ゆく春や

塚本邦雄
黙(もだ)せどもくちびるさむしまないたの燭魚(はたはた)の目にのこるさざなみ  (歌人)
ゆく春の鰈売られつ洗ひ朱の卵のどもとまでこみあげて  (豹變)

きのうにひきつづいて明日香村稲淵。
1-LR5__4250265-3.jpg

3-LR5__EE57594-3.jpg

2-LR5__4250277-3.jpg

4-LR5__EE57645-3.jpg

南淵先生に出会った日

塚本邦雄
あかときに零(ふ)るはフォーレか靑杉の實かみみしひてのちに聽(き)きなむ  (閑雅空間)

明日香、南淵先生墓のある村で。
南淵先生は、中大兄皇子と中臣鎌子がともに学んだ塾の先生だそうです。
松下村塾を連想してしまいました。
1-LR5__4250284-3.jpg

3-LR5__4250319-3.jpg

2-LR5__EE57605-3.jpg

4-LR5__EE57629-3.jpg

5-LR5__4250239-3.jpg


さざなみの空間

塚本邦雄
ディヌ・リパッティ紺靑の樂句斷つ 死ははじめ空間のさざなみ  (星餐図)

きのうのつづきです。亀山市にあるお寺のフジです。
1-LR5__EE78133-3.jpg

2-LR5__EE78153-3.jpg

3-LR5__EE78276-3.jpg

4-LR5__EE78213-3.jpg

5-LR5__EE78285-3.jpg

ここは、大巌寺(亀山市)。いずれもズミルックス15mm 1.7で。

田園は新しいレンズで

塚本邦雄
幻視街まひる昏れつつ賣る薔薇の卵、雉子の芽、暗殺者(アササン)の繭  (靑き菊の主題)
暗殺の豫感眞靑(まさお)ににほひ來と歌へはらわたのかたちのホルン  (感幻樂)

ご近所で。
新しいレンズ一本で。
はやく慣れるために。
15mm、F1.7開放ばかり撮ってきました。
このレンズに好かれたいと思って。
2-LR5__EE77883-3.jpg

3-LR5__EE77931-3.jpg

4-LR5__EE77837-3.jpg

5-LR5__EE77942-3.jpg

6-LR5__EE77988-3.jpg

1-LR5__EE78077-3.jpg

いささかの歓び

塚本邦雄
俎に雉子(きぎす)の肝のむらむらと蒼し 政治とはわれの何なる  (歌人)
いささかの歓び兆しすぐに消ゆ沈丁の香の円周の外  ( 〃 )
エンサイクロペディア・ブリタニカ賣り拂ひ養老院の華と謳われよ  (詩歌變)

本日は投票日。写真は明日香。
1-LR5__4250138-4.jpg

2-LR5__4250098-2.jpg

3-LR5__EE57794-3.jpg

Summilux 15mm f1.7を買いました。
ズミルックスというブランドは高根の花で、自分の所有にするとは、以前思ってもいませんでした。これもマイクロ・フォーサーズを使っているおかげです。
Zuiko 17mm f1.8も使っているのですが、Summiluxのほうが発色がいいように思うのは、刷り込みのせいかも。
66判のころにセコールからニッコールに変えて、発色の変化にビックリしたことを思い出します。

をとめきたりてをときめきと読み違える石舞台で

塚本邦雄
窈窕たる処女(をとめ)きたりて四月尽未来味覚論まくしたてたり  (風雅)

明日香、石舞台。
サクラは散りつくしていましたが。
1-LR5__EE57431-4.jpg

2-LR5__4250019-4.jpg

3-LR5__EE57413-4.jpg

4-LR5__EE57452-4.jpg

5-LR5__EE57509-4.jpg

サクラさよなら

塚本邦雄
すでに初夏(はつなつ) つらつら見れど實朝に櫻の秀歌一首もなし  (黄金律)

はやくも夏日のニュース。サクラさよなら。
1-LR5__EE87171-4.jpg

2-LR5__EE87184-4.jpg

3-LR5__4180513-4.jpg

青雲のこころざし、なつかし


塚本邦雄
死語としてかつ詩語として「靑雲のこころざし」ほろにがき燒目刺  (獻身)
春夜急行列車驅けつつ靑年が抱くスキーの黑き足桎(あしかせ)  (驟雨修辭学)
アウシュヴィッツのヴィッツに嚙みし二枚舌以後百餘日絶食續き  (約翰傅偽書)

サクラを一休みして、駄知町。
1-LR5__EE86732-3.jpg

2-LR5__EE86856-4.jpg

3-LR5__EE86706-4.jpg

4-LR5__EE86828-3.jpg

花色の海

塚本邦雄
見ぬ世はや花色の海わがために睡りつつ歌唱ふ島あれ  (睡唱群島)
バイロンのギリシアに斃れたる四月十九日茄子苗に陽がさす  (歌人)
まなうらに修羅へのみちは顕(た)ちつつをあゐおぼろなり辻ヶ花裂(つじヶはなぎれ)  (星餐図)


なお恵那市”新田(しんでん)の桜”。
1-LR5__4180234-3.jpg

2-LR5__EE87113-3.jpg

3-LR5__EE87160-3.jpg

5-LR5__4180332-3.jpg

おわりの花の

塚本邦雄
花傳書のをはりの花の褐色にひらき 脚もていだかるるチェロ  (綠色研究)
晩春の移轉絢爛としてあはれ鸚鵡の籠がしんがりに蹤(つ)き  (黄金律)

恵那市上矢作町の”新田(しんでん)の桜”です。18日に訪れました。
うつくしいサクラでした。
1-LR5__EE87006-3.jpg

2-LR5__EE87164-3.jpg

3-LR5__4180306-3.jpg

まひるとあひる

塚本邦雄
まひる金環蝕寂けきを咒ひつつ逆さに下りくる春の蜘蛛  (綠色研究)
熱湯にあひるの卵死ののちもうごきつつ遠き男聲合唱(オルフエオン)<花>  (日本人靈歌)

土岐市駄知を一休みして、季節物を先に。
サクラが咲いていると気になります。
恵那市。
1-LR5__EE87200-3.jpg

2-LR5__EE87282-3.jpg

3-LR5__EE87304-3.jpg

ニッパーのいる風景

塚本邦雄
赤貧嗤(わら)ふごとしといへど花冷えの朝かろやかにわれの肝膽  (波瀾)

なおも駄知町で。
山に囲まれた美濃焼の産地でどんぶりの町だそうです。ビクターのNipperがいました。
1-LR5__4180133-4.jpg

2-LR5__EE86900-4.jpg

3-LR5__EE86957-4.jpg

4-LR5__EE86902-4.jpg

1-LR5__EE86796-4.jpg

1-LR5__EE86726-4.jpg

すぎゆきとゆきすぎと

塚本邦雄
鍵孔から覗けば黑きてのひらにすきとほりゐる雲雀の卵  (水葬物語)
寶石函につけて女帝へ鄭重にのびちぢみする合鍵獻ず  ( 〃 )
すぎゆきがゆきすぎとうちかなりて林檎くされり春のあけぼの  (黄金律)

岐阜県土岐市の駄知へ行きました。
1-LR5__4180152-4.jpg

2-LR5__4180184-4.jpg

3-LR5__EE86934-4.jpg

4-LR5__4180087-4.jpg

そらみつやまと

塚本邦雄
楚辭はわがこころを超ゆる春暮れて初夜(そや)雁の聲ほのかに赤し  (されど遊星)
春の雁わたりつくして灰色のそらみつやまと、その空の創(きず)  (汨羅變)
征露丸てふ戰犯的に過激なる賣藥なつかしき復活祭(イースター)  ( 〃 )

ご近所の桜の六。
1-LR5__RD27236-4.jpg

2-LR5__RD27219-4.jpg

3-LR5__RD27407-4.jpg

平和ののちの四月

塚本邦雄
河馬の背に小禽あそべりおそろしき平和ののちの四月の霙  (波瀾)
鬱金櫻支離滅裂に吹かれゐついつか露領となるか日本も  (約翰傅偽書)
かならず國をきらひとほさむとほくより見れば春泥に溺るる蝶  (黄金律)

ご近所の桜の五。
1-LR5__4040135-4.jpg

2-LR5__4040125-4.jpg

3-LR5__4040082-4.jpg

フリーエリア
プロフィール

pithecantroupus

Author:pithecantroupus
三重県在住。男性。
2016年4月27日から復興を願う気持ちをこめてアイコンをくまモンに変えています。

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター