Age of Pen

ARCHIVE PAGE

archive: 2014年08月  1/2

獻身のきみに

塚本邦雄秋風首にふれたる氣配この朝のわが背後靈美男なりや  (不變律 八月暦 二十六日)われにのみ秋こそきたれ眞處女(まをとめ)のまうしろに露しとどなる山  (黄金律)獻身のきみに殉じて寢(い)ねざりしそのあかつきの眼中(がんちゆう)の血  (獻身)明治村 帝国ホテル...

  •  0
  •  0

ほがらかにながらうる夏

塚本邦雄晩夏わが凍れる微笑 教会の薔薇窓あけもしめもならず  (風雅)歌はずともかくほがらかにながらふる夏百日のからきなみだ  (天變の書)明治村 聖ザビエル天主堂...

  •  0
  •  0

うすき汗噴くわれと

塚本邦雄おとうとよ ここに脱水症状の向日葵のさみどりの体毛  (緑色研究)塩うすき汗噴くわれと卵黄のおもてはかなく波うつ葉月  (星餐図)魚卵孵化所を中心に網状の道成りぬ。市長夫人の歿後  (水葬物語)...

  •  0
  •  0

晩夏をめぐませたまえ

塚本邦雄馬は睡りて亡命希ふことなきか夏さりわがたましひ滂沱たり  (緑色研究)聖母晩夏を恩寵(めぐ)ませたまへおそらくは船渠(ドック)に満身創痍の母艦  (水銀傳説)婦人科の医師去りてよりさはやかに秋のあめふる奴隷海岸  (透明文法)...

  •  0
  •  0

犯す夏ぞら

塚本邦雄天使、告天子を犯す夏ぞらに窈窕と靑き襤褸ただよふ  (星餐図)不姙明らかなればこの愛ながらへむ紫蘇の実噛めるわが水妖少女(オンディーヌ)  (水銀傅説)...

  •  0
  •  0

日日はわすれつつ

塚本邦雄すみやかに過ぎゆく日日はわすれつつ白魚が風のやうにおいしい   (風雅黙示録)魚市のさよりの姉妹空色のなみだながせりせりのこされよ   (黄金律)料亭「白妙」炎昼にして透きとほるものひとつかみまないたの上   (天變の書)東近江市五個荘。...

  •  0
  •  0

胎てのひらに

塚本邦雄迦陵頻伽のごとくほそりてあゆみますあれはたまぼこのみちこ皇后   (黄金律)百舌鳥耳原中陵(もずみみはらなかのみささぎ)夕星(ゆふづづ)濃し   (燦爛)死に死に死に死にてをはりの明るまむ靑鱚(あをきす)の胎(はら)てのひらに透く   (星餐図)醫師は安樂死を語れども逆光の自轉車屋の宙吊りの自轉車   (緑色研究)東近江市五個荘。...

  •  0
  •  0

窓は出口

塚本邦雄國よりさきにこころやぶれてゐたりけり銅の盥のなかの満月  (不變律 八月暦 二十日)無頼にて眞夏も熱き珈琲をこのめりき 孤り雪谿に果つ  (装飾樂句(カデンツア))體温の夏はわれよりやや低き海螢光(て)るたましひの沖  (感幻樂)夏の鹽甘し わが目の日蝕といもうとの半身の月蝕  (緑色研究)東近江市五個荘。OLYMPUS E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 ISO 200OLYMPUS E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8...

  •  0
  •  0

生を呼びかえす

塚本邦雄敗戦記念日のホテル・マヤ部屋部屋の水道管に熱湯とほる  (装飾樂句(カデンツア))原爆忌昏れて空地に干されゐし洋傘(かうもり)が風にころがりまはる  ( 〃 )蝉時雨ここより生を呼びかへす露ちりぢりに夕映の夏  (閑雅空間)敗れしを至福とせむにさしぐみて空蝉ふみしだきつつありき  (不變律 八月暦 十八日)東近江市五個荘。OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200OLYMPUS E-...

  •  0
  •  0

聖母被昇天とか

塚本邦雄「靑蠅(せいよう)久しく斷絶」と李賀歌へりき原爆變は知らざりしかば  (風雅黙示録)復活はだれからさきによみがへる光景か 否原爆圖なり  (黄金律)夏の快樂(けらく)のきはみこころの絶巓をさかさまに下るしかばねの橇  (緑色研究)禽園に夏あかときの火事蒼し赴きて斷末魔の孔雀視む  (靑き菊の主題)十五日 金曜 佛滅 敗戦記念日 聖母被昇天祭   唐芥子(たうがらし)くれなゐ朽ちておもかげに...

  •  0
  •  0

夏のひかりはそそぐ

塚本邦雄残雪のごとき鹽買ふ八月の巷 歴(れき)として今日日本の忌  (日本人靈歌)女人は海鞘(ほや)をきざみつつあり敗戦忌四十(よそ)たびめぐるわれの敗戦  (不變律 八月暦 十六日)馬轢死して一塊のうらわかき子宮に夏のひかりはそそぐ  (緑色研究)裸祭の花崎遼太處女座(をとめざ)のうまれ死にたいほどはづかしい  (不變律)滋賀県多賀大社で。OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ISO 200OLYM...

  •  0
  •  0

綺羅さむざむとしてひまわり

塚本邦雄道化師と道化師の妻 鐡漿色(かねいろ)の向日葵の果(み)をへだてて眠る  (装飾樂句)母の綺羅さむざむとして向日葵(ひまはり)の枯れつくすまで七十五日  (閑雅空間)イカルス遠き空を墜ちつつ向日葵の蒼蒼として瞠(みひら)くまなこ  (日本人霊歌)屋上に碧(みどり)の氷果くはへたりうらうらと不良少年の果(はて)  (歌人)OLYMPUS E-P5 Voigtlander Nokton 25mm f0.95 ISO 100OLYMPUS E-P5 Voigtla...

  •  0
  •  0

明日は明日

塚本邦雄かたびらは葉月の風にうちなびき燭臺のごと母は倒れき  (閑雅空間)西部劇幽霊町のぬかるみを渉る眞處女(まをとめ) 泪ながれたり  (不變律 八月暦 八日)明日は明日海鞘(ほや)食つて女組み伏せむ  (甘露)OLYMPUS E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 ISO 200OLYMPUS E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 ISO 200OLYMPUS E-P5 Voigtlander Nokton 25mm f0.95 ISO 100...

  •  0
  •  0

今日もゆったり水のなか

塚本邦雄日常の斷崖にさるすべり咲きさむし 崩御と逝去の差  (不變律 八月暦 九日)柩こそ繭ほどに輕かれ 蛇の衣よりかるかれと  葉月はじめのいささねぎごと  (感幻樂)詩歌濃くふふみこの夜にただよふを桔梗(きちかう)の水わがこころ截る  (星餐図)東近江市五個荘にて。OLYMPUS E-P5 Voigtlander Nokton 25mm f0.95 ISO 100OLYMPUS E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 ISO 200OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-6...

  •  0
  •  0

愚かしき夏

塚本邦雄愚かしき夏 われよりも馬車馬が先に麦藁帽子かむりて  (装飾樂句)癈品回収車を聲高(こわだか)に呼ぶ處女(をとめ)きみをみすててゆくはずがない  (波瀾)六郎と七郎と夏ゆふぐれに立つ 火星への梯子は一つ  (歌人)東近江市五個荘にて。OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200OLYMPUS E-P5 Voigtlander Nokton 25mm f0.95 ISO 100...

  •  0
  •  0