たのしみあらむ

塚本邦雄
紫陽花のかなたなる血の調理臺こよひ食人のたのしみあらむ   (綠色研究)

まだあすなろう鉄道沿線で。
1LR6-_F667310-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
2LR6-_N661729-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3LR6-_F667208-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
4LR6-_N661755-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
5LR6-_N661617-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

6×6判の75mmf2.8が好きと先日書きましたが、実際に撮った写真は多くありません。
ブローニー・フィルムのカーリング(巻き癖)をおそれて、当時は、
なるべく絞って、かつ撮影直前に巻き上げるようにしていたからです。
f2.8で撮るときは、ピントが来てますようにと祈りつつシャッターを切りました。

夏をはらむと

塚本邦雄
不幸なる夏をはらむと濃紺の朝顔がバルコンをはひまはるし   (詩歌變)
水煮つつ半身おぼろなる母よ夏よ青銅時代は過ぎし   (感幻樂)

きのうにつづき四日市あすなろう鉄道沿線界隈。
1LR6-_N661615-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
2LR6-_N661523-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
3LR6-_F667199-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
4LR6-_F667341-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

瞳澄むまで

塚本邦雄
にくしみに瞳澄むまで少年の夏群靑(ぐんじやう)にきはまらむとす   (摩多羅調)
音樂は夏あけぼのの空わたりなんぢ閉じたる花園(くわゑん)のごとし   (新月祭)

四日市あすなろう鉄道沿線界隈。
1LR6-_F667011-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
2LR6-_F667245-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
3LR6-_F667049-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
4LR6-_F667364-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

今回は昨日入手したノクトン17.5mmのテスト撮影もかねていました。
発色が濁るような気がしますが、経済的にいくつかのレンズを使い分けられないアマチュアとしてはこれで十分かな。
学生時代のハーフ判オリンパスペンFから就職後はマミヤプロフェッショナルの6×6判に一挙に移行したので、35mm判の経験がほとんどありません。
長く使った6×6判で、75mmf2.8開放の空気感が好きなのですが、いまの手持ちのm4/3システムでは、ノクトン25mmf0.95がそれに近い結果を出してくれるように感じます。
ただ、35mmフルサイズで50mmの焦点距離はちょっと長すぎて、画角的にはもう少し広いものが欲しかったのです。
今回のノクトン17.5mmではやや広すぎますが、50mmの窮屈さからは解放されました。
昨日は、被写体までの距離とバックのボケ具合を確かめるテスト撮影を繰り返してきました。

ひとつまみの塩ほどの

塚本邦雄
ほとほとに凌霄花(のうぜんかづら)萌えをはるひとつまみの鹽(しほ)ほどの愛がほし   (花にめざめよ)
刃物積む貨車、嬰兒とわれの寢臺車相聞のごとならびすすめり   (綠色研究)

四日市あすなろう鉄道日永駅界隈。
1LR6-_F667100-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
2LR6-_F667044-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
3LR6-_N661292-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
4LR6-_N661373-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
5LR6-_N661356-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

いまだ朽ちざる

塚本邦雄
こころざしいまだ朽ちざる頽齢のすさまじ 二十日越しの空梅雨(からつゆ)   (波瀾)

きょうは地元のローカル線の駅で。
3LR6-_N661482-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3LR6-_N661434-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
1LR6-_N661471-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
2LR6-_F667148-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

四日市あすなろう鉄道赤堀駅という、全国に三か所だけ残っている762mm、2フィート6インチ軌間のナローゲージ路線だそうですが、私には関心がないので、列車や線路は写っていません。

ことごとく忘れて

塚本邦雄
英靈・英國・叡慮・營倉、悉く忘れて營業報告書を書け   (風雅黙示録)
いつまで大東亜戰爭!朴の花泥濘(ぬかるみ)に堕ち泥と化(な)るまで   (汨羅變)

なおえん体壕。
1LR6-_R664927-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

旧北伊勢陸軍飛行場掩体(きゅうきたいせりくぐんひこうじょうえんたい)
という名称で登録有形文化財に指定されているそうで、ブロンズの銘板が貼られていました。
4LR6-_R665064-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95
2LR6-_R664945-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
3LR6-_R664914-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

藍うるみ

塚本邦雄
忠魂碑建てむとするか毀(こぼ)てるか曇天の底藍うるみつつ   (黄金律)

かの戦争にえん体として建てられたコンクリート壕を、農家のご了解を得て撮ってきました。
1LR6-_E662711-1.jpg
Zuiko ED 8mm F3.5 Fisheye
2LR6-_R665020-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95
3LR6-_R664981-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
4LR6-_R664990-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

心の飢え

塚本邦雄
朱(あけ)いささか濁りし百合の花にむき鋭かりきわが心の飢ゑ   (透明文法)

上(かむら)残りものから花を選んで。
1LR6-_R663933-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
2LR6-_R663832-3.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
3LR6-_N660657-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
4LR6-_N660555-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
5LR6-_N660568-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

夏を病む

塚本邦雄
詩歌など言葉の微熱わかものは嚠喨として夏を病むべし   (されど遊星)

戦争遺産。昔の鈴鹿海軍工廠着弾場跡だそうです。
1LR6-_F656948-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
2LR6-_F656964-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
3LR6-_F656937-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

夏もまぼろし

塚本邦雄
肉屋はさくら色の肉吊りヴエルレーヌ蹴りて愛せし夏もまぼろし   (水銀傳説)

彦根の残り物で0
2LR6-_N661072-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
1LR6-_N661014-2 (2)
NOCTICRON 42.5mm F1.2

水無月の

塚本邦雄
アポリネール詩集『アルコール』の誤訳見出づ靑水無月の歡び   (風雅)

仕事の合間を盗んだ写真の残り物ということで、ひきつづきお茶をにごします。
1LR6-_R664691-1.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD
2LR6-_R664456-2.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD
3LR6-_R664695-1.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

先日17日の塚本邦雄『愛すると二度と言はねば口中に齒刷子の靑鬚が逆立つ』を
男が「愛する」などと口にするのは結婚式のときぐらいで、二度と言わないうちに妻も夫に無関心になって、歯ブラシが使い古されていても気がつかない、という日常風景では「感幻樂」らしくないと感じます。
かといって、国を愛するなどと二度と言わないと始めてしまうと、「日本人霊歌」あたりならまだしもやはり「感幻樂」には置けないと感じます。
青ひげといえば新妻を次々に殺す青ひげ公の話を思い出します。
結婚してすぐ殺すのですから、愛すると二度と言わないわけで、おとぎ話のほうよりも、
殺した花嫁にそれぞれ美の要素を振り分けて自己の所有物にしていくオペラ作品の設定の方が合いそうな気がしますが、
塚本邦雄ですので映画作品を土台にしているのかもしれません。
オペラの前口上で、「この物語は、瞼で分けられた内と外、自分と他人との関わり、我々の人生についての話」
などと言われるとますます作者好みのように感じられます。

何せむ

塚本邦雄
ゆきのしたの群落足に薙ぎはらひ歌が何せむうたがなにせむ   (不變律)

彦根の残り物ということでお茶をにごします。
1LR6-_R664271-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95
2LR6-_N661136-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
3LR6-_R664252-1.jpg
Zuiko ED 8mm F3.5 Fisheye

少年のごと

塚本邦雄
ル・コルビュジュの建築學に殉じたる少年よ鉛筆のごとく痩せつつ   (装飾樂句)
昇降機内に柑橘(かんきつ)香る籠ささげ少年のごと耳熱し   ( 〃 )

仕事の合間を盗んで。
久しぶりにズームレンズをつかいました。
1LR6-_R664563-2.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD
2LR6-_R664472-2.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD
3LR6-_R664599-2.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

きょうの塚本邦雄は、ひと月ほど前に「ル・コルビュジエ作品が世界文化遺産登録」
というニュースがあったことを、何故かふっと思い出して。
かれの歌では少年はいつもイノセンスだけれど、
わたしだって何かのきっかけがあれば耳まで真っ赤になって、
一瞬、少年にもどることができるのでしょうか。

二度と言はねば

塚本邦雄
愛すると二度と言はねば口中に齒刷子の靑鬚が逆立つ   (感幻樂)
仇敵のあはれ一人は母にして六月の蕗枯れつつ立てり   (閑雅空間)

彦根城址で。
1LR6-_N661122-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
2LR6-_N661165-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
3LR6-_N661192-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
4LR6-_N661094-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95

てのひらのすぢみだる

塚本邦雄
霖雨(つゆ)ふけて靑葉のいよよ昏ければわがてのひらのすぢみだるる   (透明文法)

まだ善利組足軽屋敷界隈。
1LR6-_N660898-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2LR6-_N660864-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
4LR6-_N660905-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3LR6-_R664126-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
LR6-_N660880-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2