下界

1-LR_ED003475-1.jpg
砺波 E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

早苗(2)

1-LR_ED003336-2.jpg
砺波 E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

1-LR_ED003412-2.jpg
砺波 E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

早苗

1-LR_ED003355-1.jpg
砺波 E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

1-LR_ED003376-1.jpg
砺波 E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

たくましさ

LR_ED001525-3.jpg
高梁市吹屋 E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

松柏は四時を貫いて彫(しぼ)むことなく、歳寒前も松柏であり、歳寒後も松柏である。(姜在彦「朝鮮儒教の二千年」より)
彼のたくましさをうらやましく思う自分がいる。

にがて

LR_ED001537-3.jpg
高梁市吹屋 E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

変わり目

LR_ED001573-1.jpg
高梁市吹屋 E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

いつもと違うことに出合ったり、いつもと違うものに気づくのは、自分が変わるとき。
”半死半生の目に遭ったけれども助かって運が良かった”(松下幸之助)というのは、死ななくて運が良かったという意味ではないだろう。
半死半生の目に遭ったから、これからは不測の事態にも注意を払うように変化した。変化のポイント(転換点)を得て幸運だった。運がいいのは、変化という成長のきっかけを多く得る、あるいは多く気づくという意味ではないだろうか。

屋根

LR_ED001474-3.jpg
高梁市吹屋 E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

屋根に上って梯子をはずされることもある。

入り口または出口

LR_ED001403-3.jpg
高梁市吹屋 E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

大と小でセットになっているものはいろいろある。夫婦茶碗とかこの入り口とか。

いい日

LR_ED002588-3.jpg
E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

自由に働くのはもっとも楽しい

見守られている(2)

LR_ED001236-3.jpg
高梁市広兼邸 E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

LR_ED001247-3.jpg
高梁市広兼邸 E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

LR_ED001240-1.jpg
高梁市広兼邸 E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

見守られている

LR_EC003139-3.jpg
坂折棚田 E-P3 LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6

LR_ED002710-3.jpg
坂折棚田 E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

遠くを見よと言うが、わかっていても難しい事もある。だから、代りに遠くを見てくれる存在に頼りたくなる。恐怖が未来への不安ならば、それを軽くもしてくれる。

谷を出でて喬木に遷る

LR_EC002289-2.jpg
久世遷喬尋常小学校 E-P3 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

LR_EC002277-1.jpg
久世遷喬尋常小学校 E-P3 ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye

LR_ED001102-1.jpg
久世遷喬尋常小学校 E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

真庭市の旧遷喬尋常小学校。校名「遷喬」の由来は詩経と聞いた。
谷を出て高い木に登るウグイスがいる。郷里を出て出世するたとえと。
しかし、もとの詩の「出自幽谷 遷于喬木」のあとには、「求其友声」とある。
喬木にうつるのは、友を見つけるため。
現代ならば、それでいいのだという声が聞こえる。