ころざし絶つ

塚本邦雄
髪洗ふ水が腕(かひな)をつたひつつ腋へ ふたたびこころざし絶つ   (黄金律)
高熱に伏すわが額(ぬか)に觸れゆける家族の手それぞれにつめたし   (日本人靈歌)
空蟬のうちに香もなきかなしみの充つるを天にむけし繪ひがさ   (感幻樂)

三重、多度峡。
1-LR5__M523149-5.jpg
キヤノン7用 CANON 50mm f0.95
2-LR5__M523239-5.jpg
キヤノン7用 CANON 50mm f0.95
1-LR5__M523228-5.jpg
キヤノン7用 CANON 50mm f0.95

自然の川を利用した「天然プール」がある多度峡は、たくさんの親子づれでにぎわっていましたが、
安全を監視する人たちもしっかりいて、
カメラを長く構えていると、胡散臭そうに見られました。
いやいや怪しい者ではありませんよと、そそくさとシャッターを切って移動しました。
こんなこともあろうかと、
カメラ一台にキヤノン7用 CANON 50mmをつけっぱなしにしていったのですが、F0.95の大きな前玉は目立ちました。
たしかに、
親の目から見れば、望遠レンズをつけたカメラを構えられたら、心配ですよね。

誰(た)がために

塚本邦雄
愛をこばむその頭(づ)ジュピテルより重しおもししづかに雷雨はいたる   (水銀傳説)
山川吳服店先代の石碑(いしぶみ)にしがみつく珈琲色のうつせみ   (約翰傅偽書)
うみほほづき買ひ來し父よ誰(た)がためにはたらきづめの虛(きよ)の五十年   (詩歌變)

岐阜大垣。
1-LR5__M523613-5.jpg
キヤノン7用 CANON 50mm f0.95 加賀野八幡神社
2-LR5__M523543-5.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8 春日神社
3-LR5__EE61559-5.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7 春日神社
4-LR5__M523443-5.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8 大橋家住宅 本物の鳥ではありません。

美しきひとが住み

塚本邦雄
歌垣の心(うら)安(やす)らけく手を取りし女(をみな)ぞ今日は垣に待つ妻  (新歌枕東西百景 大分県宇佐郡安心院町妻垣)
踊子の幾人(いくたり)鬼にさらはれし淡紅(うすべに)あはれ野邊のひるがほ  (新歌枕東西百景 徳島県名西郡神山町鬼籠野)
いらくさの野に美しきひとが住み夏もをはりのシャポー打ち振る  (新歌枕東西百景 山形県西田川郡温海町一霞)

京都もこのへんで終りに。
まだ、名残りも写真もつきないのですが。
2-LR5__M522597-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
1-LR5__M522581-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3-LR5__EE10982-7.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
4-LR5__EE11005-7.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
5-LR5__M522957-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

よそなる夏の夕まぐれ

塚本邦雄
熱風の一日(ひとひ)の天は群靑にもどりつつ死をおもひはじむ   (靑き菊の主題)
麻刈るはよそなる夏の夕まぐれ醉はざるわれや深き夢みし   (されど遊星)

岐阜羽島。
1-LR5__M523853-5.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

とどまらぬ

塚本邦雄
麻の葉形の座布團を出せ五十年前の戰死者がそこにすわる   (魔王)
とどまらぬ水の上(へ)の星いづかたに文章の火の花散り紛ふ   (されど遊星)
イカルス遠き空を墜ちつつ向日葵の蒼蒼として瞠(みひら)くまなこ   (日本人靈歌)

また京都。
1-LR5__EE11034-7.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
2-LR5__M522599-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3-LR5__M522749-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
5-LR5__M522752-8.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
1-LR5__M522745-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

その夜より快晴

塚本邦雄
愛戀を絶つは水斷つより淡きくるしみかその夜より快晴   (星餐圖)
さるすべり咽喉(のんど)に散りぬ壮年のはて男すら身籠らしめよ   (されど遊星)
銀箋に暑中見舞を書きちらす齋藤茂吉誕生日とや   (黄金律)

京都をひと休みして、今日とってきた日常。
三重県の北部にある多度と岐阜の大垣の周辺で撮ってきました。
1-LR5__M523215-7.jpg
キヤノン7用 CANON 50mm f0.95
2-LR5__M523624-7.jpg
キヤノン7用 CANON 50mm f0.95
3-LR5__M523177-7.jpg
キヤノン7用 CANON 50mm f0.95

逆さ文字

塚本邦雄
蒼向日葵かがみにうつる脚長し奔れレオナルドの逆さ文字   (感幻樂)
靑年にして妖精の父 夏の天はくもりにみちつつ蒼し   (星餐圖)
櫻桃(あうたう)のくれなゐ淡し相寄りて弱者の夏のふかまりゆくか   (黄金律)

なおなお。
1-LR5__EE11212-7.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
2-LR5__M522799-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
1-LR5__M522816-8.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
4-LR5__M522912-8.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
5-LR5__M523004-8.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

宴の歌

塚本邦雄
十階の宴(うたげ)の歌がこの世ともあらぬさるすべりに降りしきる   (黄金律)
「英雄」を聽かさるる夏いらいらと指揮者勝手にしろ百日紅   ( 〃 )
夏に勃りうるさまざまのなまぐさき事件を想ひをり 沙羅の花   ( 〃 )
いざ逝けつはもの日本男子 塋域(えいゐき)に淡き血のさるすべりも終る   ( 〃 )

なお祇園祭。
2-LR5__M522786-8.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
1-LR5__EE11166-8.jpg
M.ZUIKO 9-18mm F4.0-5.6
4-LR5__EE11442-7.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
3-LR5__EE11386-7.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

こよいひらめきし

塚本邦雄
母のいつくしみしたたらす炎天に斷ち截られたる高壓線が    (綠色研究)
よひのいなづまいつくしき額(ぬか)ながるるを見き 曉をはやゆかりなし    (感幻樂)
蟻を潦(にはたづみ)に逐ひつめひらめきし短詩一片「敵艦見ユ」    (魔王)

なお祇園祭後祭宵山。
1-LR5__EE11322-7.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
2-LR5__EE11497-7.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
3-LR5__EE11543-7.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
4-LR5__M523092-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

宵あさく ~祇園祭後祭宵山

塚本邦雄
蟻、ピアノの鍵(キー)をあゆめり 心翳りゆくひそかなる黑人靈歌    (装飾樂句)
われまことに少女らに告ぐ朱夏いたり水苔のみづみづしき不妊    (日本人靈歌)
白紫陽花咲きおもるべき宵あさくわからぬやうに殺してくれ    (魔王)

京都は祇園祭後祭宵山を見にいきました。
1-LR5__M523063-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__M523065-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3-LR5__EE11243-7.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
1-LR5__EE11253-7.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

人ごみは苦手で、まつりも苦手ですが、
夕闇せまるころ、子どもたちが声をそろえて童歌を歌いはじめて、静かで落ち着いた雰囲気でした。
人々の気がたった高揚した喧噪はご免です。

なつかしの

塚本邦雄
火に投げし桔梗の縹(はなだ)一瞬に攣(つ)れつつ告げむここまでは愛    (靑き菊の主題)
文學の塵掃きすててなほわれの部屋の一隅なるゴビ砂漠    (不變律)
夏樫の苗木運ぶとその前後きらめけり われ何にやぶれし    (閑雅空間)

きょうは京都でお祭り気分に。
1-LR5__EE11414-7.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
2-LR5__M522881-7.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
3-LR5__M522875-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

手のひらの太陽線

塚本邦雄
信樂六郎太(しがらきろうらうた)出奔さなづまみごもりてそれ琵琶のおもかげ    (豹變)
歌なすはこころの疫病(えやみ)遊星にきぞ群靑の水涸れにけり    (されど遊星)
黑葡萄置きしばかりにてのひらの太陽線の終り斷たれつ    (天變の書)

いまさらに。
1-LR5__M522364-7.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2-LR5__EE00873-6.jpg
Pentax FAソフト28mmF2.8

もう飛ぶまい

塚本邦雄
十日留守にせしヴェランダの夕旱もう飛ぶまいぞこの鷺草は    (黄金律)
圓柱のかさなる翳をくぐり來て火口湖に昨夜(よべ)の死蝶をながす    (水葬物語)

まだこっそり。
1-LR5__RD28602-7.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8M.ZUIKO 75mm F1.8
1-LR5__RD28607-7.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8M.ZUIKO 75mm F1.8

黒蝶のゆくしるべ

塚本邦雄
夜會の燈(ひ)とほく隔ててたそがるる野に黒蝶のゆくしるべせよ    (水葬物語)
蓮田に雨 明日わが心うらぎらむ言葉たまゆら花の閒に顕(た)つ    (蒼鬱境)
土曜日の父よ枇杷食ひハルーン・アル・ラシッドのその濡るる口髭    (綠色研究)

土曜日の仕事の合い間にこっそりと撮影。
1-LR5__RD28696-7.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
2-LR5__RD28685-7.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

ガラスの屋根があって。
すぐそこの青空に行きたくても行けないアゲハ。

アリス

塚本邦雄
「首をちよんぎつてしまへ」と女王は叫ばねどどんぞこの日本    (風雅黙示録)
嬰兒いまだアンドロギュヌス海風にアマリリス甘き死を招(を)ぐアリス    (されど遊星)

なおなおなお。
1-LR5__EE00787-7.jpg
Zuiko ED 8mm F3.5 Fisheye

『首をちよんぎつてしまへ』は「不思議の国のアリス」のハートの女王の常套句で、
ウィキペディア「ハートの女王」には、アリスに出てきてマザー・グースにも出てくる詩が紹介されていました。
『どんぞこの日本』の季節は夏ということでしょうか。

ハートの女王
タルトつくった
夏の日 1日中かけて
ハートのジャック
タルト盗んだ
タルトを全部もってった
ハートの王様
タルト返せと
ジャックを何度もむち打った
ハートのジャック
タルト返した
もうしませんと約束した

(ウィキペディアより)