全ての記事の表示

剛毛のツェッツェ蝿
2018/07/15
昼顔
2018/07/14
海水が微妙に
2018/07/13
七月とろけるばかり
2018/07/12
それぞれの夏
2018/07/11
はしりすぎ
2018/07/10
すいかどろぼう容疑
2018/07/09
知るや
2018/07/08
早く雨が終わればいい
2018/07/07
コソコソ
2018/07/06
心を過ぎつ
2018/07/05
ほぼ七歩
2018/07/04
深閑と七月
2018/07/03
お散歩中またはなかよし
2018/07/02
わたしは草食獸
2018/07/01
わたしには胃が四つある
2018/06/30
棘のある
2018/06/29
毒のある
2018/06/28
図々しいだけ
2018/06/27
六月の赤
2018/06/26
みち草を食う
2018/06/25
いまさら殊勝な
2018/06/24
雨だから
2018/06/23
なすことなくブラブラ
2018/06/22
不審者もどき
2018/06/21
そらみみ
2018/06/20
aiは二重母音
2018/06/19
蹴球ネット越しのネット
2018/06/18
誰かが誰かと
2018/06/17
梅雨の合間の青い空
2018/06/16
脳くもりて
2018/06/15
水は鋼の香
2018/06/14
夢に還らむ
2018/06/13
あらたまのごとく
2018/06/12
不得意科目をひとやすみ
2018/06/11
とかれてはじけ
2018/06/10
つむじのうずは左巻き
2018/06/09
あやしき前頭葉、否あやうし前頭葉
2018/06/08
恥づ人
2018/06/07
月曜病の3日目
2018/06/06
一日遅れの月曜病
2018/06/05
国展まちがえました
2018/06/04
頭頂に麦わらのカンカン帽がほしかった日
2018/06/03
世間はばくしゅう
2018/06/02
六月神もおとろへ
2018/06/01
のこりけむ
2018/05/31
軽きわが現身
2018/05/30
泡だつごと
2018/05/29
蝶につきまとはれ
2018/05/28
エロイカ、アンジェロ、ミケランジェロ
2018/05/27
雨季迫る
2018/05/26
なほ立つ
2018/05/25
たとえばそこに
2018/05/24
においの幻想、色の幻覚
2018/05/23
ひと日するどく
2018/05/22
五月うとまし
2018/05/21
うつつはつなつ
2018/05/20
とみにつのる
2018/05/19
ひと真似をしたくない
2018/05/18
にむらがれる蝶を
2018/05/17
時間を返してくれ
2018/05/16
浜へ
2018/05/15
幻視まひるくれつつ
2018/05/14
もう一日
2018/05/13
過ぎてかへらぬ蝶ら
2018/05/12
紳士になりたい
2018/05/11
ひるがおの昼
2018/05/10
おーら
2018/05/09
悔い改め中
2018/05/08
女神さま
2018/05/07
いはばあたらしき
2018/05/06
セルフ・インダルジェンス
2018/05/05
出すことで心の緊張が解ける
2018/05/04
一日たのしむ憲法の日
2018/05/03
ひと月前の写真で
2018/05/02
恥ずかしながら
2018/05/01
四月尽とか
2018/04/30
さつきみなづきえこそやすらへ
2018/04/29
落ちた日
2018/04/28
老い放題に老いて
2018/04/27
残り物
2018/04/26
かたきのまちへ
2018/04/25
新緑の古刹で考えたこと
2018/04/24
木々の新芽に沁みゆく
2018/04/23
汗地にみちびかれ
2018/04/22
独りじゃない
2018/04/21
ピアニシモは私の心臓の音
2018/04/20
唯我独尊の輩
2018/04/19
正直者
2018/04/18
虚妄の證明
2018/04/17
すみれ、まみれ、灰まみれ
2018/04/16
木花咲耶姫
2018/04/15
レクイエム
2018/04/14
カッコウにとらわれる
2018/04/13
化粧川
2018/04/12
時間の止まるとき
2018/04/11
もうじき百か
2018/04/10
教える日々の
2018/04/09
かえりなむいざ
2018/04/08
かなわざると知りつつ
2018/04/07
モラトリアム
2018/04/06
たづねつつすえにあやめる
2018/04/05
あることのかなし
2018/04/04
花の曇の
2018/04/03
上気してさくら色
2018/04/02
花粉アレルギーの鼻ひからせて
2018/04/01
刻刻を老ゆるわれ、すさみゆく
2018/03/31
などてやすらうわれ
2018/03/30
月とサクラ
2018/03/29
謙虚な日
2018/03/28
われのかなしさや夢の中
2018/03/27
背を向けるすね者  ~不盡山龍祥寺のしだれ桜
2018/03/26
なきわれはまた
2018/03/25
見放されおる われ
2018/03/24
脚をそろえてよろめく日
2018/03/23
封鎖地帶
2018/03/22
つくしは土筆、鰆はさわら
2018/03/21
ふりてこのむなしき
2018/03/20
花もなき身とこそ
2018/03/19
戻り寒なお
2018/03/18
「み」つながりで
2018/03/17
しづくすそのかみの
2018/03/16
花粉こわい
2018/03/15
ちょっと寂しい
2018/03/14
水晶宮のすみで
2018/03/13
日はかえりゆき
2018/03/12
半分負つてくれ
2018/03/11
壁乗り越えなくていいですか
2018/03/10
眼逸らさざる
2018/03/09
まつたく羞しがらぬ
2018/03/08
さはやかに三月
2018/03/07
へ啓蟄の
2018/03/06
をちかた(遠くの、向こうの方の)
2018/03/05
老かまとと
2018/03/04
鬱としてあり
2018/03/03
飽き飽き
2018/03/02
三月のむなしさ
2018/03/01
二月尽
2018/02/28
香をかなしみ
2018/02/27
もなかにありて
2018/02/26
のあたりか
2018/02/25
此岸のいくじなし
2018/02/24
上をむいてあるこう
2018/02/23
性をすこし愛す
2018/02/22
さらばゴヤ
2018/02/21
草の種子など
2018/02/20
きょうは人体模型で
2018/02/19
友はほうむられ
2018/02/18
重いまぶたでめまい
2018/02/17
死にたいほどはづかしい
2018/02/16
なまなまと耀
2018/02/15
光りつつ
2018/02/14
路地裏で
2018/02/13
祀(まつ)るべきもの
2018/02/12
淡き火花
2018/02/11
反省中
2018/02/10
やみがたき煙色
2018/02/09
ひりひりとひび
2018/02/08
密告したる賞
2018/02/07
ソラリゼーションもどき
2018/02/06
仰ぎて愛す
2018/02/05
友告げきたる
2018/02/04
老いの顔になりて
2018/02/03
おりしも雨または雪
2018/02/02
愕然たるわがものわすれ
2018/02/01
蝕の月ぞ
2018/01/31
こっそりと
2018/01/30
心しずかな
2018/01/29
獣を飼はむ硝子の檻
2018/01/28
春夜就眠儀式
2018/01/27
厚顔をおどろくなかれ
2018/01/26
つつがなきや
2018/01/25
となして雪
2018/01/24
おつかれさま
2018/01/23
目くらましの後で
2018/01/22
暦にそむき 〜かんべ石取祭カレンダー
2018/01/21
あぶなし大寒、われに犬捕りの針金
2018/01/20
かならずありと
2018/01/19
かなしみのすゑに澄みゆく
2018/01/18
寒暖(温度)のつぎは和洋で
2018/01/17
色にさえ寒暖の差
2018/01/16
ムーミンパパがんばれ
2018/01/15
丸と四角で
2018/01/14
熱き町湯に
2018/01/13
すでに飼われている
2018/01/12
折り目正しく
2018/01/11
ネコに小判、音痴にルビーズ・アームズ
2018/01/10
ルビーのうで
2018/01/09
わがこころよぎる月照
2018/01/08
似つつしあわれ
2018/01/07
野に熟れきはまり
2018/01/06
なつかしき仲間
2018/01/05
加算積算してみても零は零
2018/01/04
スタートダッシュ
2018/01/03
まだ終わらなくて
2018/01/02
ことしもよろしくお願いします
2018/01/01
大祓の祝詞
2017/12/31
神は微風のごとく
2017/12/30
神さりながら
2017/12/29
一年分のあたいは
2017/12/28
12月の時間は濃密
2017/12/27
たぐえない歳晩
2017/12/26
方程式を解けないままの
2017/12/25
この夜ひそけき
2017/12/24
方寸のわが胸
2017/12/23
星占い
2017/12/22
いなかのネズミ 〜大阪 光の饗宴
2017/12/21
久しぶりの撮影は
2017/12/20
ほね折りしても
2017/12/18
ないものねだり
2017/12/17
十二月今日
2017/12/16
暦にそむき
2017/12/15
かぜ
2017/12/14
我を通さむ ~井波で
2017/12/13
冬紅葉
2017/12/12
日々は過ぎ
2017/12/11
ほのかな紅葉と60年前の写真誌なども
2017/12/10
しにあ
2017/12/09
魂を一つにしたときに得られる温もり
2017/12/08
病みて健やか
2017/12/07
まだ見えぬわが明日は
2017/12/06
瞬くひまも
2017/12/05
師走の沖の底に
2017/12/04
人の消息わが消息  ~五箇山
2017/12/03
みをしずめ 死待つ ~五箇山
2017/12/02
聖十二月 ~明治村
2017/12/01
もみぢ照りつつ、わが生はいつまで ~五箇山で
2017/11/30
夜をしきりに
2017/11/29
窓から
2017/11/28
明治にあこがれ
2017/11/27
翔べぬ天使 ~明治村
2017/11/26
ゆかばいろなき
2017/11/25
黄葉に透く 〜祖父江
2017/11/24
ふとなみだぐましき 〜祖父江
2017/11/23
星いずかたに 〜祖父江
2017/11/22
香気か臭気か ~祖父江
2017/11/21
うつくしきかな ~祖父江
2017/11/20
及かず紅葉 ~杠葉尾(ゆずりお)
2017/11/19
模糊たり ~大和郡山 (大和民俗公園)
2017/11/18
夜寒朝寒 ~奥永源寺
2017/11/17
悪戯の報告
2017/11/16
愚かなりしきのふ
2017/11/15
まぶたの裏に色とどめ
2017/11/14
気ままわがまま思うまま
2017/11/13
悪質
2017/11/12
残り物ではない
2017/11/11
数で
2017/11/10
秋はたえられず
2017/11/09
秋こもり
2017/11/08
読書の秋
2017/11/07
あすは立冬
2017/11/06
現身か
2017/11/05
文化の日
2017/11/04
不祥事
2017/11/03
ほのかに光さして
2017/11/02
ここ過ぎて
2017/11/01
老ゆるわれ荒(すさ)んで
2017/10/31
風のゆくえ
2017/10/30
秋の雨過ぐる
2017/10/29
きょうは従順
2017/10/28
人は
2017/10/27
光濃き
2017/10/26
モデル代未払い
2017/10/25
ノラが邪魔する
2017/10/24
恍として平和過ぎ
2017/10/23
野分いたりて
2017/10/22
片片のハート
2017/10/21
わがコスモスと雑草と
2017/10/20
キャパもルソーも好き
2017/10/19
ころぶ所まで
2017/10/18
愛しつつ石にまどろみ石つみかさね
2017/10/17
歩みゆく道の
2017/10/16
時間が止まる処
2017/10/15
火の色
2017/10/14
十月のひるね
2017/10/13
いそのかみ布留
2017/10/12
かかし、カキ、かれは
2017/10/11
三本のレンズ
2017/10/10
石上神宮でトリに会う
2017/10/09
有明の月、秋桜、粟のようなねこじゃらし
2017/10/08
十月は何のにおい
2017/10/07
イヌの出番
2017/10/06
花消えてのち
2017/10/05
中秋の月だそうです
2017/10/04
見上げれば
2017/10/03
散歩の最終の
2017/10/02
神無し
2017/10/01
惜しむ9月
2017/09/30
のちに認知する
2017/09/29
息ぬき
2017/09/28
自覚症状あり
2017/09/27
二日を経て
2017/09/26
曼珠沙華の日
2017/09/25
クロック
2017/09/24
あまのじゃく
2017/09/23
白い鉄塔
2017/09/22
虚空つかむ夕映に
2017/09/21
無能無才なれ
2017/09/20
西からしぶしぶ
2017/09/19
近代化産業遺産
2017/09/18
野分経て
2017/09/17
アクテノン
2017/09/16
松阪にて
2017/09/15
城のある町
2017/09/14
わたしは楽天家です
2017/09/13
久しき危機 ~ じじカフェ系
2017/09/12
上がってくる気配
2017/09/11
迷子
2017/09/10
おろかしき一日果て
2017/09/09
何の歳ごろ
2017/09/08
色気なし
2017/09/07
方正
2017/09/06
静養
2017/09/05
本日休診
2017/09/03
今日はレトロで
2017/09/02
私が見るのか、私が見られているのか
2017/09/01
あのころ
2017/08/31
懐古趣味
2017/08/30
五十年で世捨人
2017/08/29
色に悩む年ごろになりました
2017/08/28
平城京跡で
2017/08/27
星濃し夜
2017/08/26
平城京でたなばた祭
2017/08/25
きょうの日は
2017/08/24
地下室のエロティック
2017/08/23
われや夏負け
2017/08/22
抜け道のある家と抜け道のない縄跳び
2017/08/21
住宅街のバンガロー
2017/08/20
夏はカイダン
2017/08/19
見うしなう路
2017/08/18
口惜しまぎれに
2017/08/17
へ行くとに行く
2017/08/16
敗戦のかの日
2017/08/15
せっかくの決心なのに
2017/08/14
海彦のいる
2017/08/13
港とつながる
2017/08/12
青銅時代は過ぎ
2017/08/11
夏の果てに宥し乞う
2017/08/10
きずつきし蜥蜴
2017/08/09
ふと心づき
2017/08/08
風、そのなかに
2017/08/07
炎天ひややかに
2017/08/06
カンナ
2017/08/05
神だのみが増えた
2017/08/04
おまつり拾遺
2017/08/03
心理療法かもしれない
2017/08/02
こっそり再開 ~鈴鹿市かんべ石取祭で
2017/08/01
夢ならず
2017/07/04
曇天の底の
2017/07/03
かくて互(かたみ)に
2017/07/02
わが眼下を過ぎ
2017/07/01
わが血はみどり
2017/06/30
すがるよ
2017/06/29
あはれ
2017/06/28
たとへばとある
2017/06/27
万緑の
2017/06/26
くさりゆりちり
2017/06/25
なみだぐむ夏至の
2017/06/24
百合一花
2017/06/23
食わさんとするまっ青
2017/06/22
わが愛を錘となし
2017/06/21
しかずされども
2017/06/20
一瞬に似て
2017/06/19
すずしき夏を
2017/06/18
いざ金星
2017/06/17
記憶の中の空の
2017/06/16
不可解な世も末の
2017/06/15
遠回りすればどこへも行けぬ
2017/06/14
あやうしまたあるいは
2017/06/13
あとあゆむしづかなる
2017/06/12
つづくものあらざるを
2017/06/11
かんがふる金魚
2017/06/10
われならば
2017/06/09
しきりに呼ぶ
2017/06/08
はるかなれども眼前の
2017/06/07
短さにこそやすらわん
2017/06/06
あえて言わば
2017/06/05
非凡な明日は来ない
2017/06/04
あふるる涙水無月の
2017/06/03
言葉に背き
2017/06/02
この世水無月水あふれ
2017/06/01
なみだぬぐいて
2017/05/31
赤をたぐえて
2017/05/30
山色清浄
2017/05/29
一塊の
2017/05/28
はかなき戀おとづれて
2017/05/27
おかえりなさい
2017/05/26
記憶のそれのみ
2017/05/25
明日のわれに逢ふべし
2017/05/24
青春は一瞬
2017/05/23
誰にも聞こえぬ声
2017/05/22
うちにひびかう初夏
2017/05/21
ははは
2017/05/20
しびれるばかりの初夏
2017/05/19
きのふの空や
2017/05/18
生きいきと
2017/05/17
憶ふこころ
2017/05/16
劣れる我
2017/05/15
つかのまの猶予
2017/05/14
惜敗せり
2017/05/13
生誕より死へ
2017/05/12
ひだりは他界
2017/05/11
の中にひとしづくの
2017/05/10
おそろしき凶器
2017/05/09
心ぞたち迷う
2017/05/08
風あそぶ
2017/05/07
夏のさきぶれと
2017/05/06
永久(とは)の眩暈(めまひ)よ
2017/05/05
ひとしくたもつ
2017/05/04
いだかれてうく
2017/05/03
おわりの明るまむ
2017/05/02
五月来る
2017/05/01
無染(むぜん)の花月
2017/04/30
ねがいとおそれ
2017/04/29
したたらすにほひ
2017/04/28
花ひそかに
2017/04/27
さきのさきの世
2017/04/26
眩(くるめ)く点
2017/04/25
闇ながら
2017/04/24
それぞれに色さえ
2017/04/23
夢はゆめ
2017/04/22
花ついに散るや散らずや
2017/04/21
きらめけり春
2017/04/20
かずしるす
2017/04/19
花おほかた
2017/04/18
受難劇果て
2017/04/17
まずわれら生きかえり
2017/04/16
ゆるびつつ
2017/04/15
めざむるなかれ
2017/04/14
あやふきまなかひ
2017/04/13
まなかひにある花の
2017/04/12
知らず
2017/04/11
がばと起て
2017/04/10
なに思いけむ
2017/04/09
虹消えて
2017/04/08
憤然と
2017/04/07
ねばならむ不毛
2017/04/06
痩せた一本の
2017/04/05
必死に
2017/04/04
たのし労働
2017/04/03
への供物
2017/04/02
のごとく並べ
2017/04/01
のちのことなど想ふ
2017/03/31
きりてあかき
2017/03/30
もうたがはむ無
2017/03/29
いたむあけぼの
2017/03/28
おぼろなり
2017/03/27
それぞれのうちに
2017/03/26
秘密もち
2017/03/25
すこし愛す
2017/03/24
なまぐさ
2017/03/23
なにが世捨人
2017/03/22
矢印の方、夜
2017/03/21
ぬつと
2017/03/20
あえてかかわらざる
2017/03/19
このむなしき量
2017/03/18
未だ花婿のごとく
2017/03/17
いろまさる
2017/03/16
今生は明日待つことの重なり
2017/03/15
は永久(とは)に
2017/03/14
ややふとりぎみ
2017/03/13
にとらわる
2017/03/12
三・一一に見捨てらる
2017/03/11
誇る一日を持たざれば
2017/03/10
はるかよりひびきくる春の
2017/03/09
どこか明るく
2017/03/08
こころのかたすみに
2017/03/07
これぞまことは
2017/03/06
生きのびてここに
2017/03/05
ひとところ
2017/03/04
声あわす
2017/03/03
重たきからだ
2017/03/02
春は
2017/03/01
さながらに
2017/02/28
たばしる二月
2017/02/27
えこそ忘れね
2017/02/26
恩愛(おんあい)のきりぎしに
2017/02/25
必然の時こそいたれ
2017/02/24
いづこぞきさらぎの
2017/02/23
かず知れぬ
2017/02/22
睡りの中に
2017/02/21
如月はくれない
2017/02/20
寂けさに
2017/02/19
致死量の
2017/02/18
わが夢によみがへり
2017/02/17
熟睡の
2017/02/16
さはやかにわれなし
2017/02/15
むなしき挨拶
2017/02/14
さま見たり
2017/02/13
はるたいてんよ
2017/02/12
残生あらむ
2017/02/11
あさもよし
2017/02/10
は咳(せ)き
2017/02/09
真冬の
2017/02/08
とおきところをみつめつつ
2017/02/07
この嘘を
2017/02/06
にわかに止みし
2017/02/05
立春の
2017/02/04
の何たるかを
2017/02/03
断たむとしてみな愛す
2017/02/02
冬ふかく易易(いい)と
2017/02/01
ふれあふひびき
2017/01/31
睡りたる寒き空と
2017/01/30
雪凍ててしづかにめぐり
2017/01/29
創り余して
2017/01/28
青空がかへり來て
2017/01/27
言葉探し
2017/01/26
あなたの手は
2017/01/25
うたかたなりけるむかし
2017/01/24
のなかの昏睡
2017/01/23
不安なる今日
2017/01/22
もつとも好む大寒
2017/01/21
となさむ
2017/01/20
泡さながらの
2017/01/19
昨日降れりき
2017/01/18
刻きざむ
2017/01/17
雪はまひるの
2017/01/16
雪ぞこころの
2017/01/15
夢さらさらに雪ふる
2017/01/14
かたむきて
2017/01/14
するどく憎む
2017/01/12
あらたまの
2017/01/11
追い抜いたのについてくる
2017/01/10
猩々緋の
2017/01/09
ことおおかたは尽くし
2017/01/08
他界より初便り
2017/01/07
たわめるガラス
2017/01/06
無音も
2017/01/05
刻知らず
2017/01/04
憩ひにけむる
2017/01/03
のこすはつひの
2017/01/02
たまきはる
2017/01/01
のかをりする
2016/12/31
晩年の美しき季節
2016/12/30
まなこつむるとき
2016/12/29
をはらみて
2016/12/28
みだりがはしき
2016/12/27
泡なす
2016/12/26
天に肖(に)ざるを
2016/12/25
つくり終へ
2016/12/24
銀に曇り
2016/12/23
やぶれてかくさびし
2016/12/22
背を曲げて
2016/12/21
炎やし来し
2016/12/20
ぼろぼろの
2016/12/19
を枕に午睡
2016/12/18
ほそるこころざし
2016/12/17
さむき渾沌
2016/12/16
山もまどろみ
2016/12/15
とらはれてたちまち
2016/12/14
香をはなつ夜の
2016/12/13
綺語とどめがたし
2016/12/12
心溺れ
2016/12/11
わが冬の
2016/12/10
越えて落ちたる
2016/12/09
転生ならば・・・
2016/12/08
さびしさの極
2016/12/07
男一匹こぼれおち
2016/12/06
百歳さしてはるかならね
2016/12/05
われにはるけき
2016/12/04
の終焉に何萬
2016/12/03
紅葉ちるさまも
2016/12/02
2016/12/01
いつわりおおき
2016/11/30
秋のひざしはふかく
2016/11/29
思ひ出でて舌打ち
2016/11/28
革命、、それも遅し
2016/11/27
今日を終ると
2016/11/26
ひかり澱む
2016/11/25
すれちがひ
2016/11/24
ひれふるこころ
2016/11/23
何のわたくしうやむやに
2016/11/22
苦くおもうふその年
2016/11/21
栄えることなく晩年は到る
2016/11/20
翔べぬ天使に読みきかす
2016/11/19
籃(らん)の中にめざめ
2016/11/18
たしかならざる伝聞ひとつ
2016/11/17
癒えたわれ
2016/11/16
まひるの光
2016/11/15
みづからにゆるされて
2016/11/14
一片の紅
2016/11/13
なにごともなき空閒
2016/11/12
冷えわたりつ
2016/11/11
秋も終り
2016/11/10
すこやかにものおもへ
2016/11/09
今宵みづみづし
2016/11/08
歳月われの頭上を過ぎ
2016/11/07
何か知らねど
2016/11/06
かたすみにうなだれて
2016/11/05
われならば
2016/11/04
チエうす
2016/11/03
そのつぐなひ
2016/11/02
ふとおもひいで
2016/11/01
ライトヴァース
2016/10/30
思い出でなんすなわち
2016/10/29
口実ひとつ
2016/10/28
弟よ
2016/10/27
冷ゆる日々
2016/10/26
底にうすもみじを秘めて
2016/10/25
ザクロふくみ
2016/10/24
たましいの檻(おり)ありつつ見えぬ
2016/10/23
大田舎
2016/10/22
もくせいをとめ
2016/10/21
照る月の黄の
2016/10/20
あやしき夜半に
2016/10/19
ぐみに月光
2016/10/18
秋澄む
2016/10/17
園のくらやみ
2016/10/16
夜の明るさにまんばうが
2016/10/15
日日わがうちに
2016/10/14
つづけつつ
2016/10/13
身をまもるための
2016/10/12
両手まかれしわれ
2016/10/11
淡々と
2016/10/10
神無月かけくだる齢
2016/10/09
あゆみ来てつかれ
2016/10/08
言葉は稀に
2016/10/07
罰くだるべし
2016/10/06
愚かなりしきのふのわれ
2016/10/05
つゆしらぬ間に
2016/10/04
ほのかにまどろみ
2016/10/03
志なし
2016/10/02
神無月と思うたまゆら  ~古都祝奈良で
2016/10/01
晩年に秋風の扉
2016/09/30
ふしあわせを愛して
2016/09/29
りんりんと
2016/09/28
の果てにわれは
2016/09/27
しこうしてまた
2016/09/26
平安は光りなく
2016/09/25
よろこびのために ~矢勝川のヒガンバナ
2016/09/24
胸中に一粒の火
2016/09/23
明日も
2016/09/22
愛ありし辺(へ)に
2016/09/21
突風に
2016/09/20
こころざしうすべにの
2016/09/19
月光をつつみ
2016/09/18
記憶にこころを支ふ
2016/09/17
金曜のよひ
2016/09/16
カラス
2016/09/15
かすめとる
2016/09/14
明日のわれをあはれみ
2016/09/13
無能無才
2016/09/12
死後の蜜月 ~金城ふ頭ダイヤモンド・プリンセス
2016/09/11
飽きたころ
2016/09/10
二人の恋
2016/09/09
ほとほとに ~四日市コンビナート夜景
2016/09/08
かさなりて撮られ
2016/09/07
埠頭の石に
2016/09/06
秋暑きかな
2016/09/05
脂肪しづかにまき
2016/09/04
百日の遠景に  ~ 愛知トリエンナーレ2016
2016/09/03
信うしない果て  ~ ティルトールの三脚
2016/09/02
風のかなたに
2016/09/01
今日は従順
2016/08/31
台風の
2016/08/30
われ沈み
2016/08/29
われをいざなう
2016/08/28
夏さり光
2016/08/27
真夏果つる
2016/08/26
あやまちてたそがれ
2016/08/25
たんげいをゆるさぬ道化
2016/08/24
いのちきらめけ
2016/08/23
めぐりあひて
2016/08/22
秋立ちて
2016/08/21
きれぎれの夏を
2016/08/20
水底に
2016/08/19
われもまた
2016/08/18
何の刻
2016/08/17
夏もわれらも
2016/08/16
口しびれつつ
2016/08/15
人ならぬもの
2016/08/14
うつつには
2016/08/13
くちずさみつつ夏深し
2016/08/12
忘れさりけり八月の
2016/08/11
夏のわざはひの
2016/08/10
つかれしとき
2016/08/09
わが朋(とも)よ
2016/08/08
夏の果て
2016/08/07
六日のあやまち
2016/08/06
閉じらるる
2016/08/05
心の泡なり
2016/08/04
蒼き花冠
2016/08/03
淡黄のひをともし
2016/08/02
花咲くかぎり咲かせおく
2016/08/01
忘れはてむふるさと
2016/07/31
棲めばみじかき
2016/07/30
ほてるたましい
2016/07/29
空くれて
2016/07/28
かなしみしたたる
2016/07/27
晩熟を
2016/07/26
朽ちざるこころ
2016/07/25
はかな
2016/07/24
出口なき酷暑
2016/07/24
しばらくのちに
2016/07/23
かなしみををうちはらひ
2016/07/22
たまゆら
2016/07/21
なごり否さきぶれ
2016/07/20
ほかなき
2016/07/19
いのちなるきみに
2016/07/18
夜を燦(きら)めき
2016/07/17
労働を忌み
2016/07/16
こころにかかる
2016/07/15
無為の日の
2016/07/14
敗れたればこそ
2016/07/13
ながれくるもの
2016/07/12
もとより不敵 ~雲ケ畑
2016/07/11
水に隕せし
2016/07/10
もろともに
2016/07/09
添いつつとまどうある日
2016/07/08
あかねさす
2016/07/07
しぼる文月
2016/07/06
雨中に火
2016/07/05
ときめきて今
2016/07/04
はるかなるかな
2016/07/03
あはれ夏
2016/07/02
なかの辛子
2016/07/01
たのしみあらむ
2016/06/30
夏をはらむと
2016/06/29
瞳澄むまで
2016/06/28
ひとつまみの塩ほどの
2016/06/27
いまだ朽ちざる
2016/06/26
ことごとく忘れて
2016/06/25
藍うるみ
2016/06/24
心の飢え
2016/06/23
夏を病む
2016/06/22
夏もまぼろし
2016/06/21
水無月の
2016/06/20
何せむ
2016/06/19
少年のごと
2016/06/18
二度と言はねば
2016/06/17
てのひらのすぢみだる
2016/06/16
うつろふ方に
2016/06/15
濃淡あげつらい
2016/06/14
真昼間のまさゆめ
2016/06/13
時閒という沼
2016/06/12
時の記念日刻光り
2016/06/11
いささ葉隠れ
2016/06/10
夏のかなしみの一つ
2016/06/09
ちちはははいさ
2016/06/08
かくもかがやき
2016/06/07
睡りうるうる
2016/06/06
ふと恋し
2016/06/05
無尽に
2016/06/04
六月の蒼
2016/06/03
草食獸の
2016/06/02
つみふかき
2016/06/01
よろこびの窓をよぎり
2016/05/31
いろあせゆき
2016/05/30
泣きたくなるほどひそか
2016/05/29
あはれみをあたへて
2016/05/28
明日の密会場所
2016/05/27
ちえぞはかなき
2016/05/26
閉ぢてたかぶりつつ
2016/05/25
くらみゆく
2016/05/24
饒舌がつなぐ
2016/05/23
あけぼのいろの甘
2016/05/22
きらめくものある五月
2016/05/21
光の澪(みを)に
2016/05/20
無駄だらけの
2016/05/19
日日あり
2016/05/18
くくる五月
2016/05/17
いへばわれらの
2016/05/16
くたびれはてて
2016/05/15
はつなつのひかりは
2016/05/14
ひかりを記憶
2016/05/13
遠い夏空
2016/05/12
白昼が午後にうつりゆく
2016/05/11
愛しきやし (はしきやし)
2016/05/10
ああはつなつ
2016/05/09
ゆきたしと思へども
2016/05/08
おそろしきへだたり
2016/05/07
まさびしく
2016/05/06
たちまち
2016/05/05
絶唱のごと
2016/05/04
火のごとき
2016/05/03
しびるるばかり  ~君ヶ畑
2016/05/02
あやめなき
2016/05/01
いざなふごとし
2016/04/30
おほせしが花
2016/04/29
つきぬおもいは
2016/04/28
ことだまの
2016/04/27
あとの泪
2016/04/26
ひとつさまよひ出でて
2016/04/25
ひかりやつれて
2016/04/24
花敷き
2016/04/23
夢の境
2016/04/22
ほとぼりもすでにうすれ
2016/04/21
鳥肌立ち
2016/04/20
ふとさびし
2016/04/19
ほのかに
2016/04/18
魔のゆふぐれを
2016/04/17
何に執し
2016/04/16
ことばかざりたる
2016/04/15
ひざまづき
2016/04/14
さきのさきの世も
2016/04/13
者にうばはれ
2016/04/12
春天に白
2016/04/11
やみてのち ~丸山千枚田、赤木城、木津呂
2016/04/10
おちぶるるとも
2016/04/09
え言はねど
2016/04/08
さやさや
2016/04/07
春服をなびかせ
2016/04/06
褒と貶
2016/04/05
花冷えの ~旧京都府庁の桜
2016/04/04
われもまた咲かされて ~夜桜の東寺(2)
2016/04/03
櫻色の ~夜桜の東寺
2016/04/02
もののみの世界に
2016/04/01
花たまへ花くれと
2016/03/31
われはまたよそむきて
2016/03/30
ありやなし
2016/03/29
逆光があぶり出す
2016/03/28
ぬれやすき春
2016/03/27
いかなる悪か
2016/03/26
充ち
2016/03/25
すぎごしは
2016/03/24
他界をさしのぞくとや
2016/03/23
明日に耐へ
2016/03/22
われはうちふす
2016/03/21
ものおもい ~尾鷲へ
2016/03/20
ひかりとどかぬ
2016/03/19
わめきつづけて
2016/03/18
人に非ざる
2016/03/17
春の夜の
2016/03/16
心ひもじき
2016/03/15
花持てるとき
2016/03/14
たてまつる
2016/03/13
きのうの空に
2016/03/12
In the spring becomes the rose
2016/03/11
ひたすら
2016/03/10
なに待つ
2016/03/09
ほのかにひらく
2016/03/08
まえにうつむき
2016/03/07
暗がりに
2016/03/06
鼻孔の充血
2016/03/05
あふるるごとき
2016/03/04
深海のいろ
2016/03/03
萌黄こそ
2016/03/02
そこより来る
2016/03/01
うつつ
2016/02/29
泡を吹く
2016/02/28
うつくしき
2016/02/27
おもちゃ屋 ~Olympus PEN-F の記念写真
2016/02/26
時間は寒天色
2016/02/25
いろあせ
2016/02/24
影のこす
2016/02/23
一心不乱に
2016/02/22
写さむ
2016/02/21
あふれては
2016/02/20
つつしみて
2016/02/19
愛のごとく
2016/02/17
思わざるゆえに
2016/02/16
尖ばかり雪
2016/02/15
くたびれ
2016/02/14
気色ばんでゴンチャロフ
2016/02/13
甘露てふ
2016/02/12
しからざるもの
2016/02/11
いまいづこ
2016/02/10
思うきさらぎ
2016/02/09
にほひ、きさらぎ
2016/02/08
こころゆたけし
2016/02/07
くち裂くごとき ~郡上八幡冬あかり 寒ざらしライトアップ
2016/02/06
うかうかと踏み入り
2016/02/05
遂げてのち
2016/02/04
こだま冴え
2016/02/03
さてまた
2016/02/02
雪白(せつぱく)の
2016/02/01
きわまりを見
2016/01/31
咽喉こえる
2016/01/30
ひたひたひたと
2016/01/29
一瞬薔薇色
2016/01/28
相知る
2016/01/27
ややこし
2016/01/26
かそかな
2016/01/25
シンシン
2016/01/24
やはらかくふりつもり
2016/01/23
水仙の
2016/01/22
大寒
2016/01/21
うしろむきに
2016/01/19
垂直にあえかなる歪み
2016/01/18
ひえびえと
2016/01/17
冷えわたり
2016/01/16
乱調の
2016/01/15
あそびてさむき
2016/01/14
冬の光
2016/01/13
帰りか行かむ
2016/01/12
破のかなしみに
2016/01/11
ことばおそろし
2016/01/10
よちよち
2016/01/09
ふるえやまざり
2016/01/08
かぎらざれど
2016/01/07
ひろびろと
2016/01/06
さえざえと
2016/01/05
未来史が
2016/01/04
浄まるこころ
2016/01/03
殊に仔細は
2016/01/02
初夢は
2016/01/01
十二月三十一日
2015/12/31
わが知らぬ世
2015/12/30
めぐりあうべき
2015/12/29
一樹の檸檬(レモン)あり
2015/12/28
天涯にるるとさえずる・・・くちびるの四綠
2015/12/27
人に見られ
2015/12/26
キリスト色の ~2016年12月分のカレンダー
2015/12/25
何をおそれむ
2015/12/24
いづくにか咳
2015/12/23
のがれ得ず ~2016年11月分のカレンダー
2015/12/22
魂一つかみ
2015/12/21
最後は夢か
2015/12/20
香りかすかに移り ~白川郷で
2015/12/19
夢で逢いましょう
2015/12/18
まだ見えぬ ~2016年10月分のカレンダー
2015/12/17
おろおろとして ~2016年9月分のカレンダー
2015/12/16
刹那に
2015/12/15
あわれ記憶の外
2015/12/14
磁石なし寝る ~2016年8月分のカレンダー
2015/12/13
たった今
2015/12/12
不信もてつながる ~2016年7月分のカレンダー
2015/12/11
いくばくの悔い
2015/12/10
絵を刷って ~2016年6月分のカレンダー
2015/12/09
雅歌を
2015/12/08
あくせく(齷齪)と
2015/12/07
液化してゆく
2015/12/06
かえる港の
2015/12/05
それ以後の
2015/12/04
待望論など無縁
2015/12/03
わが胸中にふぶき
2015/12/02
知らぬが花
2015/12/01
退屈のきわみ ~2016年5月分のカレンダー
2015/11/30
空耳にふと
2015/11/29
冷やかな言葉
2015/11/28
一日の果てに ~2016年4月分のカレンダー
2015/11/27
透きとおりつつあれば ~ユネスコ無形遺産の美濃和紙
2015/11/26
永久に愛し ~2016年3月分のカレンダー
2015/11/25
ときすでに過ぎ
2015/11/24
未来へ
2015/11/23
林のかげで説く微分積分
2015/11/22
光るひそやかに
2015/11/21
未生以前 ~来年の2月分のカレンダー
2015/11/20
聖・銃器店
2015/11/19
生けるバルバラ
2015/11/18
一塊のかなしみを
2015/11/17
死せるバルバラ
2015/11/16
危機かさなり
2015/11/15
ラ・マルセイエーズ
2015/11/14
ははと笑い立ちつくす
2015/11/13
半生にいくたり ~京都久多
2015/11/12
創るべし ~Calendar 2016年1月
2015/11/11
なすこともなきひるさがり
2015/11/10
安逸
2015/11/09
不意にあやうし
2015/11/08
いささか憂へ
2015/11/07
どこで乘り換へるのか
2015/11/06
つかのま
2015/11/05
さびしきよろこびの禁煙車
2015/11/04
ここも明日
2015/11/03
ほのぼのと
2015/11/02
さえずれる一群の中さえずらぬ一羽
2015/11/01
ただ秋のかぜ
2015/10/31
ちちのみの
2015/10/30
たましひ遊ぶ
2015/10/29
心車輪のごと
2015/10/28
風を踏み訪い
2015/10/27
のこすべきなにありやなしや
2015/10/26
しぶしぶ
2015/10/25
惡名が奔らむ
2015/10/24
漂いて
2015/10/23
愚かしき一日
2015/10/22
刻刻を老ゆるわれ
2015/10/21
群青の
2015/10/20
ことば優雅に
2015/10/19
燗ざましののごとし
2015/10/18
わが宇宙(コスモス)
2015/10/17
よろこびに隣り
2015/10/16
見失う環
2015/10/15
偶像
2015/10/14
行つて引つかへす
2015/10/13
そらおそろしき退屈の
2015/10/12
空白の出日本 ~ 「ジャック・オー・ランタン」のリトルワールド
2015/10/11
考へる豚
2015/10/10
身の底に
2015/10/09
ずたずたの
2015/10/08
うすれつつ、透かしつつ、えにしもあらず
2015/10/07
われもまた衆愚の一人
2015/10/06
死後はいさ
2015/10/05
朱き絵の硝子窓 ~生駒聖天で獅子閣
2015/10/04
こころにもあらざるを
2015/10/03
うすき日殘る
2015/10/02
群靑の十月
2015/10/01
肉(しし)ふとり、垣爛(ただ)れ、死後に聽く
2015/09/30
愕然と思ひ
2015/09/29
われにまさるわれ
2015/09/28
音もなく
2015/09/27
こころぞさわぐ
2015/09/26
眞紅(まくれなゐ)の眞實
2015/09/25
脫出したし
2015/09/24
われに二人の神
2015/09/23
溶けゆくダリア
2015/09/22
還り來しものも忘れられ
2015/09/21
人に渇
2015/09/20
しるしの下に
2015/09/19