への供物

 きょうは正面というテーマです。
一枚目は道路に面した古いレンガ煙突、二枚目は観光用のネコのモニュメントの正面です。
むかし「FACE」という写真集があったことを思い出しました。

01LR6-_N239894-3.jpg
触れれば温かい。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

02LR6-_F232554-1.jpg
ピカピカの鼻が自慢。 M.ZUIKO 25mm F1.2

塚本邦雄
 若葉の帚草(ははきぐさ)一束は森林太郎への供華(くげ) 匿名の少女らが   (獻身)

 帚草、ホウキグサは夏の季語だそうですが、植物に疎いわたしは若葉という語に引きずられてしまいました。(汗)
坂井修一が解説して、この歌は森鴎外の
 『 處女(しよぢよ)はげにきよらなるものまだ售(う)れぬ荒物店の箒(はゝき)のごとく』(沙羅の木)
への少女たちからの返歌とありました。
 なるほどなあと思いつつ、私には森林と木々が重なるイメージとコキアの枝の密なイメージが重なりました。

のちのことなど想ふ

 きょうはウラをテーマにした(つもりの)常滑です。

 きのうの「赤い家」の表側に回って撮った写真がきょうの一枚目ですが、赤い家は全く見えず、観光案内に載っていない路地のひとつに入らないとあの家は見えないのでした。
01LR6-_N230247-3.jpg
表は裏とはだいぶん違う。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

02LR6-_F232951-3.jpg
裏ではないが表口でもない。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

塚本邦雄
 花蘇枋われは童女を侍らせて死ののちの死のことなど想ふ   (詩歌變)

04LR6-_N239940-1.jpg
裏庭は喫茶店。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

 ある本にきょうの短歌の童女を塚本邦雄の孫娘と解説してありましたが、現実にそのような場面があったとしても歌人の脳は別世界を空想しているように思います。歌人は愛妻を蘇枋処女と呼んでいたとどこかで読んだ記憶があり、童女は妻その人ではなかったかと感じます。

きりてあかき

 今日は赤をテーマに。
 赤は外に向かっていく積極的な色という印象があって、引っ込み思案気味の私にはあこがれても届かない色です。
01LR6-_N230237-3 (2)
三日住めば性格が変わるかも。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

02LR6-_F233035-3 (2)
隅もちゃんと塗りました。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

 赤は目立つので一部分だけを塗ってすませる事ができず、どんどんとペンキが拡散してやがて全体が赤くなった。そんな印象を受けましたが、それにしても塗り残しのない丁寧な仕事ぶり。
 引用する歌は、きのうの「革命」つながりと今日の「赤」で選びました。

塚本邦雄
 きずつきて彼らがなさむ革命を待つ 夜を斷(き)りて赤き陸橋   (日本人靈歌)

03LR6-_F233084-3.jpg
わたしは赤なのか。金だろう。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 ところで三月もおわりなので、ブログの写真を中心に「さよなら三月」というスライドショーにしましたが、友人のタブレットで見たらPCで作ったものとは違う動画になっていました。WEB上で再生する動画なので、端末がスマホやタブレットだと作成した通りには再生できないようでした。(リンク先『さよなら三月』

 賞味期限一カ月の動画です。(音量調整ができませんので大きな音が出ます)



もうたがはむ無

 きょうは煙突がテーマです。
01LR6-_F232841-3.jpg
空へ通じる道かも。 M.ZUIKO 25mm F1.2

塚本邦雄
 菠薐草(ほうれんさう)鍋に死につつこの午餐後もうたがはむ無血革命   (日本人靈歌)

02LR6-_F232871-3.jpg
きっと天に通じる道だ。 NOKTON 17.5mm F0.95

03LR6-_N230207-3.jpg
私も上れるだろうか。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

 ホウレン草が煮えてぐったりしていくのを「死につつ」などというのを、大仰ととるか大胆な比喩ととるのかは人それぞれでしょうが、日常の風景を思いっきり外界にとばしてしまう表現がわたしには勉強になります。勉強しても上達しませんけど。(笑)

 「日本人霊歌」は1958年出版され翌年「第三回現代歌人協会賞」受賞にいたった歌集だそうですが、歌の後半に世界革命への懐疑と革命という言葉になお心惹かれるインテリゲンチャが引っ張るこの時代の世相を感じます。もっとも「無血革命」は短歌の変革のことを指しているのかもしれないとも思うのですが。

いたむあけぼの

ふたたび常滑散歩を、晴れ時々ネコということで続けます。
01LR6-_F233081-3.jpg
ミモザの季節ですね。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F232809-4.jpg
土管でポーズ。 M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_N230049-3.jpg
この家に住めば野菜ぎらいが直ります。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

塚本邦雄
 別れぎは聯隊旗手にくちづけをゆるしたあとのいたむあけぼの   (透明文法)

04LR6-_F232954-3.jpg
主よ人の望みの喜びを。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

それぞれのうちに

 三日もネコを続けてしまってブログの趣旨が動物系になるのをおそれて、今日は植物で。あいかわらず常滑ですが。
01LR6-_F232609-4.jpg
ようやくあなたに出会えました。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_N239834-4.jpg
見上げれば。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

 植物系といいつつ、まだネコもいたりして。

塚本邦雄
 盲(めし)ひたる猫それぞれのうちに養(か)ひ微溫浴室(テビダリウム)のごとし我家は   (日本人靈歌)

LR6-_N239824-4.jpg
お行儀よい。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

秘密もち

 仏の顔もと言いますが、ネコは仏じゃないから三度目も許されるかと思って、今日も常滑でネコをつづけます。
 短歌も季節はずれも無視して、ネコ。
01LR6-_N230035-4.jpg
観光スポットの「土管坂」で遊ぶ。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

塚本邦雄
 祕密もちてこもれるわれの邊に睡り初夏(はつなつ)耳の孔紅き猫   (日本人靈歌)

02LR6-_F232661-4.jpg
見上げれば君がいた。 M.ZUIKO 25mm F1.2

LR6-_F232630-5.jpg
お賽銭は無いの? M.ZUIKO 25mm F1.2

すこし愛す

 きのうのネコにちなんで、猫つながりで常滑です。
 モデルは、私物の「貯金箱」になってもらいました。
01LR6-_F232645-4.jpg
かれが、来い来いと呼んでます。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 短歌も、以前にも引用したものですが、ネコで。

塚本邦雄
 飼猫をユダと名づけてその昧(くら)き平和の性(さが)をすこし愛すも   (装飾樂句)

02LR6-_F232721-4.jpg
足元が不安定で、ちょっとだけヒアヒア。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 反射神経というものがもともと無くて、運動神経というものももともと持ってないので、敏捷なものを撮るのが大の苦手です。モータースポーツ、鉄道、イヌ、ネコ、どれもうまくとれません。
 その点で、ここのネコは、もたもたしている私をいつまでも同じポーズで待ってくれている優しいヤツです。

なまぐさ

 きょうはうす曇りの一日でしたが、ジャンパーを着て歩くと汗ばんでしまいました。
 最近ごろごろとして、なまぐさを決め込んできた罰を受けて、足どりもあやしく、汗をふきふきほっつき歩きました。
 ここは常滑です。

01LR6-_N239789-4.jpg
貴方は美しい。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

塚本邦雄
 春雷のあとなまぐさき椿かな   (現代詩手帖「塚本邦雄の宇宙」より 斎藤慎爾選「燦爛」)

02LR6-_F232534-4.jpg
ぼくのハートを。 NOKTON 17.5mm F0.95

恩愛(おんあい)のきりぎしに

塚本邦雄
恩愛(おんあい)のきりぎしにして振仰(ふりさ)くるたかむらにふりしきる霰を   (湊合歌集にみづから贐(はなむけ)する沓冠鎖歌(くつかぶりくさりうた)七首)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

おひな様に飽きても、なお中馬。
01LR6-_E186463-9.jpg
いい歳してかくれんぼ。 NOKTON 17.5mm F0.95

02LR6-_E186446-8.jpg
壁にも性格が出る。 NOKTON 17.5mm F0.95

03LR6-_E186456-9.jpg
右か左かそれが問題だ。 NOKTON 17.5mm F0.95

04LR6-_F180606-9.jpg
修理してもなお崩壊するわたしの脳。 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro