もう五月がいってしまう

もう五月がいってしまうから名残りの寺山修司。

寺山修司
下向きの髭もつ農夫通るたび「神」と思えりかかわりもなし  (空には本)
田園の傷(いた)みは捨てて帰らんか大学ノートまで陽灼けして  (血と麦)
トラクターに絡む雑草きみのため土地欲し歩幅十歩たりとも  ( 〃 )
啄木祭のビラ貼りに来し女子大生の古きベレーに黒髪あまる  (初期歌篇)

1-LR5__RD25540-35.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200
2-LR5__EE74378-25.jpg
OLYMPUS E-P5 Voigtlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5SL ISO 200
3-LR5__EE73776-26.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200

石徹白にて。

五月のにおいを嗅いで

寺山修司
田の中の濁流へだてさむざむとひとの再会見てゐたるなり  (田園に死す)
藁の匂いのする黒髪に頬よせてわれら眠らん山羊寝しあとに  (初期歌篇)
濁流に吸殻捨ててしばらくを奪われていき・・・にくめ、ハレルヤ!  (血と麦)
グライダーにたそがれの風謳わしむこころ老いたる青春のため  ( 〃 )

1-LR5__RD25550-26.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200
2-LR5__EE74200-25.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200
3-LR5__EE73783-26.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200

石徹白にて。

夕明かりのころ

塚本邦雄
夕映の薔薇色は黄に 恋愛の愛にこだはりつつわれあれば  (歌人)
はつなつのたましひかろし砂金なす夕光(ゆふひかり)みちそここそわが塋(はか)  ( 〃 )
蜜柑色てふことばほろぶれ兄(え)が弟(おと)の洟(はな)かんでやるこの夕明り  (豹変)

1-LR5__RD25137-37.jpg
OLYMPUS E-M5 Voigtlander Nokton 25mm f0.95 ISO 200
3-LR5__RD25123-37.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ISO 200
4-LR5__EE83713-37.jpg
OLYMPUS E-P5 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 ISO 100
5-LR5__RD25221-37.jpg
OLYMPUS E-P5 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ISO 200
6-LR5__RD25234-35.jpg
OLYMPUS E-M5 Voigtlander Nokton 25mm f0.95 ISO 200

丸山千枚田のまとめ



塚本邦雄
木の国の朝憂(う)かりける空色の目の子生ましめたるはつなつを  (睡唱群島)
父のこゑしまひおかむに紫のその青空の鍵を忘れし  ( 〃 )
生きて後柿若葉照る水の上を流るるや青空の花婿  ( 〃 )
水に映りてわれのうしろに神は立ち藍青(らんじやう)の羽根けむれる帽子  ( 〃 )
白地図にまづ梢形(せうけい)の岬描(か)くここにかがやけ父のなきがら  ( 〃 )

柿若葉

塚本邦雄
柿若葉潮騒に似て夜に入るをなぜかいまごろ海軍記念日  (還俗遁走曲)
超人類と呼ばば呼ぶべしほほえみて軽妙に「海征かば」を歌ふ  (不變律)
航空母艦の「母」なる文字がうちつけに腥(なまぐさ)し幾人を殺せし  (汨羅變)
よろこびはうみにふる雨紫陽花の紺青の来しかたを思へよ  (香霞帖)

1-LR5__EE83430-25.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200
2-LR5__RD25061-25.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ISO 200
3-LR5__RD25032-25.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ISO 200

神様がいるところ

塚本邦雄「約翰傅偽書(ヨハネでんぎしょ)・神国の餓歌」より
 無能無才なればこそこそ末弟もわれとつつけるこの初鰹
 「血の通ふ教育」とやら血みどろの硝子の檻を「学校」と呼び
 真鯉緋鯉びしょ濡れのこの五月空(さつきぞら)故郷は遠くありて忌まはし

1-LR5__RD25325-37.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200
2-LR5__RD25334-36.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200
3-LR5__EE73864-37.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200
4-LR5__RD25345-37.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200
5-LR5__EE73905-37.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200
3-LR5__RD25363-37.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200

石徹白(いとしろ)の白山中居神社にて。

新緑は恐怖の季節

塚本邦雄
 新緑は恐怖の季節である。四囲は緑青に満ち、幼帝ヘリオガバルスは狂気の果てに弑される。日常の風物の彼方に、おこり得べき変事を予見したいとこひねがふ、これは緑色黙示録の一章である。・・・  (「緑色研究」より)

3-LR5__EE73773-36.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200
1-LR5__EE74300-36.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200
2-LR5__EE74163-37.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200

石徹白(いとしろ)にて。

Riso amaro

塚本邦雄
黒すぐり皿に熟れつつ早苗饗(さなぶり)の従兄をわれはななめに愛す  (星餐図)
赤き水湧く苗代にえらばれて稗植ゑらるる さらば赴(ゆ)け曽良  ( 〃 )
甘し死のとがめあまねく苗立ての萌黄(もよぎ)のやみを截りて早少女(さをとめ)  ( 〃 )

石徹白(いとしろ)にて。
1-LR5__EE74363-36.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200
2-LR5__RD25571-37.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200
3-LR5__EE74252-36.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200
4-LR5__EE74305-36.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200


Riso amaro (邦題 にがい米 1952年日本公開)

さみどり、みどり、五月の色は

塚本邦雄
日々に水の味濃くなりて山繭がうちに満たせりさみどりの闇  (獻身)
献血のわが血は碧(みどり)、人間にわかつなど滅相もござらぬ  (詩魂玲瓏)
旧恋の何ぞ悲しきかきくらし五月若桑色の他界ぞ  (風雅)

1-LR5__EE74328-36.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200
1-LR5__RD25422-36.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200
3-LR5__EE74268-37.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200
2-LR5__RD25432-36.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200

シネマパラダイス

遅きに失したが四月の総まとめムービー。四月は、下呂、三重県北勢地方、住まいおる市内と合計3回の撮影日。そこへ3月末の美濃を加え、サクラだけ選んで。

塚本邦雄
あつき牛乳喇叭飲みせり映画にはおやすみの接吻(キス)にかがみ寄る父  (日本人霊歌)
鞦韆(しうせん)に揺れをり今宵少年のなににめさめし重たきからだ  (装飾楽句)
朴の花見ぬ間に散らむなかぞらに命かぎろふ四月なりけり  (摩多羅調)
春の夜の夢の桟橋郵便夫わたりてわれにわが死を知らす  (驟雨修辞学)


真碧(まみどり)の五月

塚本邦雄
父は沖におきざりにして真碧(まみどり)の五月のかひやぐらかひやぐら  (睡唱群島)
五月新緑みなぎる闇に犯しあふわれらの四肢のさかしまの枝  (水銀傳説)
樹の幹を流れゐる血と男子らのよびごゑに眩(くら)む五月の少女  (水葬物語)

1-LR5__EE74218-37.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200
2-LR5__RD25508-37.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200
3-LR5__RD25411-37.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200
石徹白(いとしろ)にて。

新緑のなかなり

塚本邦雄
銀河鉄道軌道(レイル)錆びつつジョバンニとは約翰伝(ヨハネでん)甘つたれのヨハネ  (約翰傅偽書)
レール百條翡翠(かはせみ)色の夕明り轉轍手わが夢を違へよ  (驟雨修辞学)
若者連れて芭蕉さまよふ北國の地圖の鐵道網のはつなつ  (緑色研究)
新緑のなかなりしかば目つむりし少女はがねのにほひをはなつ  ( 〃 )

1-LR5__EE74430-37.jpg
OLYMPUS E-P5 Voigtlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5SL ISO 100
2-LR5__RD25589-38.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200
3-LR5__EE74431-38.jpg
OLYMPUS E-P5 Voigtlander Nokton 25mm f0.95 ISO 100


五月生まれ、五月に死すか

寺山修司
かくれんぼの鬼とかれざるまま老いて誰をさがしにくる村祭  (田園に死す)
目つむりていても吾を統ぶ五月の鷹  (花粉航海)
ふるさとにわれを拒まんものなきはむしろさみしく桜の実照る  (初期歌篇 燃ゆる頬)

石徹白(いとしろ)にて。17日。
翌18日は 白山中居神社春の祭。
1-LR5__RD25308-35.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200
2-LR5__EE73924-35.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200
3-LR5__EE73830-36.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200
1-LR5__EE73950-38.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200
5-LR5__EE74195-36.jpg
OLYMPUS E-P5 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ISO 200

二十才 僕は五月に誕生した
僕は木の葉をふみ若い樹木たちをよんでみる
いまこそ時 僕は僕の季節の入り口で
はにかみながら鳥たちへ
手をあげてみる
二十才 僕は五月に誕生した   (寺山修司「五月の詩」より)

隠国のくまの (2)

塚本邦雄
紀伊國(きのくに)の習檜林野分して花よりもさぶしきものほろぶ  (獻身)

1-LR5__EE83453-36.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200
2-LR5__RD25051-35.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ISO 200
3-LR5__EE83581-35.jpg
OLYMPUS E-P5 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 ISO 100
4-LR5__RD25200-35.jpg
OLYMPUS E-P5 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ISO 200

時すでに晩きさくらや とはのたそがれ

塚本邦雄
時すでに晩きさくらやおとうとは叡智に髪の根まで汚れつ  (されど遊星)
目刺焼いて割箸焦がす日々(にちにち)のきのふのさくら明日の葉ざくら  (魔王)
戦ひもまして平和もなしさくらさく日本のとはのたそがれ  (風雅黙示録)

岐阜県郡上市石徹白(いとしろ)にて、5月17日に。
1-LR5__EE73997-36.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200
2-LR5__EE74054-36.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200
3-LR5__EE74067-36.jpg
OLYMPUS E-P5 LUMIX G VARIO 45-200/F4.0-5.6 ISO 200
4-LR5__RD25377-36.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200



こもりくの熊野

1-LR5__RD24985-35.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200
2-LR5__RD25085-35.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ISO 200
1-LR5__RD24920-36.jpg
OLYMPUS E-P5 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ISO 200
3-LR5__EE83603-35.jpg
OLYMPUS E-P5 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 ISO 100
4-LR5__RD25011-35.jpg
OLYMPUS E-M5 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO 200

塚本邦雄
ふだらくや熊野詣では神無月堕落して亡き父を凌げ  (汨羅變)
狭き日本にてなかんづく好色の小作の苗代の水澄める  (日本人霊歌)
農夫の未来、水鮮烈にしたたれる苗束首級(くび)のごとくに堤げて    ( 〃 )