夏果つる

塚本邦雄
私財蕩尽夏果つるとて大伯父は蘆に鱸(すずき)をつつみて賜ふ  (歌人)
晩夏汗噴くゆふべにたれか投凾すビラ夜の彌撒に參加のすすめ  (風雅)
死ののちとなどなほざりにねがひけむ蜻蛉(あきつ)きらめきつつ空に逢ふ  (森曜集)

いまさらに8月の残りもの。
1-LR5__M524407-3.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__M524553-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3-LR5__EE12047-3.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
4-LR5__EE12191-7.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

終りを告げて ~ ムービー「夏のおわり」

塚本邦雄
「すみやかになせ」と聞きたり雨中なる他界の石榴くれなゐきざす  (歌人)
人の妻たりけるものの死にのぞみ何ぞ百日紅(さるすべり)の風さわぐ  (風雅)
さはやかに戀の終りを告げて振る去年の汚點のある夏帽子  (歌集未収録)

夏の8月が終わります。
1-04 Page 17
ことしの夏をふりかえってblogに使った写真でムービーにしました。


あはれ停れ

塚本邦雄
胎児いだくかたちにかがみ八月のあはれ停れる少年鼓隊  (日本人靈歌)
今われのもつともあたらしき部分、肘裂創(れつそう)の口鮭色に  ( 々 )
さむき晩夏 ゆるしあふことなきわれら家族の脂泛かぶ浴槽  ( 々 )

元興寺。
1-LR5__M525399-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__M525342-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3-LR5__EE42651-8.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
4-LR5__M525205-7.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

婚礼のごとし

塚本邦雄
八月の森、いたましき婚禮のごとし二本の杉立ち枯れて  (日本人靈歌)
八月の卵をえらびつつわが手ともすれば流血のつぶえらぶ  ( 々 )
平和祭 黑き蘭鑄(らんちう)ひれをふる罰やすみわれに汗のまどろみ  ( 々 )

元興寺がつづくので、地元の22日の夏行事へちょっともどって。
2-LR5__RD29572-8.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
1-LR5__RD29491-7.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
3-LR5__RD29588-7.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
4-LR5__RD29542-8.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
5-LR5__RD29607-8.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

知己と

塚本邦雄
供華(くげ)のあまりの一莖なれば水際の鬼灯(ほほづき)あはれ鬼のともしび  (黄金律)
歌のほかの何を遂げたる 割(さ)くまでは一塊のかなしみの石榴(ざくろ)  (豹變)
死してもわれの知己とおもふに炎天の墓石に帽子かける釘無し  (日本人靈歌)

元興寺地蔵会明り。
1-LR5__EE42665-8.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
2-LR5__EE42735-8.jpg
NOKTON 25mm F0.95
3-LR5__M525616-8.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
4-LR5__M525585-8.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

夏負けの

塚本邦雄
白粥の椀ささげつつ息はずむわれや夏負けの敗軍の將  (黄金律)
反・反歌論草(さう)せむとして夏雲の帶ぶるむらさきを怖れそめつ  (歌人)
柘榴食ふ犬齒浮くまで讀みさしの「ナナ」が天然痘で死ぬまで  (驟雨修辭学)

まだ元興寺地蔵会。
3-LR5__EE42709-8.jpg
NOKTON 25mm F0.95
1-LR5__M525352-8.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
4-LR5__EE42659-8.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
5-LR5__EE42730-8.jpg
NOKTON 25mm F0.95
1-LR5__EE42762-8.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7

あかあかと悲し

塚本邦雄
昭和三十二年八月 螻蛄(けら)のごと奔れり午睡の町をジープが  (日本人靈歌)
孔子に隋ふ處女(をとめ)ありしや 心冷え牛乳(ちち)を晩夏の水もて淡(うす)む  (綠色研究)
死ぬまでの否生(あ)れかはるまでの生 夜の玩具市あかあかと悲し  (詩魂玲瓏)

奈良、元興寺地蔵会。
1-LR5__M525607-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__M525482-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3-LR5__M525437-7.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
4-LR5__M525632-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

元興寺の極楽堂を中心に行われる「地蔵会」に行きました。この日は境内が開放されてだれでも堂に入れました。日の落ちるのが早くなって6時半にはたそがれてきて灯明に火が入りました。石塔や石仏をまとめてあるところを浮図田(ふとでん)というのだそうですが、さして広くないものの、灯明が並べられてその菜種油の煙があたりにただよい、地蔵盆の雰囲気を満喫できました。

こころの遊び

塚本邦雄
「熱月(テルミドール)」などと名づけし空想の酒場しらじらしく君不惑  (驟雨修辭学)
險しこころの遊(すさ)びてふこと夜の水に觸るる刹那の火の百日紅(さるすべり)  (蒼鬱境)
サントニン黄視症にてこもれるを若者が鼻唄の<颱風(エル・ウラカン)>  (水銀傳説)

奈良でニュー・ギア。
新しいレンズが今日お昼前に届いたのでさっそく試写してきました。
1-LR5__M525214-7.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
2-LR5__M525243-7.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3-LR5__M525292-7.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
4-LR5__M525084-7.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

いままで使ったことのない焦点距離で、軽くてコンパクトというメリットに惹かれて購入しましたが、像面湾曲があるのか、いつものように中心でピントを合わせて置きピンにしようとしてもうまくいきませんでした。解像力もかなり低く感じます。ピントリングの動きはわたしにはやや軽すぎました。
それでも、わたしのおサイフには相応の品でした。

処暑

塚本邦雄
人の子の父人の子の母を擁き骨より白し秋の向日葵  (靑き菊の主題)
八月某日辛うじて眼の孔あきし樽かぶりサンドイッチ・マン立つ  (日本人靈歌)

処暑なので、すずしげな写真を。
1-LR5__M524320-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__M524314-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

目つむればこの世

塚本邦雄
夏過ぎてひらく希臘(ギリシア)の春婦傳しをりうしほのにほひ沁みつつ  (驟雨修辭学)
空蟬をにぎりつぶして目つむればこの世のとどのつまりの響き  (約翰傅偽書)
晩夏とてもとよりうたふすべ知らぬ母が深淵の色のかたびら  (歌人)

昨夜ご近所で。
1-LR5__RD29558-7.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
2-LR5__M524958-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3-LR5__RD29635-7.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
4-LR5__RD29648-7.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
5-LR5__M525024-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

夏のなごりの

塚本邦雄
晩夏臙脂の光の中に渇きつつおもふなんぢをあやむること  (歌人)
老婆に遅れわれにはるかにさきがけてつぼみもつ夏のなごりの薔薇  (綠色研究)
佐久良氏立つて祝意開陳BGM「秋の幽霊」不意に消えたり  (黄金律)

赤い傘。
1-LR5__M524879-8.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__EE12385-7.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
3-LR5__M524872-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

塚本邦雄の歌は古典や短歌や世界史などの広汎で博学な知識を踏まえていると聞きますが、それらに不足する私は読んで印象を楽しむ情緒的な受け取り方をしていて、それで自己満足しています。
『佐久良氏』の歌は「秋の幽霊」など知りませんが、サクラ、秋、怪談の夏とでてきて、季節が分からないことが面白いと思っています。


ご近所のお寺で。

熟睡してなお

塚本邦雄
炎天に葡萄のたぐひ鬻(ひさ)がれてむらむらと靑し退くなかれ  (透明文法)
井戸うがつひびき夏天にこもりつつ熟睡(うまい)してなほ喪ふ睡り  (綠色研究)
夏あきらかに翡翠が歩(あり)く夕星(ゆふづつ)の息ひそめたるその水の上  (歌人)

ご近所のお寺で。
2-LR5__RD29448-7.jpg
NOKTON 25mm F0.95
1-LR5__RD29487-7.jpg
NOKTON 25mm F0.95

記憶のかけら

塚本邦雄
藍の蝙蝠傘(かうもり)さしかけらるるわが肩のしぐれよ〽志をはたして  (風雅)
靑酸漿(あをほほづき)まばらなれども直江津に一夏(いちげ)すぐさむ父にて候  (豹變)
アリサなど記憶のかけら半身を此岸(しがん)におきて鮎くらふとき  (歌人)
禁じられし遊びの邑に夏ふけて玄鳥の白き胸をなげくも  (綠色研究「国王Lと哲学者Nによせる脚韻二十行詩」より)

岐阜川原町。
1-LR5__EE12504-7.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
1-LR5__M524729-8.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__M524754-8.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3-LR5__EE12446-8.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7

みのおわりながら川

塚本邦雄
鳥の聲澄むみのをはりながら川  (殘花帖)
たそがれや鮎蒼きこと十八糎  (甘露)
良夜かな盥に紺の衣漬けて  (斷絃のための七十句)

大垣。
ウサギ居ました。
2-LR5__EE12215-8.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
1-LR5__EE12028-8.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

塚本邦雄の俳句とブログの写真が微妙に一致しないのはまだ暑さにボーッとしているから。

光待ち

塚本邦雄
萬葉(まんえふ)のみどりさやけき光待ち母は子とありしののめの海 (新歌枕東西百景 千葉県匝瑳郡光町母子)
涼風(すずかぜ)に鳴るや篠竹よみがへるきみとわがこころの越天樂(ゑてんらく) (新歌枕東西百景 奈良県宇陀郡榛原町篠樂)
山川(やまがは)のかをれる鮎を食(くら)ふべくかなしも神の母なるマリア (新歌枕東西百景 高知県高岡郡大野見村神母野)

ちょっともどって大垣。
2-LR5__EE12165-7.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
1-LR5__M524677-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3-LR5__M524548-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

別るべし

塚本邦雄
泪、肉桂の香を帶びつつあり 別るべし 敗戰の日のこのわれと  (風雅黙示録)
修羅能觀ての歸りの白雨あざらけし大東亞戰争の敗者われ  (汨羅變)
敗戰忌なり戰中派わたくしは必殺の蠅叩きかざして  (詩魂玲瓏)

岐阜市川原町。
1-LR5__EE12269-8.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
2-LR5__M524826-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3-LR5__M524766-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2