Age of Pen

ARCHIVE PAGE

archive: 2013年05月  1/2

...

  •  0
  •  0

雨がふる日の咲き残ったシャクナゲを

...

  •  0
  •  0

ばら(2)

...

  •  0
  •  0

雨の長谷寺

No image

雨だったけれど、花の盛りは終わっていたけれど、いい長谷寺でした。...

  •  0
  •  0

見られているのか

...

  •  0
  •  0

ばら

...

  •  0
  •  0

やぐるま草のある畑

...

  •  0
  •  0

町歩き(2)

...

  •  0
  •  0

石仏

No image

浄瑠璃寺と岩船寺の周辺で。...

  •  0
  •  0

町歩き

昨年の暮れに東松照明が亡くなったとき、長崎新聞社刊「長崎曼陀羅 東松照明の眼1961~」を買った。その中に、「町歩きは、写真するものが示す、きわめて重要な行動パターンなのだ。」と東松が書いていた。かれはそれを、デッサンにさえなぞらえている。写真は、新薬師寺周辺の高畑路地。...

  •  0
  •  0

高円山の山麓で

...

  •  0
  •  0

眼の記憶

新薬師寺周辺の高畑路地で、ビン詰めの鹿など見ながら、散歩。...

  •  0
  •  0

喫茶 ろくさろん

ピアノに映った窓をトロンプ・ルイユ風に、新薬師寺のとなりにある喫茶店で。...

  •  0
  •  0

新薬師寺と白毫寺にて

「深読み!日本写真の超名作100」のすすめ。飯沢耕太郎「深読み!日本写真の超名作100」を読むと、もっと写真家を知りたい、写真を見たいと思うようになる。一流の写真家の写真を見るのは一番勉強になると思っている。オリジナル・プリントを見る方がいいのはわかっているが、写真集で見るだけでも得るものは多い。初めてカメラを持ったころはいろいろと技法書を読んだが、やがてどれも同じ事が書いてあるのに気づくと、つぎ...

  •  0
  •  0

雨上がりの色は

...

  •  0
  •  0