わが愛を錘となし

”未練”のつづきを大和郡山で。
01LR6-_F050376-3.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

02LR6-_E058335-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

03LR6-_F050487-3.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

04LR6-_E058516-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

もう夏至だそうです。

塚本邦雄
 水(みず)の上に咲くは河骨わが愛を錘(おもり)となして一夜(ひとよ)ただよふ   (翠華帖)

大和郡山の金魚は、かの柳沢吉保の子の吉里が甲府から移ったときに持ち込んだものと聞きました。
そのとき金魚を携えた柳沢家の家臣の名と、忠臣蔵の大石内蔵助の子孫が一度途絶えた後再興されたとき養子を迎えた家の人の名が同じなのに不思議な因縁を感じました。後者はきっと広島藩あたりの人でしょうから別人でしょうが、忠臣蔵における吉保と内蔵助の立場を考えて、面白く思ったのです。

しかずされども

”未練”を軽蔑しつつ断ちがたいので、いまさら6月初旬の写真で。
当然”重箱の隅”写真ですが、面の皮の厚さと心臓に生えている毛のおかげで臆面もなく。
01LR6-_E058648-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

LR6-_E058542-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

LR6-_E058586-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

つゆ草(つきくさ)は秋の季語だそうで、梅雨どきなのでつい間違って引用してしまいました。

塚本邦雄
 歌はざるに及かずされどもあかときに一生のつきくさが虛(きよ)の藍   (不變律)

明け方の一本のつゆ草の青い花に感じたはかなさを自分の身にもおよばせてしまった感覚が、未練の写真にすがっている自分を批判されたように感じて。

不可解な世も末の

まだ大和郡山。
01LR6-_E058435-5.jpg
あなたに見えないものが私には見えている。 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

02LR6-_F050455-3.jpg
お疲れさま。 NOKTON 17.5mm F0.95

LR6-_E058377-3.jpg
知らんぷりしようぜ。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

サッカリンが禁止されたのは私が高校生のときでしたが、大学へいったら先生からサッカリンよりも砂糖のほうが問題があると言われました。
一夜で話がひっくり返るというのは、何やら昨日今日の政局と同じです。さまざまに不可解な話があっても見て見ぬふりどころか人身攻撃で逃げを打つ彼へ、世も末の歌を引用しました。

塚本邦雄
 サッカリンを綠茶に入れて飮まさるる不可解な世も末の日のくれ   (歌誌『木槿』 1947 5月)

遠回りすればどこへも行けぬ

今日はノラ犬になって大和郡山をウロウロ。わん!
01LR6-_E058370-5.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

02LR6-_E058506-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

03LR6-_E058445-5.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

上ばかり見ていたせいで道が分からなくなって迷い犬になりました。
塚本邦雄
 棘の薊の不逞に光る野を怖れとほまはりすればどこへも行けぬ   (透明文法)

LR6-_E058351-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

あやうしまたあるいは

狭い場所が好きです。
前世がネコだったとは思わないけれど、狭いところは心がおちつくのです。
大和郡山なお。
01LR6-_F050510-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

02LR6-_F050354-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

03LR6-_F050458-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

塚本邦雄
 十藥の十字あやふしわれもまたあるひは受苦をこひねがふ肉   (黄冠集)

十薬はドクダミだそうです。
週末に草刈りをしてドクダミを切ったとたんに特有の匂いがしました。小さな十字の白い花が咲いていました。
ひたすら伸びた草と格闘していたので、写真に撮っておけばよかったと後になって気づきました。