花たまへ花くれと

豊川市の三明寺の次は宝円寺の桜ですが、まだ三分咲きという様子でした。
この桜の向かい側にある松源院にも桜が咲いていましたので、ちょっと2枚付け加えて。
松源院は宝円寺を末寺にする松平氏ゆかりの由緒あるお寺だそうで、広大な敷地の中にいろいろな花が咲いていました。
1LR6-_N634800-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
2LR6-_N634642-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3LR6-_N634825-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
4LR6-_N634782-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
5LR6-_N634689-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

塚本邦雄
一人づつ薄目ひらきて花たまへ花くれと叫ぶ屍體公示所   (透明文法)

われはまたよそむきて

きょうは豊川市。三明寺(豊川弁財天)で。
4LR6-_N634435-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
2LR6-_N634302-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3LR6-_N634329-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
1LR6-_F632126-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

塚本邦雄
さくらばな見るかげもなきわれはまたよそむきて歌ふ神の頌歌(ほめうた)   (透明文法)

ありやなし

京都府和束。
1LR6-_F631876-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
2LR6-_E631946-1.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
3LR6-_F631865-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
4LR6-_F631762-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
5LR6-_E631992-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

塚本邦雄
酸素自動販賣器などありやなし因幡國氣高郡(けだかごほり)靑谷   (黄金律)
花蘇枋幹よりぢかにくれなゐを噴きうちつけに死後がおそろし   ( 〃 )

逆光があぶり出す

建仁寺もそろそろ飽きてきましたか。
1LR6-_F631359-1.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
2LR5__F631411-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3LR6-_E631640-3.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
4LR6-_E631649-3.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
5LR6-_E631564-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

塚本邦雄
沈倫のある日心の逆光があぶり出す「狂育に關する**」   (獻身)

ことしの”K賞”を受賞した新井卓の名前をどこかで見たはずと思って探していました。ペーパー・フェチの傾向があるわたしですが、整理整頓はできない性ですので、目的のものを見つけたときには、目的のもの以外のものが前以上に散らかってしまいました。
”14”という数字が左右逆になっているダゲレオタイプらしい写真を引用します。
エイト・バイ・テンはわたしの永遠のあこがれです。死ぬまでにけっして使うことができないあこがれのカメラです。
8×10判と聞いただけで尊敬のまなざしになります。
arai_0002_edited-1.jpg
arai_0004_edited-1.jpg

ぬれやすき春

また建仁寺の写真。
1-LR6-_E631766-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
2-LR6-_E631754-3.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
3-LR6-_F631363-3.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
4-LR5__F631482-2.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7

塚本邦雄
馬の目の中に土耳古(トルコ)の宮殿が崩れをり鹽の濡れやすき春   (驟雨修辭学)
無名戦戰士墓地を光りてジープ去る蒼惶と春の枯葉捲きつつ   (装飾樂句)

いかなる悪か

建仁寺。
思わず手を合わせました。わたしを食べないでください。
LR6-_E631697-1-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

塚本邦雄
復活祭絲杉の空銀泥にいかなる惡かわれなさざりし   (豹變)

とうとうPCを替えることになり、ソフトウェアのインストールや初期設定などに時間がとられます。まだハードに慣れていないうえに、Windows10にもとまどいます。と、言い訳して、今日は一枚だけ。

充ち

和束町。
2-LR5__F631802-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3-LR5__F631618-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
4-LR5__E631931-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
1-LR5__F631781-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

塚本邦雄
早春の納屋に乾きし藁束が充ちゐて風邪家族の熟睡   (日本人靈歌)

すぎごしは

京都でフッとした時。
1-LR5__F631552-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

塚本邦雄
過越(すぎごし)は鹽と苦菜(にがな)の香をこめてイエスと十二人のきぬぎぬ   (されど遊星)

他界をさしのぞくとや

京都府相楽郡和束町。
1-LR5__F631713-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
2-LR5__F631741-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
3-LR5__F631754-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
4-LR5__F631746-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
5-LR5__F631774-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

塚本邦雄
紅梅もみのれるあはれ明盲(あきじひ)の彼ら他界をさしのぞくとや   (されど遊星)

行きたくても行けなかった場所にたどり着いて撮る楽しさに時間を忘れて夢中でした。あとで見たらブレている写真がいっぱいありました。まだまだ精神修養が必要なようです。

Nokton 25mmは昔の50mm標準レンズ相当ですが、この焦点距離はよく考えられているなあとあらためて感じました。
たまたま、1枚目は広角的に、2枚目は望遠的な写真になりました。
Noktonは0.95というF値ですが、50mmでF2ぐらいの被写界深度なのでそれほど使いにくくなく、コマ収差が大きいけれど好きなレンズです。

明日に耐へ

京都府相楽郡和束町で。
前回訪問した時に行けなかった茶畑にたどり着きました。
1-LR5__E631869-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
3-LR5__F631633-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
4-LR5__F631654-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
5-LR5__E632005-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

塚本邦雄
われは重き明日に耐へつつ 底びかり男像柱(アトランテス)のゆするる腹部   (日本人靈歌)

われはうちふす

京都、建仁寺。
1-LR5__E631622-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
2-LR5__E631674-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
3-LR5__E631751-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
4-LR5__F631457-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
5-LR5__F631380-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

塚本邦雄
イエスは架(かか)りわれはうちふす死のきはを天靑金(あをがね)に桃咲きみてり   (靑き菊の主題)

ブログ「遊遊爺的なボクの時間」(Author:Katsumi Numa)の記事に刺激を受けて建仁寺へ行ってきました。ブログにあった「撮影可」という言葉どおりに、自由に撮れて満足しました。

わたしはいつもカメラを2台もって行きますが、Pen-Fが来て、これとペアにするカメラを試行錯誤中です。
E-M5mk2はダイヤルや機能がPen-Fに近いのですが、E-P5のコンパクトさと胸高撮影のしやすさも捨てがたいのです。
きょうは、Pen-FとE-P5での撮影でした。

ものおもい ~尾鷲へ

尾鷲で。
1-OV_F631328.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
2-OV_F631266.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
3-OV_F631305b.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
4-OV_F631308.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
5-OV_F631298.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

塚本邦雄
辛夷(こぶし)咲く三日がほどのものおもひこころざし心のいづこを刺す   (黄金律)

とうとうPCが思うように動かなくなり、いつもつかっているアプリケーションも使えず、とりあえず古いPCを使って更新しています。
よばれて尾鷲に来ましたがゆっくり写真を撮る時間はなく、6時半からの朝食前の小一時間散歩しながら少しだけ撮りました。
40年前に3年間だけここで暮らしました。いい思い出ばかりの街です。

ひかりとどかぬ

まだ京都。
1-LR5__N633826-2.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
2-LR5__F631097-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
3-LR5__F630841-1.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
4-LR5__N633807-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

塚本邦雄
ちちははの遺影もたねば風琴のひかりとどかぬ内の樂音   (透明文法)

わめきつづけて

京都、高台寺で。
1-LR5__F631098-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
2-LR5__F631135-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
3-LR5__N634144-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

塚本邦雄
一生喚きつづけて死ぬか菜の花につらなる天のつかみどころなき   (歌誌『くれなゐ』1948 6月)

いつも使う現像ソフトLightroomがクラッシュしてしまいました。こまったこまった。

人に非ざる

なおも京都、東寺、大谷祖廟、長楽館、円山公園前で。
1-LR5__N633755-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
1-LR5__F630963-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
2-LR5__F631038-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
3-LR5__N634032-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

塚本邦雄
あけぼのの白魚ニ寸今日一日(ひとひ)人に非ざる俳にとらはる   (魔王)

芭蕉「あけぼのや しらうをしろきこと いっすん」という俳句のことでしょうか。