眩(くるめ)く点

 ロシアンレンズが壊れていました。Helios 85mm f1.5のマウントアダプター部分のメス側が壊れてレンズがボディから落ちそうになっているのに気づきました。きのうのピンボケ大量発生の原因はこれのようです。さすがロシア製です。(怒)
 気を取り直して、別のレンズで撮った2枚で心の動揺を鎮めようとしていますが、これはこれで不満足な結果に自分自身に怒りがわきます。(笑)
01LR6-_F245032-5.jpg
きのうの目的はミツマタでした。名松線比津駅。 M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_F245041-1.jpg
映画「神去なあなあ日常」舞台の美杉村は林業が盛んです。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 写真とは無関係ですが、ピンボケで目が回るような写真ばかりなので、
塚本邦雄
 つばくらのむかし眩(くるめ)く 點鬼簿のはじめ矢車剣之介など   (されど遊星)

闇ながら

 一週間ぶりに写真を撮りましたが、ピンボケの山をきずいて帰って来ました。
 気落ちしていても仕方がないので、一枚だけUPして、あとはきのうのつづきの重箱の隅でお茶を濁すことにします。

 きょうの撮影は「神去りなあなあ日常」のロケ地だった三重県美杉村でしたが、写真は映画とは無関係です。
01LR6-_N242575-5.jpg
サクラが眠るチューリップの寝台。 Helios 85mm f1.5

塚本邦雄
 闇ながら杉の新芽の匂ひたつ生れし家の門をくぐりぬ   (初學歴然)

 あとは重箱の隅から。
02LR6-_F165002-5.jpg
三重県菰野付近 M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_N162413-5.jpg
三重県菰野付近 Helios 85mm f1.5

04LR6-_N161966-4.jpg
滋賀県政所 Helios 85mm f1.5

05LR6-_N162040-1.jpg
滋賀県政所 Helios 85mm f1.5

それぞれに色さえ

 なお重箱の隅からです。
01LR6-_N081381-3.jpg
トンネルだよ。 Helios 85mm f1.5

02LR6-_N081241-4.jpg
水たまりはハート形。 Helios 85mm f1.5

 きのうの「夢はゆめ・・・」の歌の『須磨』つながりで、
塚本邦雄
 合はすべき繪のそれぞれに色冱(さ)ゆれあたりを拂ふ須磨の繪日記   (源氏五十四帖題詠)

03LR6-_N081230-3.jpg
いい身体ですねえ。 Helios 85mm f1.5

 やっぱり重箱の隅にはろくなものものがないので、数で勝負することにして、追加しましたが、つつきすぎて重箱の底に穴が開きそうです。(汗)

01LR6-_F053761-1.jpg
お手入れもします。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F053815-4.jpg
ハナダイコンは食べられるのでしょうか。 Helios 85mm f1.5

夢はゆめ

 きのうの「花つひに散るや散らずや・・・」は塚本邦雄が源氏物語の各巻に和して歌ったうち「花散里」の題詠でしたが、わたしのご近所はたしかにもうほとんどサクラは散ってしまいました。
 今春は京都と滋賀とご近所だけでしたので、残り物がないかと重箱の隅をつついています。
01LR6-_F094061-1.jpg
公園の中心には泉ですよね。 NOKTON 17.5mm F0.95

02LR6-_F094058-3.jpg
ここは琵琶湖疎水の上、蹴上。 NOKTON 17.5mm F0.95

03LR6-_F094010-3.jpg
柳は動物園にあります。 NOKTON 17.5mm F0.95

 京都の回顧写真なので、花の都の歌を引用して。
塚本邦雄
 夢はゆめ花のみやこを遁(のが)れむと落ちゆくや今日須磨のあらし   (源氏五十四帖題詠)

04LR6-_N091411-4.jpg
ピント位置に失敗しましたが、自分には甘くいく主義。 Helios 85mm f1.5

花ついに散るや散らずや

 きのうと同じサクラですが、きょうはピンボケのサクラばかりです。(汗;)
LR6-_F164532-1.jpg
ツバキあります。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F164619-1.jpg
いたずら。 SUMMILUX 15mm F1.7

03LR6-_F164603-4.jpg
勝手に撞いてはいけません。 SUMMILUX 15mm F1.7

塚本邦雄
 花つひに散るや散らずや舊(ふる)き戀よみがへるべきぬばたまの闇   (源氏五十四帖題詠)