いざなふごとし

塚本邦雄
宇治十帖のはじめは春の水鳥のこゑ橋姫をいざなふごとし   (源氏五十四帖題詠)

ご近所の海岸で2時間ほど散歩して、ハマダイコンやハマヒルガオなどを撮ってきました。
1LR6-_F644344-5.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2LR6-_F644343-5.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
4LR6-_E632225-5.jpg
Zuiko ED 8mm F3.5 Fisheye
LR6-_F644255-5.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
LR6-_E632198-5.jpg
Zuiko ED 8mm F3.5 Fisheye

魚眼レンズで俯角をとるとファインダーの下辺には自分の腹。
以前は、靴の先っぽが写ったのにお腹に隠れてそれが見えません。
お腹を引っ込めて、息を止めて撮影しているのはカリカチュアのようでした。
きょうは砂地のうえを2時間も歩いたのだからすこしはウェストが細くなることを期待しています。

おほせしが花

塚本邦雄
法華經千部書きおほせしが花の夜をむらさきの上はかなくなりつ   (源氏五十四帖題詠)

残り物で。
1LR6-_N647584-5.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
2LR6-_N647592-5.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
3LR6-_F644145-2.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

塚本邦雄の『源氏五十四帖題詠 』(ちくま学芸文庫)を買いましたが、もう絶版になっていたので古書でした。
むかしむかし、岩波文庫の絶版を古書で買おうとしたら、当時の私にはとんでもない値段でしたので、絶版の文庫というのは高いものだという覚悟はありました。
それが元の定価の1.5倍でしたので、「汚れあり、帯なし、黄変」ときいても納得でしたが、届いた本を開いてビックリ。
内扉に著者本人の字で短歌とサインと印がありました。
サインが本物かどうかわかりませんが、ラッキーと口に出して言ってしまいました。

つきぬおもいは

塚本邦雄
夕霧の琵琶戀しきに横笛をおくられてなほつきぬおもひは   (源氏五十四帖題詠)
妻(め)を得たる薫と匂宮よまたかなたのみづに搖るるうきふね   ( 〃 )

残り物です。
2LR6-_N647264-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
1LR6-_N647310-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3LR6-_N647390-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
4LR6-_N646780-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
5LR6-_N646940-8.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

ことだまの

塚本邦雄
彼奴(きやつ)の再婚祝ひおくらむことだまのわかさの鯛に毒ふくませて   (詩歌變)

残り物の時間になりました。20日近く撮影していないので・・・。
1LR6-_N647488-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2LR6-_F644044-8.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

しばらくプロフィール写真を変更することにしました。
 ~わたしもくまモン! (?)
くまモンの公式ページのダウンロードを使わせてもらいました。

あとの泪

塚本邦雄
リア王の孤獨とわれの寂寥(じやくれう)とあつきかな欠伸(あくび)のあとの泪   (波瀾)

滋賀県高島市畑。
LR6-_F644144-8.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
LR6-_F644095-8.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

ひとつさまよひ出でて

塚本邦雄
かげろうふの影ぞはかなき舟ひとつさまよひ出でて行方(ゆくへ)知らず   (源氏五十四帖題詠)
愛はあるとき蒼然として海よりの疾風に咽喉(のど)炎ゆる雲雀   (歌人)

滋賀県高島市畑。
1LR6-_N647683-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
2LR6-_N647617-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
3LR6-_N647601-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
4LR6-_N647684-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

ひかりやつれて

塚本邦雄
初夜(そや)の星ひかり窶(やつ)れて海彦の海よりかへる紺のほほひげ   (芒彩集)

菅浦。
1LR6-_F643824-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
2LR6-_F643842-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
3LR6-_N647350-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
4LR6-_F643888-1.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
LR6-_N647323-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

花敷き

塚本邦雄
美術館から屠殺場までの道花敷きてエリア待つ夜もひるも   (社内報「またいち」)復刊号(昭和26年7月20日発刊))
角々に濡れたる薔薇のおかれある巷ゆき心飢ゑてかへりき   ( 〃 )

まだ菅浦。
1LR6-_F643683-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
2LR6-_F643694-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
3LR6-_F643798-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
4LR6-_N647111-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
5LR6-_F643662-1.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

夢の境

塚本邦雄
わが愛の眞紅(しんく)の「コスモ」春眞晝二つの夢の境を越すも   (マツダの広告より)

菅浦で。
1LR6-_F643578-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
2LR6-_F643619-1.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
3LR6-_F643633-1.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

ほとぼりもすでにうすれ

塚本邦雄
餘燼(ほとぼり)もすでにうすれし爐の底に花兆す梨花一枝を投げぬ   (薄明母音)

滋賀県高島市マキノのメタセコイア並木にで。
1LR6-_N647559-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
2LR6-_F644006-1.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
3LR6-_N647454-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
4LR6-_N647470-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
5LR6-_N647431-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

高島市マキノ高原のメタセコイア並木はちょっとした観光スポットになっていて、紅葉や雪の季節の写真をよく見かけます。
読売新聞社が創刊120年を記念し1994年に選定した「新・日本街路樹100景」の一つだそうです。
ハナミズキの花、ダイコンの花、菜の花、落ちていた実と、素直に撮れないのはアマノジャクの性でしょうか。

鳥肌立ち

塚本邦雄
春暁の鳥肌立ちて讀み返す迢空賞受賞歌集跋文   (獻身)

滋賀県菅浦の桜。
1LR6-_N647187-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2LR6-_N647002-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
3LR6-_N647029-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
4LR6-_N647235-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

ふとさびし

塚本邦雄
遠緣(とほえん)をかぞへつつふとさびしや鳴滝に伯母の戀人がゐる   (不變律)

きょうは滋賀県菅浦へ行きました。サクラが続くので、違う写真で。
1LR6-_N647353-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2LR6-_N647302-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3LR6-_N647296-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
4LR6-_F643955-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95
5LR6-_N647287-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

塚本邦雄の歌は季節が合わないと思いつつ、「鳴滝」がかげろう日記のそれかなと想像して、藤原道綱母が家を出てしまう原因になった夫の不実(?)が1月から6月までのことなら、今日つかってもいいかなと。

ほのかに

塚本邦雄
針魚(さより)の膓(わた)ほのかににがしつひにしてわれに窈窕たる少女(をとめ)無き   (歌人)

熊野市紀和町。
1LR6-_N646686-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2LR6-_N646708-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

魔のゆふぐれを

塚本邦雄
婚姻のいま世界には數知れぬ魔のゆふぐれを葱刈る農夫   (綠色研究)

熊野市紀和町で。丸山千枚田ほか。
1LR6-_F643541-3.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
2LR6-_N646656-3.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3LR6-_N646621-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
4LR6-_N646620-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

熊本の災害報道を見るごとに心いたみます。
私は小学生の時に伊勢湾台風を経験しました。真夜中に風雨のなかを逃げまどったすえ、壊れた家屋の陰で一夜を明かしました。
恥になりますが、いまでも風や雨が強い夜は心穏やかになれません。
たった一夜の恐怖がまだ身の中に残っています。
彼の地が一刻も早くもとの静謐さを取り戻し、皆様の苦痛が取り除かれますことをお祈りもうしあげます。

何に執し

塚本邦雄
壯年のあとかたもなき夜のリラ何に執して死なざりけるか   (豹變)

熊野市紀和町付近で。
1LR6-_N646764-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2LR6-_N646768-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2