そらみみ

本日休診ということで、花も色もない、いわばちょい撮りです。
ひとやすみひとやすみ、です。
自分に甘くすることは精神衛生上いい事ですよね。「ウン」という声が聞こえます。

LR6-DP2Q3203-Edit-1.jpg
DP2Q

aiは二重母音

真面目に仕事をしなかったバチがきっと当たったのだと思います。カメラを2台修理に出しました。
これまでもだましだまし使ってきたのですが、電源が入らないトラブルがつづくのです。

一枚目は二重露出なので、
 悍馬毆(う)つ夕べの若者によするわが愛二重母音のごとし  (塚本邦雄)

01LR6-P6161330-Edit-1.jpg
E-M5mk2 135mm

02LR6-P6167590-Edit-1.jpg
PEN-F 17mm

蹴球ネット越しのネット

3日も続けると写真と仕事とどちらが主なのかと我ながら恥ずかしくなりますが、
うしろめたさにめげずに今日もまた。(反省なし!)

規範意識の低下も老化現象に違いないと思います。
01LR6-P6167646-Edit-1.jpg
E-M5mk2 300mm

02LR6-P6167681-Edit-1.jpg
E-M5mk2 300mm

 警官の蹴球金網越しに見てほほゑめる蒼白の犬の牙  (塚本邦雄)

わたしのような年齢のものが生きつづけて不条理だなあとあらためて思う一日でいた。

誰かが誰かと

きのうのつづきは黄色がテーマです。
黄色い花の名前は知りませんが、やっぱりキクの仲間でしょうか。

塚本邦雄も黄色で、
 鮮黄(せんわう)の幼き星は水中に病みつつひとりむすこのイエス
 われら短き命もてうちくだくべき偶像は黄なる霞に睡り
 死にいたる戀いつの日に少年の黄の聲「ライ麥畠横切り」
01LR6-P6167638-Edit-2-1.jpg
PEN-F 17mm

02LR6-P6161364-Edit-1.jpg
E-M5mk2 135mm

少年が唄う「ライ麦畠横切り」は、もしかしたらサリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」にでてくる歌でしょうか。誰かが誰かと・・・と唄っているのでしょうか。

梅雨の合間の青い空

きょうは職務専念義務違反の成果でいきます。

 梅雨の蒼き窓窓閉(し)めて何か待つテレーズ・ラカンめける妻達  (塚本邦雄)

きょうの白い花は「フランスキク」属らしいのですが何という花かは知りません。おフランスならテレーズ・ラカンとも縁がありそう。
01LR6-P6167587-Edit-1.jpg
PEN-F 17mm

02LR6-P6161337-Edit-1.jpg
E-M5mk2 135mm

恥ずかしながらテレーズ・ラカンを知らないので検索しました。
恋人と共謀して夫を殺した女性で、同名のゾラの小説の主人公だそうです。
塚本邦雄は博識な人だったそうなので、ゾラのテレーズ・ラカンを読んだのでしょうが、
きっと本を読んだだけでしたら歌に読み込まなかったと感じます。
かれの脳裏にあったのはゾラの小説をもとにした「嘆きのテレーズ」という映画だったような気がします。

脳くもりて

きのうの動物つながりで、デンデンムシをいきます。

 水無月(みなづき)は脳(なづき)くもりてしのはらにあと絶つしろがねの蝸牛(かたつむり)  (塚本邦雄)

私の「なづき」は一年中くもりっぱなし。
LR6-P6077459-Edit-2-1.jpg
PEN-F 50mm Macro

ほんとうはカタツムリは苦手なので、一枚だけにして、色気のある写真も。
02LR6-P6071109-Edit-1.jpg
E-M5mk2 135mm

お口直しの写真は”進化していない記念写真”です。

ショウブ園へ行きました、青モミジがきれいでした、いい天気でした、・・・という写真で、
うしろめたいので小さめの写真でこっそり。
LR6-P6071182-Edit-1.jpg
E-M5mk2 135mm

水は鋼の香

アメンボを「水馬」と書くのは、むかしむかし受験勉強で憶えた記憶があるのですが、すっかり忘れていました。

 水は鋼の香にただよひて百首歌の夏のはじめをうたひそびれつ  (塚本邦雄)

01LR6-P6077475-1.jpg
素早い彼氏  PEN-F 50mm Macro

02LR6-P6071248-Edit-1.jpg
映画館で見ているように  E-M5mk2 135mm

お口直しの菖蒲も一枚。
03LR6-P6071237-1.jpg
E-M5mk2 135mm

夢に還らむ

めげずに今日も。

 かきつばた夢に還らむ父の國その水の上に網打つ母は  (塚本邦雄)

01LR6-DP2Q3181-1.jpg
DP2

02LR6-P6071243-Edit-1.jpg
E-M5mk2 135mm

あらたまのごとく

「花は不得意」の証明写真を正直に。平凡です。

 鴫澤二郎は友とせざらむ璞(あらたま)のごとく尋常にして凡庸なり  (塚本邦雄)

01LR6-P6077431-Edit-2-1.jpg
PEN-F 8mm Fisheye

02LR6-P6071063-Edit-1.jpg
E-M5mk2 135mm

塚本邦雄の歌によれば、平凡でつまらない私の写真も磨けば光るのでしょうか。「あらたま」という単語に希望を託して、もうすこしがんばってみようかな。

LR6-DP2Q3185-Edit-1.jpg
DP2Q

不得意科目をひとやすみ

不得意科目の「花」ばかりつづいているので気分転換したいところですが、代わるものがないので、菖蒲園でショウブに尻を向けて撮った何でもない一枚。

あっ、尻ではなく背でした。言い間違いは本音が出ると聞きましたが、本性も出るのでしょうか。わたしの意識には重力が働いています。

LR6-DP2Q3201-Edit-1.jpg
DP2Q