末路おもいて

塚本邦雄
ひとよ初夏の別離再會行き違ひ老母(おいはは)獨活(うど)のごとくに立ちし  (花にめざめよ)
少年發熱して去りしかば初夏(はつなつ)の地に昏れてゆく砂繪の麒麟  (装飾樂句)
大工ヨセフの末路おもひてそびやかすひだり肩はつなつの夕暮  (波瀾)

なお揚輝荘。
1-LR5__5300045-4.jpg
揚輝荘のうち、ハーフティンバーの外壁など山荘風建築の『聴松閣』内で
2-LR5__EE09509-4.jpg
『聴松閣』玄関のたたき。種々の木の輪切りや雲母で飾られていたそうです。
3-LR5__EE09478-4.jpg
揚輝荘地下室の地下トンネル入り口。トンネルは幅が一間あるそうです。
4-LR5__EE09473-4.jpg
聴松閣地下室の壁画は、揚輝荘に寄宿していたインド人パルク・ハリハランが、アジャンタ石窟の壁画を模して描いたものとか。ピントが視線の先にあってしまう煩悩の輩め、と自分を叱責。
5-LR5__EE09451-4.jpg
昭和12年に建てられた聴松閣には、施主伊藤次郎左衛門祐民がその3年前に訪れたインド、ビルマ、タイなどのイメージが豊富です。これもヒンズーの女神でしょうか。
6-LR5__EE09386-4.jpg
一階の中国風居間。
なおパルク・ハリハランはその後、インド独立運動にも関わり、日本人を妻に迎えて日印交流の架け橋にもなったそうです。

やすらぎもはや望むなし

塚本邦雄
きつとたれかが墜ちて死ぬからさみどりの草競馬見にゆかむ吾妹子  (魔王)
死はいかなるやすらぎもはや望むなし鮮黄の火の夕かきつばた  (睡唱群島)
われおもはざればわれなきやすらぎはいさ、ぬばたまの夜の鐡線花  (豹變)

気分転換に真夏日の名古屋、揚輝荘へいきました。
地元の老舗百貨店、松坂屋の初代社長伊藤次郎左衞門祐民が大正から昭和初期にかけて建てた別荘だそうです。
地下室はちょっと色っぽい。
1-LR5__EE09497-4.jpg

5-LR5__EE09491-4.jpg

2-LR5__5300073-4.jpg

3-LR5__5300018-4.jpg

4-LR5__EE09521-4.jpg


あらぬ世の

塚本邦雄
あらぬ世の文借を済(な)すごときか夕蠓(ゆふまくなぎ)にさからひあゆむ  (詩歌變)
生者をして生者葬らしめよとや柹は薄萌黄(うすもえぎ)の花隠れ  (睡唱群島)
ドストエフスキー絶えて読まざる安らぎのいはば麥秋の香の壮年  (豹變)

1-LR5__RD27779-4.jpg

2-LR5__5230062-4.jpg

3-LR5__RD27873-4.jpg

4-LR5__5230190-4.jpg

たのみの綱の

塚本邦雄
飮食(おんじき)の思ひはかなき靑麥の穂は花店に束ねられたり  (驟雨修辭学)
遺影コーカサスより還り麥秋のすでに腐敗を始めたり死は  (日本人靈歌)
にくしみゆたかにみのりてここに麥秋のみづからを収穫(とりい)るる家族ら  (水銀傳説)
歌人おほかた虛空にあそぶ靑葉どきたのみの綱の佐佐木幸綱  (波瀾)

つくづくと、日々守られていると感じます。
1-LR5__RD27662-3.jpg

2-LR5__EE39130-5.jpg

3-LR5__EE39220-5.jpg

6-LR5__EE39137-3.jpg

5-LR5__5230169-5.jpg

4-LR5__EE39254-3.jpg

たましいの袋小路

塚本邦雄
稀には死を念ふ その刻たましひの袋小路に零(ふ)る松の花  (約翰傅偽書)
著衣せる聖母マリアの肖像にむきてむなしき夜の挨拶す  (透明文法)
韻文のきのふほろびて麥熟るる光にわれはさらさるるかな  (星餐図)

1-LR5__5230155-5.jpg

2-LR5__5230148-5.jpg

1-LR5__5230159-4.jpg

袋小路のさきに

塚本邦雄
袋小路の肉屋に妻は肝臓と舌を約せり さむきジッド忌  (日本人靈歌)
たれかひくく軍歌唄へり羽蟲地のうへ吹かれゆく夜の慰靈祭  (装飾樂句)
父らが胸に胸毛うづまくはつなつと格子缺陷國際會議  (綠色研究)

京都。
2-LR5__5230080-3.jpg
Nocticron 42.5mm F1.2
4-LR5__5230012-3.jpg
Nocticron 42.5mm F1.2
1-LR5__5230108-3.jpg
Nocticron 42.5mm F1.2
3-LR5__5230025-3.jpg
Nocticron 42.5mm F1.2
1-LR5__RD27719-4.jpg
Summilux 15mm F1.7

視線のいらいら

塚本邦雄
麥秋の芒(のぎ)の視線のいらいらとレオナルド・ダ・ヴィンチ性交斷面圖  (黄金律)
神官、警官ともに町湯の螢光にシャツ脱ぐと兩手ささげし俘囚  (日本人靈歌)
國に殺されかける二十三歳の初夏(はつなつ)勿忘草(わすれなぐさ)のそらいろ  (魔王)

京都で、タテとヨコを。
2-LR5__EE39145-3.jpg
Nokton25mm
1-LR5__EE39181-3.jpg
Nokton25mm
1-LR5__EE39186-3.jpg
Nokton25mm

百あまりくれない

塚本邦雄
神官装束お仕立處すぎむとし須臾松風を聽きたるなり  (黄金律)
建つるなら不忠魂碑碑を百あまりくれなゐの朴ひらく峠に  (魔王)
風上に刈らるる麥の香にむせぶさきの世のわが念者サムソン  (靑き菊の主題)

京都、嵐山。
1-LR5__5230328-3.jpg
42.5mm F1.2
2-LR5__EE39304-3.jpg
28mm Pentax Soft lens F5.6
3-LR5__EE39313-3.jpg
28mm Pentax Soft lens F5.6
4-LR5__EE39331-3.jpg
28mm Pentax Soft lens F8

忽然として裂帛

塚本邦雄
初夏のあやふきとびら烈風に煽られつつマルク・シャガール嫌ひ  (歌人)
書かずうたはず初夏(はつなつ)の日々ものうきに忽然として裂帛の百合  (黄金律)
萬綠の毒のまみどり死ぬ方法かずかぎりなく一つも無し  ( 〃 )

京都、車折神社。
1-LR5__5230259-3.jpg
42.5mm F1.4
2-LR5__RD27826-3.jpg
15mm F1.7
3-LR5__5230294-3.jpg
42.5mm F1.4
4-LR5__5230312-3.jpg
42.5mm F1.2
5-LR5__EE39280-3.jpg
25mm F0.95

コーダのごとし

塚本邦雄
柹の花顱頂(ろちょう)にこぼれこぼれゐき今日、詩歌とはなにならざるか  (歌人)
揚雲雀そのかみ支那に耳斬りの刑ありてこの群靑の午(ひる)  (綠色研究)
禁慾きはまりしうつつに麥秋の麥うちなびき全絃合奏(コーダ)のごとし  ( 〃 )

京都。
1-LR5__EE79013-4.jpg

2-LR5__EE78889-4.jpg

3-LR5__EE79052-4.jpg

4-LR5__EE78914-3.jpg

5-LR5__5170121-3.jpg

ワース・ハーフ

塚本邦雄
わが埋葬ののちにかがやき 髪なせる太陽神経叢のはつなつ  (水銀傳説)
頬髭(ほほひげ)の死んでも詩人 夏ひらくかなしき方角に扉あり  (豹變)
芍藥と半音階と麺麭の耳愛し銀婚の日の惡伴侶(ワース・ハーフ)  (綠色研究)

京都。嵐電がらみで。
1-LR5__RD27491-4.jpg

2-LR5__RD27531-4.jpg

3-LR5__5170160-4.jpg

4-LR5__RD27581-4.jpg

5-LR5__EE78963-4.jpg

6-LR5__RD27590-4.jpg

ゆらゆらと

塚本邦雄
誰の死後 否 夜の桐の花群に樂(がく)ゆらゆらと滿ちきたるなれ  (豹變)
あまりに美しき歌枕はつなつの花巻に來て男おとろふ  (風雅)
十方に靑葉のかげの冥き日も眸(まみ)ひらき明日を夢みしと言へ  (透明文法)

京都で。
1-LR5__5170329-3.jpg

2-LR5__EE78874-4.jpg

3-LR5__5170089-4.jpg

4-LR5__EE79078-4.jpg

1-LR5__EE78887-4.jpg

1-LR5__EE78905-4.jpg

火星にもひとり

塚本邦雄
菖蒲一束わがしかばねをおほはむに恥づ人殺し得ざりしこの手  (感幻樂)
燕麥(からすむぎ)一ヘクタール 火星にもひとりのわれの坐する土あれ  (閑雅空間)
死なばまたかへらむ修羅に韻文は芍藥の香のごとくひびけよ  (星餐図)

京都。
1-LR5__5170222-4.jpg

2-LR5__5170225-4.jpg

3-LR5__5170152-3.jpg

4-LR5__RD27476-3.jpg

1-LR5__5170054-4.jpg

花終りたり

塚本邦雄
はだしにて犬連れありく三度目の亭主 蠶豆(そらまめ)の花終りたり  (黄金律)
歌ひおほせて何はばからむ松の花散りつくしたるのちの虛空(おほぞら)  (不變律)
われを撃て麥秋のその麥の閒を兵士のわれがおよげるを撃て  (魔王)

京都にて。
1-LR5__5170132-3.jpg
帷子ノ辻駅付近
2-LR5__RD27588-3.jpg
御室駅付近
3-LR5__5170180-3.jpg
妙心寺駅付近
4-LR5__RD27598-3.jpg
竜安寺駅付近

ここを過ぎれば

塚本邦雄
極道と呼ぶ華麗なる惡名にわれははるけし帷子(かたびら)の辻  (天變の書)
托鉢僧の若き一隊過ぎ初夏の町をきびしきものもてけがす  (日本人靈歌)
ここを過ぎれば人閒の街、野あざみのうるはしき棘ひとみにしるす  (水葬物語)

京都へ行きました。
2-LR5__5170067-3.jpg

3-LR5__EE79038-3.jpg

1-LR5__EE78922-4.jpg