ときすでに過ぎつつ

落葉こそわたしにふさわしい被写体かもしれません。感情移入ができるから。
01LR-PC080056-Edit-1OV.jpg
E-M5mk2 60mm

02LR-PF089947-Edit-1OV.jpg
PEN-F 25mm

03LR-PF080088-Edit-1OV.jpg
PEN-F 25mm

 黄落ののちの紅落うつそみの黑落の季(とき)すでに過ぎつつ  (塚本邦雄)

切実に

きょうはすこし暖かく老体に優しい日でした。でも、
優しくされたからといって一生懸命やろうという気にならないのは、素直さを失った証拠です。
まだどこか輝ける部分が残っていてほしいと切実に願ってます。
01LR-PC080005-Edit-3-1OV.jpg
E-M5mk2 60mm

02LR-PC080580-Edit-1OV.jpg
E-M5mk2 300mm

枯れていても

わたしも枯れススキだけど、枯れていても輝く時間はあるのだ、と思った瞬間でした。
本当に”瞬間”でしたけど。(笑)
01LR-PF080078-Edit-1OV.jpg
PEN-F 25mm

02LR-PC080541-Edit-1OV.jpg
E-M5mk2 300mm

03LR-PF080053-Edit-1OV.jpg
PEN-F 25mm

きのうの三枚目のリング・ボケは逆光のお茶畑によるものでした。
わたしの住んでいる地方はお茶の産地で、散歩に出ればお茶畑に出くわします。
きょうの一枚目の遠景も茶畑です。

塚本邦雄も”リング”でボケて、
 過剰暖房 ガウンの胸をはだけつつ聞くブルース・スプリングスティーン
 乾葡萄の陽の味ふくみつつ視入るレスリングひめやかに喘げり