食わさんとするまっ青

ことしの4月に、あの日を忘却しないようにと買った「くまモン」のプラモデルで遊んでます。
クマモトを応援するどころか、私の方が癒されて応援されているような感じです。
「くまモンの秘密」という本まで買ってしまいました。
01LR6-_R669037-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_R668939-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

引用はアジサイの青とひとつひとつが小さい星のような花にちなんで。

塚本邦雄
 吾妹に食はさむず眞靑の金平糖   (燦爛)

愛人(吾妹)に食わせよう、青酸(シアン=青)入りの金平糖。というところでしょうか。
合理性も倫理感も、一瞬の恍惚の前には意味がないのでしょうね。

すずしき夏を

もう時期も終りのクチナシですが、匂いだけはまだ強くただよっていました。匂いは写真に撮れないので、崩れかけた花で。
LR6-_R668425-2.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

LR6-_R668451-1.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

聖ラザロの記念日が6月なので、
塚本邦雄
 毒舌のすずしき夏を聖ラザロ寺院の鐵の扉のつばさ   (感幻樂)

と言いつつ聖ラザロを知らないので、例のごとく検索して一度死んで生き返った人だと知り、わけもなく力づけられた私はほんとうに単細胞です。

いざ金星

一年前にも土曜日に仕事をしながらちょっとよそ見して写真を撮ってましたが、きょうは一年ぶりのその日です。
ここは様々な薬草が少しづつ植えられているところです。紅花もあります。
01LR6-_R668513-1.jpg
Helios 85mm f1.5

02LR6-_R668502-1.jpg
Helios 85mm f1.5

03LR6-_R668533-1.jpg
Helios 85mm f1.5

塚本邦雄
  初夜(そや)の鐵線(てつせん)
   髪膚爽やかなる
    男ばかりえらびていざ金星へ   (水無月帖)

非凡な明日は来ない


 亀山市楠平尾町の山林で有志の人たちがササユリの保護活動をしています。去年も同じところを撮ったので、せめてレンズを違うものに変えて目先をごまかしたつもりです(汗)。
01LR6-_E288225-6.jpg
日が傾くころに、クモの糸が邪魔をする。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

02LR6-_F280267-6.jpg
ヘリオスのレンズ収差で遊べば。 Helios 85mm f1.5

03LR6-_F280260-6.jpg
お口直しの一枚。 Helios 85mm f1.5

塚本邦雄
 非凡なる明日來るならず 外より見え街湯の赤き海豚(ドルフィン)のむれ   (日本人靈歌)
 參ぜむにはるけき謀叛 鬱金香杯(チューリップ・グラス)にいささかの血あたたむ   (星餐圖)

 さいごは毛色を変えて、作り物で動物系。
04LR6-_F280302-6.jpg
このあたりはマムシが出ます。だから見張ってます。 Helios 85mm f1.5

あふるる涙水無月の

 あげる写真がなくなってきて手詰まりになってきました。
01LR6-_5210151-6.jpg
開拓者。 SUMMILUX 15mm F1.7

02LR6-_5210002-5.jpg
ものわすれが進むわたしの頭脳はラビリンス。 SUMMILUX 15mm F1.7

LR6-_5210115-6.jpg
色が消えても美しいお前。 M.ZUIKO 75mm F1.8

 次々とものわすれする私の脳みそはちょっと早めの老人病で、だんだんとかすんできた私の眼は病気ではなくて老眼の進行です。

塚本邦雄
 目を病めば溢るる涙水無月のサーカスの獅子火の環をくぐる   (驟雨修辭学)

言葉に背き

 またハーブ・ガーデンの写真にもどって。
01LR6-_5210144-6.jpg
老兵は死なず。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_5210132-5 (2)
あと何年。 M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_5210137-6.jpg
同じような写真ばかり恥ずかしい。 SUMMILUX 15mm F1.7

塚本邦雄
 窮極は言葉に背きつづけつつ歌人たり 水無月の初霜   (約翰傅偽書)

一塊の

 見たことがあるけれども名前は知らない花。なおなおハーブ・ガーデンで。
LR6-_5210019-5.jpg
赤ちゃんの耳たぶ? M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_5210040-5.jpg
ロケットが地中へいく。 M.ZUIKO 75mm F1.8

03LR6-_5210159-1.jpg
乳母車がおくれ気味。 M.ZUIKO 75mm F1.8

塚本邦雄
 シモーヌ・ド・ボーヴォワールも一塊の炭となりしか金蓮花萌ゆ   (詩歌變)

はかなき戀おとづれて

 なおネモフィラ、なおハーブ・ガーデン。
01LR6-_5210109-1.jpg
青いじゅうたん。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_5210204-1s.jpg
回れ回れ回れ。 M.ZUIKO 25mm F1.2

塚本邦雄
 父にはかなき戀おとづれてきのふより灰紫の蜥蜴の革帶(ベルト)   (水銀傳説)

03LR6-_5210081-1.jpg
空き部屋あります。 M.ZUIKO 25mm F1.2

04LR6-_5210218-3.jpg
国境にカベはない。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

 きょうは小倉百人一首の日だそうですが、その選者の藤原定家と後鳥羽院との関係に、在原業平と惟喬(これたか)親王の姿が重なって見えさらに塚本邦雄と昭和天皇とが重なります。
 愛と憎のどちらに傾く天秤かは三者三様ですが、定家、業平、塚本邦雄の心に共通するものがあると感じるのです。

おかえりなさい

 ネモフィラのあるメナード青山、続きです。
02LR6-_5210062-1.jpg
野外カフェの庭で。 SUMMILUX 15mm F1.7

01LR6-_5210102-2.jpg
物置小屋の前で。 SUMMILUX 15mm F1.7

03LR6-_5210189-1.jpg
黄色いケシの列らしい。 M.ZUIKO 25mm F1.2

塚本邦雄
 鸚鵡が人の言葉を忘れてしまふからまつすぐ家(うち)へお歸りなさい   (黄金律)

 TVニュースを見て、飼い主の言葉しか発せられない鳥を想像しました。

記憶のそれのみ

 ネモフィラを撮りに行って、違う花撮って名前が分からない繰り返しですが、何でもいいから写真を撮れれば満足です。
01LR6-_5210025-3.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_5210032-2.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_5210021-3.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

塚本邦雄
 百合の木を植ゑし記憶のそれのみに過去(すぎゆき)の一部分明るし   (感幻樂)