ははは

 明日こそは撮影に出かける予定ですが、きょうはもうストックもないので・・・。津島5月1日。
01LR6-_F015917-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

02LR6-_N013567-2.jpg
Helios 85mm f1.5

03LR6-_N013455-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

塚本邦雄
 おほはははおほちちの邊の揺籃歌(ベルスーズ)フニクリ・フニクラのこゑ霞み   (靑き菊の主題)

♪ オニのパンツは いいパンツー つよいぞー つよいぞー

生きいきと

 もう言い訳はしませんが・・・。
01LR6-_N013050-2.jpg
わたしは不審者ではありません。もちろんのぞき魔でも。 Helios 85mm f1.5

LR6-_F015527-3.jpg
藤まつりに来てこちらを撮っているアマノジャク。 Helios 85mm f1.5

LR6-_N013583-2.jpg
ピント合わせが間違っているなんて硬い事言わずに。 Helios 85mm f1.5

塚本邦雄
 生きいきとにくみあひつつ夏近くなりぬ伽羅蕗(きやらぶき)食ふ家族たち   (日本人靈歌)

憶ふこころ

 重箱の隅をつつき過ぎて穴を開けて。
01LR6-_N013153-1.jpg
フレアが多すぎますが、重箱の隅ですから。 Helios 85mm f1.5

LR6-_N012957-1.jpg
シャッターボタンを押しただけですが、重箱の隅ですから。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

03LR6-_F015899-1.jpg
色温度が変ですが、重箱の・・・。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

塚本邦雄
 胡蝶花(しやが)みだれ伏すにはたづみ過ぎむとし一刹那國を憶ふこころ   (黄金律)

つかのまの猶予

 けじめのない藤の花ももうストックもなくなり、今日は重箱の隅からです。さて明日からはどうしようと思案しても、いつも行き当たりばったりですので、明日になればなんとかなるさと楽天的に考えて今日の更新。
02LR6-_F015973-1.jpg
重箱の隅からつついて出して。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

01LR6-_F016008-2.jpg
反対側の重箱の隅から。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

03LR6-_N013671-1.jpg
標本も必要。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

塚本邦雄
 新綠の世のことごとくきらめかず新郎つかのまの猶予乞う   (歌人)
 祝婚歌成らざるままに夏明けてすさまじきうぐひすのみささぎ   (豹變)

 こっそり自己満足の一枚も追加して。
LR6-_F015532-1.jpg
どこが面白いと聞かれても困るけど。 NOKTON 17.5mm F0.95

惜敗せり

 そろそろ見飽きたかも、藤の花。なお津島。
01LR6-_F015909-3.jpg
一緒に見上げたい、カメラを構えたおっさんとではなく。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

02LR6-_F015994-3.jpg
下を見ればうらやましいから上を見る。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

 夏場所が明日からはじまるので。
塚本邦雄
 はつなつの夜の草相撲小結の瑠璃生(るりお)混血にて惜敗せり   (歌人)

03LR6-_F015638-1.jpg
輝いてます。 NOKTON 17.5mm F0.95

04LR6-_F015573-3.jpg
このうす汚れ感はわたしのもの。 NOKTON 17.5mm F0.95

 塚本邦雄の短歌にたびたび「混血」が出てきますが、いずれも社会的差別感を伴った単語と意識されていると思います。本人に差別感はないのですが、とくに戦争直後のあからさまな差別意識を踏まえて使われていると感じるのです。
 そのうえで、かれはこの言葉に「優越性」を付加しようとしているのではないかという気がします。普遍性や平等感ではなくて優越です。かれはそこにひとりの人間と国との関係の先進性、ありまほしき未来の姿をみているように感じるのです。