夢ならず

「花火」。のような。
01LR6-_R668478-1.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

03LR6-_R668476-1.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

04LR6-_R668481-1.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

塚本邦雄
 さにづらふをとめありけり夢ならず時雨きらめく空より來しや   (露とこたへて―業平朝臣歌物語)

歌は塚本邦雄による伊勢物語を土台にした小説にあるそうです。
塚本は、
伊勢物語にあらはれる「昔、男」と業平はイコールで結べるやうなものでないがとことわったうえで、
業平と昔男をぴたりと重ね合わせた物語を構想したようです。

百合一花

6月の重箱が空っぽになったので、先月末の写真で。
01LR6-_F280283-1.jpg
Helios 85mm f1.5

03LR6-_E288267-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

きのうの俳句つながりで。
塚本邦雄
 百合一花崑崙に雪ありと思へ   (斷絃のための七十句)

食わさんとするまっ青

ことしの4月に、あの日を忘却しないようにと買った「くまモン」のプラモデルで遊んでます。
クマモトを応援するどころか、私の方が癒されて応援されているような感じです。
「くまモンの秘密」という本まで買ってしまいました。
01LR6-_R669037-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_R668939-1.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3

引用はアジサイの青とひとつひとつが小さい星のような花にちなんで。

塚本邦雄
 吾妹に食はさむず眞靑の金平糖   (燦爛)

愛人(吾妹)に食わせよう、青酸(シアン=青)入りの金平糖。というところでしょうか。
合理性も倫理感も、一瞬の恍惚の前には意味がないのでしょうね。

すずしき夏を

もう時期も終りのクチナシですが、匂いだけはまだ強くただよっていました。匂いは写真に撮れないので、崩れかけた花で。
LR6-_R668425-2.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

LR6-_R668451-1.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

聖ラザロの記念日が6月なので、
塚本邦雄
 毒舌のすずしき夏を聖ラザロ寺院の鐵の扉のつばさ   (感幻樂)

と言いつつ聖ラザロを知らないので、例のごとく検索して一度死んで生き返った人だと知り、わけもなく力づけられた私はほんとうに単細胞です。

いざ金星

一年前にも土曜日に仕事をしながらちょっとよそ見して写真を撮ってましたが、きょうは一年ぶりのその日です。
ここは様々な薬草が少しづつ植えられているところです。紅花もあります。
01LR6-_R668513-1.jpg
Helios 85mm f1.5

02LR6-_R668502-1.jpg
Helios 85mm f1.5

03LR6-_R668533-1.jpg
Helios 85mm f1.5

塚本邦雄
  初夜(そや)の鐵線(てつせん)
   髪膚爽やかなる
    男ばかりえらびていざ金星へ   (水無月帖)