たまゆら映る

塚本邦雄
あはれ知命の命知らざれば束の間の秋銀箔のごとく滿ちたり  (されど遊星)
荒淫のきのふや晝の電球にたまゆら映る遠き枯野が  (波瀾)

京都。
1-LR5__RD21066-7.jpg

2-LR5__EE78993-7.jpg

レトロでモダンな京都 (2)

塚本邦雄
客死てふことば戀しき晩秋のうつしみはげによそのまれびと  (獻身)
生はたまゆらの宿りか一陣の秋風が銀桂林をつらぬく  (詩歌變)

京都。「紫織庵」で。
1-LR5__EE79114-7.jpg

1-LR5__EE79130-4.jpg

2-LR5__EE79146-4.jpg

レトロでモダンな京都 ~「紫織庵」の世界

塚本邦雄
秋扇(しうせん)の裏よりはらり散りきたるイエスの皮膚のごとき銀箔  (黄金律)
秋風のすみかの扇 曙は胸をゑぐると言ひしランボォ  (約翰傅偽書)
何に殉ぜむジュネ、ネロ、ロルカ、カリギュラと秋風潜る耳より鼻へ  (靑き菊の主題)
糶市(せりいち)に賣れのこるセロ軍歌弾くときも癡(おろ)かにすすり哭くため  (装飾樂句(カデンツア))

京都。
町家の着物美術館「紫織庵」で。
建物の洋館部分の設計は、先日(9月17日)行った名古屋の「文化のみち」・春田鉄次郎邸.と同じ、日本近代建築の父と呼ばれる武田五一だそうです。
10日ほどの間に、武田五一という名に二度も出会いました。
1-LR5__EE79088-3.jpg

2-LR5__EE79148-3.jpg

3-LR5__EE79121-3.jpg

4-LR5__RD21128-3.jpg

今日は京で

塚本邦雄
歌は残り歌人ほろびてまたの世の秋冷銀砂敷きたるごとし  (不變律)
夜(よる)の朝顔見しはをととひうとまれて夏をはるべき暗きうつつを  (源氏五十四帖題詠)
われの輝くいづこを狙ひ荒淫の彼の手のわななける拳銃  (水銀伝説)

京都で。
1-LR5__EE78965-3.jpg

2-LR5__RD20996-3.jpg

3-LR5__RD21002-3.jpg

4-LR5__EE79042-3.jpg

半翅目こほろぎもどき科

塚本邦雄
漆靑(しつせい)のかたびら透けて半翅目こほろぎもどき科の姊は堕つ  (感幻樂)

三重県いなべ市。
1-LR5__EE58297-6.jpg

染谷學・大西みつぐ・築地仁『「写真」のはなし』のつづきから

なぜ写真を撮るのか(染谷學)
 表現意図を言葉にしてみる
 「なぜ写真を撮るのか」と、つねに自分に問いかける必要がある
 「どんなときに」「どんなことが」ということを、言葉にして考えてみるということ
 必要なのは「写真の説明」ではなく「写真を選んだ考えや思い」なのです
 何を表現したいのかは必ず言葉によって自分の中で明確にされる
 人に語る必要はありません。自分だけに向けて、きちんと言葉にしてみましょう
 それがあなたの「表現意図」であり、そこに写真の方向性が一本されている
 どんな先生の作例よりも、自分の一枚の写真が必ず次の写真に導いてくれる
 「なぜ撮るのか」「どんなことを写し出したいか」を考えながら撮っていくことが「写真をする」ということ


同じようなことを以前にも聞いた気がする。馬の耳に念仏でした。

秋のここに

塚本邦雄
孔雀の屍(し)はこび去られし檻の秋のここに流さざりしわが血あり  (感幻樂)
あひよれる白孔雀二羽「珠衣(たまきぬ)のさゐさゐ沈む」てふ歌あはれ  (花劇)

三重県いなべ市。
1-LR5__RD20385-8.jpg

2-LR5__RD20410-8.jpg

3-LR5__RD20423-8.jpg

4-LR5__RD20516-8.jpg

透きとおりて腐るまで

塚本邦雄
夕星色(ゆふづついろ)の葡萄わかちてわれら二人夫婦あるいは戦慄家族  (豹変)
秋風に雲母(きらら)のごときまじれるを言へりしがきのふはや不帰の客  (詩歌變)
死者なかんづくキャパに供ふる一塊の熟柿透きとほりて腐るまで  (緑色研究)

名古屋「文化のみち」。
11-LR5__EE78873-8.jpg

12-LR5__RD20890-5.jpg

13-LR5__EE78736-8.jpg

染谷學・大西みつぐ・築地仁『「写真」のはなし』のつづきから

森山大道写真展を見て(大西みつぐ)
 あくまで個人の出来事としての写真がこちらを強く刺激してくる
 それは「写真」そのものが持つ緊張感なのだと思います
 写真の持つ緊張感とは、例の「決定的瞬間」ということではない
 緊張して撮るという身構えの問題でもありません。
 撮り手の精神が、
 そこで、その場で、空間、時間、状況、出来事などに入り込む。
 被写体に吸い寄せられる
 簡単にいえば何かに「惑かれたように」という感覚
 それは森山作品を貫く強い意志とも思われます

わたしも自分の写真に、戦慄するほどの緊張感が欲しい。

ここ過ぎて煉獄の秋

塚本邦雄
九歳の恋こそ終れひとづまにみせばや一鉢を餞(おく)られて  (花劇)
自転車になびく長髪熾天使(してんし)らここ過ぎて煉獄の秋を指す  (星餐図)
まをとめの鈴蟲飼ふはひる月のひるがほの上(へ)にあるよりあはれ  (感幻樂)

名古屋「文化のみち」。
1-LR5__RD20774-5.jpg

2-LR5__RD20937-7.jpg

3-LR5__RD20919-5.jpg


染谷學・大西みつぐ・築地仁『「写真」のはなし』を読んで、思いついて、私の最初の写真の教科書を取り出してきました。

1968年12月発行の「美術手帳」写真特集。¥300。
もう綴り糸が切れてボロボロ。
16歳で買って、何度も何度も開いた本。
小さな写真が400枚以上あって、いつ見ても見あきることがなかった。
ひとつひとつの写真にはタイトル名も写真家名もつけずに、大きなテーマのもとに、
A5版の雑誌に、1ページ4~6枚の写真だけを並べてあります。
写真の教科書とはいうものの、撮影データはもちろん、技術的な話はいっさいなし。
エドワード・スタイケンが企画した展覧会「ザ・ファミリー・オブ・マン」のやり方で、現代的なテーマの誌上展をやっているような感じです。
今になってみると、「プロヴォーク」を始めたばかりの中平卓馬が出てくる座談会が面白い。まだ森山大道が参加していない時点での対話で、当時の空気のようなものを思い出します。
載っている写真にあこがれて、試行錯誤を繰り返しました。

1-bijutsu techo
2-bijutsu techo_0001
3-bijutsu techo_0002
4-bijutsu techo_0006
5-bijutsu techo_0007

紅きさかまつげの曼珠沙華

塚本邦雄
いたみもて世界の外に佇(た)つわれと紅き逆睫毛(さかまつげ)の曼珠沙華  (感幻樂)

三重県いなべ市。
1-LR5__RD20702-5.jpg

2-LR5__EE58427-5.jpg

3-LR5__EE58366-5.jpg

染谷學・大西みつぐ・築地仁『「写真」のはなし』のつづきから

写真を「撮ること・つくること・見ること」の意味(築地仁)
 写真がこの世に出てから約10問年の問に、その表現と技法のほとんどは出つくした
 大切なことは、撮ることと同じぐらいに、つくること、見ることにウエート
 「つくること」は作品をものとしてどういうレベルに高め、つくるかという問題
 「見ること」は、まず自分の作品を何度も見、やりたかったことや写真意識を掘り下げていく。
 次に、歴史上の良い作品を見、 感覚を研ぎ澄ましていく
 写真の「撮ること・つくること・見ること」を意識し、かかわると新しい意識が生まれる


撮る事ばかりになっていないかと反省して。

殴りかへして秋風にいま

塚本邦雄
左右(さう)頬毆りかへして秋風にいま柑橘のごとかをる掌(て)ぞ  (閑雅空間)
戦争が廊下の奥に立つてゐたころのわすれがたみなに殺す  (魔王)

名古屋「文化のみち」。
1-LR5__RD20859-5.jpg
文化のみち橦木館(しゅもくかん)
2-LR5__EE78908-7.jpg
春田鉄次郎邸
3-LR5__EE78914-7.jpg
春田鉄次郎邸

われらはじめに

塚本邦雄
秋ふかきピエタに赤き罅(ひび)はしりあきらかに屍毒(プトマイン)もつイエス  (水銀傳説)
曼珠沙華われらはじめに視しものは言葉、こころを離(か)れなむことば  (天變の書)
曼珠沙華餘燼となりてしかもなほわが胸中の敵こそ、祖國  (汨羅變)

三重県いなべ市で。
1-LR5__RD20465-5.jpg

2-LR5__RD20553-7.jpg

3-LR5__RD20570-5.jpg

4-LR5__RD20474-7.jpg

なかんづく萩

塚本邦雄
なかんづく萩散りみだるよその秋いまこゑ嗄(か)るるばかり汝が欲(ほ)し  (天變の書)

名古屋「文化のみち橦木館(しゅもくかん)」で。
1-LR5__EE78655-7.jpg

2-LR5__EE78776-5.jpg

3-LR5__EE78791-5.jpg

わが父は大正15年生まれ

塚本邦雄
走馬燈父がゑがくはまみどりの闇女童(めわらは)が警官を追う  (花劇)

名古屋「文化のみち」で。
1-LR5__EE78552-5.jpg
文化のみち二葉館(旧川上貞奴邸)

2-LR5__EE78630-5.jpg
文化のみち橦木館(しゅもくかん)

3-LR5__EE78617-5.jpg
文化のみち二葉館は、川上貞奴が大正時代に居住していた建物。文化のみち橦木館は、陶磁器商井元為三郎が大正末から昭和初期に建てた邸宅。いずれも名古屋市東区で、200mぐらいの間です。

貞やっこの家 ~旧川上貞奴邸

塚本邦雄
大正、藍の香していつくし若者が肩までたくしあげたる袖  (花劇)
若狭の實家より應(いら)へなしかぎろひの幽霊を飼ひはじめたるか  (不變律)

名古屋の「文化のみち」拠点施設になっている旧川上貞奴邸。
大正時代に女優第一号と言われた川上貞奴と、 電力王と称された福沢桃介が暮らした家。
むかし「二葉御殿」といわれた邸は、いま「文化のみち二葉館」という名で公開されています。
1-LR5__EE78488-5.jpg

2-LR5__EE78502-5.jpg

3-LR5__EE78536-5.jpg



こころに描く金泥の

塚本邦雄
曼珠沙華こころに描く金泥の雄蘂ひしめきあひつつ深夜  (汨羅變)

三重県いなべ市
1-LR5__RD20504-5.jpg

2-LR5__RD20712-7.jpg

3-LR5__EE58447-7.jpg