さながらに

塚本邦雄
紅梅の右の大臣(おとど)はくれなゐの花一枝匂宮にささげたり   (源氏五十四帖題詠)
白梅の香もさながらにみづみづし嵯峨(さが)のみかどの古萬葉集(こまんえふしふ)   ( 〃 )
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

平等院の水辺で。

LR6-_F250992-7.jpg
とらわれた者、阿宇池。 M.ZUIKO 25mm F1.2

LR6-_F251161-7.jpg
とらえる者、宇治川。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 私の住む地方では明日が高校の卒業式ですので、紅白の梅の歌を引用しました。おめでとうございます。
 私自身は卒業式に欠席でした。当時は式なんてナンセンスだと思っていました。

たばしる二月

塚本邦雄
わが歌の終焉(しゆうえん)を見ば慈姑田(くわゐだ)にここだたばしる二月の霰(あられ)   (詩歌變)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

平等院のシンメトリー。
01LR6-_F250967-7.jpg
金の鳥。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F251140-7.jpg
銀(?)の鬼。 M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_E256696-7.jpg
サコンの梅か。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

 「ここだ」の意味が分からずに例のごとく検索したら、万葉集の赤人が『み芳野(よしぬ)の象山(きさやま)の際(ま)の木末(こぬれ)には幾許(ここだ)も騒(さわ)ぐ鳥(とり)のこゑかも』にあたりました。こんなのは犬も歩けばとはいわないのでしょうね。

えこそ忘れね

塚本邦雄
阿闍梨(あじやり)よりとどく蕨よつくづくしえこそ忘れね亡き人はなほ   (源氏五十四帖題詠)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

きのうは宇治平等院でした。
 源氏にちなんだ短歌で、すでに『宇治十帖のはじめは春の水鳥のこゑ橋姫をいざなふごとし』は引用済みなので、土筆や蕨といった季節にはやや早いものの、早蕨の巻の歌をつかいました。

 宇治十帖を友人が「うじじゅうじょう」と言ったのを聞きとがめて「うじじっちょう」と正したら、深夜になって彼から「じゅうじょうで正しい」というお叱りのメールをいただきました。なるほど、私の思い込みで申し訳ない事をしたようです。

LR6-_F251075-7.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

02LR6-_F251101-9.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_E256738-9.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

 最近、だんだんと物事へのこだわりが強くなってきたのは老化の進行と自覚しているのですが、言葉にしても写真にしてもつい執着してしまいます。単焦点でノートリミングなどへのこだわりも頭が固くなった証拠です。病院でアルツハイマー症は行為より感情が記憶が残っていくと聞きましたが、小さなことにこだわっているのも感情が脳に刻み込んだ傷なのでしょうか、そらおそろししや。

1枚目に使ったトキナーは50mmでf1.0ぐらいの被写界深度しかなく絞りもないので撮影に神経を使います。このレンズの困るのはピントリングが軽いこと。今回も横位置の写真はすべてピントが甘く仕方なく縦位置を使いました。

恩愛(おんあい)のきりぎしに

塚本邦雄
恩愛(おんあい)のきりぎしにして振仰(ふりさ)くるたかむらにふりしきる霰を   (湊合歌集にみづから贐(はなむけ)する沓冠鎖歌(くつかぶりくさりうた)七首)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

おひな様に飽きても、なお中馬。
01LR6-_E186463-9.jpg
いい歳してかくれんぼ。 NOKTON 17.5mm F0.95

02LR6-_E186446-8.jpg
壁にも性格が出る。 NOKTON 17.5mm F0.95

03LR6-_E186456-9.jpg
右か左かそれが問題だ。 NOKTON 17.5mm F0.95

04LR6-_F180606-9.jpg
修理してもなお崩壊するわたしの脳。 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

必然の時こそいたれ

塚本邦雄
必然の時こそいたれ掌(て)におもき書と臘梅(らふばい)の香をかなしみつ   (湊合歌集にみづから贐(はなむけ)する沓冠鎖歌(くつかぶりくさりうた)七首)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

中馬がつづきます。
02LR6-_E186562-9.jpg
古色そう然とは失敬な。 NOKTON 17.5mm F0.95

01LR6-_F180688-9.jpg
どうぞおはいりください。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

03LR6-_F180635-9.jpg
あすは旅立ち。 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

いづこぞきさらぎの

塚本邦雄
岐阜市初音町はいづこぞきさらぎの衄血(はなぢ)したたる兄弟喧嘩   (歌人)
風花うるさし明治天皇御製集岩波文庫版を小脇に   (風雅)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

中馬ばっかり。
01LR6-_F180644-7.jpg
どうぞ奥までお入りください。吊しびなもありますよ。 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

02LR6-_F180726-7.jpg
ポスター見ていってください。段飾りもありますよ。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

LR6-_E186535-9.jpg
幕を開けてはなりません。お化けがでますよ。 NOKTON 17.5mm F0.95

かず知れぬ

塚本邦雄
女聲合唱微熱のやみにかず知れぬたまごのうちの赤き卵黄   (綠色研究)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

なお、なお、中馬。
01LR6-_F180564-8.jpg
こっちを見ろよ。 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

02LR6-_E186404-8.jpg
美しくされた塀。 NOKTON 17.5mm F0.95

LR6-_F180594-8.jpg
あなたはいまでも美しい。 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

睡りの中に

塚本邦雄
錘りつけしごとき睡りの中に戀ひ妬む水の上歩みしイエス   (装飾樂句)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

なお、中馬のおひなさん。
01LR6-_E186392-8.jpg
なぜタイ? いえコイです、多分。(勝手な想像です) NOKTON 17.5mm F0.95

02LR6-_E186400-8.jpg
胸元がはだけてるよ、ポッ。 NOKTON 17.5mm F0.95

如月はくれない

塚本邦雄
ユウレカ! の刹那に曇り如月はくれなゐの火に濡るる消火夫   (されど遊星)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

中馬のおひなさん。
3週間の撮影ご無沙汰のせいか、勘がほとんど働かずに参りました。あとで悔やんでばかりいます。
01LR6-_E186474-8.jpg
ちらりと見えた。 NOKTON 17.5mm F0.95

02LR6-_F180590-8.jpg
じろっと見た。 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

 ユウレカをまったく思い出せずに、またwikiのお世話になって、「Eureka(エウレカ)はギリシャ語に由来する感嘆詞で、何かを発見・発明したことを喜ぶときに使われる。古代ギリシアの数学者・発明者であるアルキメデスが叫んだとされる言葉である。」と教えてもらいました。こんなに勉強すると知恵熱がでそうです。(笑)

寂けさに

塚本邦雄
さらさらと粉雪ふる日の寂けさに自らの在処いだき坐れる   (歌誌『靑樫』 1947 3月)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

豊田市足助町で先週からはじまっている「中馬のおひなさん」に昨日行ってきました。3週間ぶりの撮影でした。
01LR6-_F180734-8.jpg
蔵の中。 Zuiko ED 8mm F3.5 Fisheye

02LR6-_E186470-8.jpg
ここのひな祭の定番写真なので、撮っていて恥ずかしい。 NOKTON 17.5mm F0.95

03LR6-_F180761-8.jpg
見てるよ。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

致死量の

塚本邦雄
寒泳の靑年の群われにむきすすみ來つ わが致死量の愛   (綠色研究)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

一月末。
01LR6-_N288714-1.jpg
師の影を踏まず。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

わが夢によみがへり

塚本邦雄
父の父の父わが夢によみがへり臘梅一枝髻華(うず)に挿したる   (黄金律)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

二月になってからまだ一枚も撮ってないので、一月末の写真で。場所は東近江市政所。
今冬は雪を2回撮影に行きましたが心残りばかりで、今日の写真も山に雪が無いのが残念です。
02LR6-_N289236-8.jpg
やわらかく包まれて、音も。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 髻華(うず)は、「漢字ペディア」というサイトによれば、古代、草木の花などを髪や冠にさして飾りとしたものだそうです。
 塚本邦雄が誕生して3カ月のちに彼の父は亡くなっています。それゆえ、「父の父の父」は曾祖父ではなく、父が3回繰り返されて、「父が、父が、父が、私の夢にでてきたよ」と言っているように感じられます。

熟睡の

塚本邦雄
ちちははの熟睡の髪ふれあへり とほき旱りの森のごとしも   (水銀傳説)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

なおぶらぶらぶら。
01LR6-_N048186-8.jpg
なにかが起こるような気がして。 M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_N048131-9.jpg
音は記憶の底だけに。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

LR6-_F049826-9.jpg
古くても隙はない。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 昨日の「光る針魚(さより)頭(づ)より食ふ、父めとらざりせばさはやかにわれ莫(な)し」は五七五七七に合わないし、前半と後半がどのようにつながるのか全くわかりませんが、同じ歌集の巻頭が「燻製卵はるけき火事の香にみちて母がわれ生みたること恕(ゆる)す」という歌だそうで、ひとつの歌集の中で父と母の扱いはだいぶん差があるように感じます。
 卵が母性の象徴であるように針魚は父性の象徴ということでしょうか。おなじ歌集の中に、「婚姻の父母のそのかみ淡つけく雪はふる酸化鐡板の間(あひ)」という歌も見つけました。

さはやかにわれなし

塚本邦雄
光る針魚(さより)頭(づ)より食ふ、父めとらざりせばさはやかにわれ莫(な)し   (水銀傳説)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

津島ぶらぶら。
01LR6-_F049712-9.jpg
デルタは好きです。 M.ZUIKO 17mm F1.8

02LR6-_F049669-2.jpg
たてたてよこよこ。 M.ZUIKO 17mm F1.8

03LR6-_F049616-9.jpg
もういちど灯をいれて。 M.ZUIKO 17mm F1.8

むなしき挨拶

塚本邦雄
着衣せる聖母マリアの肖像にむきてむなしき夜の挨拶す   (透明文法)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

津島ぶらぶら中です。
01LR6-_F049634-9.jpg
神様に見られてる。 M.ZUIKO 17mm F1.8

LR6-_F049663-9.jpg
狭いところは大好き。 M.ZUIKO 17mm F1.8

 何がむなしいのかと思いました。着衣しているからと思ってしまうのは、わたしの根が低俗だからでしょう。
 考えれば、(生身でなく)肖像だからとか、日ごろから信仰しているのに今日が不首尾だったからとか、いろいろあるのですが、どうしても「着衣」に引きずられてしまいます。「透明文法」に収められた歌が作者が若いときのものだからという先入観もあるので。
 また、むなしさを感じているのが歌人である作者なのかどうかということも考えてしまいます。