ただ秋のかぜ

塚本邦雄
三十一日間の日記を創作し、塚本(キエルケゴール)氏は秋の風邪   (黄金律)
ただ秋のかぜと言へれどその秋の風邪に眞珠母色の水洟(みづはな)   ( 〃 )
斷じて行へば貴様も怯むかと刈り束ねたれ芒千本   ( 〃 )

岐阜県揖斐郡池田町と揖斐川町にまたがる池田山で。
到着した瞬間だけ遠くに陽の光がみられましたが、すぐに雲ばかりの空模様になりました。
1-LR5__MK01028-5.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
2-LR5__EE96018-5.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
3-LR5__EE96057-5.jpg4-LR5__MK01013-5.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
5-LR5__MK01096-5.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

本日はかぜ気味。

ちちのみの

塚本邦雄
戀にやぶれたるちちのみの父上の秋のただむき冬のひかがみ   (花劇)
晩秋の茄子錆色にひびわれてキェルケゴールの何を愛せむ   ( 〃 )
十三夜曇りの宵をうく齲歯(うし)の菌こそストレプトコッカス・ミュータンス   ( 〃 )

あすはハロウィーンなので、リトルワールドのジャック・オー・ランタンの残り物を。台湾の福建系農家を復元した建物で。
1-LR5__EE04465-5.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
2-LR5__EE04472-5.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
3-LR5__EE04471-5.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
4-LR5__EE04454-5.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7

たましひ遊ぶ

塚本邦雄
火の星のふふめる酸味 晩秋のこころ病みつつたましひ遊ぶ   (天變の書)
耳燃ゆるばかりに羨(とも)し咒ひもて無花果を枯れしめたるイエス   (驟雨修辭学)
風媒花ばかり培(そだ)てて生きのびた園丁の掌(て)の圓錐形果   (水葬物語)

また「歴史ルート公園鹿深の道」で。
1-LR5__MK00338-3.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
2-LR5__MK00360-3.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3-LR5__MK00321-3.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

心車輪のごと

塚本邦雄
枯るる蓬生(ともぎふ)口紅ほどにもみぢする心車輪のごと急(せ)く彼方   (感幻樂)
古典炎え盡きたり神無月夕ひばりきららなしつつわれ墜ちゆかむ   (星餐圖)

滋賀県甲賀市甲賀町、櫟野寺(らくやじ)。櫟は「いちい」の木で、お寺の十一面観音菩薩が櫟の生樹から彫刻されて「生えぬきの観音」と言い伝えられているそうです。坐像の十一面観音様は珍しいのだそうです。
1-LR5__MK00399-002.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
2-LR5__MK00410-3.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
3-LR5__EE45348-3.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
4-LR5__MK00471-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
5-LR5__EE45345-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

風を踏み訪い

塚本邦雄
ともにガルシア・ロルカを聽かむ紅葉(こうえふ)の夕風を踏み訪(と)ひ來し男   (豹變)
レオナルド傳新刊のなまぐさし今宵薄紅葉の中行けば   (歌人)
草もみぢつひのいのちの紅はおのれ灼きつつしづもりにけり   (薄明母音)

「歴史ルート公園鹿深の道」で。
1-LR5__MK00268-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
2-LR5__EE45343-1.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

のこすべきなにありやなしや

塚本邦雄
遺すべきなにありや秋のほそり陽に犬蓼の穂のいよよ紅かれ   (薄明母音)
なかぞらの戀をなにせむ林中にして手のつけられぬ櫨紅葉(はぜもみぢ)   (歌人)
石榴(ざくろ)一顆(いつくわ)届け候兄弟と呼び呼ばるるもこの秋かぎり   (睡唱群島)

「歴史ルート公園鹿深の道」で、たぶん甲賀町。
1-LR5__EE45285-1.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
2-LR5__EE45320-1.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
3-LR5__MK00235-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

そろそろ年賀状とカレンダーの準備をする季節です。
年賀状は、毎年、干支の小物とカメラの組み合わせです。
三重県には、松阪市と桑名市多度に「弾き猿」という縁起物があります。
松阪のそれで試し撮りしてみましたが、サルに見えない点が問題です。

1-LR5__EE65781-2.jpg

2-LR5__EE65829-2.jpg

ほかの「サル」でも試しました。

3-LR5__EE65986-2.jpg

4-LR5__EE65941-2.jpg

しぶしぶ

塚本邦雄
柹の木のほかに樹知らず仲人はジャン・ジャック・ルソーを褒めちぎる   (豹變)
楸(きささげ)下蔭を來て突然によみがへるうつくしからざりし母   (花劇)
サリンジャー忌などあるものか秋胡頽子(あきぐみ)の夕べ西からしぶしぶ霽(は)れて   (風雅)

鈴鹿峠をこえて。
1-LR5__EE45428-2.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
2-LR5__MK00775-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
1-LR5__MK00577-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
2-LR5__MK00610-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

惡名が奔らむ

塚本邦雄
紅葉(こうえふ)映すべき黑漆の大机買ひ入れてなにもおかざる二日   (黄金律)
歌に浮かれゐるてふわれの惡名が奔らむ秋風よりも迅く   ( 〃 )
われは何ものならざりけるかこゑのみて視る紅葉(こうえふ)のをはりの黑   ( 〃 )

鈴鹿峠をこえて「歴史ルート公園鹿深の道」で、大原ダムの湖畔。
1-LR5__MK00100-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__MK00141-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3-LR5__MK00015-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
1-LR5__MK00043-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
4-LR5__MK00087-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

漂いて

塚本邦雄
魔女といはむにはほどとほしきぬぎぬの幼ききりぎりすの舌足らず   (黄金律)
ゆふやみ迫るころおのづから漂ひて菊人形の公卿惡(くげあく)の香   ( 〃 )
秋風に吹きちぎらるる吾亦紅これよりこころおきなく老いよ   ( 〃 )

犬山市リトルワールド、アルザス地方の農家。1582年築だそうです。
4-LR5__EE04288-1.jpg
LUMIX G 20mm f1.7
1-LR5__EE04257-1.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
2-LR5__EE04285-1.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
3-LR5__EE04174-1.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
5-LR5__M521179-3.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

カメラが修理されてもどってきました。日曜にネットから申し込んで、火曜に運送業者がとりに来てくれて、昨日修理が終わり、航空便で今日自宅へ着きました。いつも早い対応に満足ですが、いろいろな設定が初期値になってくるのが困りものです。カメラでユーザーが設定した情報をPCかプリンターに転送できるといいのですが。

愚かしき一日

塚本邦雄
卑怯者と云はれてはつと立上がり茶の花や鶸に哀れがられぬ   (歌誌『オレンヂ』 6号)
愚かしき一日果つると夕闇に衰へし菊を剪りすてにけり   ( 〃 )
明日の日はあすの光りうつろはむ紅葉なれやかへりみはせじ   ( 〃 )

犬山市リトルワールド、チベット仏教寺院。
1-LR5__EE04043-1.jpg
ZUIKO ED 8mm F3.5 Fisheye
2-LR5__M521105-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3-LR5__M521111-1.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
4-LR5__M521108-1.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7

刻刻を老ゆるわれ

塚本邦雄
秋ふかくふかくなりつつ遠緣(とほえん)の男のふところに銀時計   (黄金律)
木犀のやみに思へば十年來われにも一人イヤーゴがゐる   ( 〃 )
籃の石榴紅きしづくし刻刻を老ゆるわれ、すさみゆくユーラシア   (日本人靈歌)

御在所岳で。
イヤーゴはシェークスピヤの「オセロ」に出てくる、ずる賢く、他人をおとしいれる悪人ですが、わたしの内部にもいるような気がします。
1-LR5__EE74811-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3-LR5__M521414-3.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
2-LR5__M521506-3.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
4-LR5__EE74979-3.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

群青の

塚本邦雄
聖心女學院前過ぐるときわれの群靑のカフス釦曇る   (詩歌變)
皇族寫眞集いな家族寫眞帖見せむと婿が來る夕時雨   (花劇)
黑人奴隷ひとり心に飼ひ まひる遠き電柱の胴鳴り交へる   (綠色研究)

犬山市リトルワールド、西アフリカのサバンナ地帯の家。(と、リトルワールドの公衆トイレの壁模様)
1-LR5__M521149-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__M521143-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3-LR5__M521157-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

ことば優雅に

塚本邦雄
コスモス滿開なり腕白の二の腕に沃度丁幾(ヨードチンキ)のうするるセピア   (風雅)
言葉にそむきなほ歌人(うたびと)としてあるを愕然と神無月の霰   (花劇)
菊花展の菊むしりつつ反目のことば優雅に詩人家族ら   (綠色研究)

御在所岳で。
4-LR5__EE75000-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
1-LR5__EE74547-3.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
3-LR5__M521453-3.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__EE74555-3.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

燗ざましののごとし

塚本邦雄
世界戰爭勃らむとしておこらざる神無月燗ざましののごとしも   (獻身)
いくさとは忍ぶる戀の爆發と思へ石榴を眞二つに割(さ)く   (天變の書)
國民年金番号號四一七〇ノ二三二六 枇杷くされ果つ   (魔王)

御在所岳で。
1-LR5__EE74942-3.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__EE74922-3.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3-LR5__M521514-3.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
4-LR5__EE74914-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

ことしもまたカレンダーをいただきました。越中八尾「おわら風の盆」カレンダーです。
小説『風の盆恋歌』の作者高橋治氏の書を牛首紬の帯にして踊っている写真が10月になっていて、帯の主の方からカレンダーをいただきました。
4-2015_10_18-001.jpg

わが宇宙(コスモス)

塚本邦雄
秋眞晝わが宇宙(コスモス)に水流れ名も知らぬ草、花散らすなり  (新歌枕東西百景 東京都秋川市草花)
あきざくら散るやすなはちみづうみの水さやさやと岸越す嵐 ( 〃  神奈川県津久井郡相模湖寸澤嵐)

今日はご近所。
1-LR5__EE75111-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
2-LR5__M521666-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
3-LR5__EE75083-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
4-LR5__M521804-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

今日は御在所岳の紅葉を見にいったのですが、E-M5Ⅱのシャッターを2回切ったあと背面モニターがブラックアウトして、内蔵EVFもメニュー画面やバッテリー残量が消えたままになってしまいました。E-P5を持っていて助かりましたが。気分がダウンして写真ももうひとつです。