Age of Pen

ARCHIVE PAGE

archive: 2015年12月  1/2

十二月三十一日

No image

塚本邦雄はなやにて花無きつぼの水ふるふ第九交響樂終樂章   (装飾樂句)ことしも今日かぎりですが、心を新たにして新年を迎えたいと思います。たくさんの方々に応援、励ましをいただきありがとうございました。皆さまもよいお年をお迎えください。写真は、一年を回顧して。...

  •  10
  •  0

わが知らぬ世

塚本邦雄百千鳥わが知らぬ世のわすれみづあつめてエーゲ海はいざよふ   (閑雅空間)京都をひとやすみして、京都からの帰り道での写真ですが、・・・・・・。TOKINA Reflex 300mm F6.3TOKINA Reflex 300mm F6.3TOKINA Reflex 300mm F6.3...

  •  4
  •  0

めぐりあうべき

塚本邦雄こゑ涸れて詩歌に仕ふ見ざりける石見鹿足(いわみかのあし)に雪は零(ふ)れれど   (靑き菊の主題)死なばめぐりあふべき敵よ水色の氣球ひきずりおろされて藍   (閑雅空間)京都六角堂で。ここも今年の7月に訪れていますので、撮り忘れた視点をせっせと探し、ひとつでも見つけた時はちょっぴり幸福感につつまれます。NOCTICRON 42.5mm F1.2M.ZUIKO 17mm F1.8NOCTICRON 42.5mm F1.2M.ZUIKO 17mm F1.8...

  •  2
  •  0

一樹の檸檬(レモン)あり

塚本邦雄咳嗽(がいそう)しきりなり コルドバの街なかに黑き一樹の檸檬(レモン)ありしを   (豹變)娼家・齒科醫・悉皆店へ瀝靑(チヤン)の道四通八達せり風の街   ( 〃 )わが家にも一樹のレモンの木があるのですが、一年おきにしか実がつきません。ことしは一果もなしの年のようです。写真は京都芸術センター。2014年9月末と、ことしの祇園あと祭宵山のときも来ましたので、同じ写真を撮らないように気をつけ...

  •  0
  •  0

天涯にるるとさえずる・・・くちびるの四綠

塚本邦雄咒師(のろんじ)の巫女(みこ)に口寄すくちびるの四綠(しろく) 星蝕の天うちふるひ   (感幻樂)心は詞華を越ゆべし 天涯にるるとさへづるものは何   (歌人)ことし最後の撮影行は京都でした。京都文化博物館で少し勉強をし直してから別館へまわって撮り始めました。M.ZUIKO 17mm F1.8M.ZUIKO 17mm F1.8TOKINA Reflex 300mm F6.3...

  •  2
  •  0

人に見られ

塚本邦雄昏きルオー展にて人に見られゐむ瞼うるみし若きキリスト   (装飾樂句)一つ、母には魚籃を贈る血紅の鱒卵(イクラ)百粒死後に備えよ   (されど遊星)まだ白川郷。いつも撮影に誘ってくれて、今回もわたしを白川郷へ連れて行ってくれた友人のブログの「合掌集落の柿たち」に勝手にコラボして。NOCTICRON 42.5mm F1.2NOCTICRON 42.5mm F1.2TOKINA Reflex 300mm F6.3NOCTICRON 42.5mm F1.2NOCTICRON 42.5mm F1.2...

  •  0
  •  0

キリスト色の ~2016年12月分のカレンダー

塚本邦雄逆境の逆とは何ぞ夕映に父がキリスト色のマフラー  (風雅黙示録)砂糖楓(メイプル)シロップ舐めつつ浮ぶ薄笑ひロスアンジェルスとは墮天使か   (詩魂玲瓏)十二月のカレンダーをつくってこれで完成。...

  •  2
  •  0

何をおそれむ

塚本邦雄借財の何をおそれむ金主棲む十二月の片町線鴫野   (不變律)霰ふるころなりけるかあられふり金槐集を貸しうしなへり   ( 〃 )まだ白川郷で、昨日から縦位置ばっかりです。NOCTICRON 42.5mm F1.2NOCTICRON 42.5mm F1.2NOCTICRON 42.5mm F1.2KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8...

  •  0
  •  0

いづくにか咳

塚本邦雄神いづくにか咳きたまふ否無爲の父が濕りし木琴叩く   (驟雨修辭学)聖衣剥奪圖の聖衣 わがたましひは嚙みしくちびるほどのくれなゐ   (感幻樂)みたび、否よたび、白川郷です。NOCTICRON 42.5mm F1.2KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8NOCTICRON 42.5mm F1.2NOCTICRON 42.5mm F1.2...

  •  0
  •  0

のがれ得ず ~2016年11月分のカレンダー

塚本邦雄鰭酒に火の香かけそし四十年歌にかかはりたりける幸  (黄金律)冬苺(ふゆいちご)百の珠實に霜おきてわれは韻律よりのがれ得ず   ( 〃 )淡きかな今年の紅葉 ふるびたる『現代俳句』屑屋に拂ふ   ( 〃 )来年十一月のカレンダーは、ことし11月28日にいった滋賀県の彦根、永源寺、柏原の写真で。...

  •  0
  •  0

魂一つかみ

塚本邦雄まないたにちぢむ きみよりうばひたる詩魂一つかみの寒海鼠  (黄金律)聖書全集どさりとおけば見開きに一縷纏へるサン・セバスティアン   ( 〃 )なおなお白川郷。前回2013年12月に白川郷へきたときは晴天で、ズームレンズで気持ち良く撮影しましたが、今回は曇天で、単焦点レンズで四苦八苦しながら撮りました。結果は?ですが、楽しかったです。NOCTICRON 42.5mm F1.2NOKTON 25mm F0.95TOKINA Reflex 30...

  •  2
  •  0

最後は夢か

塚本邦雄春夏秋冬わがたましひの歩みゆく道・途・通の最後は夢か   (歌誌『玲瓏』 2003年5月)初雪や膵臓のかげうすむらさき   (甘露)なお白川郷。NOKTON 25mm F0.95NOKTON 25mm F0.95NOKTON 25mm F0.95TOKINA Reflex 300mm F6.3...

  •  0
  •  0

香りかすかに移り ~白川郷で

塚本邦雄苦艾(チエルノブイリ)の香りかすかに移りたる雪かロシアの雪ひとつかみ   (約翰傅偽書)2年ぶりの白川郷で。前回は2013年12月でした。KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8NOCTICRON 42.5mm F1.2NOCTICRON 42.5mm F1.2...

  •  0
  •  0

夢で逢いましょう

塚本邦雄それもまた愛の不如意とこたへけるちまた冬霞のうらおもて   (豹變)夢に逢ふなどとな言ひそ宿酔の君に貸すモーパッサンの『初雪』   ( 〃 )亀山市関町。M.ZUIKO 17mm F1.8M.ZUIKO 17mm F1.8M.ZUIKO 17mm F1.8M.ZUIKO 17mm F1.8M.ZUIKO 17mm F1.8季節はずれのサクラがありましたので、ついでにふた月前に奈良で撮ったサクラも”おまけ”で。TOKINA Reflex 300mm F6.3...

  •  2
  •  0

まだ見えぬ ~2016年10月分のカレンダー

塚本邦雄夜半の空 暁の空 どの空も澄みつつわが明日はまだ見えぬ   (歌誌『玲瓏』 2003年5月)山脈に紅葉一掴み残りゐる世紀末 わが生はいつまで   (歌誌『歌壇』 2001年3月)来年十月のカレンダーを。...

  •  0
  •  0