ライトヴァース

塚本邦雄
ヘヴィヴァースの坂井修一霜月の體貌閑麗(たいばうかんれい)にしてわれを見おろす   (不變律)
ライトヴァースは嘉(よみ)せざれども午後二時に靉靆(あいたい)として左眼の霞   ( 〃 )
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

散歩のきまぐれをつづけて。
短歌は季節が合わないのを承知で、ライトとヘヴィーの対比で遊びました。
月火と、ブログ更新を休みます。
01LR6-_E225337-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95
02LR6-_E225350-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95
03LR6-_E225426-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

 ブログを毎日更新して写真を載せているのは、まだまだわたしは生きているという確認と明日もまた続けていこうという励みとを得ることがひとつ、ブログを訪問していただける、写真を見ていただけることが純粋にうれしくて、ほめられた子供のようにうれしくてというのがふたつてすが、どうしてもつかない都合というのも、いまだに、たまには、あって、明日と明後日の更新を休みます。
 時計じかけという手もあるのですが今回はすなおに二日間お休みすることにします。
 それで明日の分も今日のうちに。
04LR6-_F222713-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
05LR6-_F222445-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
06LR6-_F222682-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

思い出でなんすなわち

塚本邦雄
絕海の孤島にあらば思ひ出でなむすなはち岡井隆のほほゑみ   (不變律)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

散歩のきまぐれも載せましょう、残り物も乏しくなったので。
短歌は昨日の話題のつづきということですませて。
LR6-_F222578-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
03LR6-_F222589-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
02LR6-_F222482-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

 塚本邦雄の書く岡井隆論と、岡井隆の書く塚本邦雄論を読んでいると、息の合った漫才のペアを想像してしまいますが、塚本邦雄が関西弁でサラリーマンで今でいう高卒、岡井隆が東京人で医師で大卒という違いもわたしには気になります。
 せっかく今日は『岡井隆』を読み込んだ歌を引いたので、昨日と同様に、塚本邦雄が評論文の中に引用している岡井隆の歌をあげておこうと思います。
 掌(て)のなかへ降(ふ)る精液の迅きかなアレキサンドリア種の曙に
 原子爐の火ともしごろを魔女のひとり膝に抑へてたのしむわれは
 組織、萌黄(もえぎ)の忠誠をこそ求め來ぬむらさきの苗をわれは捧げむ
 口中に滿ちし乳房もおぼろなる記憶となりて 過ぐれ諫早

口実ひとつ

塚本邦雄
私淑とは師に遠離(とほざか)る口實のひとつ 天邊(てつぺん)に棗熟れをり   (歌人)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

ミーハーとよべばよべなどと開き直るつもりはありませんが、性懲りもなくまた世間様に迎合した写真を。ハッピー・ハロウィーン。
01LR6-_F222736-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
02LR6-_F222741-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
03LR6-_F222734-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

 きょうの短歌は、歌人で詩人の岡井隆がことしの文化功労者に選ばれたというニュースを聞いたので、彼が盟友の塚本邦雄の死をいたんで新聞各紙に書いた弔文に引用された歌の中から選びました。
 いっぽう、さきに冥界にさった塚本邦雄が書いた岡井隆論に引用された岡井隆の歌からひとつ。
 発ちし夜の妖しきまでの明るさを思えば、戦後こそわがカナンの地

弟よ

塚本邦雄
激怒さはやかなる弟よ百臺のピアノ黑鍵(こくけん)をうちふるはせつ   (靑き菊の主題)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

とうとう種切れになってきたので、いまさら2週間前の残り物。
03LR6-_N155221-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
02LR6-_N155070-5.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
01LR6-_N154594-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

 きょうの短歌は意味も季節も知りませんが、三笠宮様が亡くなったというニュースに接したので引用しました。

 「靑き菊の主題」が九条良経へ塚本邦雄がささげた歌集だとどこかで読みましたので、「弟」は良経の義理の弟で承久の変のあと佐渡へ流される順徳上皇あたりを想像すると、「激怒」という感情も理解できるような気がしますが、「こくけん」は想像の範囲を超えていて何なのかまったくわかりません。「百」は単に激しさを言っているだけだとは思うのですが。
 また、現実には塚本邦雄に弟はいませんしこどもにも弟とよぶ子はいないので、「妹」を恋人の意味で用いるように「弟」は男性の恋人ではないかという想像も働きますが、そうすると急にこの歌が淫靡な色彩をまとってくるように感じます。
 

冷ゆる日々

塚本邦雄
天涯孤獨の天錫色に冷ゆる日々くさぐさの花あればみちのく   (黄金律)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

お散歩。
01LR6-_F222560-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
02LR6-_E225403-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
03LR6-_F222621-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

今朝はカメラをもっていたらきっと途中下車し欠勤したと思うような朝霧でしたが、運悪く手ぶらでした。
否、真面目に出勤したのですから、カメラを持参していなかったのは、運がよかったのかもしれません。

底にうすもみじを秘めて

塚本邦雄
暗綠の底にうすもみぢを祕めて鳥海山に一部の隙   (黄金律)
男泣きに泣いてくれたる杉島も鬼籍に入りき 寒の杉の香   ( 〃 )
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

紅葉を待ちわびて、ご近所で。
01LR6-_F222499-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
02LR6-_F222600-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
03LR6-_F222597-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

 親戚の”おじさん”が急逝しました。わたしの親と同じ世代なので”おじさん”扱いにしていましたが、ほんとうは従兄弟同士です。きょう引用した二首目は季節が合いませんが、お葬式から帰って、日本酒の好きだった”おじさん”を思い出して引用しました。昨夜から今日にかけて一段と冷え込みがつよく、「寒の杉の香」という言葉も似あいだと故人は許してくれそうな気がしました。

ザクロふくみ

塚本邦雄
石榴食ふ犬齒浮くまで讀みさしの「ナナ」が天然痘で死ぬまで   (驟雨修辭学)
石榴ふくみたり 夜の海にイシュメール抱きし赤色土人をねたみ   (綠色研究)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

コスモスを撮りに行ってザクロとススキを撮って帰りました。
LR6-_F222385-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95
02LR6-_F222605-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

たましいの檻(おり)ありつつ見えぬ

塚本邦雄
わかもののかをり飛び散る秋霰たましひの檻ありつつ見えぬ   (されど遊星)
すなはち霰たばしりにけりマンションのわが箱庭の弓月(ゆづき)が嶽に   (不變律)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

多賀の残りもの。
「弓月(ゆづき)が嶽」が何かを知らずに歌を引用して、あとから調べて万葉集にでてくる大和盆地の山と知りました。(もう何度目かの恥かきです。)
01LR6-_N154729-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
LR6-_N154696-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
03LR6-_N154749-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
LR6-_N154589-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

ことしも「おわら風の盆}カレンダーをいただきました。
かつて私が大変お世話になったうえに、その後10年以上も送っていただいていて恐縮の極みですが、いまは、新しいカレンダーを楽しみにしてしまっています。ありがとうございました。
LR6-_E235445-1.jpg

大田舎

塚本邦雄
殘菊に一抹の紅 かたはらにありて觀ることと「傍觀」の差は   (豹變)
麝香葡萄(マスカット)たまはるやその不吉なる重み、東京という大田舎(おほゐなか)   (黄金律)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

ハロウィーンが近いので、去年もつかったかぼちゃを持ち出してご近所のコスモス畑で記念写真を撮りました。(ついでにオリーブも)
01LR6-_F222293-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95
03LR6-_E225257-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
04LR6-_F222309-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95
05LR6-_F222416-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95

もくせいをとめ

塚本邦雄
木犀少女(もくせいをとめ)うつろふ影は硝子越し古今集戀よみびとしらず   (されど遊星)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

匂いを嗅いだと言ってモクセイの歌ばかり引用していては、写真をのせているブログの名折れと思い、匂いは撮れませんでしたがせめて金の小枝を。
01LR6-_R666927-1.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
02LR6-_R666977-1.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

照る月の黄の

塚本邦雄
木犀に冠す蟲干のわが帽子 壮年も叡智にみちてあれ   (日本人靈歌)
照る月の黄のわかものの尿道のカテーテル*** 聖母哀傷曲(スタバト・マーテル)   (綠色研究)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

多賀神社の近くの高源寺で。
01LR6-_N155205-3.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
02LR6-_N155176-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
3LR6-_N155257-3.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

あやしき夜半に

塚本邦雄
シラクサの古き船歌晴夜とふあやしき夜半(よは)におもひいでつ   (豹變)
銀木犀散りはてたれば切にかなしキリ・テ・カナワの金切聲も   (黄金律)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

神あかりの多賀神社。
01LR6-_N155135-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
02LR6-_F152097-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
03LR6-_F152178-3.jpg
NOKTON 25mm F0.95
04LR6-_F152197-3.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
05LR6-_F152189-3.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

 きょうの「シラクサの・・・・」は、晴夜が聖夜との掛詞のように思うので、季節が合わないのでしょうが、撮影した夜の晴れた月夜を連想して使いました。
 シラクサの船歌というとサンタ・ルチアのような気がしますが、聖ルチア(シラクサのルチア)の祭も12月だそうですから、やっぱり季節は冬なのでしょうか。ルチアは光の意味があるそうで、聖ルチアの祭は「光の祭」だそうです。

ぐみに月光

塚本邦雄
茱萸(ぐみ)に月光 漁夫牧夫ほか十二人耶蘇(イエス)を愛す完膚なきまで   (星餐圖)
銀木犀こぼるるあたり君がゆき彼がゆきわれは行かぬ戰争(いくさ)が   (魔王)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

神あかり実施中の多賀神社。
01LR6-_F152169-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95
02LR6-_F152026-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
03LR6-_N154885-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
04LR6-_F152061-5.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

 職場まで鈍行しか停まらない駅から、少し前までは農家ばかりだった村落の中を15分ほど歩きます。今日も歩いていると、唐突にキンモクセイの匂いを嗅ぎ思わず香りの元を探しました。先週までまったく出会わなかったのに。

秋澄む

塚本邦雄
眸とぢて今はし聽かむ秋澄むと心ふかく響る一すぢのながれ   (歌誌『紀元』 昭和18年11・12月号)
夕鶫(ゆふつぐみ)歌のもなかに暗紅の核あり言葉そこよりぞ病む   (天變の書)
吾亦紅血のいろすでにうすれつつ露の篠山第七十聯隊   (魔王)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

近江多賀で、たそがれどきの散歩をしました。
01LR6-_N154601-5.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
02LR6-_N154743-5.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
03LR6-_N154780-5.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
04LR6-_N154615-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
05LR6-_F151909-5.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

園のくらやみ

塚本邦雄
綾羅(りようら)はためくごとき良夜ぞ獣園のくらやみにして豹變の豹   (豹變)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

近江多賀神社「神あかり」へ行きました。
01LR6-_N155014-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
04LR6-_N154798-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
02LR6-_N154847-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

 夜は苦手で、ヘタな分これから進歩できる余地があるなどと強がっていたものの、やっぱり苦手なままです。今回も暗闇でダイヤルが動いたことに気づかず最後まで撮影を続けたり、露出補正を失敗して真っ黒な写真を撮ったりしてしまいました。それでも、落ちることがない分きっといつかはと考えて、自分に残された時間のことを忘れてしまっているのはいいことだと思っています。