今日は従順

塚本邦雄
殺意ひめて生きつつ今日は從順に胸部寫眞を撮らるる梟首(けうしゆ)   (日本人靈歌)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

また寄り道。
1LR6-_R665900-2.jpg
Pentax FAソフト28mmF2.8
LR6-_R665907-2.jpg
Pentax FAソフト28mmF2.8
LR6-_R665913-1.jpg
Pentax FAソフト28mmF2.8

ちょい撮りばかりで、ちゃんと写真を撮りに行ってないので、
こんなときは好きな作家の写真集か写真関連の本を読んで憂さ晴らしをします。

大和田良「伝わる写真」(株式会社マイナビ)は、真面目すぎて学校の教科書みたいですが、
書いてある内容には、いいなあと感じます。「あとがき」の一部を引用すると、

   写真を撮ることや作ることに、自らの活力を見出し、
 日々生きるということに直結していることが写真で生き
 るということかもしれない。
 そこでは、写真を本業としなかったとしても、写真ととも
 に歩む人生を見つけることができるだろう。
     (中略)
   よい写真が撮れたとき、よいプリントができ上ったと
 きの自分の感動を、なにより大事にしてほしいと思う。

台風の

塚本邦雄
颱風のまなこ澄みゐる綠地帶薔薇あらばきみ踊りたまへ   (透明文法)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

寄り道の残り物で。
1LR6-_R665773-2.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
2LR6-_R665825-2.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
3LR6-_R665789-2.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
4LR6-_R665587-2.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

きょうの朝日新聞「天声人語」の冒頭に「時分」という単語がでていましたが、口語的に過ぎないかと感じました。
(「コトバンク」サイトで調べても朝日のような使用法はありません。)
内容にも時代錯誤があるように感じましたが、
これらはわたしが素直さを失いつつあるせいかと思って、ちょっと気落ちしました。
というのも、きょうの写真を撮った日、
わずかな寄り道だったのに、その夜から身体が変調をきたして、
経験のない事にうろたえてしまいました。
あちこちで年齢をつきつけられているようで、がっくりです。
それでも、思ったように写真が撮れていたら、すぐ回復するのですが。

われ沈み

塚本邦雄
浴槽に金の夕映われ沈み父沈み溢るなみだぞあふる   (睡唱群島)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

寄り道。
1LR6-_R665720-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3LR6-_R665842-2.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

われをいざなう

塚本邦雄
ピレネー山脈戀ひて家出づ心臓のあたりわづかに紅き影曳き   (綠色研究)
眞夏眞紅ネロはセネカに死を賜ひ世界はわれを死後へいざなふ   (感幻樂)
秋は身の眞央(まなか)を水の奔りつつ弟切草(おとぎりさう)の黄のけふかぎり ( 〃 )
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

家の周りを散歩のつづきでお茶を濁して。
1LR6-_R665516-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
2LR6-_R665527-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

夏さり光

塚本邦雄
夏さり光りと哄笑滿てる獣園にうち臥せる蛇はたヴェルレーヌ   (水銀傳説)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

寄り道のつづきを。
1LR6-_R665821-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3LR6-_R665817-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
2LR6-_R665624-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

真夏果つる

塚本邦雄
眞夏果つる 百の蛇口(コック)にくちづくる百の若者らのうしろにて   (綠色研究)
ひぐらしの淡黄(うすぎ)のこゑに壯年のあはれはかられやすきいのち   (睡唱群島)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

帰宅途上で寄り道。
LR6-_R665768-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
2LR6-_R665640-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3LR6-_R665705-1.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

まっすぐ家に帰らないと叱られるかな。
夕焼けにはなりませんでしたが、日没前の光がよかったのです。

あやまちてたそがれ

塚本邦雄
キリストとイエスの閒(はざま)嚴しきにあやまちてたそがれのひるがほ   (されど遊星)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

午後5時過ぎになってカメラをもって家の周りを散歩しました。
1LR6-_R665495-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
2LR6-_R665531-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3LR6-_R665536-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

たんげいをゆるさぬ道化

塚本邦雄
フラメンコ調に君が代歌ひ了へ彼奴(きやつ)端倪(たんげい)をゆるさぬ道化   (魔王)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

四日市市諏訪。
1LR6-_N673240-3.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
2LR6-_F670394-3.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
3LR6-_N673245-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

いのちきらめけ

塚本邦雄
初戀の木陰うつろふねがはくは死より眞靑にいのちきらめけ   (戀 六百番歌合――<戀>の詞花對位法)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

四日市市諏訪公園。
1LR6-_N673265-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
2LR6-_N673280-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95

めぐりあひて

塚本邦雄
めぐりあひてそれも敗戰以後のこと病める肝膽かつ翳りあふ   (不變律)
野分にほろぶ花杜鵑草(はなほととぎす)男らは寂しさのきはみに怒るべし   (黄金律)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

四日市市本町「明るい商店街」。
3LR6-_N673200-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
1LR6-_F670370-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
2LR6-_N673223-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
LR6-_N673205-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

「膽」が読めなくて、「肝膽」から「胆」と分かりましたが、字が難しすぎて、書けるようになるまで覚える気になれません。
今度どこかで出会っても再び読めないだろうと思います。
塚本邦雄らしい、「肝胆相照らす」の反語的表現ですが、歌っている場面がどのようなものかよく分かりません。
分からないのは、二首目も同じなのですが。

秋立ちて

塚本邦雄
君よ知るや南の國に天使魚の紫磨金(しまごん)の死の鰭すれちがふ   (黄冠集)
あはあはと
 瞼の裏に秋
  立ちて鸚鵡
   のごとみご
    もるまりあ   (雀羅帖)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

四日市市本町。
ここはむかし「明るい商店街」と呼ばれたそうです。
クーラーの音のする家屋もあったので無人ではなさそうでしたが、
アーケードの天井は無論いくつかの店の屋根も落ちてしまっていました。
たしかに明るい。
1LR6-_F670380-3.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
2LR6-_N673225-3.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
3LR6-_N673192-3.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
4LR6-_F670366-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

「紫磨金」は紫色を帯びた純粋の黄金だそうです。
そういえば金色の補色は紫色です。
天使魚はそのままだとエンゼルフィッシュですが、
同じ作者の別の歌の中に出てくる「天使魚」について、
ある歌人は昭和天皇になぞらえて解釈しています。
ヒレ(鰭)もその形をしたものの比喩でしょう。
わたしには金鵄勲章のイメージが浮かびます。
また「君よ知るや南の国に」という詩やオペラや映画があるそうですが、
それらの衒学的な知識とは無縁に、作者は「君」にふつうの意味を含ませている気がします。

きれぎれの夏を

塚本邦雄
蜩は梢(うれ)うつりゆくしかすがにきれぎれの夏をわれは生きむ   (されど遊星)
夏の巷、黑きいなごのごとき手の樂(がく)嫋嫋とつよし廢兵   (日本人靈歌)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

四日市市万古町。
1LR6-_N673150-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2LR6-_N673120-3.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
LR6-_N673169-3.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
4LR6-_F670350-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
5LR6-_N673132-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

「しかすがに」は「そうはいうものの。しかしながら。」という意味だそうですが、知りませんでした。また一つかしこくなってしまいました。(笑)
昨日の「瞿曇(くどん)危し水底に濃き水あれば」の瞿曇について、俳人の小澤實氏は、
 「瞿曇」とは、釈尊の俗姓、成道前の釈尊の称である。釈迦伝の中の危うい場面と言えば、結跏趺坐している釈迦に魔王らが襲いかかる場面であろう。天から攻撃してくる魔王が、ここでは水の底にある。さらに濃い水になっていると考えられる。
と解説しています。(現代詩手帖特集版「塚本邦雄の宇宙」)
解説を聞いてもやっぱりさっぱり分からないのは、私の頭が悪いせいでしょう。
私のボケた脳には、夏の西日にさらされた金魚鉢のイメージが浮かぶのです。

水底に

塚本邦雄
瞿曇(くどん)危し水底に濃き水あれば   (翠華帖)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

四日市市万古町。
「万古焼」という陶磁器にちなむ地名です。万古焼はことしの伊勢志摩サミットで首脳の乾杯に使用されたそうです。
LR6-_N673134-3.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
1LR6-_N673137-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
LR6-_N673162-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3LR6-_F670337-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
5LR6-_N673180-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

われもまた

塚本邦雄
帝王一人妃三人のすさまじき劇觀たりその夜半(よは)の葛切   (豹變)
藍靑の過去と言ふべしわれもまたその名を水に書きたる一人   ( 〃 )

四日市市万古町。
1LR6-_N673114-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2LR6-_F670318-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
3LR6-_N673142-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
4LR6-_F670333-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

先日、塚本邦雄の「氣障なキーツをくちずさみつつ夏深しさらさら修羅に遊びつかれ」を引用しましたが、
キーツの墓石には、
「その名を水に書かれし者ここに眠る("Here lies one whose name was writ in water")」
と彫られているそうです。

何の刻

塚本邦雄
黄桃の熟るるがごとく少女(をとめ)さび「斥候(ものみ)よ夜は何の刻ぞ」   (豹變)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

残り物のつづきで。
1LR6-_N661896-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
2LR6-_F668752-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
3LR6-_F668762-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95
4LR6-_F668833-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95

浅田次郎「帰郷」は6つの短編から編まれていますが、「歸鄕」と旧字体になっているのは最初の一編だけです。
あとの5つの短編は、題名にある「鉄」や「寝」という字は新字体のままです。
もしかしたら倉本聰「歸國」を意識したのでしょうか。
「歸國」には先行する映画「姿なき一〇八部隊」(1956)があり、私は笠智衆がでてくるこの映画が好きです。
塚本邦雄の
「喫泉のめぐり汚れし夜の驛に英靈一つかみほど還る」は、この映画からできた歌ではないかと思うほどです。
なお「歸國」を宣伝・報道したマスコミには「姿なき一〇八部隊」への言及がなく、
一部のネットで話題にされたぐらいだったのは、この映画のファンとして残念に思いました。