退屈のきわみ ~2016年5月分のカレンダー

塚本邦雄
正述心緒の心緒疾風(はやて)になびきつつ時ありて雪のかをりの六腑   (黄金律)
正述心緒蔑(なみ)するこころなきにしもあらず氣違ひ日和の霰   ( 〃 )
ルイ・アラゴン誕生日とて退屈のきはみ くれなゐの霜は降らぬか   ( 〃 )

来年五月のカレンダーを。
1-1-LR5__5030038-5.jpg

2-2-LR5__5030215-5.jpg

3-1-LR5__M520479-9.jpg

またまた恥ずかしながら「正述心緒」を知らず、”コトバンク”で検索しました。『・・・万葉集の相聞歌を分類した名称の一つ。正述心緒歌(ただにおもいをのぶるうた)(心に思うことを直接表現する),・・・』とありました(一部抜粋)。
お経の一種かと思ってました。ああ、恥ずかしい。

空耳にふと

塚本邦雄
飢ゑすなはち魂にしひびくことわりや枇杷散りてさむき膝をそろへぬ   (透明文法)
男聲合唱(オルフエオン)ゆゑならねど空耳にふとまがまがしマルセイエーズ   (不變律)
無月の空かすかに光り靑年とわがあらそふはピンダロス論   (閑雅空間)

彦根で。
1-LR5__MK03093-5.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
2-LR5__MK03115-5.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
3-LR5__MK03054-5.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
4-LR5__MK03077-5.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

はずかしいことに、ピンダロスの名前は聞いたことがあっても中身を知らず、Wikipediaで検索しました。「戦いは知らざる人には甘美なれど、知る人はその近づくをあまりにも怖れる」と歌ったとありました。

冷やかな言葉

塚本邦雄
ありもしないあしたが見えながら言葉の凍りつくテラス   (ソネット詩集「樹映交感」より)
弱者を鞭打つ冷やかな言葉のまかりとほるのが神の國   ( 〃 )

近江永源寺で。夜は苦手ですが。
1-LR5__RD22233-5.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
2-LR5__RD22221-5.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
3-LR5__RD22163-5.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
4-LR5__RD22330-5.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
5-LR5__MK03367-5.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

一日の果てに ~2016年4月分のカレンダー

塚本邦雄
人參嚙みて子にふくまするうら若き母よそのわざはひ充つる口   (水銀傳説)
孤りの刻一日果てにありて視るボッシュの繪、人間を彈ける竪琴   (日本人靈歌)

来年四月のカレンダーと、こっそり自分を励ますプレゼント。
3-LR5__EE76541-4.jpg

2-LR5__RD27394-5.jpg

2-LR5__EE76654-4.jpg

4-LR5__EE78078-4.jpg

だれもくれないから、自分から自分へ、自分を応援するプレゼント。
羽田美智子さんが出ているEテレ『石川九楊の臨書入門』最終回で、宮澤賢治「雨ニモマケズ」の手帳のレプリカが出てきました。
欲しい! と思ってさっそく花巻市「林風舎」の「雨ニモマケズ手帳」を買いました。
テレビに出ていたレプリカには及ばなくても、わたしの所有欲を十分に満たしてくれました。
うれしいので、さっそく記念撮影しました。
LR5__ADB7044-5.jpg

透きとおりつつあれば ~ユネスコ無形遺産の美濃和紙

塚本邦雄
父とわが歩調齟齬してそのままに寒の夢前川(ゆめさきがは)かちわたる   (歌人)
墓碑に今、花環はすがれ戰ひをにくみゐしことばすべて微けく   (水葬物語)
「佛陀」てふ濁音にがし白粥に肝(かん)・腎(じん)透きとほりつつあれば   (豹變)

美濃市蕨生の美濃和紙。
澤村さんという方のおうちで撮影させていただきました。ありがとうございました。
美濃和紙の実物を伝統的手法でつくっている現場で見て、ちょっと興奮。
1-LR5__EE16146-4.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
2-LR5__EE16157-4.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
1-LR5__EE16196-5.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

3-LR5__EE16207-5.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
2-LR5__EE16215-5.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
3-LR5__MK01921-5.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

永久に愛し ~2016年3月分のカレンダー

塚本邦雄
アッシェンバッハわがうちに生き寒雷ののちの欄干(てすり)のかがやくテラス   (日本人靈歌)
結婚衣裳刻刻錫色に映えて彼女ら永久(とは)に愛しあふ罰   ( 〃 )
紅葉(こうえふ)のこころ暗きに縛されて晒井(さらしゐ)に降りゆく若者は   ( 〃 )

来年三月のカレンダー。

2-LR5__RD26135-4.jpg

1-1-LR5__RD25842-4.jpg

5-3-LR5__RD25898-4.jpg

ときすでに過ぎ

塚本邦雄
黄落ののちの紅落うつそみの黑落の季(とき)すでに過ぎつつ   (黄金律)
われ死して三世紀後の獸園に象はくれなゐ蠍はみどり   ( 〃 )
「眠れる森の美女」突然に目を覺ましそこに灼けただれたる歐洲   ( 〃 )

なお美濃市。
1-LR5__EE16557-4.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
2-LR5__EE16553-4.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
3-LR5__EE16506-4.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

未来へ

塚本邦雄
かへりこぬ牡の鵞鳥をにくみゐし少女も母となり森は冬   (水葬物語)
マリオネットの絲斷れてをり。暗幕の隙閒には瞳(め)と花束の渦   ( 〃 )
古き砂時計の砂は 祕かなる濕(しめ)り保(も)ちつつ落つる 未来へ   ( 〃 )

なおなお美濃市。
きょうは動物系。
1-LR5__MK02464-4.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__EE16568-4.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
3-LR5__MK02483-4.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

林のかげで説く微分積分

塚本邦雄
シャンパンの壜の林のかげで説く微分積分的貯蓄學   (水葬物語)
ここに男死す幕閒(まくあひ)の花束を奈落にはこびはこびつかれて   (透明文法)

湯ノ洞水道橋。単純にレンガが好きです。
1-LR5__MK02086-4.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__MK02230-4.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3-LR5__EE16350-4.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
4-LR5__MK02179-4.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

光るひそやかに

塚本邦雄
傷つきし牡蠣薄光るひそやかに武器積みて發(た)つ船の底にて   (装飾樂句)
赤き菊の荷夜明けの市(いち)にほどかるる今、死に瀕しゐむハンガリア   (日本人靈歌)
放浪のわれらの胃の腑冱えつつぞ視る巴里に集(よ)る詩の蚜蟲(ありまき)ら   (水銀傳説)

きょうは岐阜県美濃市で。
レンズをとっかえひっかえして撮ってしまった、と後で反省しきり。
1-LR5__EE16401-4.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
2-LR5__MK02428-4.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
3-LR5__EE16427-4.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
5-LR5__MK02412-4.jpg]
M.ZUIKO 75mm F1.8
6-LR5__MK02354-4.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

未生以前 ~来年の2月分のカレンダー

塚本邦雄
かなしみのすゑに澄みゆくいのちぞと霧冷ゆる夜夜の菊にむかへり   (透明文法)
未生以前の潮の香ぞする惠曇(ゑとも)よりおくりきたりしうるめ百匹   (不變律)
誘亂船などと言はずに宍道湖の夕映を酌みに往かうよ、吾妹   (詩魂玲瓏)

ことしの二月に撮った写真をつかって来年二月のカレンダー。
1-4-LR5__EE04177-4.jpg

2-3-LR5__ADB6149-5.jpg

3-2-LR5__EE03909-5.jpg

聖・銃器店

塚本邦雄
褐色の獵銃あをき拳銃とあひ觸れて夜の聖・銃器店   (感幻樂)

たった一本の黄葉にレンズを三本も使って優柔不断というべきでしょうか。
1-LR5__RD21132-4.jpg
NOKTON 25mm F0.95
2-LR5__MK01352-4.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
3-LR5__MK01333-4.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

生けるバルバラ

ふたたび、塚本邦雄『日本人靈歌』最終章「死せるバルバラ」より
孵卵器のごとき市電が雨中過ぎ 死せるバルバラ・生けるバルバラ   (日本人靈歌)
聖母哀傷(スタバト・マーテル)の底にふと黙(もだ)せりわれの首枷(くびかせ)のふち鋭き襟布(カラー)   ( 〃 )

滋賀県大津市葛川梅ノ木のあたり。
1-LR5__MK01301-4.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__MK01278-4.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
1-LR5__MK01274-4.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

一塊のかなしみを

塚本邦雄
霜月の木通(あけび)むらさきちちうへに一塊のかなしみをたてまつる   (不變律)
夜のつぎにくるはまた夜かなしげな魚の眼の中に燈ともせ   (水葬物語)
屋上にある日瞰(み)し街雪降りて無數に蝶の墓ならびゐむ   (透明文法)

叡山電鉄「二ノ瀬」駅とその付近で。
1-LR5__RD21358-4.jpg
NOKTON 25mm F0.95
2-LR5__MK01757-4.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3-LR5__MK01806-4.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

死せるバルバラ

塚本邦雄の『日本人靈歌』中、最終章「死せるバルバラ」より
冬苺積みたる貨車は遠ざかり<Oh! Barbara quelle connerie guerre>
みつめつつわがこころ羞(やさ)しも晩年のルオーの繪の深傷(ふかで)なすくれなゐ   ( 〃 )
冬の堅果(けんくわ)のごとき老年われは欲りここに黑き繪のフレンチ・カンカン   ( 〃 )
2-LR5__MK01686-4.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
1-LR5__MK01683-4.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
3-LR5__MK01665-4.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
4-LR5__MK01676-4.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

「バルバラ」はジャック・プレヴェールの詩で、シャンソンになっています。
(シャンソン「枯葉」もプレヴェールだそうです。)
楠見朋彦「塚本邦雄の青春」(ウェッジ文庫)では、プレヴェールの詩の一部分を次のように紹介しています。
  ああ バルバラ
  ブレストは昔と同じに
  ひっきりなしの雨降りだけど
  もう昔とおなじでない すべてそこなわれ
  荒れはてておそろしい葬式(とむらい)の雨
     (小笠原豊樹訳、「虹彩(イリス)と蝸牛殻(コクレア) 映畫とシャンソン」より)
テロルに抗議し、亡くなられた人々を悼み、傷ついた人々の回復を願っています。われわれもパリ市民です。