそれが見えるけど。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F245408-2.jpg
カラーは偉大だと知りました。 M.ZUIKO 25mm F1.2

LR6-_N242617-3.jpg
木の方が傾いているのか私が傾いているのか、それが問題だ。 Helios 85mm f1.5

LR6-_N242839-3.jpg
あの遠くの植林された山の斜面を見ていました。 Helios 85mm f1.5

はなむけの季節は終わりましたが、自分に甘く大目にみることにして引用しました。
塚本邦雄
 詩歌をつひの贐(はなむけ)とせむ 絕唱がしたたらす鮮血のにほひも   (約翰傅偽書)

花ひそかに

 美杉村で撮ったミツマタ(三椏)の写真をつづけます。
01LR6-_F245215-2.jpg
ふり仰げば林道わきにミツマタ。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

02LR6-_N242652-2.jpg
水底深く、昼なお暗く。 Helios 85mm f1.5

ミツマタは和紙の原料とは聞いていましたが、万葉集の昔からあったことは知りませんでした。幸草(サキクサ)などと呼ばれていたと初めて知りました。縁起のいい花なんですね。

塚本邦雄
 風媒花ひそかに暗き果(み)を胎(やど)すしきりに冷ゆる夜の荒地にて   (装飾樂句)

 さいごはきのうの写真を撮った名松線比津駅ちかく。
03LR6-_F245062-2.jpg
名松線比津付近で。 M.ZUIKO 25mm F1.2

さきのさきの世

 美杉村へ行った目的はミツマタの写真でしたが、花はすでに盛りを過ぎていましたので、モノクロームでごまかして。
01LR6-_F245036-2.jpg
お茶畑にミツマタが一本。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_N242464-1.jpg
バックのぐるぐるボケはこのレンズのクセ。 Helios 85mm f1.5

 何を撮ったとたずねられても何も答えられない写真ですが、わたしの趣味なんです。

03LR6-_F245052-2.jpg
答えのない景色。 M.ZUIKO 25mm F1.2

静かな山里の中に身を置いているというだけで、気持ちがやすらぎました。何を撮ろうとかどう撮ろうかとかなどと考えずに、シャッターを切るのが快感でした。

塚本邦雄
 あざらけく夕ぐれかをる獨活(うど)一把刻みをりさきのさきの世も妻   (黄金律)

眩(くるめ)く点

 ロシアンレンズが壊れていました。Helios 85mm f1.5のマウントアダプター部分のメス側が壊れてレンズがボディから落ちそうになっているのに気づきました。きのうのピンボケ大量発生の原因はこれのようです。さすがロシア製です。(怒)
 気を取り直して、別のレンズで撮った2枚で心の動揺を鎮めようとしていますが、これはこれで不満足な結果に自分自身に怒りがわきます。(笑)
01LR6-_F245032-5.jpg
きのうの目的はミツマタでした。名松線比津駅。 M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_F245041-1.jpg
映画「神去なあなあ日常」舞台の美杉村は林業が盛んです。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 写真とは無関係ですが、ピンボケで目が回るような写真ばかりなので、
塚本邦雄
 つばくらのむかし眩(くるめ)く 點鬼簿のはじめ矢車剣之介など   (されど遊星)

闇ながら

 一週間ぶりに写真を撮りましたが、ピンボケの山をきずいて帰って来ました。
 気落ちしていても仕方がないので、一枚だけUPして、あとはきのうのつづきの重箱の隅でお茶を濁すことにします。

 きょうの撮影は「神去りなあなあ日常」のロケ地だった三重県美杉村でしたが、写真は映画とは無関係です。
01LR6-_N242575-5.jpg
サクラが眠るチューリップの寝台。 Helios 85mm f1.5

塚本邦雄
 闇ながら杉の新芽の匂ひたつ生れし家の門をくぐりぬ   (初學歴然)

 あとは重箱の隅から。
02LR6-_F165002-5.jpg
三重県菰野付近 M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_N162413-5.jpg
三重県菰野付近 Helios 85mm f1.5

04LR6-_N161966-4.jpg
滋賀県政所 Helios 85mm f1.5

05LR6-_N162040-1.jpg
滋賀県政所 Helios 85mm f1.5

それぞれに色さえ

 なお重箱の隅からです。
01LR6-_N081381-3.jpg
トンネルだよ。 Helios 85mm f1.5

02LR6-_N081241-4.jpg
水たまりはハート形。 Helios 85mm f1.5

 きのうの「夢はゆめ・・・」の歌の『須磨』つながりで、
塚本邦雄
 合はすべき繪のそれぞれに色冱(さ)ゆれあたりを拂ふ須磨の繪日記   (源氏五十四帖題詠)

03LR6-_N081230-3.jpg
いい身体ですねえ。 Helios 85mm f1.5

 やっぱり重箱の隅にはろくなものものがないので、数で勝負することにして、追加しましたが、つつきすぎて重箱の底に穴が開きそうです。(汗)

01LR6-_F053761-1.jpg
お手入れもします。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F053815-4.jpg
ハナダイコンは食べられるのでしょうか。 Helios 85mm f1.5

夢はゆめ

 きのうの「花つひに散るや散らずや・・・」は塚本邦雄が源氏物語の各巻に和して歌ったうち「花散里」の題詠でしたが、わたしのご近所はたしかにもうほとんどサクラは散ってしまいました。
 今春は京都と滋賀とご近所だけでしたので、残り物がないかと重箱の隅をつついています。
01LR6-_F094061-1.jpg
公園の中心には泉ですよね。 NOKTON 17.5mm F0.95

02LR6-_F094058-3.jpg
ここは琵琶湖疎水の上、蹴上。 NOKTON 17.5mm F0.95

03LR6-_F094010-3.jpg
柳は動物園にあります。 NOKTON 17.5mm F0.95

 京都の回顧写真なので、花の都の歌を引用して。
塚本邦雄
 夢はゆめ花のみやこを遁(のが)れむと落ちゆくや今日須磨のあらし   (源氏五十四帖題詠)

04LR6-_N091411-4.jpg
ピント位置に失敗しましたが、自分には甘くいく主義。 Helios 85mm f1.5

花ついに散るや散らずや

 きのうと同じサクラですが、きょうはピンボケのサクラばかりです。(汗;)
LR6-_F164532-1.jpg
ツバキあります。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F164619-1.jpg
いたずら。 SUMMILUX 15mm F1.7

03LR6-_F164603-4.jpg
勝手に撞いてはいけません。 SUMMILUX 15mm F1.7

塚本邦雄
 花つひに散るや散らずや舊(ふる)き戀よみがへるべきぬばたまの闇   (源氏五十四帖題詠)

きらめけり春

 東近江市政所の教宗寺のしだれ桜を16日(日)に撮りました。
LR6-_F164541-4.jpg
このお寺で一本だけのサクラです。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F164485-4.jpg
参道の先に見えます。 M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_N161991-4.jpg
本堂の前に立ってます。 Helios 85mm f1.5

04LR6-_F164641-4.jpg
レース編みを見ているような。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 この教宗寺は昨秋にも来て紅葉の美しさが際立っていました。
 また訪れた境内にあったサクラはわずか一本でも見ごたえがあり、レース編みのような柔らかさに見とれましたが、昨日の反省の通りにせっかくの美しさをうまく掬えませんでしたので、4枚アップして数で補うことにしました。(汗)

塚本邦雄
 馬の皓齒きらめけり春あかときのわれの頂(うなじ)をざつくと嚙め   (風雅黙示録)

かずしるす

 サクラを追っていたら春祭りに出会いました。観光案内やマスコミ報道にでるような有名なものではないと思いますが(失礼)、村落をあげて祝っている様子が伝わってくる素敵な祭でした。
01LR6-_F164849-4.jpg
ことしは豊年でしょう。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F164891-4.jpg
かつぐのは新しい方で、古い方は神殿前に。 SUMMILUX 15mm F1.7

03LR6-_N162107-4.jpg
さくらの村。 Helios 85mm f1.5

 サクラばかり続く4月ですが、少しは進歩したのかとブログの過去の写真を見ながら、それぞれの年の『代表作』を選んで比べてみたら、ちっとも進歩していないことが確かめられました。(笑)
 そのうえ、名のあるサクラを撮ったものは、どこかで見たような写真になっていました。(汗)
 わたしは美しいものを美しく撮るのが下手なのだと、これも再確認しました。

 引用はイースターエッグを思い出して、
塚本邦雄
 アルバトロスの卵の殻に皇帝は落胤の名かずかずしるす   (水葬物語)

花おほかた

 サクラばかりですが。
LR6-_F164735-1.jpg
田植えも近いのかな。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

LR6-_F053699-1.jpg
ボケの中にピントを合わせ。 Helios 85mm f1.5

塚本邦雄
 花おほかた白くうつろふ夜々をなほぬめぬめと吾が手足の脂   (歌誌『木槿』1947 12月号)

 歌誌「木槿」のこの号は作者が結婚を間近にひかえた心情を想像させる歌が並んでいて、12月ということからしても歌の中の「花」はサクラではないのかもしれません。

受難劇果て

 きのうは三重と県境を接する滋賀の山里でした。
 永源寺ダム湖で、飽きることなくまだサクラを撮りました。
LR6-_F164937-1.jpg
ちょっと手ブレ。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

02LR6-_F164925-1.jpg
まぶしくて。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

03LR6-_N162304-1.jpg
目がまわる。 Helios 85mm f1.5

 きょうは昼ごろから冷たい雨で、きのうの晴天と打って変わった天気です。午後になって風も強まってきましたから、これでサクラも散ってしまうのかもしれませんが、写真の方はしばらくサクラばかりになりそうです。


塚本邦雄
 金屏風四人がかりではこび出す女童(めわらは) 受難劇果てたれば   (黄金律)

 4人の女童が、お姫様と三人官女だとすると季節がひと月ずれてますが、受難劇が果てれば次に来るのは復活かと思って、引用しました。
 金屏風は結婚式の道具なのでしょうから、お雛様を新婚夫婦として、結婚を受難と言ったのかもしれませんが。

まずわれら生きかえり

 脳トレがわりにお昼ご飯のあとでカメラをもって散歩しました。
01LR6-_R668219-1.jpg
入部希望者は部室へどうぞ。 Helios 85mm f1.5

02LR6-_R668282-1.jpg
広葉樹も春のよそおい。 Helios 85mm f1.5

03LR6-_R668365-1.jpg
教室の椅子が見えてます。 Helios 85mm f1.5

きょうは復活祭と聞いて、
塚本邦雄
 復活祭まづわれら生きかへりたき薄明にこの香る菊苗   (日本人靈歌)