ふれあふひびき

塚本邦雄
きこゆるは風花(かざはな)のそのはなびらのふれあふひびき母には白壽   (黄金律)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

なお杠葉尾。
01LR6-_N288773-2.jpg
電柱も眠るか。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_N288844-2.jpg
洗いざるは黄色です。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

03LR6-_N288875-2.jpg
お社の鹿は青銅の。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 はやくも一月も終りです。一月の別名の睦月にちなんで、『驛長愕くなかれ睦月の無蓋貨車處女(をとめ)ひしめきはこはばるるとも』(詩歌變)を引用したかったのですが、既に引用済みでしたので、一昨日の母の歌つながりにしました。

 「駅長おどろくなかれ」は菅原道真の和歌を下敷きにしているそうですが、塚本邦雄の戦争詠の代表的作品とある本に解説されていました。しかし道真が己の身に起こっている現実を踏まえて歌っているように、それを下敷きにした塚本邦雄も、知識をもとにしたのではなく、何らかの現実を目にして歌ったのではないかと感じます。

 そして読者としては、彼の見た現実を穿鑿するのもいいでしょうが、自分が生きている時代の現実に引き寄せてイメージをつくっても作者に失礼にはならないと思っています。

 雪がふる季節に、屋根のない貨車に載せられている処女は、人間扱いをされていない、尊厳を踏みにじられた存在です。あえてアウシュビッツをもちださなくても、いまの世界にもそうした扱いを受けている人々がまだたくさんいる事実を指摘すべきだと感じます。難民を排除しようとか、さらに難民をつくろうとか、難民を固定化しようとかいった昨今の行為に対して、「駅長おどろくなかれ」という歌を引用したかったのです。

睡りたる寒き空と

塚本邦雄
睡りたる寒き空港と綠色(りよくしよく)の燈(ひ)もてつながる夜閒飛行機   (装飾樂句)
眼科醫、眼科醫と邂ひしかば空港のあかつきあかねさす水晶體   (水銀傳説)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

なお杠葉尾。
01LR6-_N288805-2.jpg
あれは金鵄かと。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

02LR6-_N288811-2.jpg
青、ただの青。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

03LR6-_F280416-2.jpg
三角はいさぎよい形。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

雪凍ててしづかにめぐり

塚本邦雄
母に未來無し 夕暮と雪凍ててしづかにめぐりやむ風見鶏   (装飾樂句)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

杠葉尾で。
LR6-_F280362-2.jpg
冬の光は母より来ると。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
LR6-_F280402-2.jpg
離住(かれず)みに経たるいくとせ。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

 塚本邦雄の母は彼が22歳のときに54歳で亡くなったそうです。かれはその死に際して挽歌を百首つくったと聞きます。
 『母に未来無し』と聞いて一瞬母親を突き放したような印象を受けてしまいましたが、すでに故人となった母親だと思うと、未来が無いという言葉も哀憐に満ちたものへと感じます。
 一方で、『母』という言葉に『母国』というイメージを重ねると、また違う世界が見えてくるように思います。

 写真のキャンプションは『冬の光は母より來ると花まだき一樹の柊をにくしみつ』(豹変)と、
『離住(かれず)みに經たるいくとせ季(とき)過ぎて紫苑(しをん)咲く日を母に對(むか)ひつ』(薄明母音)とから。

創り余して

塚本邦雄
戀の歌創り餘して目つむるに聲あり三十一文字より逃げよ   (歌誌『玲瓏』52号)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

きょうは雪の写真をとりに県境を越えて。滋賀県杠葉尾(ゆずりお)。
01LR6-_F280355-2.jpg
夏になればキャンプ場ですが。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

02LR6-_N288726-2.jpg
あそこへ行きたいけど。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

LR6-_N288770-2.jpg
杠葉尾はゆずりおだけどユズリホなのか。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 写真を撮り余すほど撮りつくしていない私が目をつむっても何の声も聞こえないのです。もしも声を聞けば、きっと新しい世界がはじまると思うのですが。そういえばきのうTVで「耳をすませば」って言ってました。

青空がかへり來て

塚本邦雄
百歳になって何する 青空がかへり來てあそぶ絲杉のうへ   (黄金律)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

余呉湖。
01LR6-_F190102-2.jpg
青空がかえり来て、波もおさまりました。 M.ZUIKO 25mm F1.2

LR6-_N198622-2.jpg
青空がかえり来て、ゆきだるまつくりました。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

04LR6-_N198513-2.jpg
青空がかえり来て、風も止まりました。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

 きょうは寒がゆるんで少し暖かい日でした。
 糸杉は西洋ではイエスの十字架の材だとか、悲しみや死の象徴という意味があるとWikiに書いてありました。
 映画のベンハーを私の住んでいる町の映画館へ見に行ったのは中学生のときだったか小学生のころだったか忘れましたが、イエスが十字架にかかると雷鳴がとどろき、風が吹き、激しく雨がふり、その雨がイエスの血を運んで流れをつくり、川になって・・・という場面がありました。そのあと雲が切れて青空になって。
 白川静が、遊ぶということは神との交感という意味があると言っていたような覚えがあるのですが、さだかではありません。

言葉探し

塚本邦雄
曲のみの譜面に言葉探しをりこの歌死刑囚の遺言   (歌誌『玲瓏』52号)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

きょうは帰宅が仕事がのびて遅れたので、金剛輪寺から一枚だけです。
言葉も探しあぐねて。
LR6-_F190310-2.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

あなたの手は

塚本邦雄
それ以後あなたの手はこの世の憎しみを搔き寄せる熊手   (ソネット詩集「樹映交感」)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

湖東三山の金剛輪寺。
01LR6-_F190297-2.jpg
温かいですか。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F190327-2.jpg
友だちです。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 今日の短歌は、十四の短歌で構成して「ソネット」とみなしたものを集めた歌集から、無花果をテーマにした「ソネット」のうちの一つの短歌をぬき出しました。イエスと無花果の話を下敷きにしているそうですが、キリスト教に疎いわたしは基礎知識が不足してあまり理解できず、この世の憎しみを一手に引き受けてくれる存在があるのだと、願望も込めて楽天的にとってしまいました。

うたかたなりけるむかし

塚本邦雄
牡丹雪あるいは母に降りけらしわれがうたかたなりけるむかし   (波瀾)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

余呉町川並のあたり。
01LR6-_F190177-2.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F190196-2.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_F190172-2.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

 きょう一日は雪が降ったり止んだりで日陰の積雪は解けることがありませんでした。「牡丹雪」の季節は春ですが、雪が珍しい地方に住んでいる身には雪であればどれもこれも区別がつかないので(笑)、今日の歌を引用しました。
 牡丹雪と母とのつながりが分からなかったのですが、ある出版社のHPに、『牡丹雪母のことばのやうに降る』(ふらんす堂 常澤俶子句集探梅)というのを見つけて、なんとなく分かったような気がしました。

のなかの昏睡

塚本邦雄
誕生日われの生れし刻來り濃き酢のなかの昏睡の牡蠣   (日本人靈歌)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

余呉湖。
01LR6-_F199921-1.jpg
雪の上を群青の風過ぎ。 NOKTON 17.5mm F0.95

02LR6-_F199930-1.jpg
雪は足跡より解けはじめ。 NOKTON 17.5mm F0.95

 塚本邦雄の生誕は真夏の八月ですが、自分の誕生日にちなんで歌をえらびました。
かれには『燻製卵はるけき火事の香にみちて母がわれ生みたること恕(ゆる)す』(水銀伝説)というのがあって、季節としてはこちらを引用したかったのですが、すでに引用済みなので。
 写真のキャンプションはまた塚本の歌からで、一枚目は『こころざしくづれて廿歳(はたち)雪の上を群青の風過ぎし痕あり』(感幻樂)、二枚目は『雪は足跡より解けはじめわが赴かぬ詩集『煉獄』出版記念會』(風雅)からでした。

不安なる今日

塚本邦雄
不安なる今日の始まりミキサーの中ずたずたの人參廻る   (装飾樂句)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

余呉湖。
01LR6-_F199990-1.jpg
あちらですよ。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F199966-1.jpg
冷凍保存という手法。 NOKTON 17.5mm F0.95

03LR6-_F199912-1.jpg
乾燥保存という方法もあります。 NOKTON 17.5mm F0.95

 新しい大統領就任がさまざまに報道されているのに接してきょうの短歌を選びました。多大な権力を持ちながら世界への責任を果たそうとしなかった国からあの暗黒の木曜日が始まったことに学ばないというのでしょうか。

もつとも好む大寒

塚本邦雄
母とわれがもつとも好む大寒のなまこ粟粒疹におほはる   (日本人靈歌)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

余呉湖。
01LR6-_F190087-1.jpg
なぜか出エジプト記を思い出し。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F190149-1.jpg
風のあと。 M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_F190085-1.jpg
ライターもて紫陽花の屍(し)に火を放つ。 M.ZUIKO 25mm F1.2

04LR6-_N198579-1.jpg
とほき冠雪の山見えて。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

 きょうの三枚目と四枚目のコピーは塚本邦雄の短歌の一部を使いました。
 四枚目の「冠雪」は、『とほき冠雪の山見えて晚年のいつくしき季に入りなむわれは』という歌の、
三枚目は『ライターもて紫陽花の屍(し)に火を放つ一度も死んだことなききみら』のそれぞれ頭の部分です。

となさむ

塚本邦雄
冬霞たつやカルロス・ガルデルの「沈黙(シレンシオ)」わが挽歌となさむ   (豹變)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

余呉湖。
01LR6-_F190186-1.jpg
よく働いてきました。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F190208-1.jpg
三人兄弟の一番下の弟がつくった家は。 M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_F190159-1.jpg
直径30cm程度の土管に何故ふたが。 M.ZUIKO 75mm F1.8

 今日の短歌は、カルロス・ガルデルも彼の「沈黙(Silencio)」も知らずに、最近映画で評判の遠藤周作「沈黙」と関係があるのかと思い込んで引用してしまいましたが、ネットで検索して、カルロス・ガルデルはアルゼンチンのタンゴ歌手でSilencioは静寂とでもいうニュアンスらしいと知りました。

泡さながらの

塚本邦雄
淡雪の泡さながらの生靈(いきりやう)に短歌は完全に包圍されてゐる   (黄金律)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

きょうは琵琶湖の北の余呉湖へいきました。
いけない。「冬のソナタ」の毒がまだ身体にのこっているようです。
01LR6-_F190015-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_F190063-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

昨日降れりき

塚本邦雄
靑き雪きのふふれりき檢眼の結果赤道附近溷濁   (黄金律)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

きょうは幾何学演習というということで、相変わらず津島市。わたしの住む地方の雪はようやくやみました。
LR6-_F049678-2.jpg
三角! M.ZUIKO 17mm F1.8

02LR6-_N048322-1.jpg
平行四辺形は四角です。 M.ZUIKO 17mm F1.8

03LR6-_N048338-1.jpg
きわめてくるしいけれど上辺に円形、否あれは球形。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

04LR6-_N048112-1.jpg
仕切り直しの円形、歪んでます。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

 きのうの「戀の時きみのうしろにあはあはと死にいたる刻きざむ打樂器」の『あわあわ』はてっきり楽器のオノマトペと思っていましたら、「淡淡し」と書いて枕草子にもでてくる古語なんだそうで、ここは『ほのかに』または『軽薄な』と解釈するらしいです(恥ずかしい)。
 淡淡をタンタンと読んでしまえば、いかにも打楽器の音で、以前に引用した「ラヂオにはコンガの響遠ぞけば背を曲げて粗き煙草巻くなり」のイメージと重なってきますが、塚本邦雄があえてカナ書きにしているので、かすかに聞こえる打楽器の音をさしているのでしょうか。
 また、真剣な恋にひたっている二人を軽薄な音がつつんでいるというのであれば、むしろ逆に、その恋のほうが軽薄であることを打楽器が教えているような感じもします。

刻きざむ

塚本邦雄
戀の時きみのうしろにあはあはと死にいたる刻きざむ打樂器   (透明文法)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

津島市。きょうは植物系ということで。
01LR6-_N048227-1.jpg
赤いのはナンテンかな。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F049698-1.jpg
黄色いのは鬼ゆずかな。 M.ZUIKO 17mm F1.8