のちのことなど想ふ

 きょうはウラをテーマにした(つもりの)常滑です。

 きのうの「赤い家」の表側に回って撮った写真がきょうの一枚目ですが、赤い家は全く見えず、観光案内に載っていない路地のひとつに入らないとあの家は見えないのでした。
01LR6-_N230247-3.jpg
表は裏とはだいぶん違う。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

02LR6-_F232951-3.jpg
裏ではないが表口でもない。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

塚本邦雄
 花蘇枋われは童女を侍らせて死ののちの死のことなど想ふ   (詩歌變)

04LR6-_N239940-1.jpg
裏庭は喫茶店。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

 ある本にきょうの短歌の童女を塚本邦雄の孫娘と解説してありましたが、現実にそのような場面があったとしても歌人の脳は別世界を空想しているように思います。歌人は愛妻を蘇枋処女と呼んでいたとどこかで読んだ記憶があり、童女は妻その人ではなかったかと感じます。

きりてあかき

 今日は赤をテーマに。
 赤は外に向かっていく積極的な色という印象があって、引っ込み思案気味の私にはあこがれても届かない色です。
01LR6-_N230237-3 (2)
三日住めば性格が変わるかも。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

02LR6-_F233035-3 (2)
隅もちゃんと塗りました。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

 赤は目立つので一部分だけを塗ってすませる事ができず、どんどんとペンキが拡散してやがて全体が赤くなった。そんな印象を受けましたが、それにしても塗り残しのない丁寧な仕事ぶり。
 引用する歌は、きのうの「革命」つながりと今日の「赤」で選びました。

塚本邦雄
 きずつきて彼らがなさむ革命を待つ 夜を斷(き)りて赤き陸橋   (日本人靈歌)

03LR6-_F233084-3.jpg
わたしは赤なのか。金だろう。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 ところで三月もおわりなので、ブログの写真を中心に「さよなら三月」というスライドショーにしましたが、友人のタブレットで見たらPCで作ったものとは違う動画になっていました。WEB上で再生する動画なので、端末がスマホやタブレットだと作成した通りには再生できないようでした。(リンク先『さよなら三月』

 賞味期限一カ月の動画です。(音量調整ができませんので大きな音が出ます)



もうたがはむ無

 きょうは煙突がテーマです。
01LR6-_F232841-3.jpg
空へ通じる道かも。 M.ZUIKO 25mm F1.2

塚本邦雄
 菠薐草(ほうれんさう)鍋に死につつこの午餐後もうたがはむ無血革命   (日本人靈歌)

02LR6-_F232871-3.jpg
きっと天に通じる道だ。 NOKTON 17.5mm F0.95

03LR6-_N230207-3.jpg
私も上れるだろうか。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

 ホウレン草が煮えてぐったりしていくのを「死につつ」などというのを、大仰ととるか大胆な比喩ととるのかは人それぞれでしょうが、日常の風景を思いっきり外界にとばしてしまう表現がわたしには勉強になります。勉強しても上達しませんけど。(笑)

 「日本人霊歌」は1958年出版され翌年「第三回現代歌人協会賞」受賞にいたった歌集だそうですが、歌の後半に世界革命への懐疑と革命という言葉になお心惹かれるインテリゲンチャが引っ張るこの時代の世相を感じます。もっとも「無血革命」は短歌の変革のことを指しているのかもしれないとも思うのですが。

いたむあけぼの

ふたたび常滑散歩を、晴れ時々ネコということで続けます。
01LR6-_F233081-3.jpg
ミモザの季節ですね。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F232809-4.jpg
土管でポーズ。 M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_N230049-3.jpg
この家に住めば野菜ぎらいが直ります。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

塚本邦雄
 別れぎは聯隊旗手にくちづけをゆるしたあとのいたむあけぼの   (透明文法)

04LR6-_F232954-3.jpg
主よ人の望みの喜びを。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

おぼろなり

 うかうかしているうちにもうサクラの季節になってきましたが、3月中旬に撮ったウメの花ののこりをアップする機を失うことを恐れて、きょうはしだれウメのライトアップを。
01LR6-_F112397-5.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F112204-9.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

 歌も三月中が賞味期限のものを引用します。
 
塚本邦雄
 涅槃西風(ねはんにし)くびすぢに吹き眞晝さへ靈長類の靈おぼろなり   (獻身)

03LR6-_F112519-9.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7

 撮影に行った日はあの大震災の6年目にあたりました。
 夜になって灯りが入ると、一つ一つの花に命が宿ったように感じました。

それぞれのうちに

 三日もネコを続けてしまってブログの趣旨が動物系になるのをおそれて、今日は植物で。あいかわらず常滑ですが。
01LR6-_F232609-4.jpg
ようやくあなたに出会えました。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_N239834-4.jpg
見上げれば。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

 植物系といいつつ、まだネコもいたりして。

塚本邦雄
 盲(めし)ひたる猫それぞれのうちに養(か)ひ微溫浴室(テビダリウム)のごとし我家は   (日本人靈歌)

LR6-_N239824-4.jpg
お行儀よい。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

秘密もち

 仏の顔もと言いますが、ネコは仏じゃないから三度目も許されるかと思って、今日も常滑でネコをつづけます。
 短歌も季節はずれも無視して、ネコ。
01LR6-_N230035-4.jpg
観光スポットの「土管坂」で遊ぶ。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

塚本邦雄
 祕密もちてこもれるわれの邊に睡り初夏(はつなつ)耳の孔紅き猫   (日本人靈歌)

02LR6-_F232661-4.jpg
見上げれば君がいた。 M.ZUIKO 25mm F1.2

LR6-_F232630-5.jpg
お賽銭は無いの? M.ZUIKO 25mm F1.2

すこし愛す

 きのうのネコにちなんで、猫つながりで常滑です。
 モデルは、私物の「貯金箱」になってもらいました。
01LR6-_F232645-4.jpg
かれが、来い来いと呼んでます。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 短歌も、以前にも引用したものですが、ネコで。

塚本邦雄
 飼猫をユダと名づけてその昧(くら)き平和の性(さが)をすこし愛すも   (装飾樂句)

02LR6-_F232721-4.jpg
足元が不安定で、ちょっとだけヒアヒア。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 反射神経というものがもともと無くて、運動神経というものももともと持ってないので、敏捷なものを撮るのが大の苦手です。モータースポーツ、鉄道、イヌ、ネコ、どれもうまくとれません。
 その点で、ここのネコは、もたもたしている私をいつまでも同じポーズで待ってくれている優しいヤツです。

なまぐさ

 きょうはうす曇りの一日でしたが、ジャンパーを着て歩くと汗ばんでしまいました。
 最近ごろごろとして、なまぐさを決め込んできた罰を受けて、足どりもあやしく、汗をふきふきほっつき歩きました。
 ここは常滑です。

01LR6-_N239789-4.jpg
貴方は美しい。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

塚本邦雄
 春雷のあとなまぐさき椿かな   (現代詩手帖「塚本邦雄の宇宙」より 斎藤慎爾選「燦爛」)

02LR6-_F232534-4.jpg
ぼくのハートを。 NOKTON 17.5mm F0.95

なにが世捨人

 鈴鹿の森公園のしだれ梅ライトアップ、なお。
01LR6-_N119735-5.jpg
光る梅花のシャワーの中で。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

塚本邦雄
 何が世捨人苔色の春服(しゆんぷく)著て   (現代詩手帖「塚本邦雄の宇宙」より 斎藤慎爾選「燦爛」)

02LR6-_N119751-5.jpg
梅花が光をろ過している。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

03LR6-_F112424-5.jpg
六稜の星に影法師。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 ときどき寝ころんで読んでいる本(2011年出版)に、気になっている写真家、金村修へのインタビューがのっていて、彼が20年間新聞配達をしながら、11時くらいから14時半くらいまでの朝刊と夕刊の合間にプラウベル・マキナ(なつかしい!)で10本ぐらい撮っているとありました。
 才能は時間の多寡を容易に超えるのだと、自らのダラダラ生活に比べて、うらやましいような憎らしいような。

矢印の方、夜

 三連休を家でゴロゴロして、歳を考えれば貴重な残り時間を浪費したと後悔中です。
 鈴鹿の森公園しだれ梅ライトアップを続けます。
03LR6-_F112301-5.jpg
WBを変えました。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_N119710-5.jpg
春が来たかな。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

塚本邦雄
 鳥人クラブ解散式は地下二階矢印の方、夜の海に落つ   (驟雨修辭学)

01LR6-_F112365-5.jpg
夜のウメに落つ。  M.ZUIKO 25mm F1.2

ぬつと

 鈴鹿の森公園のウメに戻って。
01LR6-_N119618-6.jpg
足元に灯りが入る午後5時半。 NOKTON 17.5mm F0.95

塚本邦雄
 椿一枝(いつし)ぬつと差出し擧手の禮嚇(おどか)すなこの風流野郎   (汨羅變)
02LR6-_N119558-6.jpg
日が傾いた午後4時半。 NOKTON 17.5mm F0.95

 ウメの短歌を探しそこねてツバキでごまかしました。(汗)
 むかしの映画をみていると兵士の動作に今とは大きな差があるように感じ、そのもっともたるものが挙手の礼です。軍隊の経験者がそろっていた時代ははるか過去になったと実感しますが、その分、戦争のリアリティがどんどん薄れていくのが少し危うく感じられます。

あえてかかわらざる

 きのうのつながりでなお、いなべ市農業公園です。
01LR6-_N119496-6.jpg
背高の低い木が規則正しく並ぶここはウメ畑でしょうか。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

塚本邦雄
 憂國にあへてかかはらざる彼らジン飲むと野火のごとき火放ち   (綠色研究)

02LR6-_N119534-5.jpg
わたしの神経叢または肺胞毛細血管網。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

 並ぶことは苦手です。規則正しくすることが苦手です。我慢強いので、なんとか耐えていますが、心の中で列を乱そうぜとかちょっとぐらいはずれてもいいさ、という誘惑の声が聞こえます。それゆえ、「あえて」かかわらない風をよそおうのです。

このむなしき量

 三重県の北の方にある「いなべ市農業公園」で撮りました。
01LR6-_N119468-6.jpg
ここは鈴鹿山脈に近い場所です。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

 昨年から今年にかけて雪降りが多かったのですが、写真はたった2回という『むなしき量』の撮影しかできませんでした。
 春のお彼岸にちなんだ歌を探したら、『雪ふりてこのむなしき量』という歌に出あって、そんな気持ちをまた思い出してしまいました。

塚本邦雄
 正述心緒正述心緒彼岸會に雪ふりてこのむなしき量(かさ)   (波瀾)

02LR6-_F111892-6.jpg
約4500本のウメがあるそうです。 NOKTON 17.5mm F0.95

03LR6-_N119484-6.jpg
左上の小さな屋根は、滞在型貸し農園施設「クラインガルデン」だそうです。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

未だ花婿のごとく

 ウメばかりでは見飽きるので、目先を変えて目くらましをかませば、もしかして冷静な評価が狂うのではないかと期待して、きょうは「鉄分」のある写真にして、明日はまたウメかな。
01LR6-_N119447-5.jpg
とびだし注意しないとガードレールは鉄製だよ。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

02LR6-_F111820-5.jpg
菜の花には鉄がよく似合うって文豪が言ってましたっけ。 NOKTON 17.5mm F0.95

きょうは彼岸入りなので、それにちなんだ歌を引用しました。墓参りを「展墓」ともいうそうです。
塚本邦雄
 すみれ咲く或る日の展墓死はわれを未だ花婿のごとく拒まむ   (星餐圖)

03LR6-_N119406-6.jpg
青い箱のような小屋は亜鉛メッキした鉄板でつくってあります。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

 歌人は墓参りの行き来にすみれを見たのでしょうか。そのときの感情を花婿という言葉に飛躍できる脳に羨望を感じます。作歌という行為をたえず意識しているから、そうした発想が可能になるのではないかと想像します。
 レベルはまったく違うのですが、わたしもカメラを持っているときと手ぶらの時では見えるものが違ってきます。写真を撮ることそのものが好きなのは、それが楽しく、そのときのわくわくが好きだからですが、楽しくわくわくするのはものの見方がいつもと変わるからのような気がします。普段は注意を払わないものが、カメラを持っているときはキラキラして見えるのです。