曇天の底の

鳥居本のお散歩ですが、ちょっと元気がないので、そんな心理が反映してしまいました。
01LR6-_F240915-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

02LR6-_F240933-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

03LR6-_F240927-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

台風が近づいているそうですが、今日一日はよく晴れて暑い日でした。明日は雨だそうで、出かける予定があるのでなるべく予報が外れることを祈ってます。

塚本邦雄
 曇天の底の銀泥 執しつつ歌をにくみて歌に果つるか   (不變律)

かくて互(かたみ)に

鳥居本でアジサイの写真を撮りましたが、特別に名所でもなくごく普通の庭先の風景です。
01LR6-_M240266-2.jpg
お庭先を失礼しました。 NOKTON 25mm F0.95

02LR6-_F240919-2.jpg
のぞき見していたのは私です。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

03LR6-_M240219-2.jpg
本当に見ていたのは花だけです。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

塚本邦雄
 婚姻のかくてかたみに堪へゆかむのみ冷(すさま)じき夏のうぐひす   (驟雨修辭学)

うぐいす嬢というのもありました。今日は結果待ちですか。

わが眼下を過ぎ

鳥居本の町で。
01LR6-_M240279-1.jpg
注意!。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

02LR6-_M240327-1.jpg
カメラが傾いているのではなくて。 M.ZUIKO 75mm F1.8

03LR6-_M240334-2.jpg
時をかけました。 M.ZUIKO 75mm F1.8

ヒアリがいるそうです。

塚本邦雄
 蟻地獄よりのがれたる女王蟻蹌踉とわが眼下を過ぎつ   (獻身)

蹌踉(そうろう)がよろめく様だと調べて初めて知りました。(汗)
また塚本の別の歌集に「蟻が蟻地獄に引かれゆく恍惚を思ひをり死ののちにも詩歌」というのがあるそうです。

わが血はみどり

近江鉄道「鳥居本」で。
01LR6-_M240163-1.jpg
「おもちゃの駅」風に。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

02LR6-_M240173-1.jpg
今どきならばこんな高い天井は。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

03LR6-_M240152-1.jpg
三位一体の、マド。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

04LR6-_F240885-1.jpg
窓が好き。 NOKTON 25mm F0.95

塚本邦雄
 獻血のわが血は碧(みどり)、人間にわかつなど滅相もござらぬ   (獻身)

みどり色の血をもつあなたは何者と想像をふくらませるのが楽しいのですが、
むかし赤チンという薬をスリ傷に塗ると、光の加減で緑色に光って見えたような記憶があります。
あれは水銀化合物の色だったのでしょうか。

すがるよ

近江鉄道「鳥居本」は二度目の撮影ですが、まったく進歩がないというか、むしろ後退したような写真でした。
ありきたりの二番煎じの写真と言われそう。
02LR6-_M240177-1.jpg
記念写真その一。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

03LR6-_F240892-1.jpg
遅れはありません。 NOKTON 25mm F0.95

04LR6-_M240211-1.jpg
電車が入ってきました。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

スガルは「じがばち」という昆虫の名称だそうですが、挫折している者は何にでもすがりたいので。
塚本邦雄
 書かず終るわが消息の遠景に散るラガー金色(こんじき)の蜾蠃(すがる)よ   (閑雅空間)

05LR6-_M240206-1.jpg
記念写真その二。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8