いつわりおおき

塚本邦雄
いつはりおほき男子(をのこ)となりてかへりきぬふるさとの雪の下のちちはは   (透明文法)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

教宗寺付近ののこり物です。
01LR6-_F206928-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2
02LR6-_F206976-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2
03LR6-_N206338-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
04LR6-_N206340-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

短歌はきのうの薄明母音と同じように塚本邦雄の初期の歌を集めた透明文法から引用しました。徴用された呉での経験にどのようないつわりがあったのか気になりますが、彼でなくても年を経ればいつわりも多いものだとわけしり顔に思ってしまう自分自身に、また何度目かの幻滅をしています。

秋のひざしはふかく

塚本邦雄
逝く秋の陽ざしは邃くわが額にしろがねの箭を射放ちにけり   (薄明母音)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

きょうも紅葉と来年のカレンダーでお茶を濁してます。紅葉は旧大萩村での一枚。
LR6-_N206535-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2


69009LR6-_N674226-2.jpg

69010LR6-_F222741-1.jpg

69011LR6-_N125786-1.jpg

69012LR5__RD23430-3.jpg


「薄明母音」は塚本による母への挽歌をあつめたものだそうです。『逝く秋』は母が逝くという意味なのでしょうが、秋が逝くともとれるようにしているのだと感じます。塚本の母は八月末に亡くなったのだそうです。

思ひ出でて舌打ち

塚本邦雄
傳へ得ぬわがいとけなき日日の糧イソップの酸き葡萄冷えたり   (閑雅空間)
思ひ出でて舌打ちするも追善の一つ ヒトラー忌の蓖麻(ひま)の花   (不變律)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

昨日にひきつづき教林坊の一枚と来年のカレンダー試作。
LR6-_N206634-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

 短歌もカストロから独裁者のつながりでヒトラーがでてくる歌を引用したものの、ヒトラー忌などというものはないでしょうが、彼の死は四月、ひま=トウゴマの開花は夏、実は初秋だそうですから、やっぱり季節はずれということでしょうか。
 「わが友ヒットラー」の三島由紀夫の命日(憂国忌とも)が11月25日ということで、季節はずれは見て見ぬふりを。


69005LR6-_N647310-1.jpg

69006LR6-_N659094-1.jpg

69008LR6-_F667941-3.jpg

69008LR6-_F679591-1.jpg

革命、、それも遅し

塚本邦雄
私生活の私に霜霰懸崖の菊のうらがはひたすら暗し   (波瀾)
革命、、それも遲し疊をかきむしりみどり兒があやつれる歩行器   (日本人靈歌)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

年末が近づいて気ばかりせいているのに何ごとも進まない日々に、夕暮れになると気分が落ち込んでしまいますが、写真をいじっているのは楽しいので、今日も教林坊で撮った一枚です。
LR6-_F207277-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

来年のカレンダーを試作中ですが、ことしは昨年より写真が少ないので悪戦苦闘です。

69001LR6-_E631697-1 (2)

69002LR5__M602066-2.jpg

69003LR6-_N646423-1.jpg

69004LR6-_F632792-2.jpg

 今日の二首目の短歌は昨日につづけてカストロにあやかってますが季節がよくわかりません。「畳替え」だと年末の歌になるそうですが、歌のイメージも分かりません。畳、歩行器、革命がつながらないのです。
 革命が起こらないので替えたばかりの畳もずたずただ、ということでしょうか。塚本邦雄のことですから、天皇家を念頭にしているということもありえるかもしれません。

今日を終ると

塚本邦雄
馬酔木夕映(あしびゆふばえ) 日記のゲバラ蝨(だに)三十六匹殺し今日を終ると   (感幻樂)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

きのうの夜遊び写真つながりで、11月20日近江八幡市教林坊で撮ったものを、苦手な夜に挑戦した自分を甘やかせて。
01LR6-_N206624-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
02LR6-_F207368-2.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2
03LR6-_F207382-2.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2
04LR6-_N206601-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

今日の塚本邦雄は、馬酔木夕映がどうみても季節はずれなのですが、カストロが亡くなったと聞いて・・・。

ひかり澱む

塚本邦雄
またの世のわれはマフィアに身をゆだね萩の上月のひかり澱む   (靑き菊の主題)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

あたらしいレンズの試射ばかりつづいたので、11月12日夜遊びにいったときの写真で自分の気持ちをリセットです。
01LR6-_N126056-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
02LR6-_N126029-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
LR6-_F126765-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
04LR6-_N126313-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

すれちがひ

塚本邦雄
抜齒後の血は口に滿ち 水曜と火曜こころの底すれちがふ   (綠色研究)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

まだ東近江市旧大萩村あたり。
01LR6-_F207206-2.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2
02LR6-_F207229-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2
03LR6-_F207192-2.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2
04LR6-_F207185-2.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

きのうのつづきも一枚。

LR6-_F237683-1.jpg

ひれふるこころ

塚本邦雄
冬の星曇りの底に相觸れて病む若き日の鰭(ひれ)ふるこころ   (芒彩集)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

東近江市旧大萩村あたりでうろうろ。
01LR6-_N206548-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
02LR6-_N206510-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
03LR6-_F207232-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2
04LR6-_N206498-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

年賀状につかう画像を撮ってみました。
10月にもオリンパス・ペンとなら町で買った玩具で撮ったのですが、気に入らないので再挑戦です。
30年以上前に縁ある方々からいただいた山形県の笹野一刀彫、いわゆる「お鷹ポッポ」と当時使っていた愛機で。
LR6-_F237691-1.jpg

何のわたくしうやむやに

塚本邦雄
私生活に何のわたくしうやむやに景天草科(べんけいさうくわ)みせばやが咲き   (黄金律)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

東近江市旧大萩村。
LR6-_F207159-2.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2
02LR6-_F207162-2.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2
03LR6-_F207115-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2
04LR6-_F207119-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2
05LR6-_N206457-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

みせばやという名の花があることを初めて知りました。(汗)

苦くおもうふその年

塚本邦雄
イエスは三十四にて果てにき乾葡萄嚙みつつ苦くおもふその年齒(とし)   (装飾樂句)
キリストの齡(とし)死なずしてあかときを水飲むと此のあはき樂慾(げうよく) ( 〃 )
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

きのうにつづけて東近江市政所で。
01LR6-_F207084-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2
02LR6-_F207023-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2
03LR6-_F207072-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2
04LR6-_F207088-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2
05LR6-_F206959-2.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

 楽欲が欲望の意味ときょう初めて知りました。徒然草に使用例があるそうですが、学校でそんな言葉は習った覚えがありません。徒然草は高校の教科書に出てきたから、その気があれば教科書にのっていた以外の段だって自分で勉強できたはずなのに。やる気がないというのは自分に罪を重ねているようなものだと、きょうも反省しています。

栄えることなく晩年は到る

塚本邦雄
榮ゆることなく晚年は到らむにこのシグナルの濁る橙黄(とうくわう)   (装飾樂句)
歌に會ひたる日を念(おも)ふだにゆうかげのくらぐらと吹かれつつある紫苑(しをん)   (詩歌變)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

M.ZUIKO 25mm F1.2を使うため、一週間前と同じようなところへ出かけました。東近江市政所教宗寺。
01LR6-_F206894-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2
02LR6-_F206917-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2
03LR6-_F206923-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2
04LR6-_F206936-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

M.ZUIKO 25mm F1.2はコントラストが高くわたしのもっているZUIKOの中では色乗りがいいように感じます。焦点距離の差はあるにしても、NOCTICRONより合焦しやすいように思いました。色はNOCTICRONの方が鮮やかに感じます。
安っぽいプラスチック・フードはストッパーがついて、いらぬおせっかいです。ピントリングのトルクは非常に使いやすいと思いました。
出かける前に雨あがりの庭で撮った25mm1.2初撮りもアップします。

01LR6-_R667491-3.jpg

02LR6-_R667515-2.jpg

04LR6-_R667491-4.jpg

翔べぬ天使に読みきかす

塚本邦雄
くりかへし翔べぬ天使に讀みきかす―白葡萄醋酸製法祕傳   (水葬物語)
枯葎(かれむぐら)霜にきらへりゆるやかにわが身をめぐる齡(よはひ)の影は   (睡唱群島)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

多賀町大瀧神社で撮りました。神社の横を流れる渓流は「大蛇ヶ淵」とよばれているのだそうです。
きのうの月の写真つながりで、たまたま神社境内にいた大ウサギも。
01LR6-_N126003-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
02LR6-_F126610-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
03LR6-_N125993-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8


昨日夜届いたM.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2の記念写真も、
このごろ出番が少ないE-P3と組み合わせて。
03LR6-_R667529-2.jpg

02LR6-_R667628-2.jpg

01LR6-_R667617-2.jpg

 M.ZUIKO 25mmとNOKTON 25mmとを比べると、ZUIKOは防塵防滴なのでしかたないけど表面がレジンコートされていて、金属鏡筒に黒ペイントのNOKTONと違った印象です。むかし印画紙のRC紙とバライタ紙の違いに感じたのと同じような感覚がよみがえりました。
 ZUIKOをつけてのぞいたファインダーは、曇り日にもかかわらず、コントラストが高く色が濃い印象でした。NOKTONの被写界深度は75mm F2.8程度ですが、ZUIKOは75mm F3.5程度になるのでちょっと不安です。 あすはこのレンズをもって撮影に。

籃(らん)の中にめざめ

塚本邦雄
少年歌手出自無慙にあばかれておそしむぎわら色の月の出   (驟雨修辭学)
良夜(りやうや)なりわれらが戀をへだてたる母ぞ魚籃(ぎよらん)の中にめざめし   (豹變)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

ありあけの月というのでしょうか、朝方に西の空に残った月を。
スーパームーンとかいうものを撮りたいと思っているうちに日が過ぎて3日目に、夜は寒いし暗いからと出勤途上にちょっと道草をして。いえ、道草をしても遅刻はしていません。
01LR6-_R667410-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
02LR6-_R667386-2.jpg
LUMIX G 20mm f1.7
03LR6-_R667429-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

たしかならざる伝聞ひとつ

塚本邦雄
歌ひつづけて我(が)通さむずその昔定家も「袖より鴫の立つ」たる   (黄金律)
たしかならざる傳聞一つ水星の水なき澤を鴫立ちしとぞ   (波瀾)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

石榑峠から政所までの間で。
01LR6-_N125714-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
02LR6-_N125811-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
03LR6-_N125465-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
LR6-_N125445-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

オリンパス・オンラインショップから商品発送の通知が来ました。うれしくて今夜は眠れないかも。おそろしき幼児退行。

癒えたわれ

塚本邦雄
牝豹逐ひおひつきし森、樹の洞(うろ)にとろりと林檎酒(りんござけ)醸(かも)されゐ   (水葬物語)
癒えたりわれは冰雨ささめく夢の檻靑年豹が蘆手(あしで)に眠る   (天變の書)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

東近江市政所で。
 きょうの二首目は季節があっていないのですが、豹つながりで。
01LR6-_F126458-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95
02LR6-_F126474-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95
03LR6-_N125786-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

 氷雨は冬と思っていたらつい今しがた、夏の季語だと知りましたが、
もう何度も無知の恥をかきましたので、今更何をかいわんやと、使うことにしました。
 年々、図々しくなって謙虚さを失っていくのが、うれしいような悲しいような。

フリーエリア
プロフィール

pithecantroupus

Author:pithecantroupus
三重県在住。男性。
2016年4月27日から復興を願う気持ちをこめてアイコンをくまモンに変えています。

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター